旅先で恋に落ちたくなる?思わぬ運命の恋に巡り合う映画

現在、亡母の兄所有の土地に父の名義の家が建ちそこに父と住んでいます。土地の所有者である叔父は亡母に半身不随になった実母(私の祖母)の世話をさせるために40年近く父も一緒にそこに住むことを認めていました。20年前に前の建物が古くなり今の家を父名義で建てています。
祖母は16年前に亡くなり、母は3年前に他界しました。
現在72歳の父は別の場所に家を持っていましたが、祖母の世話のため現在のところに長く住み、今はここが生活の拠点となっていますので別の家は売ってしまいました。
それが突然、叔父から買うか、借りるか出て行くかと早急な返答を求められ、困っています。
年老いた父はどうしていいか分からずオロオロするばかりです。
金額も土地評価額の2500万、借りるなら土地だけで7万、そんなお金払えないのが現状です。
確かに叔父の土地に家を建てるときは叔父も認め、印鑑証明ももらっています。
広さも広く、全部必要ないのも現状ですが切り売りはしないといわれています。
土地の上に他人名義の建物が建っているときの評価額は通常の60%と聞いたのですが、それは違うのでしょうか?
賃借料は一切払っていません。その場合は居住権、借地権は全くなく、私たちは追い出されるしかないのでしょうか?父名義の家も空け渡さないといけないのでしょうか?
叔父の娘婿は司法書士と弁護士で、素人の私たちには知識が無さ過ぎます。
素人ですのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

※回答の補足を読んで、今回のご質問は、このようなWEB掲示板で回答するレベルではないと思います(=緊急性、事案の重大性が大きいから)。


 まず、弁護士に法律相談をされて、事実関係や今後の対応を考えるべきだと思います。
 法律相談の際に、弁護士に聞かれたほうがいい内容について、以下にまとめてみます。

1.まず、質問者さん自身が決めなければならないのは、「亡母の兄(以下、『叔父』と書きます)」の土地を、お父さんが亡くなってからも使うのか否かということです。
 つまり、現在の住宅は、お父さん一代限りとするか、それとも、お父さんが亡くなってからも質問者さんは相続人として使用するのか、です。

 まず、この方針を決めないと、叔父に対する対応策も違ってきます。

2.現在の住宅は、お父さん一代限りとする場合-。
 この場合の基本的な方針は、無償の使用貸借を継続するということです。

 No.3の回答でも書いたように、地代を支払わない使用貸借であっても、その契約は(1)建物が存続する限り、あるいは、(2)借主が生きている限り有効です。
 使用貸借の契約内容に反した行為をお父さんが取っていないのなら、契約の解除はできないと思いますから、途中からいきなり地代を支払えということは当初の契約に反すると主張することが考えられます(=なお、固定資産税程度は支払うべきです)。

 しかし、使用貸借による土地利用権というのは、弱いのです。
 昭和42年11月24日最高裁判決では、親子間による土地の使用貸借について、「借主は、さしたる理由もなく老父母に対する扶養をやめ、兄弟とも往来をたち、使用貸借当事者間における信頼関係は地を払うにいたった等の事実関係があるときは、民法第597条第2項但書を類推適用して、貸主は借主に対し使用貸借を解約できるものと解すべきである。」として、地主からの建物収去土地明渡を認めています(下記、参考URLに最高裁HPから判決文を貼っておきます)。

 今回のご質問では、お父さんと叔父との信頼関係が壊れているかが裁判での争点のひとつになると思います。

 もし、叔父が建物収去土地明渡を求めて裁判を提訴してきた場合、優秀かつ熱心な弁護士に依頼しないと、裁判所は叔父の請求を認めてしまう可能性があると思います。
 例えば、祖母の介護のために借地することが必要だった、借地契約を解除されるのなら家の立て替えはしなかった(錯誤)などお父さんの事情を説明し、裁判所に対しお父さん有利に持っていく必要があると思います。←この点の戦略は、弁護士と相談して下さい。

※もっとも、弁護士に着手金や成功報酬を支払うのなら、その分を土地購入費にしたほうが経済的かもしれない。

3.現在の住宅を質問者さんが相続しようと思っている場合-。
 この場合の基本的な方針は、(1)叔父から土地を買い取る、または、(2)適正な地代を支払い借地借家法で保護される「借地権」を確保するということです。

