人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

三日月っていつでも見れるようで見れなかったんです!
この前、12時ごろ三日月を見ようとしたんですけど、出てなかったんです。
と言う訳で、中学生の私でも分かるように、三日月が見ることのできる時間、方角、説明などを教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

次の三日月は、2005年12月4日~5日頃です。


晴れていれば、夕方に西の空に沈むのが見えると思います。

中学生と言うことなので、「覚え方」をお教えしましょう。

■呪文「しじまか6」

これは、月の形の変化と位置を覚えるための呪文です。説明は以下。

■月の形の変化 … キーワード「しじまか」
 約7日毎に以下のように変化し、約29日と半日で一めぐりします。
 この1周期が、旧暦(陰暦)の「1か月」にあたります。
  ・し (新月)
  ・じ (上弦の月)
  ・ま (満月)
  ・か (下弦の月)
 詳しくは最後に列挙します。

■月の位置の変化 … キーワードは「6」
 月の位置は、約6時間ごとに東→南→西へ移動します。
 月の出る時刻/沈む時刻は、毎日約1時間づつ遅くなります。

・新月  6時頃:東に昇る、12時頃:真南、18時頃:西に沈む 
・上弦 12時頃:東に昇る、18時頃:真南、24時頃:西に沈む
・満月 18時頃:東に昇る、24時頃:真南、 6時頃:西に沈む
・下限 24時頃:東に昇る、 6時頃:真南、12時頃:西に沈む

(時間はきっちり6時間ではなく、おおよそ5~6時間の範囲です。)

------------------

太陽・地球・月の位置関係であらわすと以下のようになります。

【陰暦1日頃:新月】
 ・明け方に東の空からのぼり、真昼に真南、夕方に西の空に沈む。
 ・太陽を背にしているため見えない。

  地球 月
   ●―○―――◎太陽

【陰暦7日頃:上弦月】
 ・真昼に東の空からのぼり、夕方に真南、真夜中に西の空に沈む。
 ・月が真南に来たとき右半分が明るい。

   ○月
   |
   ●―――――◎太陽

【陰暦15日頃:満月】
 ・夕方に東の空からのぼり、真夜中に真南、明け方に西の空に沈む。

 月 地球
 ○―●―――――◎太陽

【陰暦23日頃:下弦月】
 ・夜中に東の空からのぼり、明け方に真南、真昼に西の空に沈む。
 ・月が真南に来たとき左半分が明るい

   地球
   ●―――――◎太陽
   |
   ○月

------------------

「三日月」は「新月」から約3日後の月。
「新月」と「上弦の月」のほぼ中間ということになります。
「陰暦26日頃」の月も「三日月」に似ていますが、
輝いている向きが違います。

■陰暦日付  月の呼び方
  1日頃  新月(しんげつ)、朔(ついたち=月立ち)
  2日頃  二日月(ふつかづき)
  3日頃  三日月(みかづき)
  7日頃  上弦月(じょうげんのつき)、七日月
 13日頃  十三夜(じゅうさんや)、十三日月
 14日頃  小望月(こもちづき)、十四日月
 15日頃  満月(まんげつ)、望月(もちづき)、十五夜、十五日月
 16日頃  十六夜(いざよい)、十六日月
 17日頃  立待月(たちまちづき)、十七夜、十七日月
 18日頃  居待月(いまちづき)、十八日月
 19日頃  寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、十九日月
 20日頃  更待月(ふけまちづき)、二十日月
 23日頃  下弦月(かげんのつき)、二十三夜、二十三日月
 26日頃  二十六日月、二十六夜
 30日頃  晦(みそか、つごもり=月隠り)、三十日月
    • good
    • 11

