ヒトの髪の毛一本にはいくつぐらいの細胞が含まれているのか家の母が知りたがってます。知ってる人、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

毛そのものはたんぱく質ですので、細胞はありません。


根元に毛母細胞が一本につき一個ありますが、毛ではありません。同じように爪も細胞で出来ているわけではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPS(induced pluripotent stem)細胞誘導に用いた Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子はヒト由来ですか?

 iPS(induced pluripotent stem)細胞の誘導にOct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の転写因子の遺伝子を導入したとのことですが、この遺伝子はヒトの遺伝子なのでしょうか?
 今回のiPS細胞はヒトの皮膚の細胞に上記4種類の遺伝子を導入したとのことですが、元になるヒトの皮膚の細胞の核のゲノムにはこれらの遺伝子は存在しないのでしょうか?
 もし、ヒトの遺伝子でないとすると、何由来の遺伝子でしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したことはありません。ところが、遺伝子の発現制御というのはかなり複雑で、どうすれば特定の遺伝子の発現を自由にコントロールできるかはまだ未知の領域なのです。ですので、今回のiPS細胞では、実現可能性の検討というところで、手っ取り早く外部から遺伝子を導入して強制発現するという方法をとっているのです。
おそらくは、外部から遺伝子を導入することなくES細胞のような特性を持った細胞の作製法、あるいはゲノムに遺伝子を挿入することなく一過性の遺伝子発現だけでES細胞様の細胞を作出する方法の検討が激化するのではないかと思います。

遺伝的な特性に影響されて・・・の件もお考えの通りです。ただし、例え癌化しやすい遺伝的特性があったとしても、本当に癌化するかどうかはまた別の話ですので、「すでに」癌化した組織を培養組織と入れ替えることが無駄、というわけではないでしょう。

ANo.1です。

Oct3/4はレトロウイルスベクターに、それ以外はレンチウイルスベクターに入れて導入しているので、皮膚細胞のゲノムのどこかにランダムで挿入されていると考えられます。特に相同組換えを考慮しているわけではなさそうです。

>素人の発想では、もともとのゲノム上の遺伝子を発現させるシステムができれば便利なのではないかと思うのですが。

いやもう仰るとおりで、素のES細胞は4遺伝子を全部発現しているわけですから、本来は細胞自体が持っているこれらの遺伝子を発現させるに越したこと...続きを読む

Q一本の髪の毛を作るためにどのくらいの数の細胞が協力しているのですか?

よく毛根の図を見ますが,一本の髪の毛の太さは細胞とは比べ物にならないほど太いと思いますが,1個の細胞が分泌したタンパクが集まって一本になるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

たしか、毛母細胞がたえず細胞分裂していてその細胞たちが硬くなって髪の毛になるはずですよ。つまり、髪の毛は細胞の変化したものであり、髪の毛が長くなればなるほど多くの細胞が使われているはずです。
毛根の構造はhttp://www2.menard.co.jp/beauty_health/yougo/contents/07-8.htmがわかりやすいですよ。毛母細胞に注目。髪の毛の生える原理はhttp://www.hairdoctor.co.jp/science/index.aspを参照。もっと詳しく説明されているはずです

Qガン抑制遺伝子と免疫細胞

以下の二つの点がわからないので教えて下さい。
(1)ガン抑制細胞を持っている細胞が免疫細胞なのか?
(2)ガン遺伝子を持っている細胞がガン細胞なのか?

Aベストアンサー

(1)に関してはよく意味がわからないので、(2)について回答します。

ほぼ全ての細胞は同じ遺伝情報を保有しています。その遺伝情報の中にガン遺伝子があるわけです。ですのでガン遺伝子はほぼ全ての細胞の中にあります。
癌遺伝子とは癌がもっている特徴(増殖、血管新生など)を発現させる遺伝子ととらえると良いかと思います(多少語弊があるかもしれませんが)。別に癌でなくてもガン遺伝子が働いている細胞もあります。

参考URL:http://www.tsuboi-hp.or.jp/main/HTML/PART/kensaHP/ganidensitte.htm

Qヒト皮膚細胞からもiPS細胞が樹立・・・

素人ですし、解説読んでも少し難しいので教えてください。
例えば事故で腕が切断した場合、この技術で元通りなりますか。
障がいのある両親が子供を生みたいときに、この技術で障がいの無い子供を生むことが可能となることですか。
最後に、究極の倫理上の問題があるとしたらどのようなことが考えられますか。

Aベストアンサー

腕を切断してしまった場合には、切断してしまった組織の状態によるかと思います。なぜならば、切断してしまってから有る程度の時間がたってしまってからでは、その切断してしまった組織周辺の細胞がネクローシス後のアポトーシスによって破壊され、再生は難しいと思います。
よって、切断後、救命救急措置によって、切断箇所をきちんと清潔に保ち、かつまた、組織を温存するなどによって、ケアすることで、この新しい細胞技術によって再生ができるようになると思います。

先天性障害のある両親が、障害の無い子供を授かりたいということで、このような技術を用いることは可能でしょう。なぜならば、そもそもES細胞(iPS細胞?)というのは、人の受精卵に限りなく近い状態の細胞のことで、ここから機能分化をすることで、人が生き物である様々な器官が生まれてきます。つまり、発生技術の究極の細胞技術として期待されているわけです。