(1)叔父から土地を買い取る場合-。
 質問文に「土地評価額は2500万円」と書かれていましたが、この評価額の根拠は何でしょうか。固定資産税の評価額ですか。

 買い取り価格の減額交渉は難しいようですが、この土地のおおよその相場は把握していますか。
 簡単に土地の相場を知る方法として、国税庁の路線価図を紹介します(全国の都市部を網羅しています)。下記、国税庁HPから、平成17年度路線価図を見て下さい(平成17年度)。
http://www.nta.go.jp/category/rosenka/rosenka.htm
 路線価は、1m2当たりの評価額を千円単位で表示しており、公示価格の80%の水準です(不整形地などの場合、個別補正を入れますが、この回答では省略します)。

(2)適正な地代を支払い借地借家法で保護される「借地権」を確保する場合-。
 あまり安すぎる地代では、賃貸借とはみなされず、使用貸借とされてしまうこともあるので、注意が必要です。

 地代は周辺相場が基準となるのですが、ひとつの目安として固定資産税額(年額)の3倍程度(年額)、あるいは、更地価格の1.5%相当(年額)が考えられます。

 「土地評価額は2500万円」が固定資産税の評価額とした場合、税率1.7%(固定資産税1.4%、都市計画税0.3%)とすれば、住宅用地の特例措置(1/3減額)が適用され、税額は最大141000円(年額)と試算されます(※)。

※住宅用地の特例は、敷地面積が200m2までは税額が1/6、200m2を超える敷地については1/3に減額されるという制度です。このほか負担調整措置が適用されると思うので、実際の税額はこれより低くなる。

 固定資産税額(試算値)の約3倍は、42万円ですから、地代は月額35000円と試算できます。
 また、固定資産税の評価額は公示価格の70%の水準なので、更地価格は約3570万円(=2500万円÷0.7)と求め、これに1.5%を乗じて地代は約52万円(年額)と試算されます。月額43000円です。

 質問文の「地代は7万円」というのは、月額だと思うのですが、やや高めではないでしょうか。周辺の地代相場(=1m2当たりの単価で比較)は、これくらいですか。

 叔父が「地代は7万円」を強硬に主張するなら、この金額で借地契約を締結して「借地権」を確保し、後日、地代減額訴訟を起こし、裁判によって地代を3~4万円へ減額するという手も考えられます(=周辺相場が3~4万円程度ならばの話です)。
 借地借家法11条では、当初の契約の条件によらずいつでも地代の増減額の請求することができると規定されています。もっとも、裁判所が必ずしも地代減額を認めるわけではないので、リスクはありますが…。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM …
    • good
    • 0

1.「父」が、亡母の兄所有の土地を借りて建物を建てているという契約は、無償の使用貸借(民法593条)によるものだと思います。



 約20年前に「父」が住宅を建て替えたとき、祖母の介護をするから亡母の兄所有の土地を無償で借りるという使用貸借契約が「父」と亡母の兄との間で結ばれたものと推定されます(=契約の効力は口頭でも発生し、必ずしも書面にする必要はありません)。

 「父」と亡母の兄との間で、借地を返還する時期を定めていなかったのであれば、「契約に定めた目的に従い使用及び収益を終わった時に、返還をしなければならない(民法597条)」ので、建物が朽廃して居住できなくなったときに土地を返還すればいいと思います。

 もし、祖母の介護が終わるまでを期限とすれば、祖母が亡くなったときに使用貸借契約は終了したと、亡母の兄が主張するかもしれませんが、おそらく、権利の濫用としてこの主張は認められず(民法1条2項)、今まで通り、「父」は亡母の兄の土地を無償で借り続けることができる可能性があると思います。

 ただし、無償と言っても、土地の固定資産税程度は亡母の兄に支払うべきです。なお、固定資産税程度の低廉な地代では賃貸借とは認められず、借地借家法で保護される「借地権」は存在しないことになります。

2.さて、借地借家法で保護される「借地権」がないということは、「父」が生きている間は亡母の兄の土地を無償で借りられるのですが、「父」が亡くなったときにこの建物を相続しても、その建物の土地利用権は相続することができないことになります。
 簡単に言えば、「父」の所有だった建物は、亡母の兄が承諾しない限り、亡母の兄の土地を不法占拠している状態になりかねません。

 借主である「父」が死亡すると同時に、亡母の兄との土地の使用貸借契約は終了し(民法599条)、相続人(=相続放棄を除く)は、地上の建物を自費で撤去し、地主に土地を返還する義務があります。
 使用貸借の場合は借地借家法で保護される「借地権」がないので、地主に対する建物買取請求権はありません。

