最近血液検査をしました。LDHという項目が287という数値で基準値が120~245とありました。ネットで調べると怖いことばかりかいてあるのですが再検査したほうがいいでしょうか?ちなみにLDHの上の項目がγーGTPでこちらは基準値より5ポイント超えています。先生はそのときはGTPの話はしましたがLDHについてはふれていませんでした。あとLDHアイソザイムというのとは別ですか?基準値が200~400くらいのもありましたが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。

(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           HMMM型
5は骨格筋、肺、肝臓に多いです。MMMM型

1、2はHが多いので心臓系に。
4、5はMが多いので筋肉系に多く含まれます。

たとえば1、2が多ければ心筋梗塞や溶血性貧血などの病気が疑われます。

このようにLDHアイソザイムを調べて、どのアイソザイムが上昇しているかによって病気を推定することができます。
ですので、LDH値が上昇していることに関しては注意しなければいけません。

LDH値が500~800で軽度上昇、800~1500を中等度上昇、それ以上を高度上昇と考えています。
500以上なければまずアイソザイム検査をすることはないと思います。
LDH値が500以上ある他の患者さんはいっぱいいます。

γ-GTP、GOT、GPTは胆道系酵素と呼ばれています。
これらの酵素は肝内外の閉塞時に血中で上昇します。なかでもγ-GTPはもっとも鋭敏でほかの酵素が正常でも異常高値を示すことがあります。このことから胆道の閉塞にかんして最も特異性の高い血中酵素だといえます。

検査によってなにがわかるか
胆道系の異常、アルコール性の肝障害

どういうときに検査するのか
肝障害が疑われるとき
胆汁うっ血の目安としてGOT、GPTとともに用いられます。

今後の検査の進め方
LDH、ALP、LAP、GOT、GPT、ZTT、TTT、TP、ALB、TCHOなどの肝機能検査を組み合わせて必要に応じて画像診断や肝生検をします。

異常値を示す疾患
主に肝胆道系疾患です。
胆道閉塞、慢性肝炎、肝硬変など

LDH、γ-GTPともに正常値の誤差範囲と考えてよろしいかと思われます。
特に心配されることはありませんが、これらの検査項目が上がりやすい体質であるかもしれませんので、アルコールを控えたり規則正しい食生活をするように心がけてください。
以前の結果や今後の結果と比べて大きく変動したと思われたら医者にご相談してみたらどうでしょうか?
    • good
    • 39
この回答へのお礼

細かく説明していただきありがとうございます。誤差が大きいということとそんなに心配ない数値であるということなのでちょっとホッとしました。一応エコーをやってみることにしました。

お礼日時:2005/10/10 00:33

LDHは、組織が壊れた時に出てくる物質ですが、それだけではどの組織が壊れているのか、判断することができません。

他の検査結果をあわせて、異常かどうか総合的に判断されます。質問者様の場合、正常より若干高い程度ですので、病的な意義は少ないでしょう。
    • good
    • 1

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

私は医療関係者ですが、医師ではありませんので、ご参考までに。


気になるようでしたら、先生に聞いてみてください。

LDHは心筋梗塞や心不全、肝臓の病気などで上がる検査値ですが、測定誤差が大きな検査ですので287くらいでしたら気にすることはないと思います。
誤差と考えて大丈夫だと思いますよ。
LDHアイソザイムですが、LDHには1-5の5種類あり、どれが上がるかで考えられる病気が違ってくるのですが、今回はおそらくLDHの方をいっていてアイソザイムは関係ないと思います。

あと、γGTPですが、こちらもやはり基準値よりも5ポイント多いくらいならそれほど気にしなくていいと思います。
ただし、γGTPはアルコール性の肝炎や肝硬変などで上がってきますので、お酒を飲む機会が多いようで今後も異常値がでるようであれば気をつけた方がいいかもしれないですね。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お二方から同じようなお言葉をいただきかなりホッとしてます。一応エコーだけは受けることにしました。

お礼日時:2005/10/10 00:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液検査のLDHって何ですか??

 先日血液検査を受けたのですが、LDHが基準より低値でした。
 このLDHとは何でしょう?低い場合、何が原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           HMMM型
5は骨格筋、肺、肝臓に多いです。MMMM型

1、2はHが多いので心臓系に。
4、5はMが多いので筋肉系に多く含まれます。

たとえば1、2が多ければ心筋梗塞や溶血性貧血などの病気が疑われます。

このようにLDHアイソザイムを調べて、どのアイソザイムが上昇しているかによって病気を推定することができます。
ですので、LDH値が上昇していることに関しては注意しなければいけません。
ところが、LDH値が減少する病気は特にありません。
70や60ぐらいまででしたらまず問題ないでしょう。
血液検査をしたとのことですので、医者も検査データを見ている思いますのであまりにも低値でしたら入院して精密検査をすると思います。(もちろん、他のデータや検査も組み合わせてですが)おそらく、検査値が100前後だったのではないですか?