しかしながら、現在生きている細胞に新しい遺伝子を導入して、そのような細胞を樹立する技術ですから、不死の細胞ではないのです(不死の細胞は、自分自身を殺してしまう、癌細胞だったりする)。これまでの研究によれば、細胞には分裂回数の限界を知るタイマー遺伝子が存在しており、その分裂回数は、初期の万能細胞と呼ばれてた頃に定まっているとされています。

究極の倫理上の問題としては、そのような理屈から見えてくると思いますが、人が不死の生命を手に入れてしまうことでしょう。SF小説にもありましたが、「メトセラの子」を生んでしまうわけです(これは、旧約聖書に出てくる、500年以上も生きた種族のこと)。

人生が、有る程度の期間ならば、人は人として精一杯生きるはずです。そのような、精一杯をなくした社会を作ってしまうことが、究極の倫理上の問題かも知れません。

腕を切断してしまった場合には、切断してしまった組織の状態によるかと思います。なぜならば、切断してしまってから有る程度の時間がたってしまってからでは、その切断してしまった組織周辺の細胞がネクローシス後のアポトーシスによって破壊され、再生は難しいと思います。
よって、切断後、救命救急措置によって、切断箇所をきちんと清潔に保ち、かつまた、組織を温存するなどによって、ケアすることで、この新しい細胞技術によって再生ができるようになると思います。

先天性障害のある両親が、障害の無い...続きを読む

Qヒト細胞の遺伝子組み換え具体例

質問いたします。
遺伝子組み換え生物に関する議定書である、カルタヘナ法について勉強しています。

(1)遺伝子組み換えを行ったヒト細胞って、例えば何が挙がるでしょうか。
生殖細胞では遺伝子組み換えを行ってはいけないのでしたっけ・・・
なんだか考えれば考えるほど、混乱しています・・・。
勉強不足で申し訳ないのですが、「遺伝子組み換えを行っているウィルスはベクターとして用いているウィルスベクター」といったかたちで、ヒト細胞に関して教えていただければとても助かります。
また、
(2)「分化する能力を有する、または分化した細胞等で会って自然条件において個体に生育しないもの」とは具体的にどういったものがあるでしょうか。
(カルタヘナ法における生物以外のものの分類です)

カルタヘナ法のURLです http://www.bch.biodic.go.jp/bch_2.html

よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

具体例と言われても、
「(遺伝子(いろんな遺伝子の名前が入る)組み換えをした)ヒト細胞」
としか言いようがないのですが。。。

もしかして、質問者様はヒトの心臓とか腎臓とかを想像していませんよね?ヒトの培養細胞ってご存知ですか?

いずれにしても、具体的に何を見ていらっしゃって何について疑問に思われているのか
あげてもらえるといいかと思います。

遺伝子組み換えを行ったヒト細胞について言及しているところがありますでしょうか?

断片でなく、カルタヘナ法のこの部分ってあればわかりやすいのですが。。。

Q哺乳類霊長目ヒト科ヒト属ヒト?

 この分類はあっているでしょうか。私の知る限り、(UMAは別として)ヒト科にはヒト属しかなく、ヒト属にはヒトしかないと思うのですが、他にこのような生物はいるのでしょうか。また、ヒトだけがそうだとすれば、なぜなんでしょうか。
 そう思いたくはありませんが、人間は自分の兄弟や親戚を皆殺しにしながら進化したのでしょうか。

Aベストアンサー

申し上げ難いのですが少し違うと思います、まず生物を分類する際には、種を基本単位にするのですが、界・門・網・目・科・属・種となり<人>の場合は
動物界・脊椎動物門(有羊膜亜門)・哺乳綱・(真獣亜綱)・霊長目(真猿亜目)
類人猿科(ヒト亜科)・Homo(ヒト属)Sapiensとなります。
それとQuarkさんが仰るヒト科とはヒト上科の中にあるヒト科だと思うのですが、ヒト科にはHomo ergaster Homo erectus Homo neanderthalensis
Homo heidelbergensis Homo habilisが私の知る限りあります。
きつい事を言うかもしれませんが、自分の兄弟や親戚を皆殺しにするのは人間だけでなく生物界に於いては日常的に起こっている事です。
ですが、高度な社会を作ることができ尚且つ共存できる者達が自らのエゴで殺し合うのは悲しいことですね。

QiPS細胞をつくるときに組み込まれる遺伝子とは?

昨日のニュースで話題になっていたiPS細胞ですが、分化済の細胞を初期化する過程で4つの遺伝子をレトロウィルスを利用して組み込ませるとありました。
この4つの遺伝子のうち1つはガン遺伝子(おそらく細胞増殖を目的としている?)だそうですが、残りの3つは何なのでしょう?調べてもよくわかりませんでした…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Oct3/4,Sox2,c-Myc,Klf4の4種類です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ES%E7%B4%B0%E8%83%9E

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む

Qヒトの血液中に含まれる元素

タイトルのような課題を学校で追究することになったのですが、図書館などで調べても納得のできる資料が得られず困っています。
インターネットで調べると、血液の成分についてはたくさんの情報があるのですが、元素のことが見つけられません。
追究テーマは「海水とヒトの血液中に含まれる元素の比較」なので、海水との元素と似た感じだと思っています。
海水の元素は調べてみたところ、酸素が約86%で一番多く、塩やナトリウムは少ないことが分かったので、海水に絡ませて回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

海水の成分と血液の成分
  http://trustmedia.gooside.com/mineral2.htm


人気Q&Aランキング