 今、借地の使用貸借が認められ、従来通り無償で亡母の兄から借地できても、「父」が亡くなれば、地主の申し出により、建物は自費で撤去を余儀なくされることになる可能性が高いと思います。

 今回の亡母の兄からの提案は、将来、「父」が亡くなってから、質問者さんが建物をどうするかということも考えて対応を立てるべきです。
 
 使用貸借で土地を借りている場合、借地人の権利はそれほど強くありません。
 杞憂かもしれませんが、もし、亡母の兄が今、「建物撤去土地明渡訴訟」を提訴してきた場合、本腰を入れて対処しないと、裁判所は土地明け渡しを認める可能性もあると思います(=一審判決まで、半年程度の短期間で終わる可能性もある)。

 適正な地代を支払っていれば、借地借家法で保護される「借地権」が存在するので、亡母の兄に対しても強い態度で交渉できます。この場合の「借地権」は、地主の承諾なく相続することができます。
 お父さんの建物に「借地権」がない以上、現在の状況はお父さんにとって相当不利だと思います(※質問者さんを不安がらせる意図はないのですが、安易に「大丈夫です」とは言えない)。

 ご相談先として、東京の場合には弁護士会が運営している「法律相談センター」があります(下記、参考URL参照)。「有料相談」の相談料は、原則として30分以内5,250円(消費税込)で15分毎に延長料金2,625円(消費税込)を基本としているそうです。
http://www.horitsu-sodan.jp/
 お住まいの都道府県の弁護士会にも同様の窓口があると思いますので、「法律相談センター」HPなどもご参考にされて、探してみて下さい。

3.質問文の「評価額は通常の60%」というのは、借地借家法で認められる借地権が存在する場合の底地の相続税評価額を指しているのだと思います。借地権割合が60%であれば、税務上、底地価格は更地価格の40%相当です。
 しかし、地代を支払っていないので、今回の土地には「借地権」は存在しませんから、土地の買い取り価格は、建物がない状態の「更地価格」が標準になると思います。

この回答への補足

詳しいアドバイスありがとうございます。
賃料を払おうとしたこともありましたが、受け取ってもらえませんでした。
叔父は直接は話が出来るような人でなく、何回も話しに行きましたが、大変失礼な言葉を浴びせるだけで話は聞いてもらえませんでした。
今回無効の条件を飲まないのなら、さら地にして出て行けという裁判を起こすといわれています。

補足日時:2005/12/16 20:53
    • good
    • 0

まず安心のために、


どのような結果になろうと貴方たちがそこを出て行く必要はありませんのでご安心下さい。
強制的な買い取りも法外な地代を払う事にもならないでしょう

質問は法律のジャンルでも併せてお聞きになった方が良いと思います。

法律の専門では有りませんが、

地代を払わない(使用貸借)でも家そのものは貴方たちの物です、
逆に高額の買い取りを提案してもいいでしょう

地代も理不尽な金額を払う必要はありません。
気に入らない金額であれば「供託」の制度もあります。(供託すれば滞納にはなりません)
その近辺の地代の相場相当を供託し、調停・和解・裁判等に備えれば良いと思います。

借りる土地の面積はとりあえずは貴方の必要な面積を基にすればいいでしょう

各都道府県の弁護士会でほぼ毎日、相談を受け付けていますから一度行ってみてください(5千~1万円)。

>叔父の娘婿は司法書士と弁護士で・・・

逆にその方に一度相談するのも良いかもしれません、理不尽な要求に対して叔父さんを諫めてくれるかもしれませんよ
その方の指図で叔父さんが動いているとは思えません、
そうならもっと巧妙に行動するでしょうから...。

この回答への補足

ありがとうございます。
今回、娘婿の司法書士の方から話がありました。
条件を飲まなければ、もう一人の娘婿の弁護士から明け渡しの裁判が起きるといわれています。
今回は叔父さんと直接は話していません。話が出来るような方じゃないので今までこの状態になってるのが現状です。

補足日時:2005/12/16 21:00
    • good
    • 0

>土地の上に他人名義の建物が建っているときの評価額は通常の60%


それは相続税における評価額等の話かと思いますが(60%とは限りません。借地権割合といいます。)今回の売買の話では関係ありません。

>その場合は居住権、借地権は全くなく、
そういうことはありません。ただ使用借地ですから今後借地料を支払うか土地を買い取って欲しいという話は特段に不当な要求ではありません。