旧暦3日の月が三日月です、他の日の月は三日月ではありません



また三日月は太陽より約2時間半の遅れで、太陽に追随します

ですから、日の入り前後に太陽の30~40度東側に見えます、そして日の入り後2時間半程で沈んでしまいます

見ることのできる日と時刻が限定されます
なお、このことは、満月でも上弦の月でも下弦の月でも同様です(周期は異なりますが、星座も惑星も同様です)

この質問が出るのは、夜空をゆっくり眺めることができなくなっているからでしょうか

一番星みつけた・・・の方々からは出てこない質問ですね
    • good
    • 4

 月の運行周期は、季節に関係なく、平均29.56日です。


 三日月から次の三日月まで、あるいは満月から次の満月までの時間は
29日と13時間26分余りです。
 
 最近の三日月は11月05日だったので、次の三日月は12月04日、
その日が曇っていたら、その次の01月02日に実測して、中間の時刻
を割りだします。
 
 20051105(月齢3.1)20051204(同3.67)以下、来年の三日月一覧。
0102/0131/0302/0331/0430/0529/0628/0727/0826/0924/1024/1123/1222
(世界中の人々が同時に月の出・日の出を見ることはできません)
 
 カレンダーの語源は、新月が見えたときの「叫び声」に由来し、いま
も観測の儀式をイスラム暦が継承しています。
 あなたも、新月を発見して「可憐ダー!」と心の中で叫びましょう。
    • good
    • 2

月は球形で太陽に照らされて光っているのである。

だから、…
    • good
    • 8

ずばり、旧暦(太陰太陽暦)の3日に日没後の西の空(^^)。



旧暦は月ごとのカレンダーか日めくりの隅にに小さく載っていることが多いです。
    • good
    • 2

http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyo …

ここの左側の目次の月齢カレンダーで、新月や満月の日が分かると思います。

その目次の太陽・月・星の暦で出没時間帯が分かると思います。
    • good
    • 2

 三日月は太陽より3時間遅れて太陽を追いかけるような動き方をしています。

(厳密に太陽の軌跡を追っているわけではありません。およその話です。)したがって、午後3時頃なら南、午後6時頃なら南西の方に見えるはずです。午後9時頃には西に沈みます。

 右が光っている半月(上弦の月)は太陽より6時間遅れで太陽を追いかけます。満月はちょうど半日太陽とずれています。左が光っている半月(下弦の月)は太陽より6時間先を行きます。
 太陽より月の方が遅れて巡っていて、1日で約50分ずつ差が広がっていき、約1ヶ月で月が一周遅れになるので元に戻るわけです。
    • good
    • 5

25日以降に見てくださいね



それまで
http://www.moonsystem.to/starlight/starlight.swf
http://www.moonsystem.to/
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

で勉強しましょー(^_^)v
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月齢について(三日月は2?・3?)

 ネットで月齢について調べてるのですが、サイトによって微妙に違っていて困ってます。三日月の日は月齢2日目なのですか?それとも3日目なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「月齢」の定義から始めましょうか。
月齢とは,「(もっとも最近に)新月になった瞬間から経過した時間の長さを,日(にち)単位で表した数字」です。
たとえば,昨日の午前6時ちょうどが新月だったとすると,今日の午前6時の月齢は1.0,今日正午の月齢は1.25,今日午後6時の月齢は1.5です(四捨五入して小数第1位までで表すことが多いですが)。
従って,ご質問の文中にある「月齢2日目」という言い方は(少なくとも普通は)しません。

おそらく,新聞のこよみ欄やカレンダーなどには「○月○日の月齢」というような表記が見られますので,その日その日に対して一つの月齢の値が対応するとお考えになったのではと推測しますが,月齢の定義は上で述べたようなものですから,本来なら「○月○日○時の月齢」というべきものを省略しているとお考えください。
何時現在にするかはその暦の編集者に任されていますので,天文関係のこよみなどでは,必ず「月齢は何時現在」と書いてあります。
ただ,新聞では何の断りもなく「○日の月齢」と書いていますし(数値からみるとどうやら正午現在が多いようですが),NHKの関東ローカルのニュースでも「東京地方,あすの日出は何時何分,日の入りは何時何分,月齢は何点何」と言っています。たぶん,月齢の定義を知らないのでしょう。困ったものだ。

