人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

先程家を探していたら1959年に発売されたカメラが出てきたのですが、その見つかったもののHPを見ると値段が36000円と書いてあり、多分その当時発売されたときの値段やと思うわけです。
カメラ的にはそんなにすごいカメラじゃないみたいなんですが・・・。^^

http://ca.konicaminolta.jp/oldnew/minolta/1950/1 …

その当時の36000円て今ではどれぐらいの価値があるのか知りたいのですが、誰かご存知の人はいないでしょうか?

教えていただきたいです^^お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



なかなか一概には言えないようですが、日銀のサイトの中でこのようなページを見付けました。モノサシとして何を使うかによって計算結果はまちまちだということです。

http://www.boj.or.jp/oshiete/history/11100021.htm

1959年(昭和34年)と平成16年とで比較計算してみると、
1.企業物価指数では、1.8509倍
2.消費者物価指数では、5.6189倍 となるようです。

つまり36,000円は約66,000円とも言えますし、約202,000円とも言えるわけです。ちょっと幅がありすぎて参考にならないかもしれませんね。

自分の印象(体験したわけじゃありませんが)としては、衝動買いはできない金額、奥さんを説得するのに2ヶ月はかかる=20万くらいではないでしょうか?

参考URL:http://www.boj.or.jp/oshiete/history/11100021.htm
    • good
    • 0

>カメラ的にはそんなにすごいカメラじゃないみたいなんですが・・・。

^^

質問の趣旨とはズレますが、このお考えで良いと思います。いつもニコンの後を追っていたわけですから。

8年後の後継機は、あまり値上がりしていません。それだけ、技術革新があったのでしょう。

わが家にも、1966年に出たSR-T101というのがあります。

参考URL:http://ca.konicaminolta.jp/oldnew/minolta/1960/1 …
    • good
    • 0

1959年は昭和34年


三丁目の夕日の1年後です。
出前ラーメン40円くらいの時代です。
昭和34年、14インチの白黒テレビは65,000円
地下鉄初乗り25円
ハガキ5円
シングルレコード350円
という物価が判明しました
参考までに
    • good
    • 0

物価から言うと、今の10分の1くらいのようです。

参考URLに「もり・かけ35円、新聞購読料390円」となっています。

参考URL:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/h-ishimaru/new/1959.h …
    • good
    • 0

大卒で銀行員の初任給が5,600円位です。


米10kg830円
なので、かなりの価値のあるものです。給料の6倍くらいのカメラと言うことです。
単純ですが、今、大卒19万として6倍だと100万ちょっとの価値のものと言うことになるのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和の初任給と年収

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収
昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収
昭和46年頃の、30歳の年収

いろいろ検索して探しているのですが
なにぶんかなり限定したものなので解決しません。
今回初めて質問する初心者で至らない点はありますが、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(昭和26年物価)はがき:5円、公務員初任給:6,500円、豆腐1丁:10円、入浴料:大人:12円

(昭和35年物価)白米10kg:870円、公務員初任給:12,900円、豆腐1丁:15円、日雇労賃:494円

(昭和40年物価)白米10kg:1,125円、公務員初任給:21,600円、日雇労賃:972円、週刊誌:50円

(昭和55年物価)白米10kg:3,235円、公務員初任給:101,600円、日雇労賃:6,550
円、週刊誌:200円

から推測しますと。

昭和31~32年頃の中卒者の初任給と年収 8千円、10万円くらい。

昭和40年頃の、23~27歳くらいの年収 40~70万円くらい。

昭和46年頃の、30歳の年収 70~100万円くらい。

根拠はありません。
 

Q1954年の100万円は、今だといくらくらいの価値

になりますか?
何円くらいになるでしょうか? だいだいでもいいので教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大卒初任給で比較すると、
 1954年は5,600円
 2012年は20万1,800円
約36倍の差があります。

この比率をそのまま使うと、1954年当時の100万円は、
現代の貨幣価値に換算すると、その36倍の3,600万円程度と言えるでしょう。

Q昭和43年の43万円は、今の価値でいくら?

昭和43年の43万円は、今の貨幣価値でいくらになるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

昭和43年の、公務員の初任給は27,600円となっています(東京都人事委員会)。43万円は初任給の約15.6ヶ月分と言う事になります。現在の大卒公務員の初任給は20万円程度ですから、20万円×15.6=312万円ぐらいと言うところでしょう。
昔と今の貨幣価値を比べるのに、消費者物価指数を使っても一つの答えになりますが、私はこの初任給ベースで換算するのが好きです。

Q昭和17年頃でいう5円は今で言うとどの位の価値なのでしょうか?

昭和17年頃でいう5円は今で言うとどの位の価値なのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和15年春に私の両親は見合い結婚をしました。
母親(90)に聞いた話ですが、当時の結納金は200円だったそうです。
嫁入り支度に用意した会津桐の柾目箪笥は現在は100万円くらいですが、当時は100円で買えたそうです。
また、母親が嫁ぐ前に鉄工所の事務員をしてたそうですが、月給35円だったそうです。
父親が用意した新居は東京浅草でしたが、2千円で3階建が建ったそうです。
当時の物価は父親が好きだったカレーライスが10銭(100銭=1円)、映画館の入場料が50銭だったそうですから、物にもよりますが、現在の貨幣価値に換算すると5千~1万倍になります。
翌年の昭和16年12月8日に真珠湾攻撃から太平洋戦争に突入した訳ですが、特にインフレになった話はしてませんから、昭和17年頃の5円は現在の2万5千円から5万円近い価値があったはずです。


人気Q&Aランキング