>父名義の家も空け渡さないといけないのでしょうか?
選択肢は3つあります。
 ・借地料を支払い借地として継続
 ・買取
 ・相手に返還する
  相手に返還する場合には現在の家には相手に買い取ってもらうことになります。
  これを建物買取請求権といいます。

ご質問のように長年使用借地とはいえ使用していた経緯と建物が存在するということから、必ずしも返還しなければならないというわけではなく、借地の継続も可能です。買取についての価格は交渉するしかないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
金額交渉できるようにきちんと話せたらいいのですが・・・

お礼日時:2005/12/17 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q更正図が、先祖から伝わる土地の境界と違っている

自分が生まれる前になくなった祖々父が植えた柿の木があり、そこがうちの土地だと幼い頃から言われてきました。

しかし、最近になって、「そこはうちの土地だ」と近所の人に言われ更正図を見せてもらったら、境界線がうちの土地の方向にえぐっている感じでした。

祖父が更正図の承認をしたとのことを聞いたのですが、図面を確認しなかったのか、言われるままにはんこを押してしまったのか、祖父が亡くなる直前まで言っていた境界とは別ものです。

祖母曰く、代々我が家は町内でうとんじられてきて、
すぐ裏に川が引かれる時に用地買収をしてもらえなかったそうです。

また、「土地」について言ってきた近所の人は、
役場関係の親、親戚があり、境界線を自由にいじってきたとのうわさがあります。

そんな人に、
「勝手に土地を使っておいて」
と最近、因縁をつけられ始めています。
最悪「賠償」を求められかねません。

先祖代々の土地を取り戻すことはできるでしょうか?

Aベストアンサー

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新されるので、ほぼ同じ形状のハズです
それに対し、地域の大字(町内会)長が管理する更正図は明治時代の作成当初から更新されていないと思います
いずれの図面も外部へ持ち出し禁止なので、コピーするとか鉛筆でトレースをして見比べる事になります
その際は必ず明治時代の和紙図と現在のマイラー図の両方を見て下さい
質問者さん個人にとって難しい作業ならばお近くの土地家屋調査士に相談して下さい  用地測量に明るい測量事務所でもかまいません
過去に更正図の筆界線をいじった事があれば、原図上でその痕跡が判るはずです



質問者さんの事例の地域の詳細が判らないので、こんな事例もあるって程度で読んで下さい
1.【更正図】、その字のように更に正しい図面となります
  数回にわたり書き換えられて、明治24年~28年頃に完成されたとされます
  たとえ筆界形状や位置が間違っていたとしても、公的には正しいものであるとされます
  それゆえ、間違いを正す為に、過去に一定地域全体を書き直した事例もあります、珍しくはありません
  しかしながら今の時代に更正図無効の主張は無理でしょう
2.地すべり地域では、斜面上部にあった樹も土砂と一緒にゆっくり滑り落ちます
  つまり、植えたときは自分の土地だったけれど、今は他人の土地に移動してしまったのです
3.お互いの先祖の時代に、口頭のみで土地のやりとりをし、登記をしなかった  それを孫子に伝えなかった
  田舎ならこんな事は当たり前のようにあります  または借金のかたに土地を取り上げたとか・・・

時効取得もご近所さんが認めない以上はかなり難しいでしょう
今後、ご近所さんに執拗に責められるようであれば、地域の実情に詳しい土地家屋調査士に相談、それでもダメなら弁護士に相談ですね  近所の年寄りにアレコレ聞いて回るのも良いです
土地を時効取得できたとしても、更正図の筆界線を現状に合うように直すには測量と分筆登記が必要となりますよ  安い金額ではできません

ところで、そのご近所さんは老人でしょうか?
歳をとると異常なまでに執着する事がよくあります
若い方と同居しているようならば、老人抜きで話し合うのも事を穏便に且つスムーズに進める手ですよ
必要とあれば、間に世話人を入れることも良いでしょう

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新さ...続きを読む

Q兄名義の家のローン返済に抵当権された父名義の土地について

父名義の土地に兄が家を建てローン返済をしていたのですが、
別居することになり兄がローン返済をしないと言い出し
先月より返済をしていません。
このまま返済をしないと土地はどうなってしまうのでしょうか。
また、兄は家のローンを返済するだけの資金はあるのですが、
当分の間アパートに住むようです。
兄にローンの返済を強制することはできるのでしょうか。
または、土地が無くなった場合にそれに見合うだけの
損害賠償を兄に請求できるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相続との関係があるので、私ならややこしくなる前に先手を打って処理します。
判断基準は、土地の価値、兄の家の価値、ローン残高です。トータルでどうなのかを見ればいいのではないでしょうか。お父様が連帯保証人になられているのであれば話は簡単です。