例えば今日(11月23日)の月齢を見てみますと,「天文データノート」(午前0時現在)では7.3,「理科年表」(正午現在)では7.8,「天文年鑑」では8.2となっています。
しかし,いずれも前回の新月(11月15日15時40分)からの経過日数ですので,矛盾はありません。

ちなみにNo.1の回答なのですが,実は意味がよくわかりません。
>サイトによって微妙に異なるのは、標準としている時間及び場所から発生する現象でしょう。月齢の基準とする地点は、ほぼ日本の標準時、東経
>135度線上とされているようですが、基準とする時間はマチマチです。
というのは,どういう意味でしょうか。
東経135度線上にある明石市と,東経140度ちかい東京とでは,月齢が異なるという意味かなあ。
月齢の定義はあくまでも,「新月となった瞬間からの経過時間」ですので,明石だろうと東京だろうと,はたまたニューヨークやロンドンだろうと,ある瞬間の月齢は同じはずです。
うんと厳密に言えば,明石から見た月の方向と,東京から見た月の方向とでは,微妙に差がありますが,それはわずかなもので(角度で0.1°程度,時間で20秒ぐらいでしょうか),月齢の計算にあたっては無視できるといっていいでしょう。
(なにか勘違いしていたら教えてください。)

次に,「三日月」は天文学的な定義があるわけではありません。とりあえず手元の辞書を引いたら,「陰暦3日前後に見える弓形の月」とありました。
一番狭い意味で言えば,「旧暦3日に見える月」でしょうが,もう少し太ったものも含めて,弓形をした月をなんとなく三日月と読んでいるような気がします。「3日前後」というのは,そのへんの含みも持たせているのでしょう。
もし,その狭い意味に解釈したうえで,見えている三日月の月齢はいくつかという質問であれば,No.2の回答にある通り,2.0より大きく3.0以下となりますね。

まず「月齢」の定義から始めましょうか。
月齢とは,「(もっとも最近に)新月になった瞬間から経過した時間の長さを,日(にち)単位で表した数字」です。
たとえば,昨日の午前6時ちょうどが新月だったとすると,今日の午前6時の月齢は1.0,今日正午の月齢は1.25,今日午後6時の月齢は1.5です(四捨五入して小数第1位までで表すことが多いですが)。
従って,ご質問の文中にある「月齢2日目」という言い方は(少なくとも普通は)しません。

おそらく,新聞のこよみ欄やカレンダーなどには「○月○日の月齢」...続きを読む

Q月はどちらの方角から昇るのでしょうか

太陽が東からのぼり西に沈み、月は反対かと思っていましたが、どうも間違いのようです。月はどの方角から昇るのでしょうか。

Aベストアンサー

もう既に回答が出ている様に、現代の感覚では月は東から昇るのですが、
文学などで、月が西から東へと動いて行くような表現が良くあります
ので、それをそのまま受け取って混乱されているのかもしれません。

月は、日周運動では東から西へと動きますが、約30日(朔望月 約29.53日)
かけて西から東へと公転していますので、一月程度の期間でみると
星々の間をゆっくり東へと進んでいるようにも見えます。

平安の貴族などはこの様子をみて、月は西から昇ると表現した、
と言われています。

Q三日月の反対の月は何と言いますの?

三日月はアルファベットの「C」とは逆向きの月ですが
アルファベットの「C」の形の月は三日月とは言わないそうですが何と言うのでしょうか?

Aベストアンサー

暁月でしょうか
http://www.terachiyo.com/gakumon/gakumon-9.htm
三日月は三日めの月ですが
三日前であれば二十六夜ともいいます
http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/moon/moon.html

Q月のでる位置は?