異常低値の場合は前に記載したHやMの足りない病気が考えられます。
普通はHまたはMが4つ(HHHH,MMMMなど)ですが3つ(HHH、MMMなど)しかない病気です。

もし不安でしたらもう一度病院にかかられて医者にご相談してみたらどうでしょうか?

最後になりましたが、質問するときはできるだけ多くの情報を記載していただきますようにお願いします。
LDHがどれくらいの値なのか?他に血液検査で異常な値がないか?などです。
漠然と低いといわれてもなかなかアドバイスしにくいです。医者は低い値だけで判断していません。他のデータや症状などを総合して判断しています。今後お聞きになりたいことがありましたらできるだけ詳しい情報を記載していただくようお願いします。

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           ...続きを読む

Q血液検査でγ-GTPとGTPで精密検査に

私は38歳の男性です。
正月明けに受けた健康診断の血液検査でGPTとγ-GTPが共に高く精密検査要との結果が出てしまいました。
具体的にはGPTが60、γ-GTPが150です。ちなみにGOTは35でした。
ちなみに昨年の9月頃に受けた血液検査ではGPTが22、γ-GTPが27、GOTは23でした。
急激に上がっているので心配になっています。
ちなみに今回の血液検査は正月明け早々に受診しているので連続して飲酒しており、ようやく落ち着いたと言った時期に受診しています(1/7)。年末から体重は1.5キロ増えています(身長170cm,体重66kg→67.5kg)。
この状況なのですが、γ-GTPはお酒で上がるみたいですが、GPTはネットで調べてみると慢性的な脂肪肝やウイルス性の肝炎で上昇するとの事です。9月の時点では数値は低かったので慢性的な脂肪肝では無いと判断しているので、ウイルス性の可能性もあるのかと心配しています。
今回の数値の上昇が一時的な暴飲が原因の可能性はあるのでしょうか?
ご教示下さいませ。
いずれにせよウイルス性の心配はしておいた方が良いのでしょうか?
2月中頃までには再検査を受診しようとは思っています。

私は38歳の男性です。
正月明けに受けた健康診断の血液検査でGPTとγ-GTPが共に高く精密検査要との結果が出てしまいました。
具体的にはGPTが60、γ-GTPが150です。ちなみにGOTは35でした。
ちなみに昨年の9月頃に受けた血液検査ではGPTが22、γ-GTPが27、GOTは23でした。
急激に上がっているので心配になっています。
ちなみに今回の血液検査は正月明け早々に受診しているので連続して飲酒しており、ようやく落ち着いたと言った時期に受診しています(1/7)。年末から体重は1.5キロ増えています(身長170cm,体重66kg→67...続きを読む

Aベストアンサー

医療関係者です。

この数字を見る限り、まずアルコールが原因と思われます。

2月に再検査を受けられるとのことですので

まず2週間禁酒をして下さい。

それにより数値がγーGTPが70以下に下がればアルコールが原因となります。

多分それに伴い、GTPの値も下がると思います。

ウイルス性で有ればもっと数字は上昇すると思いますので

余り気にせずまずは禁酒を行って確認をされることをお勧め致します。

確認ですが、2回検査をされたと言うことですが、同じ施設で検査をされたのでしょうか?

稀ですが、検査が違う施設で行った場合、検査の測定法により値が変わりますので

お気をつけて下さい。

現在は正常値という言い方はせず、基準値と言う言い方に変わっています。

この理由は質問者さんの内容と異なりますので割愛をさせて頂きます。

Q血液検査LDH

最近血液検査をしました。LDHという項目が287という数値で基準値が120~245とありました。ネットで調べると怖いことばかりかいてあるのですが再検査したほうがいいでしょうか?ちなみにLDHの上の項目がγーGTPでこちらは基準値より5ポイント超えています。先生はそのときはGTPの話はしましたがLDHについてはふれていませんでした。あとLDHアイソザイムというのとは別ですか?基準値が200~400くらいのもありましたが・・・

Aベストアンサー

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           HMMM型
5は骨格筋、肺、肝臓に多いです。MMMM型

1、2はHが多いので心臓系に。
4、5はMが多いので筋肉系に多く含まれます。

たとえば1、2が多ければ心筋梗塞や溶血性貧血などの病気が疑われます。

このようにLDHアイソザイムを調べて、どのアイソザイムが上昇しているかによって病気を推定することができます。
ですので、LDH値が上昇していることに関しては注意しなければいけません。

LDH値が500~800で軽度上昇、800~1500を中等度上昇、それ以上を高度上昇と考えています。
500以上なければまずアイソザイム検査をすることはないと思います。
LDH値が500以上ある他の患者さんはいっぱいいます。

γ-GTP、GOT、GPTは胆道系酵素と呼ばれています。
これらの酵素は肝内外の閉塞時に血中で上昇します。なかでもγ-GTPはもっとも鋭敏でほかの酵素が正常でも異常高値を示すことがあります。このことから胆道の閉塞にかんして最も特異性の高い血中酵素だといえます。

検査によってなにがわかるか
胆道系の異常、アルコール性の肝障害

どういうときに検査するのか
肝障害が疑われるとき
胆汁うっ血の目安としてGOT、GPTとともに用いられます。

今後の検査の進め方
LDH、ALP、LAP、GOT、GPT、ZTT、TTT、TP、ALB、TCHOなどの肝機能検査を組み合わせて必要に応じて画像診断や肝生検をします。

異常値を示す疾患
主に肝胆道系疾患です。
胆道閉塞、慢性肝炎、肝硬変など

LDH、γ-GTPともに正常値の誤差範囲と考えてよろしいかと思われます。
特に心配されることはありませんが、これらの検査項目が上がりやすい体質であるかもしれませんので、アルコールを控えたり規則正しい食生活をするように心がけてください。
以前の結果や今後の結果と比べて大きく変動したと思われたら医者にご相談してみたらどうでしょうか?

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           ...続きを読む

Qγ-GTPの上昇について

γ-GTPが80で、定期的に測定したところ、3ヶ月程度で下がりました。その3ヶ月後に再度測定したところ80までまた上昇しました。特に気になる自覚症状もないのですが心配です。原因として考えられることがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

回答番号:No.1さんと同じ内容と思いますが
>測定したところ80までまた上昇しました
私しは毎日晩酌していますが現在80前後です自覚症状は有りません
体験ですが飲酒を少なくしたり又何かの環境にて飲酒が多い時とかが
続きますと速数値が変化します
以前10日くらい入院した時は約数値が50代までに下がりました
又最近血液検査をしましたら元に戻っていました
飲酒を控えれば正常値にもどりますね
体験からの回答です。

Q今日血液検査をしてきました 先生はどこも大丈夫ですよといったのですがLDHが262ありました 先日胆

今日血液検査をしてきました
先生はどこも大丈夫ですよといったのですがLDHが262ありました
先日胆のうの手術をやったばかりなので少し心配です
毎日動悸と息切れがあるので心電図もとりましたが異常はなしでした

Aベストアンサー

肝機能。心筋などの障害を調べる指針の1つの項目ですよね。
ただ、これ1つが異常だから、即これらの異常には、結びつきませんよね。

LDH=262 基準値よりは、僅かに高いだけですが、異常値ではないですよね。

食事による変動はありませんが、運動によって上昇します。
ジョギングなどの日常の軽い運動でも高値になり、ときにはそれが1週間近く続くこともあります。
また、術後の影響も多少あるのかと思いますが、
主治医が何も言われないのであれば、心肺する必要はないのではないでしょうか
主治医は、専門家(プロ) なんですから。

Qγ-GTP66なんですが・・・

先日体調不良で病院に行った際、血液検査でγ-GTPが66で少し高いと言われました。20代女、痩せ型です。お酒は飲みません。身内に肝臓が悪い者はいません。
当初の症状の軽いめまい、消化不良などは軽い自律神経失調症ではないか、ということで頂いた薬で症状はかなり良くなりました。
ただ、以前から肌が黄色くなったと言われるのでそのことも伝えると念の為肝臓機能も調べておきましょうということで検査になりました。
眼球が黄色くなっていないので黄疸ではないだろうということでした。
どうも毎日飲んでいる野菜ジュースのビタミンAの過剰摂取ではないかということでした。手足の裏が特に黄色く、小さい子に多い症状だそうです。
GOT 28 GPT 30 総コレステロール149 中性脂肪91 です。
この他の肝機能に関する測定値はありません。
診て貰う1週間ほど前から調子が悪く市販の胃薬、ロキソニンを飲んでいました。
もしかしたら・・・原発性胆汁性肝硬変といった自己免疫系の病気かもしれないから念の為1ヶ月後に再検査、となったのですが、難しい病気かもしれないのにこんなにゆっくりしていいものでしょうか??
神経質なこともあって心配です。
先生も気にする程のことではないと言っていたんですが、余計に胃腸の調子が悪くなりそうです・・・

先日体調不良で病院に行った際、血液検査でγ-GTPが66で少し高いと言われました。20代女、痩せ型です。お酒は飲みません。身内に肝臓が悪い者はいません。
当初の症状の軽いめまい、消化不良などは軽い自律神経失調症ではないか、ということで頂いた薬で症状はかなり良くなりました。
ただ、以前から肌が黄色くなったと言われるのでそのことも伝えると念の為肝臓機能も調べておきましょうということで検査になりました。
眼球が黄色くなっていないので黄疸ではないだろうということでした。
どうも毎日飲ん...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配ですよね。