とにかく競売される前に、処理した方が絶対に有利です。実際の処理に当たっては、司法書士、または、弁護士にご相談なさることをお勧めします。
なお、土地が競売された場合、お父様(物上保証人)は、お兄様(主債務者)に対して損害賠償ではなく、求償権を持ちます。要は、お兄さまはローン残を銀行ではなくお父様に弁済しなければならないと言うことです。

Q親子間の不動産売買において実勢価格が固定資産税評価額より安い場合

実勢価格が100万円で建物部分の固定資産税評価額が600万円のリゾートマンションを親が所有しています。
このまま相続すると相続税評価が600万になってしまうので、実勢価格で私が買ってしまってはどうかと考えています。
これによって500万の相続財産圧縮ができるのではと思のですが、税法上問題ないでしょうか?
取得価額は1,000万以上ですので譲渡益は発生しません。
(もちろん固定資産税は継承します。)

Aベストアンサー

同建物の売買価格とそれほど変わらないのであるならば、親子間の売買でも認められます。
ただし、所有の親が売買後3年以内に他界した場合は、税務署の調査対象になる可能性があると聞きます。
売買するなら、親が元気な内にした方が良いと思います。
今年の固定資産税は、日割りにて案分するのがよいでしょう。

Q【所有者が複数いる土地にまたがり家が建つ?】

こんにちは。最近、中古一戸建てを購入いたしまして不動産屋さんからこの家の周囲の地図やガス・水道などの配置図もろもろ、一式頂きました。それらを何の気なしに目を通していたところ、隣の家に関して少し疑問を抱きましたので質問したいと思います。分かりづらい説明で申し訳ないのですが、隣の家の土地の半分が私の家を売ってくれた方と同じ方でもう半分が近隣の方の所有となっているのですがその二人の土地にまたがって一軒家がドーンと建っているのです。地図資料一式は私が家を買った当時の最新版なので誰かが土地を買い取ったという可能性も少なく。これってよくある事なのでしょうか?土地の所有者と住んでいる方が別の方なので多分借家かなと思うのですがこの場合、住んでいる方はどちらにもお金を支払っているのでしょうか?また、家はどうやって誰が建てたのでしょうか?私が初めて一軒家を購入した所なので分からない事ばかりなのですが、誰か教えていただければと思います。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

所有者の異なる土地の何筆かをを借りて、その上に家を建てるというケースもありますね。
建物は筆を跨って建ててはいけないというルールはありませんし、所有者の異なる筆に跨って建ててはいけないというルールもありません。
そして土地と建物の名義が一緒でなければならないというルールもありませんので、そういうケースがあっても何ら不思議はありません。

地主が二人以上存在するわけなので、そのあたりは少しややこしいですけど。基本的には地代も双方に支払う形になります。(実際には一括でどこかに支払っているのかまでは不明ですが)

>家はどうやって誰が建てたのでしょうか?

建物の登記簿を見れば所有者が出ているはずですが、その人が地主の承諾に基づいて普通に建てただけでしょう。一方の地主が所有者という可能性も0ではありませんし、住んでいる人が所有者かもしれませんし、それ以外の第三者の可能性もあります。

Q土地価格(路線価に基づいた評価方法について)

 土地の取引価格(実勢価格)についての質問です。
 この付近の土地は、人気エリアがあり、路線価の1.5~1.6倍程度で取引(実勢価格)されています。近いうちに価格交渉に入らなければいけないのですが、価格の目安になる路線価を使おうと思っていますが、下記のような設定の場合、どのように評価したらよいのかわかりません。
 どなたか、お教えください。

 高価格な路線価の道路に回りを囲まれた、低価格な路線価道路に接する土地の価格について教えてください。

その土地は南側で道路に接しますが道路幅が1.8mしかない貧弱な道路のため路線価は安く、250千円/m2と評価されています。しかし、周りの道路は4mと広く路線価が300千円/m2です。
すなわち、その土地に接する道路は細くて路線価は安いのですが、北側の家に接する道路は4mあり、さらに南側の2軒隣の道路は4mあるという状況です。さらに、東側や西側の道路もこの土地とはそれぞれ数10mぐらい離れていますが4mから6mくらいの道路幅があります。

