先日父がガンで入院しました。
告知されてから5年が経っているので、
もう治ることは無くあとは本人の気力と体力しだいだそうです。
そんな父を少しでも元気づ付けてあげたいのですが、
音楽・写真集などなにかご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お父様ご自身は、何かをどうしてもやって起きたいということなどは、ございませんか? 


どうしてももう一度やってみたいことをやらせてあげてはどうでしょうか。
ご病状がどの程度であるかも判りませんし、お父様がやりたいことをする体力があるかどうかは、判断できませんが、まだ体力が十分にあるならば体力が十分にあるうちに機会を作ってあげることもよいのではないでしょうか。

また、お父様のご趣味はなんでしょうか。趣味に関することをするというのも良いと思います。

また、病院の食事などは味気ないものばかりなので、ご家庭での手作りのお料理でお好きな物を差し入れするのも喜ばれると思います。

病院での入院生活は、ご家族がお見舞いにくるというのが楽しみであることが多いです。
御家族様が、毎日まめにお見舞いするということも励みになると思います。
    • good
    • 0

確かに構いすぎないでほしいという方もいらっしゃるでしょうね。


しかし、全てのがん患者さんが、そうであるとは言えないと思いますよ。
ましてや末期患者であると、自分の体力が衰えていくにも関らず、家族に愛情の欠片も感じさせられないようにほっとかれてしまうという方は、寂しそうですよ。
体調が思わしくないときに、無理強いをして構われても、かえって辛いだけではあるとは思います。
しかし、無理強いはしないまでも、家族の愛情を伝えて欲しいですね。
    • good
    • 1

私自身ガンになり今は回復していますが、一番心を痛めるのは身内の「オンナ・コドモ(この言い方は怒られる?)」が必要以上に


騒ぎ立てることです。。。妙に気遣いされるのは「生きている間に孝行しよう」ということでしょうが、面映いことと感じます。

当人にしてみればソットしておいて貰いたいのですが、どうして女性にはそれが出来ないのでしょう?
・・・というと必ず反論が帰ってきて、挙句の果ては病気になる方が悪いと言う変な結論を言う始末、安心して死ねません。
    • good
    • 0

ご心労お察しいたします。


お父さんがお幾つか判りませんので、ありきたりな内容になる事をお許しください。
音楽は病室に持ち込むのに制限があるかもしれませんから、やはり本などが良いでしょう。
敢えて新しい物を買い求めるよりも、昔大切にしていた本やアルバムなど、普段当たり前のように周りにあるものや、忘れてしまっているものが随分心の支えになったりします。
一度ご家庭の押入れや物置を探してみては如何でしょうか。
お父さんが少しでも長く、ご家族との素晴らしい思い出を作られることを心からお祈りいたします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

本 アルバム」に関するQ&A: 創価学会の結婚式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌の転移

前立腺癌は骨に転移すると聞きました。
骨に転移した癌細胞は内臓にも転移するのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から他部位へ転移する場合、血管を経由して転移する血行性転移とリンパ管を経由して転移するリンパ行性転移があります。骨転移は血行性転移と言われており、リンパ節への転移はリンパ行性転移と言われています。しかしながら、リンパ管は最終的に血管と合流するために、リンパ行性転移がリンパ節以外に転移しないかと言われれれば、Noとなりますが、臓器転移の主たるものではないと思います。やはり臓器転移は血行性転移が主だと言えます。
それゆえに、厳密に言えば間違いかもしれませんが、「リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?」の問いにはNoとなるでしょう。リンパ(行性)転移はリンパ節転移で、臓器転移は血行性転移と考えるのが主だと思います。
分かりにくい文章ですみません。

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から...続きを読む

Qガン告知について

遠方に住んでいる父が食道ガン、大腸ガン、肝臓にも転移という状態になっていることが分かりました。近くに住む兄弟がお医者様の話をお聞きして、手術も出来ず、あと僅かの命だと聞かされましたが、延命治療をするか、家に戻って家族と共に静かに最後のひとときを過ごすかという選択に迫られています。兄弟は告知をせず、何も知らないまま最後を迎えた方が本人のためだと告知をのぞんでいません。
母はどうしていいか分からない状態です。私もどうしていいか分からず、父も気丈な方ではないので、告知は酷だと思っていましたが、ここに来て、父の人生、最後のあと僅かな時間、会いたい人にあって、やりたいことをして最後を迎えるのがいいのではないかと思うようになりました。自分の人生、悔いの無いように未練がないように。疑いながら過ごすよりかは・・アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 少し前までは医者としてガンを告知すべきかどうかということが議論されていた時代があり、それ以前はガン=不治の病という発想でしたからまさに死の宣告をするようなものだということで、本人には決して告知しませんでした。それが社会通念でした。
 現在はたとえ1ヶ月、2ヶ月と思われるような状況でも場合によっては告知します。ただ、主治医も積極的にあなたはガンであと1ヶ月の命です、なんて言いたくはありませんから、そのような場合は宣告しないこともあります。 今回の場合は本来なら本人に告知して治療した場合の予後や副作用、治療しない場合の余命などを説明して治療の選択権を正しく行使できるよう説明しなければなりません。しかし、ご本人には酷な言い方かもしれませんが、余命いくばくかで、どう治療してもそれ程の効果が期待できない場合、残される家族の方の気持ちを反映させて治療を行う(在宅治療を含めて)ほうがいわゆる「後に悔いを残さない」かもしれません。ただ、後者の場合は皆さんの気持ちがまとまらなければ何となくズルズル時間が経って逆に後悔することにもなりません。
 余命が短いと宣告されて積極的に行動するのか、逆に落ちこんで塞ぎこんでしまうのか、今の話の内容だけでは判断しかねますが、ただご家族の意見が統一されてない(大きくは二者選択なのですが)ように思います。もう一度ご兄弟で話し合われたらいかがでしょうか。

 少し前までは医者としてガンを告知すべきかどうかということが議論されていた時代があり、それ以前はガン=不治の病という発想でしたからまさに死の宣告をするようなものだということで、本人には決して告知しませんでした。それが社会通念でした。
 現在はたとえ1ヶ月、2ヶ月と思われるような状況でも場合によっては告知します。ただ、主治医も積極的にあなたはガンであと1ヶ月の命です、なんて言いたくはありませんから、そのような場合は宣告しないこともあります。 今回の場合は本来なら本人に告知し...続きを読む

Q癌の転移・再発について

よく癌の転移と言いますが、一般的にどのような状態になったことを転移と言うのでしょうか?
例えば大腸癌の場合術後の再発とは一般的ににどのような状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺へ直接流れる静脈があるので肺転移が比較的多くなります。それ以降の転移はがん細胞が動脈によって運ばれて全身どこにでも転移することが考えられますが、肝臓、肺以外では脳、骨などに多くみられます。
術後再発という場合、転移再発と局所再発に分けて考えます。
転移はこれまで述べたことですが、手術時点ですでに目では見えないがん細胞が遠隔転移(大腸およびその周囲の所属リンパ節以外の臓器への転移)していたが、CTなど画像で分かる大きさになっていなかった、ということが大部分と考えられます。その他の可能性としては、手術操作の影響でがん細胞が押し出されて血流で他臓器へ飛んでいった、ということが想像されます。
大腸癌の最も多い局所再発は大腸を切って縫い合わせた部分(吻合部再発)、大腸癌のあった周囲の再発です。
そのほか進行大腸癌では癌性腹膜炎という、お腹の中(腹腔)全体にがん細胞が再発する状態が多く見られます。
どのような形の再発であれ、抗癌剤、手術、放射線療法あるいはそれらを組み合わせた治療が行われます。

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺...続きを読む

Q【長文です】患者本人にガン告知をする医者に不信感

 今年で76歳になる父の話です
毎年同じ病院で健康診断を受けていたらしいのですが、今年の春に受けた健康診断で異常があったらしく再検査になったそうです。
 そして7月19、20日に再検査をしたところ、『来週もう一度検査しましょう』といわれ、数日前から食事制限、腸洗浄水を飲むなどの準備をして7月26日に再検査にいったところ、CT画像を見て先生が『今から手術します。』と言い始め、緊急手術となったそうです。
腸閉塞を起こしていたので応急処置としてストーマ(人工肛門)を造って、患部の一部を病理検査に出したとの事。
ここから本題です
その手術前の説明で先生がCT画像を観ながら父と母に『大腸がんですね、肝臓のここにも転移してます。先週やっとけばよかったなぁ・・』と言ったらしいのです。
患者本人にいきなりガン宣告をするものなんですか?
先週やっとけば、と言うのは手術が必要だと分かっていたという事なんでしょうか?
そして手術の三日後、いきなり父に『明日、胃の検査をします、胃にも転移してますから。』と言ってきたらしく、父母ともに動揺してしまっています。 普通の病院って患者さんにガンだとか転移してるとか言うものなんですか??
また家族が説明を求めても、病理検査の結果が出て父親に説明した後だと言われました。
病理検査の結果が出るのは二週間後らしいので、緊急手術から説明まで二週間以上家族に説明しない事になります・・それが普通なんでしょうか??
患者本人の口からしかガンとか転移とかを聞かされない家族の気持ちはどうすれば良いのでしょうか?
毎年健診受けていたのに、僅か一年弱でそこまでガンが進行してたという事は健診は意味ないのでしょうか?
 今の病院に不信感しかありません。
でも転院しようにも、本当の病名が何かも、進行具合も分からないので、医師からの説明があるはずの病理検査の結果後の二週間先まで何も出来ません。 これが普通の病院のやり方なんでしょうか??
 分かりづらい文章で申し訳ありません。
今の医療現場の方針がこのような家族無視のやり方が主流なんでしょうか?
この病院独自のやり方なんでしょうか?混乱しています。

