離婚の際に家庭裁判所の調停で取り決めた養育費を減額したいと元妻と、交渉中です。
減額理由は私が再婚して子供が出来て扶養家族も増えたことと、リストラのため仕事を変わって給料が減額したためです。
2ヶ月間、養育費の支払いは滞っています。
元妻は減額には応じないといい、話は平行線です。
離婚の際に調停で決めた事は裁判の判決と同じだから相手の承諾なしに差し押さえが出来ると聞いたことがあるのですが、今の状態で元妻が、私の知らない間に差し押さえをする事ができるのですか。
差し押さえ等の手続きをする際には事前に私の方に連絡が来て、それに対して対抗する手続きをする事ができるのですか。
 私の送っている養育費は子供のためではなく、定職にも就かない元妻の生活費になっているという事実も減額の理由になりますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

扶養義務者の知らない間に差押さえはできません。

事前に陳述催告の機会が与えられます。 
扶養義務者が失職した場合のように、事情の変更が顕著な場合には、強制執行に対して請求異議の訴え(民事執行35条)で対抗することができます。

また、事情変更の発生から養育費減額の申し立ての協議又は審判の成立までは時間的ズレが生じるので、原則として、減額の効果は事情変更の発生のときに遡ると考えられています。

給与の差押さえは履行確保には確実ですが、強制執行の手続きの煩雑さ(扶養義務者の転職先を調べたり、執行分付与の手続きをしたり、書面を書いたり)自分で出来ない場合は弁護士に依頼したり、司法書士に書面を依頼する必要がありますので現実に履行確保の為に、強制執行される割合は22%程度だそうです。
2ヶ月間程度の未払いでは、手続きの手間や費用を考えると元奥様も強制執行までは考えないと思いますが。

元奥様が定職に就かないで生活費に使っていることは、減額の理由になりません。むしろ減額申し立ての妨げになるでしょうから、相手方の生活態度を非難することは申立ての際には言わない方が懸命です。
扶養義務者の収入減や再婚して子供さんが生まれたことによる身分関係の変更は減額を認める要因になりますので、こちらの事情変更を申し立てることです。その為に家計簿や収入の減額を証明する方が良いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答有り難うございました。
とても、参考になりました。

お礼日時:2001/12/04 14:15

 差し押さえの件ですが、ご質問にあるように調停での決めた内容は、裁判での判決と同様の効力がありますので、支払いが滞った場合は受け取る側の申し出により、家庭裁判所から支払いの催告があり、なおも支払いがない場合は差し押さえとなります。

具体的な差し押さえとしては、すぐに現金となる方法が有効ですので給料の差し押さえでしょう。給料の1/4までは差し押さえが可能ですので、裁判所から職場に給料の差し押さえ通知があり、給料から指定の金額を毎月相手に支払うことになります。

 対抗要件はありません。支払いが困難なのであれば、相手が支払いの催告を求める前に相手と相談をして、事情を理解してもらうことでしょう。

 減額の理由ですが、相手が定食もなく生活費に使っているということは、減額の理由にはなりません。もらった相手が何に使おうと、あなたは調停で定められた金額を支払う義務があるからです。結果として、子どものためでは無かったとしても、あなたは子どものために養育費を支払う義務を果たせば良いことになりますし、子どもの母親の生活費になっているとしても、間接的には子どもの生活費になっているとも考えられます。又、再婚して子どもが出来て扶養家族が増えたことも、減額の理由としては認められないでしょう。再婚することは自由ですが、そのことによって生活が大変だから養育費は減額してほしいというのは、身勝手な理由ですよね。最終的には、相手が承諾してくれれば良いのですが、その理由では難しいと思われます。

 養育費の支払いも、借金の支払いも同じです。扶養家族が増えたからといって、借金の支払いを減額はしてくれないでしょう。養育費の支払いは、親としての義務と責任があると思います。交渉が円滑に進むと良いですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養育費減額調停&給与差し押さえについて

詳しい方、教えてください。
前妻との間に子供(1人)がいて、8年前に離婚をしました。現在まで養育費5万円/月を一度も滞納・遅延することなく支払ってきました。(協議離婚・養育費は公正証書を作成)
そんな私も、再婚をして二人の子供を授かることができました。
しかし、残業代の削減(6万~8万あったものが、0円に)・子供2人の保育園費(合計8万円)・住宅ローン(約8万円)・etcなどにより、5万円/月の養育費の支払いが厳しくなってしまい、減額の相談を持ちかけてみました。結果は当然「NO」。
そこで、家庭裁判所に「養育費の減額申し立て(調停)」をしようと考えています。
私の年収は650万程度です。(妻も正社員ですが、時短勤務の為、250万程度)
【質問1】養育費を3万円/月程度へ減額したいのですが、可能でしょうか?
【質問2】減額の相談をした際に、前妻&代理人から「給与を差し押さえる」ことを匂わせる文言が手紙で届きました。一度も滞納・遅延していなくても差し押さえる事などできるのでしょうか?