このような場合、路線価をこの土地の価格の評価に使う場合(上記のように実勢価格=路線価*1.6)、どちらの路線価格を参考にしたらよいのですか。あるいは、どのように計算するのでしょうか?(接する道路の路線価で評価する?周りの路線価との平均?周辺の路線価?など)

難しい質問ですがよろしくお願いします。

 土地の取引価格(実勢価格)についての質問です。
 この付近の土地は、人気エリアがあり、路線価の1.5~1.6倍程度で取引(実勢価格)されています。近いうちに価格交渉に入らなければいけないのですが、価格の目安になる路線価を使おうと思っていますが、下記のような設定の場合、どのように評価したらよいのかわかりません。
 どなたか、お教えください。

 高価格な路線価の道路に回りを囲まれた、低価格な路線価道路に接する土地の価格について教えてください。

その土地は南側で道路に接しますが...続きを読む

Aベストアンサー

 基本的には、その土地が接している道路の路線価を使うのが普通ですが...
接道幅が1.8mと云うことはセットバックによる有効面積の減少は当然として、住宅を建築/解体する時の資材を、どのようにしてその土地まで搬入/搬出するのでしょうか? 運搬費が数百万単位でupするのは必至ですよ。 
 道幅が1.8mしかない土地の価格を、近隣相場が路線価の1.6倍だからと言って、同じように路線価の1.6倍で買うのはお勧めしません。そのような道路付の非常に悪い土地は、近隣相場がいくら高くても、路線価以下でしか評価されないのが普通です。(家を新築したと仮定して、土地・建物の総額から土地値を判断して下さい。)

Q兄名義の土地の名義変更について

私には重度障害(1級)の兄がいます。その兄名義の土地のことです。
もともとは私と父の共同で現在の土地に家を建てたのですが、30数年前に父が亡くなった折に母が土地の名義を父から兄に変えてしまいました。
その母も亡くなり、この十数年は私と妻が兄の面倒を見ています。
仮に私が兄より先に逝った場合のことを考えると私が生きているうちに
この土地の名義を兄の世話をしている妻名義にしておきたいのです。
どのような方法があるでしょうか。(私はガン治療後の経過観察中)
兄は自分で書く事が出来ません、又、話すこともうまく出来ません。しかし私たちが言うことは理解できます。この件は兄も賛成してくれています。よろしくお願いします。追記:現在、兄は障害者施設に入居しています。

Aベストアンサー

質問者にお子様はいませんか
お子様がいれば、質問者が亡くなってもお子様に相続されます

奥様の所有にするには、贈与か売買になります

兄上の当事者行為に異論が無ければ、兄上の印鑑登録を行い
兄上から奥様に 贈与なり売却する契約書を作成し、兄上の印鑑証明をつけて登記することになります

贈与・売却いずれでも税金がかかります

詳しくは、税金に関しては 税務署か税理士
契約・登記に関しては司法書士に相談してください
(さしあたり、行政の無料法律相談を利用してもよろしいかも)

Q隣人が勝手に我が家の土地を使用して車を出し入れしています。

現在夫の転勤でやむなく大阪に引越し、建てて3年目の北海道の自宅を空き家にしています。
以前所用があり自宅数週間いました。その際隣人が勝手に我が家の土地を使用し常時車の出し入れをしていることが判明。隣は建てているときからトラブルが絶えず、足場が我が家の土地に侵入したり作業員が我が家の土地に入り込むなど何度も苦情を言っていましたがまったく改善ないまま。またお隣が入居の際には我が家は転勤していたためどんな人かわからず玄関先にも表札がないため名前すら知りません。
お隣も駐車できるようにしていますが、うちは路面との切込みは全て平らなのですが、お隣は反対側の方向に切込みを一部分。家に添ってL字型に普通車を2台止めているようで横に駐車しており、旦那さんが車を家に入れるときにはヘッドライトをつけたまま夜中平気に進入。出すときにはうちの土地から出されていたようです。通常ここの部分にはもともと我が家の車が入りますが、どうも玄関先の屋根を我が家車の駐車部分に向けており、冬の間我が家に雪が落ちてきていました。我が家は寝室を1階に持ってきており、お隣の方はちょうど11時ころから夜中に帰ってきてヘッドライトの当たる位置にあり、遮光カーテンはしておりますが、上部部分から明かりが漏れ、寝室側に台所、洗面所、浴室、居間、吹き抜け部分の明かりと全て帰宅後には全ての明かりがともり、朝までつけっぱなしでした。恐らく光源は我が家のように白熱灯ではなく蛍光灯!大変明るく寝るのにも苦労しました。
数年後帰宅した時、どう付き合っていけばよいのかが判りません。
何かよい知恵がありましたら、お教えください。