γ-GTPは飲酒だけではなく、脂肪肝や薬物でも上昇します。
γ-GTPの66は男性では基準値内の範囲とされる程度です。

今回のご質問を読ませて頂く範囲では、ロキソニンの影響ではないでしょうか。再検査の前1~2週間、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤や風邪薬等を飲まない(飲まなくて大丈夫とされる場合です)で検査されればはっきりするのではないでしょうか。
このような薬剤の影響を見るためにも「1ヶ月後に再検査」は妥当な判断だと感じました。

肌の黄色さが黄疸由来のものであれば、ビリルビン値(総・直接・間接)の高さで判断できます。

不安な思いをされていることと思います。
しかしその不安から胃腸を悪くしてお薬を飲むことも、γ-GTPの値に注目するなら避けたほうがいいことと思います。

(余談です~)
自律神経失調症で心療内科を受診される場合、精神科系のお薬でもγ-GTPは容易に高くなるので、再検査の値は覚えておかれるといいのではないかと思います。

お大事にされてください。

Q血液検査結果 LDH CK 高値

体調不良で体がだるく感じて念のため血液検査をしてもらいました。

結果LD(LDH)274 正常値 106~245
   CK(CPK)427 正常値 56~244

と言うことで少し気になります。
心電図も同時に調べましたが、こちらは正常とのことでした。

この結果はやはり再検査は必要ですか?
前日に仕方なくカラオケをしたことは関係ありますか??

教えて下さい。

Aベストアンサー

カラオケは関係なし。LDHは気にしなくていい。
CKは、強い運動でもこれくらいは増加。運動していなければ、薬剤性、筋疾患、甲状腺機能低下などを考えるので、思いあたる強い運動がなければ要精査。

Qお酒を飲まないのにγ-GTPが高いんです

35歳女性です。
先日受けた健康診断で、γ-GTPの値が103と基準値を大幅に越え、再検査と言われました。
GOT-27、GPT-32とこちらは基準内です。また、コレステロールについても基準内です(総コレステロール190、HDL71、TG55)。
お酒は全く飲めないのですが、γ-GTPの値だけが高いのは何故でしょう?肥満気味の場合に値が高いそうですが、身長167cm体重53kgで特に肥満ということはないと思うんですが…。
これまでそんなに高い数値が出た事がないので、不安です。どなたかお詳しい方がいたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肥満気味の人に多いというのは、脂肪肝になるとγGTPが高くなるからだと思います。
私の弟は、数年前に100を超え、再検査になりました。
アルコールは一滴も飲めず、太り気味ということは無かったのですが、飲み物・食べ物ともに甘いもの好きで、脂肪肝という診断でした。
食生活を改善したら、半年ほどで回復しました。こちらは全然大丈夫だったケースです。

一方で私の母は原発性胆汁性肝硬変という、胆汁が胆管から漏れてしまう病気で、これまた100を超えました。
こちらは難病指定を受けている深刻な病気で、幸い今は進行していませんが、治ることも無いそうで、一生ウルソを飲み続けるしかないそうです。
とにかく、一刻も早く再検査をすることをお勧めします。

参考URL:http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa01.html

Q血液検査 LDH=317、清血鉄=63 これって?

 先日の健康診断で、血液検査 LDH=317、清血鉄=63で異常値がでました。また心電図で不完全右足ブロック、洞性徐脈が異常です。現在39歳、男性、身長181cm、体重63kg、ほぼ毎日運動(4kmランニングもしくはサッカー)およびアルコールをビールで1~2本飲んでいます。
 今回の診断結果、何か異常なのでしょうか??すみませんがアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのLDHの所とFeの所(清血鉄ではなく血清鉄ですよね?)の項目を参考にしてください。

参考URL:http://www.naoru.com/kensa1.htm

Qγ-GTPについて

先日健康診断で血液検査の項目で肝機能γ-GTPの値が規定値(4~60)が120位あったのですが、どのような病気になるのでしょうか?
因みに当方お酒は1滴も飲みません。

Aベストアンサー

これだけの情報だと、胆道系に異常があるかもしれないということしか言えないですね。お酒を飲まなくても上がりますし、γGTPが上昇していることのみで診断がつく病気はないので・・・。

別に不安を煽るつもりはないのですが、考えられるとしたら脂肪肝の類で「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」というキーワードで検索してみてください。GOT(AST),GPT(ALT)の値が正常なら肝臓自体はそんなに問題ないと思いますが。他には、胆石の類ですかね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報