酵母は自然界に多数存在すると聞いています。
菌では、ペニシリンはこれ自体が強いので、廻りに他の菌が発生しても、打ち負かして優勢的に繁殖すると聞いています。
酵母を繁殖させる場合には、床で実施する様ですが、雑菌や他の酵母がある(現実には多数あるはず)に、特定の酵母のみを増殖させるにはどのようにするのでしょうか?
強い菌に負けてしまうと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヒトに病原性を示す酵母のみを分離したいときは


クロモアガーカンジダ培地(関東化学)
クロムアガーカンジダ培地(ベクトンディッキンソンBD)を
用います。これで一般細菌は抑えることができますが
培養というのは有意なものしか生えてきませんので
難しいかもしれません。
    • good
    • 0

おっしゃる通り自然界には無数といっていい数の微生物があらゆるところに存在します。

しかしながらその大部分は爆発的に増殖することはなく、いい条件にめぐり合うまでほそぼそと暮らしています。人の目に見えるほどの増殖を行うことができる条件は菌によって異なり、結局同じ材料からは似たような菌がよく発見されることになります。発酵など、特定の菌を増殖させたい時には温度、pH,、栄養条件などを目的の菌に最も適合したものにコントロールするのが重要です。また、その条件で生き残りうまく発酵したものから菌を分離することによってある程度再現性のある操作をすることができるのです。

例として清酒を醸造する場合についてお話しましょう。清酒のもろみには純粋培養した酵母ももちろん添加しますが、麹や蒸し米、水などに由来する雑菌も多く含まれています。古来の製法では目的の清酒酵母の生育を促すため以下のような方法を取っていました。
まず仕込みは通常6~7℃で行われ、4~5日間低温に保たれます(ウタセ)。この条件では硝酸還元菌が生育し、亜硝酸が最高10ppmくらい作られます。これにより亜硝酸に弱い雑菌がやられます。酵母はまだ生きてますが生育してません。
硝酸還元菌に次いで乳酸菌が生育し、乳酸が作られます。仕込み5日目くらいから3日で2℃くらいずつ温度を上げる操作が行われます(ダキ)。酒母のような成分でこの温度で生育できるのはまずロイコノストック・メゼンテロイデス・サケという乳酸球菌です。これによりもろみの消化が進み栄養分がリッチになると次にラクトバチルス・サケという乳酸桿菌が生育してきます。2種の乳酸菌の出す乳酸の殺菌作用により、混入している野生酵母や産膜酵母は増殖できないまま死んでいきます。乳酸菌自身も自分の出す乳酸や亜硝酸の影響で減っていきます。清酒酵母はまだ生きてます。これは、そうして生き残って清酒醸造をやり遂げた菌を選んでいるためにそこらのぽっと出の混入菌より耐性があるのです。
こうして仕込み15日目頃、品温15℃、糖分26%、乳酸0.5%くらいに達した時にはじめて清酒酵母が増殖する条件が整い、生育・発酵を開始するのです(現在はこうした回りくどい方法は取らず、仕込みの時にさっさと乳酸を添加してこのような条件を作りますが)。増殖し始めて最初の5日程度は20℃付近の温度で適宜櫂入れを行って空気を混ぜ、盛んに清酒酵母を増殖させます。その後はあまりかき混ぜず温度を下げて静置すると増殖は止まり、嫌気条件でアルコール発酵が起こるのです。清酒酵母の発酵により生成されるアルコールが高まると酵母自身の生育も弱まり、酒となります。この後ほっとけば菌叢の遷移はまだまだ続き、アルコールから酢酸を作る酢酸菌、酢酸を資化する細菌などが増殖してきますが、通常は酒になった時点で火入れという殺菌を行いそれ以上進まないようにします。

カビ(ペニシリンを出すペニシリウム属(青カビ)を含む)についてです。カビは一般に細菌や酵母に比べて過酷な(低い水分や栄養条件、幅広いpHや温度領域)ところで生育することができますが、生育開始までに要する時間が長い。そのため比較的栄養のあるところでは細菌や酵母が速やかに増殖して、カビは負けてしまうか遅れて生育することになります。フレミングがペニシリンを発見したのも、遅れて増殖したカビが既に生育しているブドウ球菌を溶菌しているのを見たときであったといわれています。また、カビは絶対好気性といって生育に十分な酸素を必要とします。なので酸素に接しない液体中や糠床などの中では生育しにくいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

判り易いご説明、有難う御座いました。選択する為の条件を見つけるのは大変でしょうね。実施した方に敬意を表します。酒を飲む度に味わいが出てきそうです。
また、日本主酒の中には生酒という表示もありますが、これは火を通さないものでしょうか?その場合は体の中で、繁殖することは無いのでしょうか?

お礼日時:2001/08/29 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酵母の分離法

酵母などの微生物の単離法(分離法)にはどのような方法があるのでしょうか?
また、酵母の染色方法はどのような方法があるのでしょうか?

参考文献でもかまいませんので教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

染色法=http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621071114.html
お酒でもビールでも酵母分離はろ過になります。
フィルターの種類も各種材料があると思います。

Q小学生が顕微鏡で酵母や乳酸菌を見るには・・・

 小学生の娘の夏休みの自由研究で、発酵食品の研究をしようと思っています。家庭でできそうな発酵食品を自分で作ったり、顕微鏡で観察したりして記録をまとめたらどうかと思い、顕微鏡の購入を検討しています。そこで、こうした研究が小学生の自由研究として妥当かどうか、また妥当なら、どの程度の顕微鏡を購入すべきか、お知恵を貸してください。
 まず、酵母や乳酸菌がどの程度の倍率、どの程度の価格帯の顕微鏡で観察できるのかがわかりません。予算は2万円程度です。
 また、娘がまだ1年生なので、プレパラートの作成などにあまり手がかかるようなら難しいかなと思います。
 研究発表のためにはPCに接続して映像を記録できるものがいいかと思うのですが、ビクセンのものなどは映像があまりよくないとの話も聞きました。「おもちゃ」レベルの顕微鏡で、発酵食品の観察はできるでしょうか?
 まだ1年生の子どもがそこまでしなくても・・・とも思われるかもしれませんが、親がかりでもいいから何とか賞をとらせてやって、今後の学習の意欲につなげたい、という親心です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも撮影はできるでしょう。また、画質云々についてはあまり気にしなくて良いと思います。画質を多少なりともよくするのには、かなり金銭的にかかってしまい、とても予算を守れません。また真菌類ということでまとめれば、おうちのなかにあるカビ(たとえば餅をしばらくほっておくと色とりどりのカビが生えます)なども観察対象としてよいでしょう。顕微鏡の使い方については子供向けの書籍もいろいろ出ていますので参考にされると良いです。顕微鏡があれば、その他にも家庭内に必ず生息しているダニや、どこの土からでも見られる土壌動物など、いろいろな魅力的な研究ができます。頑張って下さい。

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも...続きを読む

Q酵母の純粋分離失敗の原因

植物から酵母液を作りそれを純粋分離して酵母を分離しようと思ったのですが、3つ中2つが分離できたのが細菌になってしまいました。
酵母が分離できなかった2つの植物はスーパーで買ったもので、分離できたのが道端に生えている植物でした。
なぜ2つの植物の酵母が分離できなかったのか考える事になったのですが、それらしい答えが見つけられません…。
私はスーパーで売られてる市販のものなので農薬が関係しているのではないかと思ったのですが、先生から農薬が関係しているのなら細菌すら出ないはずだと言われました。
あとは実験がヘタだったのかなとも思っています。
何かわかる方ヒントや考えなど教えてください!
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

酵母はどのような環境にもいるとは限りませんし、いたとしても分離の条件が悪ければ、取得できないこともあります。
ヒトの皮膚にも酵母はいますが、菌数の少ない人もいますし多い人もいます。植物でも同様です。条件によっては全く酵母はいないでしょう。

スーパーの野菜では、もともと植物にはついていなかった菌がたくさんいる可能性も高いです(酵母も実はついていたが既に死滅している可能性もあります)。
ともかく。スーパーの野菜は洗ったり低温に曝されたりまた人が触ったり輸送前後での他の場所の菌がついたりするのでいろんなファクターが多いように思います。
収穫時の微生物を取得されたいならやはり、収穫後すぐのものが望ましいです。新鮮な葉や花が良いです。腐敗が始まりそうな組織や土に触れるような部位は特に細菌が多いと思います。

基本的に、植物は土壌細菌を生育に必要としますので、農薬散布が原因で細菌や酵母が出ないというのは考えにくいです。細菌が出にくいとすれば、収穫後にしつこく洗ったりするような場合と思います。農薬と酵母の関係は分かりませんが…。野菜は良く洗ってあったら酵母が洗い流されているかもしれませんね。

またはじめの培養条件に関しまして。
初めの分離の時点で細菌に効くが酵母には効きにくい抗生物質を培地に混ぜておくと、細菌の生育を抑えて酵母を優先的に取得できます。
可能であれば、酵母単離培地にアンピシリン等の抗生物質を混ぜておいてください。
細菌があまりに増えすぎるような培養条件ですと、わずかに酵母がいたとしても負けてしまいます。
あるいは、まず菌液を作るのではなく、固形培地に直接植物組織を塗布する方法でも複数種の細菌や酵母のコロニーの分離がしやすいかもしれません。

さらに、余計な心配かもしれませんが、非常に有害な微生物を単離してしまわれると大変危険ですので取扱い等にご注意ください。

思いついたことを雑然と書いてしまいすみませんがご参考まで。

酵母はどのような環境にもいるとは限りませんし、いたとしても分離の条件が悪ければ、取得できないこともあります。
ヒトの皮膚にも酵母はいますが、菌数の少ない人もいますし多い人もいます。植物でも同様です。条件によっては全く酵母はいないでしょう。

スーパーの野菜では、もともと植物にはついていなかった菌がたくさんいる可能性も高いです(酵母も実はついていたが既に死滅している可能性もあります)。
ともかく。スーパーの野菜は洗ったり低温に曝されたりまた人が触ったり輸送前後での他の場所の菌が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報