回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>【質問1】養育費を3万円/月程度へ減額したいのですが、可能でしょうか?

養育費は、一般に双方の親の年収で決定します。
養育費の目安は裁判所が公開していますので、参考URLからご確認ください。
これによると、質問者さんの年収650万円の場合に養育費を月額3万円とするためには、元奥さんの年収が525万円である必要があります。
従って、元奥さんの年収が525万円以上である場合は、養育費の減額を主張する根拠があります。
なお、現在の奥さんは元奥さんとの間に生まれた子を扶養する義務がありませんので、現在の奥さんの年収を合算する必要はありません。

>【質問2】差し押さえる事などできるのでしょうか?

離婚した時の公正証書に強制執行の文言がある場合は、その取り決めどおりに差し押さえすることができます。
ない場合はそれなりの手続きが必要ですので、即差し押さえはないでしょう。
内容証明郵便でなく、普通の手紙で匂わせる程度でしたら、ある程度の期間は行われないでしょう。

まず、質問者さんは、元奥さんとの間に生まれた子と同じだけ、現在の奥さんとの間に生まれた子を扶養する義務があります。
元奥さんとの間に生まれた子を扶養することにより、現在の奥さんとの間に生まれた子の扶養ができないようであれば、養育費の減額には一定の根拠があります。
調停を申し立てる前に、どういった方針でのぞむべきか、弁護士から事前にアドバイスを受けておくべきでしょう(30分5000円くらいです)。

参考URL:http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

>【質問1】養育費を3万円/月程度へ減額したいのですが、可能でしょうか?

養育費は、一般に双方の親の年収で決定します。
養育費の目安は裁判所が公開していますので、参考URLからご確認ください。
これによると、質問者さんの年収650万円の場合に養育費を月額3万円とするためには、元奥さんの年収が525万円である必要があります。
従って、元奥さんの年収が525万円以上である場合は、養育費の減額を主張する根拠があります。
なお、現在の奥さんは元奥さんとの間に生まれた子を扶養する義務がありませんので...続きを読む

Q養育費の未払い分給料差し押さえの減額請求は可能?

はじめまして。養育費の給料差し押さえに関する質問です。

5年前に調停離婚をしました。前妻との間の子は3人。養育費は月81000円です。
今まで払っていたのですが、ときどき払えない月があり、トータルで1年分くらいの未払いがあります。
そして、先月、前妻から給料の2分の1を差し押さえされました。

現在、私には、2年前に再婚して、1年半ほど前に1人子どもが生まれました。
そこで、今回の差し押さえの件もあったので、養育費の減額請求をすることにしました。
裁判所から通知がきて、減額できるだろうとのことで、来月が第1回目の調停になります。

そこで、質問なのですが、新たに家庭を持ったので、
差し押さえ額を引くと私が15万、現妻が15万の手取りで30万円ほどです。
前妻のときの借金もあるので支払等を含めると生活が成り立たなくなります。

そのような理由があり、差し押さえ金額の減額をしたいのですが、
そのような差し押さえの減額請求というものはできるのでしょうか?

教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

●毎月の差し押さえの金額を減額したいと思っていたので、それが可能なのか
○前妻さんが承諾をすれば可能ですが、「生活が苦しい」だけで「生活できない」わけではなさそうなので難しいでしょうね。そもそも質問者さんの延滞が原因であるわけですし。

●「減額請求の申請はできるだろう」という意味でした。
○請求するだけなら自由ですからね。それが認められるかどうかは別問題なのです。
 質問者さんの手取りがおよそ30万円と言うことは年収は500万円位でしょうか。そうだとするとお子さんの年齢にもよりますが、養育費の相場・養育費算定表によれば8~10万円になりそうなので、現在の金額は妥当となります。
 それを踏まえないと調停員の心象も良くないでしょうし、裁判になった時に不利かと思います。

 法テラスや行政開催の無料法律相談を利用された方がよいかもしれません。

Q養育費減額調停を阻止するには?

(子供の父親)が養育費減額の申し入れを自筆の手紙で送ってきました。
9年前、養育費月々10万と決め公正証書を交わしました。以来先月まで一度も支払いが遅れた事がありませんでしたが、先月初めて「会社の給与支払いが遅れている」との理由から支払いが10日遅れてありました。

「扶養家族か増えたので適正な扶養額を再度確認し、話し合いでは難しいと思うので調停を申し入れたい」との手紙の内容でした。こちらからこの件で連絡は一切していません。

現在もシングルで70代の母と子供の3人暮らし、私の収入は月7万程度です。

10万は一般的に養育費としては多いかもしれませんが養育費と自分のお給料を合わせてもギリギリの生活です。

今の生活を守る為、減額調停を阻止できたらしたいと思っています。

何か策がありましたら教えて下さい(>_<)宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 「扶養家族か増えたので適正な扶養額を再度確認し、話し合いでは難しいと思うので調停を申し入れたい」との手紙の内容でした。

