今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私の知人がSP会社に転職します。
SP会社が広告代理店に企画を提案してイベントやキャンペーンを行なうのが
主な業務だと聞いたのですが、プロモーションに関するマーケティングは
クライアントと密接につながっている広告代理店でもできることではないでしょうか?

セールスプロモーションだけ別会社に任せるのでは、広告代理店の存在意義が
薄れてしまうような気がします。

実際、私の会社の商品は広告代理店の人がイベントや販促も行なっています。

ご存知の方、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

プロモーション とは」に関するQ&A: スターダストプロモーションとはどんなところですか?大手芸能事務所ということは知っています。

A 回答 (1件)

 いわゆる総合広告代理店と呼ばれるメディア(媒体)からSPなどトータルに対応するところは、自前のスタッフより関連会社や外注スタッフがほとんど対応します。

むしろ、戦略などのプランニングや営業的なことに重点を置いているといえます。もちろん、クライアントのキーマンが出没(?)するところには必ず、その広告代理店の営業やスタッフが張り付きます。

 零細(?)な広告代理店は全部自分のところが関与しますし、メディアの扱いのないところでも広告代理店と名乗っているところもあります。

 広告代理店=戦略、SP会社など=戦術に軸足を置いているといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
なんだか、広告業界って、曖昧ですね。
私なら、戦略を考えれば、必然的に戦術に落とし込むんじゃないかな、と思いました。
大手の代理店より、小回りのきく代理店のほうが、やりがいがありそうだなとも思いました。

お礼日時:2005/10/19 20:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセールスプロモーションという職種の区別

セールスプロモーションという職種は広告とは区別されるのでしょうか?
イメージ広告、ブランド広告以外SPだと思うのですが・・

このたび、広告代理店のセールスプロモーションという仕事に就くのですが、いまいちSPとはの定義づけに困ってます。

またSPに関するいい本があれば教えてください。

Aベストアンサー

>セールスプロモーションという職種は広告とは区別されるのでしょうか?

広告…テレビ、新聞、雑誌等マスメディアを使っての宣伝活動。
セールスプロモーション…ターゲットに対し、製品やサービスの購入を促すこと・その施策。POP、デモンストレーション等店頭での販促活動、ダイレクトメールや折込広告、サンプリング等。

広告とSPの違いは大まかに言うと媒体を使うか使わないかの違いですが、更に言うと、ターゲットに対するアプローチの仕方が違う点が挙げられます。
SPですと、その製品やサービスをアピールしたい特定のターゲット層に対し、マス広告よりもダイレクトにアプローチをかけることができます。

>このたび、広告代理店のセールスプロモーションという仕事に就くのですが、いまいちSPとはの定義づけに困ってます。

クライアント毎に、SP・広告(アド)、それぞれに期待する内容が違うと思われますので、実際にどのクライアントを担当するかによってもSPの立ち位置が変わってくるとは思います。

Q広告会社と広告制作会社の違い

こんばんは。
私は広告業界を目指している学生です。
広告会社と広告制作会社の違いがよく分からないので、質問しました。
私が知っているのは、広告主(クライアント)が広告会社に依頼をし、広告会社が企画をし、広告制作会社にその企画を渡し、実際の制作を頼む。
しかし、広告主が直接、広告制作会社に依頼するケースもあると聞きました。
よくわからない点は
1.広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
2.広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
3.広告主が広告制作会社に依頼するのが多くなったら、広告会社はどうなるのか?
回答宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

過去、この種の質問にたくさん答えてきたので
リンクしようと思ったのですが
上手く見つけることが出来ません・・・orz
よかったらご自身で過去の質問を丁寧に当たってみて下さい。

さて、簡単に答えます。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
ケース・バイ・ケースです。
例え依頼された仕事の範疇を超えていたとしても
優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は無限です。

> 広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
上記と同じく、優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は限定されません。

> 広告主が広告制作会社に依頼するのが多くなったら
> 広告会社はどうなるのか?
より優れた企画を出して、仕事を奪いに行きます。

2点ほど。
●企画は「制作企画」のみならず。
媒体企画も「企画」。販売企画も「企画」。SP企画も「企画」。
企画とは、アイディアの勝負。アイディアに範囲や限定はありません。
●仕事は与えられるにあらず。
仕事は奪い取るのです。
仕事は開拓するのです。
企画には口を出すなと言われて、言われた通りにしていたら
一生、企画の仕事には携われません。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
なんて質問を下手にすると「起業家資質に欠ける」なんて
判断されかねないので気をつけましょう。

以上を大前提として
大きい広告代理店、有名な広告制作会社の方が
集まる仕事の量も多ければ、内容もさまざまゆえ
入り込むチャンスは増えます。
早い話が、デカイ企画の依頼が一番多いのは電通です。

頑張って下さいね。

過去、この種の質問にたくさん答えてきたので
リンクしようと思ったのですが
上手く見つけることが出来ません・・・orz
よかったらご自身で過去の質問を丁寧に当たってみて下さい。

さて、簡単に答えます。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
ケース・バイ・ケースです。
例え依頼された仕事の範疇を超えていたとしても
優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は無限です。

> 広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
上記と同じく、...続きを読む

Q広告制作会社の売上高ランキング

広告制作会社(東北新社・葵プロモーション等)の売上高ランキングというのは、
どこに書かれているのでしょうか?

広告代理店の場合は宣伝会議に載っていたりするのですが・・・。

Aベストアンサー

無いと思います。

これがあると、特に1社受注のところなんかは
完全に単価がわかってしまいますから....

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Qエントリーシートの語学レベルという欄。

こんにちは。早速質問させていただきます。
私は現在就職活動中で、エントリーシートを出さなければいけないのですが
エントリーシートの項目の中に「得意な語学とそのレベル」という欄があります。
私は英語は中学生レベルしか分からないし、中国語も大学の授業で習いましたが
字を見て単語だけがやっと分かる・・・・か?といった程度です。
嘘を書いても筆記試験や面接の会話などから分かってしまうと思うし
どちらにせよ嘘をつくのも上手くないのでありのままに書こうと思うのですが、
どちら(英語か中国語)を、どのような書き方で書いたらいいと思いますか?
アドバイス、ご意見お聞かせください・・・。

Aベストアンサー

エントリーシートの場合は、
大学名を記入するのでその大学を卒業する程度の英語力はあると判断されます。
なので、書くとするとそれ以上のことのみです。

質問者様は大学に行かれているのに
なぜか英語は中学レベルという点はひとまず置いておくとして、
書き方としては、「特になし」が一般的です。
「特になし」が「大学卒業程度」として受け取られます。

その他の書き方としては
「TOEIC○○点」「日常会話程度」などという一般的なものもありますが、
「簡単な英文読解は可能」などと記入することで
会話は無理でも英語の記事や論文くらいは多少読めるアピールになるそうです。

とはいっても、正直に書くべきところですね。
下手に嘘をついて面接でツッコまれても困りますし。

就職活動、がんばってくださいね。

Q営業と、企画営業の違いってなんですか?

こんにちわ。
私は今、能力面で企画営業職を薦められています。
広告やDMを作ったり、相手先に応じて提案する能力があるからだと
いわれました。

営業職と企画営業職の違いがいまいちはっきりしないんですが、大きな違いってなにがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>広告やDMを作ったり
ということですので、広告領域から回答しようと思います。ただし、定説はないと思いますので、ちょっと独断を交えて。

広告業界において企画営業というとき、本来は欧米の広告業界で90年代に脚光を浴びた「アカウントプランナー」という職種が日本に導入され、それが翻訳されたものだと思います。(日本の広告会社は「営業」を英語では「アカウントエクゼクティブ」と表記します。欧米から見ると間違っているのですが・・・)

本来、アカウントプランナーというのは大雑把に言うと、マーケティングとクリエイティブがバラバラにならないようにまとめる役で、どちらかというとマーケッター出身であることが多いようです。(逆を言えば、それまでマーケティングとクリエイティブが噛み合っていないキャンペーン提案が多かったということです。)(本当は日本と欧米の広告会社の違いなども関係するのですが、ここではそこまで触れません。)

ところがアカウントプランナーという職種が日本に紹介されたのがバブル崩壊直後(いわゆる接待営業が通じなくなった頃)で、時代は提案型・企画型の営業を求めていましたから、そんなニーズに沿って「アカウントプランナー」を翻訳した「企画営業」という言葉が勝手に独り歩きして広まっていったように私は思っています。

同時に「企画」という言葉に憧れる人が多くなった、ということもあったので、「企画営業」の方が何となくウケがよかっった、ということもあったと思います。

ですから(日本では)通常、「営業」というのはルーティンの顧客や業務を維持する人、ざっくばらんに言えば「御用聞き」(昔の広告代理店が言うところの「連絡職」)。「企画営業」というのはルーティンよりも自分で提案して顧客や業務を新たに開拓する役割の人、というように感じています。

広告業界に話を限らなければ、「営業」は自社の商品やサービス「そのもの」を売る職種、「企画営業」は自社の商品やサービスを活かした「企画」を売る職種だと思っています。

>広告やDMを作ったり
ということですので、広告領域から回答しようと思います。ただし、定説はないと思いますので、ちょっと独断を交えて。

広告業界において企画営業というとき、本来は欧米の広告業界で90年代に脚光を浴びた「アカウントプランナー」という職種が日本に導入され、それが翻訳されたものだと思います。(日本の広告会社は「営業」を英語では「アカウントエクゼクティブ」と表記します。欧米から見ると間違っているのですが・・・)

本来、アカウントプランナーというのは大雑把に言うと、マ...続きを読む

Q内定の返事は何日までまってもらえる?

あるところから、内定を戴きましたが、もう一つ選考中のところがあり、そこもかなり行きたいのですが、最終的な結果が六月中旬になると言われました。
それまで返事を待ってもらうよう頼むのは、やはり失礼な事でしょうか?
とりあえず「いきます」と言っておいて、後から断ればとも言われましたが、万が一断る時は、かなり迷惑をかけてしまいますよね。
正直にもう一つ迷っているところが有り、選考中なので、その結果が出るまで待ってくれるように頼んでも良いのでしょうか?
返事を保留する期間は大体どのくらいが目安なのかも知りたいです。

Aベストアンサー

ほんとのことを言わずに待ってもらうのは1週間から10日ぐらいでしょうか。
「内定をいただき、ありがたく思いますが、一生の問題でもあり、今、家族とも相談中です。申し訳ありませんが、あと○日、お時間をいただけませんでしょうか。」
などと言えばいいのでは?先方は、他の結果を待っているなと思うかもしれませんが、あなたのことをほんとにほしいと思えば待っていただけるのでは?
それ以上待ってもらうなら、ほんとのことを話すしかないのでは?
「実は、もう1社、結果を待っているところがあります。そちらの結果が出てから、はっきり決めたいと思います。」
でも、6月の中旬までは待っていただけないかもしれませんね。
過去に同じ質問ではありませんが、下記がご参考になるのでは?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=531551

Q大企業ってどこからが大企業?

就職を考えていて思ったことなのですが、大手企業と中小企業を比べることってありますよね?そのとき、どこからが大手になるんでしょうか?

何となく大企業っていいなって思ってて、教えて!gooを見ていても大手はやっぱりいいとか聞くんですが、どこまで大手なのかよくわからないんです。トヨタとかソニーが大手ってのはわかるんですけど、大手のボーダーってどこなのかな?と。

明確な線引きが難しいことはわかっていますが、みなさまの主観でも構いませんので教えて頂けないでしょうか?

従業員数が何人いたら?平均給与がいくらだったら?福利厚生がこんなだったら?TVでCMしていたら?などなど人によっても基準ってあると思うのですが、意見を聞かせてください。

そして、例えばソニーに子会社ってありますよね。子会社でも親が大きければ大手になるのでしょうか?

Aベストアンサー

世界的な企業であっても日本で知られていない場合もありますよね。逆に例えば武田薬品工業は日本では業界トップでも世界では話になりませんし・・・
私の父は新聞関係の仕事をしていたにもかかわらずCitiBankを知りませんでした。情けないとしか思いませんでしたね(笑)。

従業員数でいえば3,000人くらいが目安でしょうが、それ以下でも有名な企業はたくさんあります。
資本金も目安ですが、最近は利益率を重視しますから資本金が大きくても赤字を垂れ流して産業再生機構のお世話になる企業を大企業と呼んでいいのかどうか?上場していても粉飾決算してるかもしれないし(笑)。

大企業の線引き(明確でないと思いますが)はありますが、就職でそれを基準にするのはやめておいたほうがいいと思います。大企業だから安心して働ける、安定してる、待遇がいいなんてことはありません。会社の規模が小さくても働き甲斐があるほうが大切だと思います。

Q広告代理店とは、一体?

タイトルのとおり、広告代理店とは一体どういう意味なんでしょうか?

僕は「誰かが、何か食べ物や電化製品などを作ったときに食べ物はコンビニへ、電化製品は電機屋へ、とその物を一般の方に知らせたり、買わせたりするための代理店」
かなり、訳のわからない文書だとは思いますが、こんな感じで理解してしまいました。

大変お手数掛けますが、何方か「広告代理店」の意味と使い方を教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

広告代理店勤務です。

広告を出したい人・会社(依頼主=クライアント)
 <自分の作った物や企画などの広告をしたい>
         ↓
       広告代理店
<依頼主が何をどう宣伝したいか、どういう人たちに買ったり利用してほしいかの相談をうけてまとめ、実際に何をしたらいいか、その広告を出す場所や方法(=媒体、メディア)は何が一番効果的かなど戦略を考える>
         ↓
<メディア(CMを放送させてくれる局、広告ページを新聞雑誌に載せてくれる出版社、キャンペーンイベントやポスターを出させてくれる場所の持ち主など)を探して、その局で何時何分にCMを流したら何十万円かかるか、その雑誌に何ヶ月広告を出したらいくらか、などを交渉する>
         ↓
<依頼主と決めた内容を、広告を作る会社(CM製作会社、広告デザイン会社など)に伝えて企画や製作を依頼する>
         ↓
<できた広告をメディアにかける>

実際にはこの間にもっと複雑な仕事がたくさんあるのですが、おおざっぱに言うとこんな感じです。
依頼主の商品をどの地域のどういったお客が買いそうかなどの調査(マーケティングリサーチ)や、広告の結果と効果の調査なども、依頼主の会社でできない場合は代りに引き受けることがあります。

実際に新製品をどのお店で売ってもらうかなどは、そういった調査を元に依頼主の会社が自分でさがして交渉するのが普通です。
ただし最近では、広告にかかるお金を節約するために、別々の会社が協力してそれぞれの商品の広告を合体させて出す(コラボ)方法もあって、
例えばA社のコンビニがB社の映画チケットを店に置く代りに、Aコンビニの広告をチケットに印刷しておいてもらう、というような事を、代理店が企画して進めることも出てきています。

広告代理店勤務です。

広告を出したい人・会社(依頼主=クライアント)
 <自分の作った物や企画などの広告をしたい>
         ↓
       広告代理店
<依頼主が何をどう宣伝したいか、どういう人たちに買ったり利用してほしいかの相談をうけてまとめ、実際に何をしたらいいか、その広告を出す場所や方法(=媒体、メディア)は何が一番効果的かなど戦略を考える>
         ↓
<メディア(CMを放送させてくれる局、広告ページを新聞雑誌に載せてくれる出版社、キャンペーンイベントや...続きを読む


人気Q&Aランキング