父が今年の2月に他界しました。
財産としては家・土地と預貯金が少しありました。
父が離婚していたので、相続人は僕と兄の2人です。
他界直後に、保険や年金などの手続きは済ませています。
お墓を作るためには、家・土地を売ってお金にしないと
なりませんが、その手続きはまだです。

相続手続きについてはどこへ聞けばよいかもよくわかっておらず、
とりあえず相続税については、家・土地の資産価値と預貯金を
あわせても基礎控除の範囲内なので、相続税の申告は不要らしいです。
ほかに相続するにあたって処理すべき手続きにはどんなものが
あるのでしょうか。
それについての期限はいつでしょうか。
また、問い合わせ場所はどこでしょうか。
相続に際して、家・土地を売却するにはどういう手順を
踏めばよいでしょうか。
他界してから10ヶ月ぐらいたちますので、
手続き上、期限に引っかかりそうなものがまだ
未処理になっていないか、とても心配です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 NO3の補足に対する回答です。



 対象不動産が、近くだと思ったものですから、失礼いたしました。遠方であれば、やむをえないですね。大手の業者であれば、関東にある本社なり支店に依頼をすれば、関西の支店で動いてくれるでしょう。場所にもよりますが、現在はあまり不動産は動いていない状況ですので、買ってくれる人がいるだけでも良しと思わなければならない状況かもしれません。

 遠方ですので、一括、登記と売買を依頼する方向で、検討されたほうが良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございます。
やはり対象が遠いと全国展開の不動産業者が
見つかったほうがいいんですね。
うまく見つかるといいですね。
不動産業者検索の良いサイトご存知ないでしょうか。

やはり現在はあまり不動産が動いていないですか。
売買成立まで時間がかかるか、待てないならば安売りするか
しないと、ですかねえ。
家庭事情で、兄の気が変わらないうちに、
兄との共有資産を持つよりもきっちりと分けられる
お金という形にしてあとくされのないようにしたい
ということもあるので、悩むところです。

お礼日時:2001/11/20 22:41

不動産の処分は全国に支店のある大手の業者に任せれば、あまりあくどいこともしないでしょう。

どこまで、委任するかは契約により決まってきます。そのほかの相続に伴なう手続きについては下記のHPを見てください。

参考URL:http://www.sekise.co.jp/sougi/funeral/kojinsou/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
全国展開の大手の不動産業者があるのですね。
ホームページはこれから見させていただきますね。

お礼日時:2001/11/20 22:29

 NO3の訂正です。

申し訳ありません。「登記事項証明書」は「登記事項要約書」の誤りです。申し訳ありません。
    • good
    • 0

 追加です。

相続税の申告は、控除額が大きいので課税されないのであれば、申告する必要はありません。

 不動産業者が、登記も含めて売買を扱ってくれる場合、登記を自社の社員が行う場合は良いのですが、自社ではなくて外注する場合がありますので、その場合は料金を不動産業者が上乗せする場合が、まれにあります。最寄の司法書士事務所があるのでしたら、直接依頼するのも方法です。売買価格は、当然近隣の売買価格を参考としますので、情報を集めておくと良いでしょう。

 法務局では、登記簿謄本の発行をやめて、登記事項証明書を発行するようになりました。したがって、相続による所有権移転登記に必要な書類は、不動産の登記済証=権利証、登記事項証明書です。依頼した後で、お父さんの戸籍謄本とかの必要な書類の指示があります。

この回答への補足

ご親切な回答ありがとうございます。
実は、僕は現在関東在住で、関西の家を売買手続きするという
ことになります。
そんなわけで、その関西の近隣の地価相場・不動産仲介業者さんの
情報がダイレクトに収集しづらい状況です。
そのため、できるだけネットで地価・不動産情報を収集し、
どうしても必要な時のみ
帰省して交渉をしたいと考えております。
仲介業者さんの上乗せというのが、気になりますが
合法的な金額でしょうか。(特別高いものでしょうか。)
高いならば、自分で司法書士さんに依頼した方が良さそうですが、
遠方ですので、どうやって信頼のおける司法書士さんを
見つければよいのか、思案しています。
遠方ですので、いろいろなことを考えると仲介業者さんに一括して
依頼した方がよいのでしょうか。
仲介業者さんも1つ、もしくは複数に依頼して売りに出すという
2とおりの方法があるようですね。
1つだと仲介業者さんの有利な形(売価、仲介料ほか)に
進められてしまうことがあるのでしょうか。