現在夫の転勤でやむなく大阪に引越し、建てて3年目の北海道の自宅を空き家にしています。
以前所用があり自宅数週間いました。その際隣人が勝手に我が家の土地を使用し常時車の出し入れをしていることが判明。隣は建てているときからトラブルが絶えず、足場が我が家の土地に侵入したり作業員が我が家の土地に入り込むなど何度も苦情を言っていましたがまったく改善ないまま。またお隣が入居の際には我が家は転勤していたためどんな人かわからず玄関先にも表札がないため名前すら知りません。
お隣も駐車できるよ...続きを読む

Aベストアンサー

>隣は建てているときからトラブルが絶えず、足場が我が家の土地に侵入したり作業員が我が家の土地に入り込むなど何度も苦情を言っていましたがまったく改善ないまま。

 とのことですが、この点については、民法でこのような土地の一時利用は認められています。ただ、一般常識として一言挨拶と、心づけくらいはするものですが。
 
 No.1さんも書いていますが、垣根や塀を設けるということはしていますでしょうか?以後の近所づきあいを考えると、無用なトラブルは避けるべきですよね。
 平穏に事を済ませるつもりがないのであれば、「私有地につき無断通りぬけ禁止」くらいの建て看板を設けて、敷地内の無断通り抜けをビデオにとり、「やめないのであれば警察に通報しますよ」という手もあります。立派に住居侵入罪が成立しますので。(警察は立件するのがめんどうで動いてくれる保障はないですけど(笑))おどしとしては十分じゃないでしょうかね。

Q土地は親名義、建物は子名義の家は売れますか?

父親が高齢になった為父親の持家をリフォームして一緒に住むことにしました。ローンを組むために建物を自分名義にしなければならず、父親納得のもと名義
変更をしました。
ところがいざ住み始めると生活習慣の違いからかどうしても一緒には住めないと言いはじめ家と土地を売って自分は老人ホームへ行くと言って聞きません。
こんな時、家族全員の承諾がなくとも売却はできてしまうのでしょうか?
本当に悩んでいます、どうか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>家族全員の承諾がなくとも売却はできてしまうのでしょうか?

法律論としては可能で、現実論としは、不可能に近いですね。

どうしても、土地を処分したいなら、親子間売買ですね。
ということで、親子間では通常、利害関係は発生しにくいため取引価格が市場原理による適正価格となりにくい傾向があります。
適正価格とは時価を指しますが、
では時価とは何なのか?
一般的には、鑑定士による鑑定評価額や、立地・構造・間取りなどを同じくする物件による売買などの取引事例を比較した価格などを採用しています。

親子間売買では,時価より低い価格で譲渡した場合に時価と取引価格との差額は贈与税の対象となるため、税務上も適正価格が重要となるのです

最終的な手段ですね。

Q土地と家の名義変更

土地と家の名義変更です。こういうのは司法書士に依頼するのが良いと思いますが、素人の自分で出来るなら
自分でやりたいです。自分でも出来るのでしょうか?難しいですか?
仕事は4勤2休なので平日に法務局に行くことは可能です。

名義変更は相続で変更です。昨年父が亡くなりました。まだ名義を書き換えてないので名義変更したいです。
相続にんは私と母親の2人です。銀行口座が凍結して解除して引き出すには相続人全員必要と言われて
相続にんは私と母親の2人でしたので土地と家の名義変更の相続人も私と母だけになると思います。

今住んでいる土地は私名義で家は父の名義のままです。別にある土地は父の名義のままです。
自分で出来るならやりたいので、やり方が分からないです。

どの様にして手続きするのでしょうか?自分でやるにしても費用は5万円位かかりますか?