太陽は季節によって上る位置がずれていきますが、月はどうなっているのでしょうか?あまりにも基本的なことなのか、その手のサイトでも見つかりません。

Aベストアンサー

日によって、また季節によっても出る位置(方位)が同じになるには恒星みたいに天球上でじっとしてるものだけです。
恒星も固有運動でゆっくりとわずかに位置を変えますが人間の一生の間では裸眼で見る分には動いたとは認識できません。

太陽は地球が太陽の周りを黄道上を公転することで赤緯と呼ぶ天球上の緯度が-23.4°から+23.4°の間を一年をかけて変化します。
月の軌道面は黄道面に対して約5°傾いていて、一月足らずで一回公転しますのでその間の出没方位は大きく変化します。
でもふだん月を見る時って満月や三日月や上弦の半月など目を引く形が多いですね。
例えば満月に限れば南中したとき夏は南に低く冬は天頂近くに感じます。

約18.6年で回転するというのは、月の軌道面が黄道面に対してその交差する位置が一周する周期です。
月の模様が逆になることはありません。(^_^)

で、実際の月の出の方位を知るのには便利なホームページがあります。
お星様とコンピュータのページ
http://star.gs/
左のメニューから「★出没南中時刻」の「太陽,月,惑星」をクリック。
お住まいの所に地域名か経度緯を設定して、天体名に月を選択し「OK!」ボタンをクリックします。
日付と計算期間も設定できます。
出没時の時刻や北からの角度が計算されます。

日によって、また季節によっても出る位置(方位)が同じになるには恒星みたいに天球上でじっとしてるものだけです。
恒星も固有運動でゆっくりとわずかに位置を変えますが人間の一生の間では裸眼で見る分には動いたとは認識できません。

太陽は地球が太陽の周りを黄道上を公転することで赤緯と呼ぶ天球上の緯度が-23.4°から+23.4°の間を一年をかけて変化します。
月の軌道面は黄道面に対して約5°傾いていて、一月足らずで一回公転しますのでその間の出没方位は大きく変化します。
でもふだん月を見る時って...続きを読む

Q冬の三日月と夏の三日月の見え方について☆

いつも冬になると思うのですが,三日月(三日月に限らないのですが,三日月の時によく不思議に思うので)の光っている部分というのは,夏と冬では違うのでしょうか?
冬の三日月は,いつも船のように球の下の方が光っているように感じるのですが,どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面です。

この黄道は、天の赤道(春分・秋分に太陽が1日で1周する大円)と23.4°ずれており、天球上で春分の太陽の位置(春分点)と秋分の太陽の位置(秋分点)で交わります。この場所で、天の赤道との角度が最大の23.4°になりますが、春分点では天の赤道よりも垂直に近く、秋分点では水平に近い傾きになります。

話が長くなりましたが、月はほぼ黄道上にいて、月の光る側とはその黄道の延長上にいる太陽の方向と考えれば、月が春分点近くでは下側が光り、秋分点近くでは右側が光るということが分かると思います。三日月と太陽は角度にして40°ほど離れているので、季節として最も下側が光るのは春分の40日ほど前、つまり2月前半、最も右側が光るのは秋分の40日ほど前なので8月前半ということになります。

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面で...続きを読む

Q太陽は自転していますか?

地球は自転しながら公転していますが・・

太陽は不動のままですか・・

それとも自転はしていますか・・?

Aベストアンサー

太陽は自転していますよ。
黒点って知ってますか? 太陽の表面に観測される黒い斑点のことなのですが、しばらく観測を続けていると、こいつが動くわけですよ。
そこで人々は、太陽は自転していることに気がついたわけです。

しかも黒点は、太陽の中心近くにあるときは比較的、丸く見えるのに対し、太陽の端にあるときは、つぶれて見えるんですよ。
そこで、太陽の形(それまで、球形なのか“せんべい”みたいな円盤型なのか議論がなされてました)は球体であることも発見したわけです。

Q三日月が沈むときの傾き方

三日月が沈むとき、地平線に対してその形の傾きが「寝た」角度になったり「立った」角度になったりしますよね。表現が難しいのですが、三日月の2つのとがった角を結ぶ線と地平線が作る角度でいえば、月と太陽が同一赤緯にあるとき、それは見ている地点の緯度と同じ角度になると思うのですが、では最大値と最小値はそこから何度、変化するのでしょうか? また上で「三日月」と書きましたが、月齢によって違うでしょうか?

Aベストアンサー

図を使わずに言葉だけで説明するのは難しいのですが,やってみましょう。

まず,天球上の月の通り道(白道)は黄道と一致している(つまり,月の黄緯=太陽の黄緯=0度)とみなします。

>月と太陽が同一赤緯にあるとき、それは見ている地点の緯度と同じ角度になる
いいかえれば,月・太陽が夏至点や冬至点の近くにある時ですね。これらの点では,天体が黄道上を動く時,赤緯の変化は0に近くなります。
もし,夏至点(冬至でも同じ)が西の地平線付近にあれば,天の赤道も黄道も,地平線に対して同じ角度(=90度-緯度)で立っています。
したがって,「三日月の2つのとがった角を結ぶ線と地平線が作る角度」はその地点の緯度に等しくなります。

では,もっとも赤緯が大きく変化するのはというと,春分・秋分点になります。
これらの点において,赤道と黄道が交わってできる角度を考えると,それは黄道傾角そのものですから,地軸の傾きと等しく,23度26分ほどです。
たとえば秋分点が西の地平線付近にあるとすると,黄道上を地平線から上に(=黄経の増加する方向に)すすむにつれ,赤緯は小さくなりますので,天の赤道より南(=左手)へ南へと外れていきますね。
したがって,黄道が地平線と交わる角度はそのぶんだけ小さくなり,天の赤道よりも寝てみえます。その黄道上を動く月は立ってみえるということになります。

というわけで夏至・冬至のころに比べると,春分のころの三日月は23度半ほど寝て見え,秋分のころは立ってみえます。

昔,鈴木敬信さんという天文学者(故人)の本で読んだ話ですが,春の三日月は横になっているので,その窪みに水がたまって,春がすみを作るが,秋の三日月は立っているので,水がたまらず,さわやかに晴れ渡った空になる,という言い方があるそうです。

なお,実際には白道は黄道と一致せず,5度ほどずれていますので,それを加えて,±28度半というところでしょうか。

月齢による違いは…あるでしょうね。一般には,新月に近いほど黄道傾角がストレートに効いてくるので,めいっぱい変化するような気がしますが…うーん,きちんと考えると難しそうだ。
眠くなってきたので,あとでゆっくり考えてみます。(この項のみ自信ナシ)

図を使わずに言葉だけで説明するのは難しいのですが,やってみましょう。

まず,天球上の月の通り道(白道)は黄道と一致している(つまり,月の黄緯=太陽の黄緯=0度)とみなします。

>月と太陽が同一赤緯にあるとき、それは見ている地点の緯度と同じ角度になる
いいかえれば,月・太陽が夏至点や冬至点の近くにある時ですね。これらの点では,天体が黄道上を動く時,赤緯の変化は0に近くなります。
もし,夏至点(冬至でも同じ)が西の地平線付近にあれば,天の赤道も黄道も,地平線に対して同じ角度(...続きを読む

Q二十六夜の月は何時ごろ上りますか?

松本城は、二十六夜神というのを祀ってあるそうです。
伝説によれば、夜晩がうとうとしていると、二十六夜の女神が舞い降りてきたそうです。

ところで、二十六夜というと何時ごろの昇る月でしょうか?
朝に昇る月、しかも三日月ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「二十六夜月」というのは旧暦にあわせた呼び名ですね。
二十三夜月(下弦の月)が真夜中に昇り、一日で約50分月の出が遅くなることから
二十六夜月は深夜2時半頃の月の出になると考えられます。
形は三日月とは反対側(左側)が光ります。
三日月はその名の通り新月から3日目に昇る月で、見られるのは夕方の西の空ですね。

二十三夜月ぐらいから合わせて「有明月」との呼び名もあるようですが、
「有明の月」といえば、眠れぬ夜を過ごした人がついに見てしまう夜明けの月のこと。
きっと夜の寝ずの番をして疲れ切ってつい眠りかけたところに、
二十六夜の女神が現れたんでしょうね。う~んロマンチック。

それから、二十六夜の月は「月待信仰」の対象のひとつだったことも
伝説に関わっているかもしれません。
月待信仰は他に十三夜講、十九夜講、二十三夜講などがありましたが、
二十六夜講は多くの場合愛染明王(恋愛成就の象徴)を本尊として
行われたようです。

Q三日月は夜中に見えない?

月の満ち欠けの説明のサイトを見ていると、
決まって地球の周りにいろんな形の月が描いてあって、
新月が太陽の方向にあるのですが、
(http://www.so-net.ne.jp/kagaku/naze/hon/cat_b_1_07.htmlのような)
この図だと三日月や新月は夜中に観測できない気がするんです。
たとえ観測できたとしても、
西の地平線にかろうじて見える程度な気がするんですが、
そうなんでしょうか?
三日月が頭上に見えるのは夕方だけなんですか?

Aベストアンサー

大体予想される通りです。

ごくおおざっぱに言ってしまえば、満月は太陽が西に沈むと同時に東から昇ってきて、一晩かけて天を横切り、翌朝太陽が昇ると同時に西に沈むことになります。

半月は、太陽が沈んだときにちょうど南に現れるか、夜半過ぎに東から昇ってきてちょうど南に来たときに太陽が昇って来る(=見えなくなる)2つのパターンがあり、同じく三日月も、太陽が沈んだ直後の西の空か太陽が昇る直前の東の空に現れるパターンがあります。(なので三日月は夕方か朝方のわずかな時間しか見えません)

新月は、昼間に太陽と一緒に空にあることになるのでもちろん見えません。
ただ、その時は月からすると地球がちょうど満月のように見えるので、その照り返しで明るくなった月が昼間の空に白く見えることはあります。
あと見ることができるとすれば、日食の時に太陽にかぶさる黒い影が新月です。

ものすごくおおざっぱですみません!
お分かりになりにくかったら、ご指摘下さい。

Qアンモニアの噴水実験の原理について

アンモニアの噴水実験を、行ったのですが。その原理がよく分かりませんなので、レポートを書くのにすごく困っています!誰か、助けて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらいだと,水1mlに300mlぐらいは溶けます。わかります?そんなあほな,というぐらい溶けるんです。
ということは,はじめにスポイトでほんの少し加えた水,多分1mlか2mlはあったと思うんですが,これでフラスコ内のアンモニアが全部溶けてしまうというのがわかると思います。(フラスコは500mlぐらいのを使ったんじゃないでしょうか?)
気体が全部溶けちゃうと,フラスコ内は真空になりますよね。真空ということは気体や液体を引き込むということになるんですが,これはわかりますか?
ストローでジュースを吸い込むのと同じような状態です。その結果,ビーカーの水がフラスコ内に噴出してくるというわけです。
なお,ビーカーの水にはフェノールフタレインを入れておくことが多いですね。フェノールフタレインは酸性から中性で無色,アルカリ性で赤色になります。アンモニアの水溶液はアルカリ性ですから,ビーカーの中(中性)では無色だった水がフラスコ内に到達するとアンモニア水溶液になって赤くなるということです。
おわかりいただけましたか?

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらい...続きを読む


人気Q&Aランキング