補足日時:2001/11/19 21:50
    • good
    • 0

相続税については、書かれているように、課税対象外なら申告の必要は有りません。



あと、手続として残っているのは、不動産(土地と建物)の名義変更だけです。
これについては、特に期限はなく必要になってからでもかまいません。
今回、売却を予定されていますから、まず、お兄さんとの共有名義に所有権の移転登記をして、それから、不動産屋を通して売却する手順になります。

名義変更の手続は、司法書士に依頼すれば、全てやってもらえます。
司法書士に心当たりがなかったら、取引のある銀行などで紹介してもらえば安心です。
必要な書類は、不動産の「権利書」と「登記簿謄本」等が必要です。
「登記簿謄本」は管轄の登記所で入手できます。
登記所の所在地は、参考URLをご覧ください。

不動産の売却については、信頼の置ける大手の不動産に依頼するのが肝心です。

下記のページを参考にしてください。
http://home.gr.jp/athome/file/baikyaku.html

参考URL:http://info.moj.go.jp/kankatsu-s.htm

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ホームページを教えていただきありがとうございました。
早速拝見させていただきました。ありがとうございます。
ところで、信頼の大手の不動産仲介業者さんというのは
どうやったら検索できるのでしょうか。
前回、2店ほど仲介業者さんを歩いてみましたが、
いずれも少人数のところといったところでした。
仲介業者さんの業界自体その地域地域での個人(独立)経営と
いった感じなのでしょうか。
大手といっても全国規模で各地に支店があるといったものでは
ないのでしょうか。
そのうちの1店は、電話帳の広告も大きく
その近隣では大手かな、と思って行ってみたのですが、
少人数で、社長と専務が夫婦でした。
コンピュータ検索のシステムも取り入れていて、合理的なんですが、
私情が入りそうで、こういうところって信頼できるのでしょうか。

補足日時:2001/11/19 21:34
    • good
    • 0

 相続税関係が処理済であれば、あとは不動産の土地の家の名義変更が必要です。

処分するにも、お父さんの名義であれば、亡くなった方の名義では契約が出来ませんし、所有権移転登記も出来ません。

 土地と家屋は、通常「登記」がしてあって「権利証」と呼ばれている登記済証を持ち主が保管しています。この名義がお父さん名義になっていると、売買かが出来ませんので、「相続による所有権移転登記」を法務局に申請することになります。手続きや書類がやや複雑なので、お近くの司法書士さんに依頼すると良いでしょう。手数料や印紙などで4~5万円程度かかると思います。この登記によって、法定相続人であるお2人の名義に変更することになりますが、持分を二分の一づつにするのかどのようにするのかを決める必要があります。それらの登記が終わると、持ち主である人の名義で売買契約が出来ることになります。 

 法務局への相続の登記は2年以内という決まりがあるようですが、先日近くの法務局で確認したところ、年数制限はなくいつでも登記は受け付けます、とのことでした。が、売買を予定しているのであれば、早めに手続きを進めると良いでしょう。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
相続税の方は、納税が不要だと口頭で答えをいただいただけで、
書類の提出はしていないのですが、この場合は提出不要で
よろしいのでしょうか。
その辺が不確かで心配でもありました。

土地と家屋の売買については、不動産仲介業者さんに聞いてみたところ、
司法書士を使って所有権移転もひっくるめて手続きを仲介している、
とのことでした。が、妥当な手続きと仲介料でことを進めて
いただけるのかどうか、
この業界の相場を知らないので、少し心配です。

