ゼロ金利政策等の金融緩和政策によって設備投資が拡大すると考えられるメカニズムを投資の限界効率を用いて説明しなさい。

という問題なのですが、どうもそのメカニズムと投資の限界効率が結びつきません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

まず,中央銀行の公定歩合を5%として考えてみましょう。


これは中央銀行が市中銀行に対してお金を貸すときのレートですので,
市中銀行がこのレートを元に企業に貸すならば,各企業のリスクに見合
ったリスクプレミアムを課して貸し出すはずです。
ある企業Aに対して課されるリスクプレミアムが3%だとすると,この
企業は8%以上の収益を上げる投資しかしないことになります。
しかし,公定歩合が引き下げられ,3%になったとすると,企業Aは6
%の利益を上げられる投資まで行えることになります。
すなわち,公定歩合の低下によって企業に対する貸し出し金利を低下さ
せることになるのです。
投資の限界効率というのは,このストーリーの中では5%+3%=8%,
3%+3%=6%にあたり,企業が投資する際のカットオフ・レートの
ことです。
ゼロ金利政策で公定歩合を低下させるとこのカットオフ・レートが低下
するため,企業が銀行からお金を借りて投資することができるプロジェ
クトが多くなり,その結果経済の活性化に有用なのではないかという発想
なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りました。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 16:49

http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/~sasayama/mac …

このサイトをアレンジすれば良いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせてもらいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 16:50

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