 今年で76歳になる父の話です
毎年同じ病院で健康診断を受けていたらしいのですが、今年の春に受けた健康診断で異常があったらしく再検査になったそうです。
 そして7月19、20日に再検査をしたところ、『来週もう一度検査しましょう』といわれ、数日前から食事制限、腸洗浄水を飲むなどの準備をして7月26日に再検査にいったところ、CT画像を見て先生が『今から手術します。』と言い始め、緊急手術となったそうです。
腸閉塞を起こしていたので応急処置としてストーマ(人工肛門)を造って、患部の一部を病理検査...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)治療費の上限の44,000円というのは、手術代等も込みなんですか?
色々調べたら、手術と入院で現時点で数十万円かかってるはずなんですが、
そのうちの44,000円払えば良いのですか?
(A)もちろん、手術代も込みです。
抗がん剤などの薬代なども、すべて込みです。
含まれていないのは、差額ベッド、入院食事代、雑費です。
それに、後のご質問にあった先進医療の費用が自己負担となります。
月を跨ぐ場合には、それぞれの月で、44,400円が上限となります。

(Q)抗がん剤治療をする場合も費用説明は無いのですか?
(A)抗がん剤は、高額療養費制度の適用となるので、
別途、説明はないと思ってください。

(Q)先進医療等の保険対象外の治療の時はさすがに説明ありますよね?
(A)はい。その場合には、説明があります。

(Q)先進医療等の保険対象外の治療は高額なうえ後期高齢者医療制度の対象外
だと思うのですが・・・すべて実費だと数百万だとか
(A)がんで、300万円かかるのは、重粒子線・陽子線治療ですが、
どちらも、早期のがんに対する治療です。
転移のある癌は、対象外です。
抗がん剤の感受性試験は、対象になる場合もありますが、
数万円程度です。

(Q)治療費の上限の44,000円というのは、手術代等も込みなんですか?
色々調べたら、手術と入院で現時点で数十万円かかってるはずなんですが、
そのうちの44,000円払えば良いのですか?
(A)もちろん、手術代も込みです。
抗がん剤などの薬代なども、すべて込みです。
含まれていないのは、差額ベッド、入院食事代、雑費です。
それに、後のご質問にあった先進医療の費用が自己負担となります。
月を跨ぐ場合には、それぞれの月で、44,400円が上限となります。

(Q)抗がん剤治療をする場合も費用説明...続きを読む

Q胸腺癌の肺転移

 胸腺癌(扁平上皮癌)の外科切除後、化学療法は行わず、2年経過しました。その2年後の定期監視のCT検査で、肺の中に5ミリ程度の肺転移が確認され、それ以外にも複数ありそうです。

 肺転移ということは血行型と考えられ、全身に転移する可能性が高いことから、外科手術は見送り、腫瘍の増大を見ながら、抗癌剤を投与することになりました。

 肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。
 がん細胞の増殖速度は、原発部分で局所再発した後と別の部位に転移した後ではその速度は違うのでしょうか。肺転移すると、肺癌と同じような増殖速度になるのでしょうか。

 胸腺癌に確立された標準治療はありませんが、肺転移となると肺癌の治療法や薬の選択肢も増えるのでしょうか。(誤解かも?)

 このような状況でも、今から検討に値する治療法は何かあるのでしょうか。
 どうぞ、ご教授ください。

 
  

Aベストアンサー

#1です
>乳がんから肺・肝臓に転移されたようですが

ごめんなさい 言い回しが変で通じませんでしたね
(私のように「肺・肝臓あたりに転移してから」が普通らしいですが の部分)

乳がんからは『肝臓や肺に転移してから骨転移』が普通だと主治医が言っていました

が 私は肝臓や肺に転移がなくて 骨転移のみです
(腫瘍マーカーが怪しくなってきたので 検査中ですが)


ですので 
『肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。』には回答するのは無理 神様くらいしか判る人は居ないだろう_ と 書いたつもりでした。