補足日時:2001/11/19 14:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義の車があります。知人に話すと相続だと言われました。もう一度お聞きしたいのですが

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、税務署も休日で聞けません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な所有者(購入者)はローンを組んだお母様です。自動車販売店は担保として所有権を保留しているに過ぎません。使用者であったお父様が亡くなったので使用者の変更登記は必要でしょうが、お父様の財産ではありませんので相続には関係ありません。
自動車税は4月1日現在の使用者で課税されるので、その時点でお父様が亡くなっていたのであれば納税者は実質的な所有者であるお母様であり、障害者でなければ減免は受けられないでしょう。詳しくは自動車税事務所に聞いてください。連絡先は通知書に書いてあるはずです。自動車税は都道府県税なので、国の機関である税務署は関係ありません。
使用者の変更登記は車検証を発行した陸運支局又は自動車検査登録事務所で行います。ディーラーや車検場に代理を依頼してもよいでしょうが、ご自分で手続きすることもできます。

Q兄他界後に判明した祖母名義の土地の相続手続きについて

今回、すでに他界した祖母名義のままになっている土地があることがわかりました。相続に関係しそうな祖父、母(祖父母の一人娘)、兄は既に他界しています。亡くなった時期の順番は(1)祖父、(2)母、(3)祖母、(4)兄です。母の子供は亡兄と私の2名です。
兄は結婚後に亡くなりましたが、子供はいなかったため兄の他界時には兄嫁と父が財産を相続しました。
現在では兄の嫁は戸籍を抜いて旧姓に戻っています。
質問ですが、今回判明した祖母名義の土地について、亡き兄の嫁は相続権を有するでしょうか?(土地を相続登記により私の名義にするために、兄の嫁の実印が必要になりますか)

Aベストアンサー

あります。

〉現在では兄の嫁は戸籍を抜いて旧姓に戻っています。
お兄さんの死亡時点での立場が問題なのですから関係ありません。
※それにしても「籍を抜いて」って、旧民法の考え方が出てますね。

相続による所有権の移転は、死亡の瞬間におきています。
登記名義の変更は、その事実を後になって登録するだけのことです。

死亡時点から分割協議の成立までは、権利は法定相続人の共有です。協議成立時に、死亡時点にさかのぼって、権利関係が確定します。

祖母が亡くなった時点で、権利はあなたとお兄さんの共有になっています。
その後、お兄さんが死亡した時点で、さらにお父さんと兄嫁が相続しています。
ですから、お父さん、あなた、兄嫁の3人による協議が必要です。

Q曽祖父他界から30年、祖父他界から15年・・・名義は未だ曽祖父、土地の相続は・・・

土地の相続について教えて下さい。

既に他界した曽祖父名義の土地があります。

前提は次の通りです。
 名義=曽祖父(他界)のまま(30年以上前から変えていません)
 居住人=A.曽祖父の長男(15年前他界)
        B.その長男(A)の妻 
        C.祖父の長男(+その妻)※家はCの名義です。
 非居住=D.曽祖父の次男(Aの弟、他界)
        E.曽祖父の三男(Aの弟、他界) 
 居住年数=30年以上前からABCが居住、DEは他府県居住。
 遺言書=曽祖父も祖父も他界する際、遺言書は作成していません。

質問(1)DEの子がCに対して土地の遺産相続を希望しています。
    曽祖父が他界して30年、祖父が他界して既に15年が経過
    しておりますが、何年経過しようと相続する権利はあるので
    しょうか?(その家に三十年以上前から住み続けてきた事で、
    その土地の権利を主張する事はできないのでしょうか?
    ちなみに、家はCの名義になっております)

質問(2)CとDEの子は、日頃連絡を取り合うような間柄ではない為、
    年に一度か二度会った際に、この件について簡単に話を
    する程度なのですが、双方ともあまりもめたくないとの
    思いか、きちっとした話が進みません。
    CもDEの子も高齢ですので、このまま行きますとその子
    の代まで問題が先送りされそうです。解決に向けて重要な
    ポイントを教えていただけないでしょうか。

質問(3)心情的には、数十年間、Cは曽祖父、祖父の面倒を看てきて
    おり、それらにかかる精神的、物質的な負担を考えると、
    今になってDEが遺産相続の権利だけ主張してくる事に
    納得いかない部分があります。 法的には全く関係のない
    事なのでしょうか。

お手数をおかけしますが、教えていただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

土地の相続について教えて下さい。

既に他界した曽祖父名義の土地があります。

前提は次の通りです。
 名義=曽祖父(他界)のまま(30年以上前から変えていません)
 居住人=A.曽祖父の長男(15年前他界)
        B.その長男(A)の妻 
        C.祖父の長男(+その妻)※家はCの名義です。
 非居住=D.曽祖父の次男(Aの弟、他界)
        E.曽祖父の三男(Aの弟、他界) 
 居住年数=30年以上前からABCが居住、DEは他府県居住。
 遺言書=...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1) 相続に時効はありません。
    直系卑属(子、孫)は代襲相続が続きますから、血筋が途切れ
    ない限り永久に権利は継承されます。

質問(2) 面倒を子や孫に先送りするのであればそれでもいいと思いま
    すが、相続の面倒は代が進むほど増加します。
    分割協議を済ませようと考えるなら、先ずは欲や勝手な言い分
    は置いておいて、法定相続分を原則にすべきです。
    法定相続分を原則にしても(取り分を公正にしても)あれがい
    い、こっちじゃいやだと揉める可能性はあります。

質問(3) あなたが逆の立場で主張されて場合「そりゃもっともだ」と
    思ってくれる程度の主張は話合いがつくと思います。
    法律では、寄与分(民法904条)を認めていますがそれは
    あなた方が、被相続人の財産の増加(または減少の抑止)に
    貢献した場合に認められます。一般的には面倒みたとか扶養
    したとかは、言い分にはなりにくいです。

最終的に他所に住んでいる相続人に金銭で代償して解決することになる
と思いますが、権利はそれぞれ平等ですからそのことを念頭に対処して
ください。

質問(1) 相続に時効はありません。
    直系卑属(子、孫)は代襲相続が続きますから、血筋が途切れ
    ない限り永久に権利は継承されます。

質問(2) 面倒を子や孫に先送りするのであればそれでもいいと思いま
    すが、相続の面倒は代が進むほど増加します。
    分割協議を済ませようと考えるなら、先ずは欲や勝手な言い分
    は置いておいて、法定相続分を原則にすべきです。
    法定相続分を原則にしても(取り分を公正にしても)あれがい
    い、こっちじゃいや...続きを読む

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義のあるんですが・・・

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、詳しい方よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけるその方の財産について,所得税を補完する形で相続税が課税されます。

・贈与税は,相続税をさらに補完するために設けられたものです。
 相続税は亡くなった方の亡くなった時点での財産に課税する事から,亡くなる以前に他人に無償で移転してしまえば,相続税を課税回避できてしまう事になります。そのため,相続税を補完するために贈与税があります。

◇「相続」,「遺贈」,「贈与」

・「相続」はこれは人の死亡によってその亡くなった方(被相続人)の財産に属していた一切の権利義務を,その亡くなった方と一定の血族関係にある方や配偶者(相続人)が包括的に承継する事をいいます。

・「遺贈」とは,遺言による財産の無償の譲渡をいいます。これは,死亡した人の意志に基づく財産の無償移転形態であり,包括遺贈と特定遺贈があります。

・「贈与」とは,当事者間の意志により,一方(贈与者)の財産を無償でもう一方(受贈者)に移転させる事をいいます。これは贈与者が無償移転する意志を示し,受贈者が受諾してはじめて成立します。

◇「相続税」
・「相続税」の対象になるかどうかは,財産の移転が一方的な行為であるかどうかで決まります。

・「遺贈」については,遺言という一方的な行為であり,遺言者の死亡によって効力が発生します。したがって,相続税の取扱いとなります。

・一方,「贈与」については,当事者間の意志により成立しますから,相続税の対象にはなりません。

--------------
 以上から,

>ローンで購入しましたので所有者は自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は母親名義で購入しました。出来れば使用者である父の名義を変更して使いたいのですがそうすると相続にみなされるのでしょうか?

