味覚と嗅覚のシステムや特徴における相違点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

味覚:味蕾にある味細胞で受容される。

味細胞には五味に対する受容システムが存在する。舌の位置によって五味に対する感じ方が異なるというのは全くのでたらめである。味細胞はニューロンではなく、上皮に由来する細胞で、唾液に溶けた物質に反応して起動電位(活動電位ではない)を発生させ、これが味細胞と神経結合を形成している味神経線維に活動電位を形成させる。味神経線維は脳幹の孤束核に投射し、そこで二次ニューロンに連絡する。二次ニューロンは視床に投射し、そこから次のニューロンが大脳皮質に投射する。
嗅覚:嗅上皮層に存在する嗅細胞(ニューロン)により嗅粘膜の液体に溶けた化学物質が受容される。細胞体で発生した起動電位が軸索初節においてインパルスに変換され、軸索を通って嗅球中の僧帽細胞に刺激を伝達する。僧帽細胞は軸索を嗅皮質(辺縁系の一部、大脳皮質の中で系統発生的に最も古い領域)に投射する。
相違点:化学物質の受容という点では似ているように見えますが、受容細胞が上皮細胞とニューロンであるという違いや、全ての味細胞は五味全てに対する受容システムを持っているのに対して、1個の嗅細胞には1個あるいは少数の受容器しか発現していないと言う違いがあります。また、神経投射のパターンも大きな違いがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。レポートでこの課題がでたんですけど、いまいちわからなくて困ってました。わかりやすい説明でとても理解しやすく助かりました。

お礼日時:2002/01/09 16:07

〈相違点〉適刺激が異なります。

味覚(舌)は気体中の化学成分だけ、嗅覚(鼻)は液体中の化学成分だけに非常に敏感に反応します。→というわけで舌でにおいを感じることはできません。
〈嗅覚のシステム〉適刺激(気体中の化学成分)により鼻の奥の方にある嗅細胞という細胞が興奮(反応?)し、刺激が神経を伝わって大脳に送られてにおいを感じます。
〈味覚のシステム〉適刺激(液体中の化学成分)が舌乳頭(舌の表面の突起)にある味らい(←味らいの「らい」はくさかんむりに雷です)を刺激して味細胞が興奮し、刺激が神経を伝わって大脳に送られて味を感じます。また、舌には甘味、苦味、塩から味、酸味などそれぞれに敏感な部位があり、甘味は舌の先の方、苦味は奥の方、塩から味は真ん中、酸味は両端となっているそうです。
少ししかわからなくてすいません。もしかしたら間違っているかもしれませんが、ちょっとでも参考になればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。この回答を参考にまた調べてみたいと思います。

お礼日時:2002/01/09 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物・痛みは人間にとって最初の感覚】って本当ですか? 人間は5感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚味覚)の

【生物・痛みは人間にとって最初の感覚】って本当ですか?

人間は5感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚味覚)のうち1番最初に生成されるのは触覚ってことでしょうか?

ということは、赤ちゃんは1番最初に感じる感覚は痛みを知るということでしょうか。

触覚の感覚は痛み以外に感じることはあるのでしょうか?

人間は痛みによって生きている実感を得る。

ということで間違いないですか?

Aベストアンサー

なんだかそれ、一理ありそうな気がします。
腔腸動物の散在神経系は触覚と直結していそうですし
その許容範囲外のものが痛みということになりそうですし
痛みという反動のきっかけが肯定できる要素を意識させるものでもある
と思います。

Qすべての生物につかえる味覚と嗅覚の区別

味覚と嗅覚の区別

中学生の息子の課題、宿題。 それを質問されて困っています。
どう説明すればよろしいのでしょうか、お教えください。
お願いいたします

Aベストアンサー

「区別はできない」というのが正解の、イジワルい課題のようです。^^;

■たとえば人間の場合
味覚は「飲み込んでも(摂取しても)大丈夫か」を判断する働きです。
嗅覚は「今から口に入れるが大丈夫か」という働きがあり、味覚から分化した機能といえます。
ヤバい匂いがすれば遠ざけ、口に入れてヤバいと思えば吐き出す、
それが「嗅覚」「味覚」の働きです。
これは他の哺乳類にも共通します。