 養育費の減額は支払い側の家族構成が変わったからと言って減額は
認められるものでは有りません。

 それが認められれば偽装養子とか偽装結婚や扶養家族の付けたしなどが横行する事になります。
初めから、養育費を支払っているのですからそれを考慮した生活をしなければならないのです。

 減額が認められるのは支払い側の収入が半額になったなどの事情だけです。
 
 支払い側が滞ればきちんと公正証書を基に訴えましょう。

 支払いがストップしたり少なくなれば訴えれば5年間は遡って未払い金が請求できます。
但し毎月相手の給料の半額を限度でしか回収はできません。

 つまり法律は優しいのです。 

Q養育費を公正証書で決めたのに、減額の調停を申し立てられた・・・

こんばんわ
 2年程前に離婚し、その時養育費を公正証書で決めました。
最初は10万でしたが、相手の頼みで仕方ないと思い7万円に減らしたのに、ここ三ヶ月ほど前から払ってくれなくなりました。やっとのことで、2人で話せる時間をつくり訳を聞いてみると、「この前土地を買ったから、借金ができたから払えない」と言う理由でした。
そこで、強制執行の手続きをしたところ、今日裁判所から調停に来るようにとの通知書がきました。
そこで、皆様にご質問なのですがこの場合減額されるのでしょうか?
もし、減額されるならどのようにしたら防げますでしょうか?

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No.2の補足への回答です。
補足の内容だけでは、一般的に減額事由にはなり難いと思われますが、
裁判所が元夫から、土地を買うに至った事情等を聞いて総合的に判断することになります。

ただし、お子さんが1人だとすれば、お二人の収入から見て、現在の月7万円は一般的な水準からはかなり高い方になります。No.3でご指摘のことなども用意されて調停に臨まれると良いと思います。

Q養育費の減額調停について

元夫から養育費の減額調停を申し立てられました。

元夫 30歳 4年前で手取り27万 ボーナス8万×2 
再婚して奥さんの実家に同居 子供1歳

私 27歳 収入なし 元夫との間に子供7歳、5歳
現夫との間に2歳、0歳3ヶ月の計4人の子供あり

現夫 25歳 手取り20万 ボーナス7万×2
持ち家 ローン月3万7000円

調停の際に収入を証明する源泉徴収票と給料明細を
持って行く予定ですが、他にも何か必要でしょうか?
また、現夫は身障者で障害年金をもらっていますが
これも収入としてみなされるのでしょうか?

約束では月々4万円ですが、お互い再婚して
二人の子供は現夫と養子縁組をしていますので
減額は仕方ないと思います。
私は半額を主張したいのですが多すぎますか?
元夫は免除を主張してくると思います。
話し合いで解決せず、審判になった場合は
どのくらい減額されるのでしょうか?
以上、長文になってしまいましたが、どうぞ
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は養育費を払い終えた経験者(男)です。
子どもへ元妻の実家や土地を相続するため祖父母との養子縁組をしました。従って、子どもの母親も再婚後は子供への養育費を払ったようです。

現夫さんと養子縁組をされているのであれば2人のお子さんは、元夫と現夫の2人が扶養者となります。

現在が2万円/人の計4万円ですよね。
これは、7歳のお子さんが18歳までもらった場合には計264万円で、5歳のお子さんが312万円です。これは子どもの将来にとって進学等で必要な資金です。

養育費の相場は2万円~8万円なので2万円は最低ラインですし、現夫と元夫との収入はほぼ同等ですから相手に正当な言い分が無い限り、減額については拒否すべきだと思います。月々を減額するならボーナス払いを要望すれば如何ですか。

また、養育費には相手の収入に余裕がある場合には進学費用等の請求が出来ます。

今回の調停で養育費の期限(普通は(1)18歳、(2)20歳、最近では(3)大学卒業までが増えている。)についても調停結果を残すいい機会だと思います。もし、未払いが続けばこの調停結果で強制執行(給与差押え等)も可能です。

養育費は子殿の権利ですから、母親として子殿のために、子供の代弁を頑張ってください。

参考URL:http://www.fp-kashiwa.com/mensetu/frame.htm

私は養育費を払い終えた経験者(男)です。
子どもへ元妻の実家や土地を相続するため祖父母との養子縁組をしました。従って、子どもの母親も再婚後は子供への養育費を払ったようです。

現夫さんと養子縁組をされているのであれば2人のお子さんは、元夫と現夫の2人が扶養者となります。

現在が2万円/人の計4万円ですよね。
これは、7歳のお子さんが18歳までもらった場合には計264万円で、5歳のお子さんが312万円です。これは子どもの将来にとって進学等で必要な資金です。

養育費の相場...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報