・この車の所有者は,現時点ではローンが終わっていないことから自動車販売店です。
 つまり,お父様の財産ではありませんから,そもそも相続財産ではありませんので,相続の対象にはならないです。使用者の名義変更をされるだけで足ります。

 こんにちは。

 まず,相続全般について書かせていただきます。

◇「相続税法」
・「相続税法」には,相続税と贈与税の二税目が規定されています。(相続税法第1条の3,第1条の4)
 
・相続税は,所得税を補完するために設けられています。死亡した方の残した財産は,その死亡した方の個人の所得からなっている部分に関しては,生前は所得税が課税されています。しかし,その財産の中には所得税が課税されていないもの(土地や建物などですね)が含まれていますのでそこで,その方が死亡した時点におけ...続きを読む

Q財産相続を放棄した父名義の土地に建てた自分名義の家について

財産相続を放棄した父名義の土地に建てた自分名義の家について


3年前に一戸建ての家を建てました。土地は父名義で、家は自分名義です。
この家の住宅ローンを組む際、父も連帯保証人となってもらい、土地には銀行の
抵当がつきました。

昨年、父が他界したのですが、父の事業の借金を清算する関係で財産相続を
放棄せざるを得なくなりました。

そうなった場合、現在自宅の土地は、相続財産管理人によって処理されることに
なると思いますが、自宅の土地は任意売却で買い取るか、競売にかけられるかに
なるのではと思っています。

そこで質問です。


1)土地が競売にかけられ、他人名義になった場合、その人から立ち退きを要求されたら退去しなければならないでしょうか?感覚としては、ややこしい部類の土地になると思っています。僻地でもありますし、購入される可能性は低いと思ってはいますが。。。


2)任意売却で土地を買い取る場合、金額はどのようにして算出されるのでしょうか?地価でしょうか?
    

3)任意売却で土地を買い取るにしても、それほどのお金を用意できるわけではありません。実際の地価の何割程度の金額を準備できればよいという目安というものはあるのでしょうか?

 

財産相続を放棄した父名義の土地に建てた自分名義の家について


3年前に一戸建ての家を建てました。土地は父名義で、家は自分名義です。
この家の住宅ローンを組む際、父も連帯保証人となってもらい、土地には銀行の
抵当がつきました。

昨年、父が他界したのですが、父の事業の借金を清算する関係で財産相続を
放棄せざるを得なくなりました。

そうなった場合、現在自宅の土地は、相続財産管理人によって処理されることに
なると思いますが、自宅の土地は任意売却で買い取るか、競売にかけられるかに
なるので...続きを読む

Aベストアンサー

相続財産(負債)の精算過程の中で、あなたがローンで借りている金融
機関が別除権を行使してくると思います。
この場合、親の財産の精算ではなくあなたのローンの精算ですから土地
と建物は一体として競売にかけられるでしょう。

任意売却で精算する場合、ローン金融機関は相続財産管理人若しくは
父の債権者全員の同意を取る必要があります。
同意が得られ、かつローン金融機関自身で任意売却の決裁がおりた場合
のみ任意売却が可能です。
また、同意を得るために何がしかのお金を渡すことになれば、その分は
任意売却代金に上乗せになります。

任意売却の代金の基準は、先ずはあなたのローン残債が基準になります。
任意売却で債権回収が覚束なければ、競売に流れるでしょう。

と、いうことであなたは見通しを誤っている可能性があります。
遅かれ早かれローン金融会社とは深刻な話をしなくてはなりませんから
事情を話してどうなるか聞いてみたらいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報