障害者職場定着推進チームを選定する必要がある。
障害者職場定着推進チームとは何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

チームの定義は他の回答にありますので割愛します。


存在意義について補足しておきましょう。
現在、障害者は「養護学校」などを卒業後、一般社会への適応性を見せた方は一般の企業へと就職します。
一定規模の企業では従業員のうちの決められた人数は障害者を雇用するように求められています。
しかし、障害者の定着率は必ずしも高くありません。
先日養護学校の職員の方から聞いたお話でも、定型的な仕事ばかりさせられるので仕事が面白くなく辞めてしまうケースが多いそうです。
障害者の方はどこかに障害があるだけで、個々の能力としては高いものを持っている方がいらっしゃいますが、その能力を発揮できる職場にめぐり合えていないということもあります。
そこで「障害者職業生活相談員」の出番となるわけですが、この役割を負った方がすべて障害者の身になって行動しているわけでもないようです。
その結果、お尋ねの「障害者職場定着推進チーム」が、さらに事業主と障害者である従業員の代表を加えて構成し、障害者の生の声を事業主に届かせ、職場でのやる気をいかにして持続するか、仕事を如何に充実させるか、の検討をする必要が生じたわけです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング