人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

漬物の下漬けで塩の加減を間違いたらしく凄くショッパイんです
うまく塩抜き出来る方法教えてくださいお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

大阪 水道水」に関するQ&A: 大阪の水道水。

A 回答 (3件)

「呼び塩」という方法で塩を抜きましょう。



水200ccに対して小さじ1/2の塩を入れたものに10~15分ほどつけて置けば、余計な塩気はほとんど抜けます。

なお、「呼び塩」は、野菜に限らず魚の干物やカズノコなどの塩を抜く場合にも有効です。
その場合はお茶の葉(ダシガラでかまわない)を一つまみ入れると、水っぽくなるのを防げます。

なお、塩は食卓塩などよりも、岩塩などミネラル分を含んだものにしたほうが美味しくなります。
    • good
    • 43
この回答へのお礼

回答ありがとうございます早速やって見ます 

お礼日時:2005/11/25 14:45

私の母親に聞いたところ、薄い塩水に5~10分ほど浸すと塩気が少し抜けるとの事です。


大阪漬け(大根の塩漬け)がしょっぱすぎた時に試したら、大丈夫だったと言っていました。
一度試してみて下さい。

注意:真水ではうまくいかないので、薄い塩水にして下さい。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

回答ありがとうございます お母さんにの教えですか
いいですね(*^。^*)私の母はもう他界してもっと色んな事教わって置くんだったと後悔してます お母さんを大事にしてください!(^^)!

お礼日時:2005/11/25 14:50

漬物の塩抜きは分からないのですが、燻製を作る時の塩抜き方法をご紹介します。


品物がすっぽり入るぐらいの大きさのボールを用意し、台所で水道水をちょろちょろ出してボールからあふれ出す様にして置き、その中に品物を入れて約1時間(物によって変わります)そうすると大体いい感じに塩が抜けます。どれだけ塩が抜けたか確認するには、端っこを、ちょっとちぎって食べて見るのが手っ取り早く簡単です。
参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 燻製御自分で作るんですか凄いですね
回答参考にさせてもらいます

お礼日時:2005/11/25 14:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qしょっぱい高菜の塩抜きについて

去年自分で漬けた高菜があるのですが、暖かい地方に住んでいるので、腐敗しないようにものすごく塩をきつくしました。夏になり、あめ色になってきたのですが、とてつもなくしょっぱいです。水につけて塩抜きをすると高菜の味がなくなってしまっておいしくないのですが、おいしさを逃さず塩抜きをする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

 調味液に漬けてから塩抜きしてみては?亡くなった父がそうしていました。レシピを習っておかなかったので、探してみました。↓参考になりますか?

参考URL:http://oco.cc/cooking/takanazuke.html

Q身震いするほどしょっぱい漬物

先日、原料が野菜と塩と糠だけの漬物を購入しました。野菜は大根、にんじん、ナスです。
軽く洗って、薄く切って口に放り込んだところ…強烈にしょっぱい!!!
そのままではとてもではないが食べられないので、みじん切りにしてご飯に混ぜたりしていますが、ほんのちょっとでもじゅうぶん塩辛いのでなかなか減りません。
なにかよい食べ方はないでしょうか?

あとついでに質問しますが、
市販品には軒並みブドウ糖液で甘みがつけられていますが、ほんらい漬物って、ものすごく塩辛いものなんでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、昔ながらの漬物というものは非常に塩辛いものです。
代表的なもので、「本漬け梅干」ですと約20%の塩分濃度をもっています。

因みに普通の人がちょうど良いと思う味噌汁の塩分濃度がほぼ1%です(個人差はありますが0.8~1.2%位です)。

そう。本来塩分というのは非常に少量で人には「効く」ものなんです。

ですが、それではほとんど保存できません。

仕方なく、塩を入れている訳です。

さて、ではその昔の人々はどうやって食していたのか。

半分は調味料も兼ねて、鍋等に入れる事が多かったようです。
野菜を生で食する風習は昔はほとんどありませんでした。
産地以外ではその保存の難しさから、乾物もしくは漬物状態で流通していたのです。流通手段がほぼ人足(馬)か、船でしたから。日にちがかかって当たり前ですね。

サラダというのは文明開化後に外国から持ち込まれた食事方法といわれています。

また、日本の工業が発展するに伴い、砂糖、アルコールなどの工業的大量生産が可能になり、これらを漬物等日常食品に加えられるまでに値段が下がった事で、今日の、糖分やアルコールを加える事により、低塩分でも保存可能となったのです。

また、最近の、特に安い「漬物」に多いのですが、すでに製法が漬物ではなくなっているものも非常に多いです。
じゃあどうやって作るのかというと、材料を下ごしらえ(洗浄、カット)した後、風乾して、水分を抜きます。
その後、調味液(混合漬物風味液)で煮るのです。(極端な製法ですと、パッケージングに、干した野菜と、調味液入れるところもあります)。その後に包装して熱殺菌(つまり煮る)して出来上がり。
この製法ですと、密封してから殺菌しますので、低塩分でも十分に保存ができます。「開封後はお早めにお召し上がりください」などと書かれているのはそういう理由です。
そう。漬物風味の「煮物」なんですね。

さてと、補足はこれ位にして、じゃあどうやって消費しよう、となるのですが、まあ、昔ながらの手法にのっとると、調理サイズ(拍子切りなど)に切って水に晒します。
これですと、比較的すばやく塩分が抜けますよ。

ただし、当然のごとく、水溶性のビタミン等はほとんど残りません(昔はご飯の基本は玄米、芋、雑穀でしたから、それでも栄養バランスが取れていたのです)。

先に述べたように、軽く水に晒し、ある程度塩分が残った状態で、その塩分を利用する形で、煮物にするのが一番でしょうね。
まあ、普通の煮物と違って、漬物内部から塩分が出てくるのを待たないといけないですから、当然時間はかかります。
その代わり、一度に大量の漬物が消費できますよ。

後は変わった消費方法で、お好み焼きに混ぜ込むという方法も、意外といけます。

炊き込みご飯に醤油の代わりに入れたりという方法もありますし、他の生野菜と一緒に刻み込んで、巻き寿司やおにぎりの具に使ったりします。
また、そのまま刻んで、ダシ巻きの具材にアクセントとして入れたり、納豆や山芋のとろろに入れたり、豆腐の上に散りばめたり(味もですが、食感に変化が出て面白いです)。

要は「野菜でできている調味料」として捉えると意外と応用範囲が広がるものです。

昔はこういう保存食をいかに有効活用できるかも、主婦の腕の見せ所だったものです。がんばって色々考えてくださいね。

そうですね、昔ながらの漬物というものは非常に塩辛いものです。
代表的なもので、「本漬け梅干」ですと約20%の塩分濃度をもっています。

因みに普通の人がちょうど良いと思う味噌汁の塩分濃度がほぼ1%です(個人差はありますが0.8~1.2%位です)。

そう。本来塩分というのは非常に少量で人には「効く」ものなんです。

ですが、それではほとんど保存できません。

仕方なく、塩を入れている訳です。

さて、ではその昔の人々はどうやって食していたのか。

半分は調味料も兼ねて、鍋等に入...続きを読む

Q茄子漬の塩加減について教えてほしいことがあります。

茄子漬の塩加減について教えてほしいことがあります。

二日前に、水に焼きミョウバン、塩を加え茄子を漬けました。分量はあるレシピを参考にしました。
3~4日が食べごろとあったので、今日2日目ですが味見と思いひとつ、パクリ…

「しょっぱい。しょっぱすぎる!!!」

という、ピンチな状態です。
これは今からでも水で薄めたほうがいいのかどうしたらいいのか…

どなたか正しい対処法を知っている方がいらっしゃればどうか教えてください!!!
このままでは、もし食べたら塩分摂取過多。捨ててしまうのはもったいないし、と参ってます。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

近頃、本当の漬物をせずに、最初から調味液で付け込んでしまう向きがある様に思っています。
どの様な漬物であっても、本来はまずはやや強めの塩で付け込む所から始めるのが本来です。なぜかと言えば、強い塩と重しで野菜の細胞膜を破壊し、細胞内液と塩水を入れ替える操作、それが漬物なのです。

ですから、まずはこれはしょっぱ過ぎると思う位の塩でしっかりと重しをして付け込むものなのです。この時の塩分濃度は、直塩なら5~10%程度でしょうか。強過ぎて何等問題ありません。またプライン(塩水)漬け込みなら10%程の食塩水を使います。
そして俗に水が上がると言いますが、漬かって来てから水を捨てて同時に下漬けしたものを良く洗うと共に、塩抜きをします。そしてこれを調味液で本漬けする。この二度漬け法が美味しい漬物の漬け方です。
特に白菜の様な葉物の場合、生では良く洗っても土が落ちず、下漬けをしてから洗うと結構汚れがでてくることが多いものです。ナスなどの果実は、比較的洗い易いですけど、やはり下漬けすべきでしょうね。

ナスの漬物と言っても様々なものがあります。からし漬け(与一漬け)なども、しっかりと下漬けしたナスを塩抜きしてからからしで漬け込みます。シバ漬けにしても、ナスだけはまずは一度塩揉みしてから洗い、他の材料と一緒に梅酢漬けした方が良いでしょう。
ナスだけの浅漬けは考えにくいのですけど、刻みナスの浅漬けなら、やはり一度しっかりと塩樅をしてから良く洗い、その後に外の調味料を混ぜて漬け込む方が良いと思います。

なお塩抜きの時間は野菜によって、また切り方やサイズによっても異なります。本漬けをする時の調味液の量を勘案して、食べてみて決めて下さい。

近頃、本当の漬物をせずに、最初から調味液で付け込んでしまう向きがある様に思っています。
どの様な漬物であっても、本来はまずはやや強めの塩で付け込む所から始めるのが本来です。なぜかと言えば、強い塩と重しで野菜の細胞膜を破壊し、細胞内液と塩水を入れ替える操作、それが漬物なのです。

ですから、まずはこれはしょっぱ過ぎると思う位の塩でしっかりと重しをして付け込むものなのです。この時の塩分濃度は、直塩なら5~10%程度でしょうか。強過ぎて何等問題ありません。またプライン(塩水)漬け込みなら...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q塩を入れすぎた場合の調整方法

もともと薄い味付けが好きなのですが、結婚したため少し濃い目に作ろうかな。。と思うとよく塩や味噌を入れすぎてしまって、濃いー味噌汁や、しょっぱい炒め物ができてしまうことがあります。

味を見ながら少しずつやっていくのが一番なんでしょうけど、もうやってしまった場合、何か調整するいい方法ってご存知ないでしょうか。

今のところ、煮物だと水を付け足す、サラダだと洗う(!!!)とかむちゃくちゃな事をやってごまかしてますが、炒め物がごまかせない。。。。

味付け失敗しちゃった!時のリカバリ策、ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

炒め物の時は、豆腐を足してみてください。
もちろん、他の食材との相性があるので、
いつもこれでいけるとは限りませんが・・・。

もしくは、炒め物に水を足してスープ状態にして煮込んだら、
片栗粉などでほんの少しとろみをつけ、あんかけ風にしてしまう。
これを濃い食材にかけては意味がないので、
これまた豆腐や白いご飯にかける。

一度、試してみてください。


余計なおせっかいですが・・・、
おそらく、旦那様が濃い味付けがお好きなのでしょうか?
旦那様がひどく汗をかく肉体労働者というなら別ですが、
体のためにも塩分は控えた方が良いと思います。
ウチも主人がインスタント慣れしていたため、最初は大変でした。

料理自体を濃くするよりは、あとから自分で味を調整できるような料理を作る、
というのもひとつの方法ですよ。
いくつか例を挙げておきますので、良ければ参考にしてください。

・キノコ類などは炒め物にせずホイル焼きにして、食べるときにポン酢などで各々調味。
・中華風の炒め物 → 普通の辛さに作っておいて、辛味は各々、ラー油や豆板醤などで調節。
・焼き物(鶏肉や魚)などは、ふり塩を控えめにして、タレを別添する。


一味/七味唐辛子やゆずこしょう、ソースやケチャップ、ポン酢、抹茶塩など、
スパイスを数種類用意すると、便利ですよ。
(但し、旦那様がスパイス嫌いでなければ・・・、ですが)

炒め物の時は、豆腐を足してみてください。
もちろん、他の食材との相性があるので、
いつもこれでいけるとは限りませんが・・・。

もしくは、炒め物に水を足してスープ状態にして煮込んだら、
片栗粉などでほんの少しとろみをつけ、あんかけ風にしてしまう。
これを濃い食材にかけては意味がないので、
これまた豆腐や白いご飯にかける。

一度、試してみてください。


余計なおせっかいですが・・・、
おそらく、旦那様が濃い味付けがお好きなのでしょうか?
旦那様がひどく汗をかく肉体労働者...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q芯が残ったまま炊けてしまったご飯どうしましょう

水が少なすぎたのか・・・ご飯に芯が残ったまま炊けてしまいました(T▽T)
たくさん炊いたので捨てるのはもったいないので、なんとか美味しく頂きたいのですが、いい方法はあるでしょうか?
ひじきご飯を失敗してしまったのでショックですっ゜(゜´Д`゜)゜

こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

驚かれるかもしれませんが、あとこれ位お水があれば良かったなと言う水の量を、炊飯器のご飯の上から全体にまんべんなく追加します。

その後、もう一度炊飯ボタンを押してみてください。

二度炊きする焦げ焦げになると思いきや、普通に炊けますよ。
そして見事に芯は消えています。

ただし加える水分量が多すぎると、逆にベチャベチャになるのでご注意ください。

Q燻製の工程での塩抜きについて

よくベーコンをつくるのですが、その工程での塩抜きがうまくいきません。
豚バラ500gの塊をフォークで串刺しにし、肉塊に対し5%の25gの塩をすりこみ1週間フリーザーパックになるべく空気を抜いて熟成させます。そしてここからなんですが、大きめのボウルに肉塊を入れて流水で3時間塩抜きをしているのですが出来上がりがかなりしょっぱいのです。5時間に延ばした時もあまり変わらずで、流水ではなく水溜(約3リットル)で1時間置きに水の入れ替え5回を試したのですがこれもイマイチ変化がありません。
擦り込む塩を少なくしてみた事もありましたが熟成がうまくいかず、旨味がイマイチだったのでこれもアウト。
みなさん何か塩抜きにコツとかあったら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

塩抜きは真水で行うとなかなか抜けないので時間がかかります。
水道の真水をちょろちょろと出しながら10時間塩抜き、なんてことは普通です。

短時間で塩を抜きたい場合は、真水ではなく薄い塩水で塩抜きを行ってみてください。

原理は浸透圧の差によるもので、真水では食材がふやけるだけでなかなか塩が抜けてこないのです。

この浸透圧の差が小さければ小さいほど塩が抜けやすくなりますから、塩抜きには塩水を使うと早く塩抜きができます。

これは呼び塩(おびしお)と呼ばれ、日本でも昔から行われている効率的に塩抜きする方法です。

ですから5%の塩分のお肉でしたら、最初は3~%くらいから、じょじょに塩分濃度を下げた塩水に替えてみてあげてください。

途中でお肉を少しだけ切って、レンジでチンするかフライパンで焼いて塩味を確認してみてください。まだ塩辛いようでしたら塩水を新しいものに変えて塩抜きを繰り返します。

最初の仕込みの塩の刷り込みや、ソミュール液の塩分濃度を下げるのは細菌の繁殖にもつながりますから、なるべく昔と同じ方法で塩漬けし、塩抜きをしっかり行った方が衛生面では安全かと思います。

塩抜きは真水で行うとなかなか抜けないので時間がかかります。
水道の真水をちょろちょろと出しながら10時間塩抜き、なんてことは普通です。

短時間で塩を抜きたい場合は、真水ではなく薄い塩水で塩抜きを行ってみてください。

原理は浸透圧の差によるもので、真水では食材がふやけるだけでなかなか塩が抜けてこないのです。

この浸透圧の差が小さければ小さいほど塩が抜けやすくなりますから、塩抜きには塩水を使うと早く塩抜きができます。

これは呼び塩(おびしお)と呼ばれ、日本でも昔から行われている効...続きを読む

Q塩漬けにしたきゅうりの利用方法を教えて下さい。

家庭菜園できゅうりがたくさん獲れた時塩漬けにしておきました。
塩抜きして粕漬けとか味噌漬けにしたり
一度塩抜きしてポテトサラダに使ってみましたがあまりおいしくありませんでした。
なにか美味しい利用方法はありませんか?

Aベストアンサー

チャーハンにしてみては。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング