【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

中世、近世、近代、現代の境目は西暦何年ですか?
理由も教えて下さい。

A 回答 (2件)

ある日を境に、時代が変わるとは考えません。


場所や国によってもかわってくると思います。

ヨーロッパにおいて、中世の一番初めの出来事として、コンスタンティヌス帝のミラノ勅令(313年)だと思います。
古代が完全に終わるのが、ビザンツ帝国でのヘラクレイオス朝の成立(610年)と考えます。

中世の終わりの始まり(近世の始まり)は、コンスタンティノープル陥落の、1453年。
中世の完全な終わりは、スペインのフェリペ2世の即位(1556年)と考えます。

近世の終わりの始まり(近代の始まり)は、1776年のアメリカ合衆国独立。
近世の完全な終わりは、1871年ドイツ帝国成立。

現代の始まりは、第1次世界大戦の終結(1918年)
近代の完全な終結は、第2次大戦終結(1945年)と考えます。

日本では、中世の始まりは、645年の大化の改新で、古代の完全な終了が、平安遷都794年。
中世の終わりの始まり(近世の始まり)が、1467年応仁の乱。
中世の完全な終わりが、豊臣秀吉による統一1590年。
近世の完全な終わりが、西南戦争1877年。
近代の終わりは、第2次世界大戦1945年。

と考えます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
現代の始まりと近代の終結は重なり合っているのですね。とても参考になります。

お礼日時:2005/11/03 22:08
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
URL拝見いたします。

お礼日時:2005/11/03 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本史で近代・現代の区分

日本史で近代・現代ていいますよね。近代はペリー来航からだとおもうんですが、近代終了と現代の開始がわかりません。明確な区分を教えてください。

Aベストアンサー

まず、「古代・中世・近世・近代・現代」といった歴史区分法ですが、これは西洋の歴史学を日本が輸入したために出来た歴史区分法です。

西洋では、ルネッサンスによって「古代ギリシア・ローマ」を意識し始めました。
そこで、「古代ギリシア・ローマ」の文明・文化が失われた自体として「中世」が位置づけられていきます。
そして、「中世からの脱却」として「近代」が位置づけられました。
その後、時代が下るにつれて「中世」と「近代」の間の時代として、「近世」が出来ました。
「現代」についても、二つの世界大戦後に「現在進行形の歴史」として意識されるようになりました。
そして、新たに「同時代史」が現在意識され始めているようです。

日本史も、この流れに沿って西洋史と対比するために位置づけようとされています。
しかし、西洋と日本では歩んできた歴史が違う。
第一、「古代ギリシア・ローマ」にあたるモノが日本には無い。
故に、「古代・中世・近世・近代・現代」といった歴史区分法は日本史にはそぐわないのではないか、、、という議論があります。
また、西洋史にしてもどこから「中世」でどこからが「近代」なのかを明確に分ける線なんて存在しない。
「歴史」は連続しているものですから、歴史区分法によって明確に分けるのは間違いであるという意見もあります。

そういった意見を紹介しつつ、主流と思われる、時代区分です。

縄文・弥生時代・・・原始
古墳~平安中期・・・古代
平安中期~安土桃山時代初期・・・中世
安土桃山時代~江戸時代・・・近世
明治~終戦まで・・・近代
終戦~・・・現代
(平成からは同時代史とする見方もある)

しかし、日本史において、上記のような歴史区分法はそぐわないとする意見に個人的には賛成です。

まず、「古代・中世・近世・近代・現代」といった歴史区分法ですが、これは西洋の歴史学を日本が輸入したために出来た歴史区分法です。

西洋では、ルネッサンスによって「古代ギリシア・ローマ」を意識し始めました。
そこで、「古代ギリシア・ローマ」の文明・文化が失われた自体として「中世」が位置づけられていきます。
そして、「中世からの脱却」として「近代」が位置づけられました。
その後、時代が下るにつれて「中世」と「近代」の間の時代として、「近世」が出来ました。
「現代」についても、...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q時代の区切り(古代中世など)

世界史をやってると模試のテスト範囲に古代や中世、前近代、現近代など時代を分ける
ワードが出てきますが、いまいちそれがいつのことなのか分かりません。
古代は先史~ローマ帝国分裂まで??
中世はゲルマン人大移動~ルネサンス??
うーん、区切りを高校で習った気もするんですが、すっかり忘れてしまいました。
だいたいの年代もしくは世紀、その区切りにある出来事など教えてください。(ついでにその頃の日本も教えて下さると助かります)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代、中世・・・といった時代区分は、本来、ヨーロッパ史の時代を区切るものなので、区切りとなる事件なり事象は、ヨーロッパまたはその周辺のものになります。おおむね、下記のとおりでよいかと思います。

古代・・・古代エジプトや古代メソポタミア文明の時代(紀元前8000年くらい)からゲルマン民族の大移動(375年)まで。日本では縄文時代から古墳時代。

中世・・・ゲルマン民族の大移動(375年)からルネサンスの時代(15世紀)まで。日本では古墳時代から室町時代。


近世・・・ルネサンスの時代(15世紀)から絶対王制の時代を経てフランス革命のころ(18世紀末)まで。日本では室町時代から江戸時代中期。

近代・・・フランス革命のころ(18世紀末)から第一次大戦(1914-1918)まで。日本では江戸時代中期から大正時代。

現代・・・第一次大戦(1914-1918)から現在。日本では大正時代から現代。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q現代史の「現代」とは?

日本現代史についてのレポートを書いていて、ふと疑問に思ったのですが、
現代史とはいつごろからの歴史を指すのでしょうか?
きちんとした定義などはあるのでしょうか?
分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

1930年頃以降とする考え方や、戦後とする考え方、はたまた20世紀初めに
起点を置く考え方など、いろいろあります。
参考URLを参照ください。

参考URL:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/josetu/9902.html

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。


人気Q&Aランキング