Aベストアンサー

ご自分で登記したいという気持ちが伝わってきますが、具体的に動かれましたでしょうか?
インターネットで調べるだけでも50%ぐらいの情報は入手可能と思います。質問される時は、xxxまで調べましたが、これであっていますでしょうか?というぐらいの質問にしたほうが、前に進みますよ。上記の質問では、丸投げ感たっぷりな感じなので答える側も答えにくいでしょう


質問内容では状況が不明なので、一般的なケースを前提に粗筋を記載しますので、その後はインターネットや登記所の相談窓口に何度もたずねて、頑張ってみてください


☆前提
-土地、建物はお父様の単有名義で所有権者。担保権、差押さえ、その他仮登記等の権利登記は一切無い
-相続人は質問者様と母親。質問者様は嫡出子
-お父様に債務は無い
-遺言書も無い
-遺産分割協議をしない(法定相続)


☆登記
1.相続を登記原因とした、所有権移転登記を実施
2.添付書類は一般的な書類を提示(登記原因証明情報、など)
3.税金は登録免許税。不動産価格の4/1000。
  ※課税標準価額の計算は慎重に行ってください。間違えればあとで大変なことになります


権利の登記なので、それなりに知識は必要になります

頑張ってください

ご自分で登記したいという気持ちが伝わってきますが、具体的に動かれましたでしょうか?
インターネットで調べるだけでも50%ぐらいの情報は入手可能と思います。質問される時は、xxxまで調べましたが、これであっていますでしょうか?というぐらいの質問にしたほうが、前に進みますよ。上記の質問では、丸投げ感たっぷりな感じなので答える側も答えにくいでしょう


質問内容では状況が不明なので、一般的なケースを前提に粗筋を記載しますので、その後はインターネットや登記所の相談窓口に何度もたずねて、頑...続きを読む

Q住んでいる土地が父名義から第三者名義になると・・・

私35歳、妻と4人の子供(2才~9才)がいて、63才の父と同居しています。
ちょうど2年前にそれまで父が住んでいた実家を建替え、同居を開始しました。建物は私の名義、土地は父の名義です。土地は元は母の名義でしたが、7年前に母が亡くなり、私と兄は相続放棄して父の名義としました。
その土地を父が第三者に売るつもりでいます。父は再婚を考えており、土地を売った資金を持ってこの家から出て行くつもりです。私達が今の場所で父の再婚相手と同居するという選択肢はなく、私達もこの家から出るつもりはありません。
この場合、第三者に土地の名義が移った場合、その名義人から立ち退きを求められることはあるのでしょうか。また私達にとって、どういう困ったことが想定されるのか、想像がつきません。
どうかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

ご質問者が建物の所有権をお持ちなのであれば、正当な理由が無い限りは土地所有者からの立ち退き要請に応じる必要はありません。

その「正当な理由」には、地代の支払いがなされないということも含まれます。ご質問者は、現状ではお父様に地代を支払っていないでしょうが、土地所有者が変われば相応の地代を支払うことで、立ち退き要請にも対抗できます。

地代の額が分からないとか、話し合いが付かないとかの場合でも、その時点であなたが相当と思う金額を、裁判所に供託しておけばいいので、慌てる必要はありません。

尚、建物の所有権を保全するために、建物の所有権登記をされることも大事です。もし、まだであれば司法書士に依頼して直ぐに登記手続きをしておきましょう。

・・・というところですが、やはり腑に落ちないのは、お父様がその土地を売るといっている点です。
どう考えても、その土地の所有者が所有していない建物が建っている土地を、第三者が購入するとは思えません。
買った人は、地代が入るだけですから、メリットは殆どありません。
まして、その建物に居住者がいるのであれば、なおさらです。

お父様は、こういった土地が売れないことを全く知らないで話しているのかもしれません。
或いはそういったことをほのめかして、売る前に立ち退いてもらうか、家を安く買い取ろうとしているかもしれません。
まずは、こういったことをお父様が分かっているのか確認されたらいかがでしょうか。

まあ、困ることは地代が生じることだけでしょうが、これも自分の所有地ではないのですから当然のことですし、それ以上のことは発生しないでしょう。
どうみてもお父様のやり方は現実的な話ではないので、あまり動揺せずに対応するのが宜しいと思いますね。

ご質問者が建物の所有権をお持ちなのであれば、正当な理由が無い限りは土地所有者からの立ち退き要請に応じる必要はありません。

その「正当な理由」には、地代の支払いがなされないということも含まれます。ご質問者は、現状ではお父様に地代を支払っていないでしょうが、土地所有者が変われば相応の地代を支払うことで、立ち退き要請にも対抗できます。

地代の額が分からないとか、話し合いが付かないとかの場合でも、その時点であなたが相当と思う金額を、裁判所に供託しておけばいいので、慌てる必要は...続きを読む


人気Q&Aランキング