先日父がガンで入院しました。
告知されてから5年が経っているので、
もう治ることは無くあとは本人の気力と体力しだいだそうです。
そんな父を少しでも元気づ付けてあげたいのですが、
音楽・写真集などなにかご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お父様ご自身は、何かをどうしてもやって起きたいということなどは、ございませんか? 


どうしてももう一度やってみたいことをやらせてあげてはどうでしょうか。
ご病状がどの程度であるかも判りませんし、お父様がやりたいことをする体力があるかどうかは、判断できませんが、まだ体力が十分にあるならば体力が十分にあるうちに機会を作ってあげることもよいのではないでしょうか。

また、お父様のご趣味はなんでしょうか。趣味に関することをするというのも良いと思います。

また、病院の食事などは味気ないものばかりなので、ご家庭での手作りのお料理でお好きな物を差し入れするのも喜ばれると思います。

病院での入院生活は、ご家族がお見舞いにくるというのが楽しみであることが多いです。
御家族様が、毎日まめにお見舞いするということも励みになると思います。
    • good
    • 0

確かに構いすぎないでほしいという方もいらっしゃるでしょうね。


しかし、全てのがん患者さんが、そうであるとは言えないと思いますよ。
ましてや末期患者であると、自分の体力が衰えていくにも関らず、家族に愛情の欠片も感じさせられないようにほっとかれてしまうという方は、寂しそうですよ。
体調が思わしくないときに、無理強いをして構われても、かえって辛いだけではあるとは思います。
しかし、無理強いはしないまでも、家族の愛情を伝えて欲しいですね。
    • good
    • 1

私自身ガンになり今は回復していますが、一番心を痛めるのは身内の「オンナ・コドモ(この言い方は怒られる?)」が必要以上に


騒ぎ立てることです。。。妙に気遣いされるのは「生きている間に孝行しよう」ということでしょうが、面映いことと感じます。

当人にしてみればソットしておいて貰いたいのですが、どうして女性にはそれが出来ないのでしょう?
・・・というと必ず反論が帰ってきて、挙句の果ては病気になる方が悪いと言う変な結論を言う始末、安心して死ねません。
    • good
    • 0

ご心労お察しいたします。


お父さんがお幾つか判りませんので、ありきたりな内容になる事をお許しください。
音楽は病室に持ち込むのに制限があるかもしれませんから、やはり本などが良いでしょう。
敢えて新しい物を買い求めるよりも、昔大切にしていた本やアルバムなど、普段当たり前のように周りにあるものや、忘れてしまっているものが随分心の支えになったりします。
一度ご家庭の押入れや物置を探してみては如何でしょうか。
お父さんが少しでも長く、ご家族との素晴らしい思い出を作られることを心からお祈りいたします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

本 アルバム」に関するQ&A: 創価学会の結婚式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む


人気Q&Aランキング