■他の生物の場合
しかし、地球上の多くの生物は、嗅覚と味覚は分化していません。
陸棲の動物では、「匂い」は気体状の物質が嗅覚器を刺激して感じます。
「味」は水に溶けた物質が味覚器を刺激して感じます。
しかし魚のような水棲動物では、
嗅覚器が直接外界の水と接しているので、
嗅覚と味覚の区別があいまいです。
また味覚を感じる場所にも違いがあります。
人間などの哺乳類では舌で味を感じますが、ハエは足で味を感じます。

■嗅覚も味覚も同じ
「嗅覚」と「味覚」の働きはどちらも「摂取可能かどうか」を判断するためにあります。
この課題の目的は、
各生物それぞれの嗅覚・味覚の感じ方の違いを調べ、
「区別はされない」という答えを見つけ出すものではないかしらと思いました。
今の私たちは、この根本的な働きを忘れて、
「究極のメニュー」を追い求めたりしていますが^^;
それに対して、中学校の先生は気づかせようとしているのかもしれません。

もうご覧かと思いますが、参照サイトを添えておきマス。

参考URL:http://www.fish.nagasaki-u.ac.jp/fish/toiawase/Q037.htm

「区別はできない」というのが正解の、イジワルい課題のようです。^^;

■たとえば人間の場合
味覚は「飲み込んでも(摂取しても)大丈夫か」を判断する働きです。
嗅覚は「今から口に入れるが大丈夫か」という働きがあり、味覚から分化した機能といえます。
ヤバい匂いがすれば遠ざけ、口に入れてヤバいと思えば吐き出す、
それが「嗅覚」「味覚」の働きです。
これは他の哺乳類にも共通します。

■他の生物の場合
しかし、地球上の多くの生物は、嗅覚と味覚は分化していません。
陸棲の動物では、「匂...続きを読む

Q味覚嗅覚の研究って何が面白い?

マウス,ハエ,線虫などの味覚嗅覚の研究をしてる人って,
何が面白くて研究しているのですか?

新しいことを見つけるためのネタの1つですか?
味覚嗅覚の受容体・神経回路・行動を解明するのが好きなのですか?

Aベストアンサー

私は物理学の研究で飯を食って来た者です。研究をすると言うことは、必ずしも応用を考えながら研究するとは限りません。例えば理科系には、理学と工学がありますね。工学の至上命令は、我々の世界を如何にして住み良くするかにあります。一方、理学の至上命令は、この自然界を色々な切り口から理解する、あるいは筋の通った理屈を付けると言うところにあります。この違いを認識しておかないと、理学者と工学者の違いが理解できなくて、何がなんだか判らなくなってしまいます。

ですから、工学では何かの役に立つものを作ることが第一目的です。そしてそれが出来れば良いので、それが何故そのように動くのかを理解することは二の次です。勿論、その理由を理解知ていればそれが物作りに役に立つこともありますから、理解していることに越したことはありません。だから、工学者も自然科学を勉強します。しかし、理解していなくても、経験や自然界の観察による模倣でも立派に目的は達せられます。実は、過去の経験によると、理解しているかどうかよりも、経験や模倣の方が遥かに重要であるように思えます。

一方、上でも述べましたが、理学者は一般に物作りには興味を持っておりません。それよりも、我々を取り囲んでいるこの世界を理解したいということが第一目的で研究をしているのです。だから、理学者は正直言って、それが何の役に立つかなんて普段は考えておりません。そもそもそれは工学者の役割であり、理学者の役割ではないからです。

質問者さんは味覚や嗅覚について質問なさっておりますが、他の例では、かつてイカの視覚を研究していた方が居りました。その方は、その研究成果でノーベル賞を受賞しています。さて、その研究で何が解ったか。それは、例えば我々が人の顔を画く時に、どういうわけか顔の輪郭を画き、決して顔全体を他の色で塗りつぶして描こうとはしませんね。その理由を解き明かしたのです。

動物の目は光の量の大きさその物だけで物を見ているのではなく、その大きさの変化の度合いを感じて物を見ている。事実、顔の輪郭のところで、光の強さの変化が最大になっていますね。それを我々の目が感じるので、その変化の最大の部分を辿って行くと顔の輪郭になります。この変化のことを数学の専門用語では光の強さの「微分係数」と言います。ですから、動物の目にはある量の微分係数を感じる機構があるのです。そのことを、その方はイカの視神経に電極を通して、そこから出て来る電流や電圧の変化を調べながら解き明かしました。そして、神経繊維の並び方や結合の仕方の中にその微分係数を感じる機構があることを明らかにしたのです。では、何故イカか。イカの視神経は動物中で最大の断面積を持っているので、電極の針を差し入れるのが簡単だったからです。

我々の目には、光の強さの微分係数を感じる機構がある。だから我々は物の輪郭に神経が敏感に集中する。こんなことがその機構まで含めて解るなんて、興奮しませんか。研究者は、その興奮の喜びを感じたいので研究をしているんですよ。そしてそれで十分なのです。それがどう役に立つかを考えるために研究しているのではありません。人間の社会は良く出来た物で、ではそれをどう役に立てるかを考えて、それに喜びを感じてくれる方も必ずいます。だから、そのことはその方達に任せおけば良いのです。

味覚も嗅覚も、その応用がどうのこうのとは全く無関係に色々な動物で研究しているうちに、いつか我々も、「だからそうなんだ」と皆が感心し、また納得することが解る日がやって来るかも知れません。視覚の時にはそれは微分係数でしたが、味覚や臭覚ではそれが何なのでしょうか。それを見つけることが出来たら、また誰かがノーベル賞を貰えるかも知れませんね。

余談になりますが、イカの研究には後日談があります。ある研究者が同じ実験をタコでやったそうです。その動機は、未だタコでは誰もやっていなかったからだそうです。研究者の中には時々そう言う方達が居ります。人のやっていることを横目で見ながら、それが評判になったら、それを一寸変えてコピーして論文にする。それで重要なことは先ず出て来ませんが、もう既に評判になっているので、論文の審査が通り易くなります。その結果、就職が楽になることを狙って仕事をしているのです。世の中、ピンからキリまでの人がいるものですね。

また、世の中、科学(理学)と技術(工学)の違いが分らない方が多いので、理学者は研究費調達のために、何の役に立つかをお役所等に書かなくてはならず、理学系の皆さんは、あることないことを書くために頭をひねっています。例えば、 DNAの研究の方法はゴキブリでも人間でも同じなのですが、人間と言っておいた方が予算が取り易いです。

私は物理学の研究で飯を食って来た者です。研究をすると言うことは、必ずしも応用を考えながら研究するとは限りません。例えば理科系には、理学と工学がありますね。工学の至上命令は、我々の世界を如何にして住み良くするかにあります。一方、理学の至上命令は、この自然界を色々な切り口から理解する、あるいは筋の通った理屈を付けると言うところにあります。この違いを認識しておかないと、理学者と工学者の違いが理解できなくて、何がなんだか判らなくなってしまいます。

ですから、工学では何かの役に立つ...続きを読む

Q【生物学・人間の反応の順序】について質問です。 人間は聴覚→嗅覚→視覚→触覚→味覚の順に物体を判断

【生物学・人間の反応の順序】について質問です。

人間は聴覚→嗅覚→視覚→触覚→味覚の順に物体を判断している。

これ合ってますか?

Aベストアンサー

進化の発展を思い描いてください。

太古、多細胞生物はどの感覚から獲得していったと思いますか?

逆質問で済みません。

Q嗅覚、味覚、聴覚過敏

うつで聴覚過敏、味覚減退、嗅覚減退がおこることはありますか?うつが治れば良くなりますか?

Aベストアンサー

カテゴリーが生物学に成ってますが
素人のオジサンですが・・・

>うつ状態(病)で、聴覚過敏、味覚(食欲)減退、嗅覚減退は有ると思いますよ~。
詳しくは担当医に聞いて下さいね。
もしまだ診察されて無いなら ⇒ こじらせ無いうちに、神経科クリニックなどを受診して下さいね。
  カテは、健康⇒病気 と有りますょ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報