私が今後骨以外に転移しても 「末期だから」ということになって
緩和ケアに入ると思います…
ただ現在は不便なことが多いだけで 痛くないので…
経口抗がん剤でしのいでいますけども。

Q父が肺がんの告知をうけてから半年が経過しました。その間に抗がん剤を5ク

父が肺がんの告知をうけてから半年が経過しました。その間に抗がん剤を5クール行い、数日中には6クール目を予定しています。腫瘍は縮小したようですが、全身状態が悪く寝たきり状態です。そして連日足のひどい倦怠感と痛みを訴えており、痛みどめの注射を打っている状態です。医師は寝たきりが原因の筋肉痛でしょうと説明してくれましたが、抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?腫瘍の縮小とひきかえに寝たきりになったように思い、抗がん剤治療への疑問が拭い去れません。リンパ節への転移はあるものの遠隔転移は今のところないようです。もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?緩和ケアにするべきでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?
もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?

(A)このご質問について、お答えできるのは、診察をした医師だけです。
まず、主治医の先生の説明を聞いてください。

また、主治医は、治療の選択肢を提案して、
それが、どのようになるのか、予想を説明するのも仕事です。
選択肢を出してくれるように、お願いしてください。

治療を受けるのは御尊父様であり、
どんな治療を受けるのか、選択権を持っているのは御尊父様です。

この件について、セカンドオピニオンを取るという方法もあります。
医師には、専門があることをご存知だと思います。
大きくは、内科、外科という区別ですが、内科でも、心臓などの循環器、
肺などの呼吸器、胃や腸の消化器など専門に分かれています。
そして、癌には、癌の専門医がいて、その中に、抗がん剤の専門家が
いるのですが、実は、この抗がん剤の専門家が少ないのです。
https://www.conference.jp/jsmo_asp/memberList/Meibo_Senmoni_Data.pdf
この先生のセカンドオピニオンが得られれば、ラッキーです。

(Q)緩和ケアにするべきでしょうか?
(A)緩和ケアとは、ターミナルケア(終末医療)を意味しているのでしょうか?
その時期ではないと思いますが、それを選択するのも御尊父様です。

(Q)抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?
もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?

(A)このご質問について、お答えできるのは、診察をした医師だけです。
まず、主治医の先生の説明を聞いてください。

また、主治医は、治療の選択肢を提案して、
それが、どのようになるのか、予想を説明するのも仕事です。
選択肢を出してくれるように、お願いしてください。

治療を受けるのは御尊父様であり、
どんな治...続きを読む

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q早期発見できるガンと出来ないガン

よろしくお願いします。

内視鏡で、胃や大腸は検診したことがあります。

早期発見が難しい部位のガンとしては、どのあたりの臓器のガンがありますか。教えて下さい。

Aベストアンサー

最も難しいのはすい臓癌です
・自覚症状が出にくい
・レントゲンや超音波エコーで写りにくい
のが理由で、他の癌が早期発見技術の進歩により生存率が向上しているのに対しすい臓癌だけはあまり改善していません

早期発見には通常MRCPという特殊な検査が必要で、一般的な健康診断には含まれていません
http://www.do-yukai.com/medical/44.html

なお、ためしてガッテンですい臓癌早期発見の方法の一つとして、血糖値の変化に注意するというものが紹介されていました。

早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20150520/index.html

Q癌の転移について

胆管癌の場合、転移するとしたら場所などはある程度決まっているのでしょうか?
食道や胃に転移する可能性はありますか?

Aベストアンサー

可能性としては浸潤として転移する場合と、リンパ節転移があります。
浸潤は文字通り胆管癌の周辺臓器に浸み込むような転移です。
肝臓、膵臓、十二指腸、胃などが隣接しています。
リンパ節は体中にリンパが張り巡らされていてリンパを介して転移します。
好発部位は肝メタ、肺メタ、脳メタなどが代表的です。

Q父が癌と言われて、父の前で明るくいられるためにはどうしたら?

父が癌だと宣告されました。開いてみないと詳しいことは分からないのですが、癌の中でも治りやすい癌ではないようです。
突然だったので不安でいっぱいです。
でも父の前では泣くわけにいかないですよね・・切り替えて明るくしていたいのですが、どうやってこらえたらいいでしょうか。どんなアドバイスでも下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

私も同じ経験をしています。母が乳癌患者です。

私はもし自分が母の立場ならどうかと考えました。
自分の病気のために主人や両親兄弟に目の前で泣かれたらとても辛いと思います。仕方の無い事と分かっていても多分自分を責めます。
人それぞれ性格は違いますが、どんな理由であっても自分の大切な人を悲しませるのは辛いですよね。お父様も同じではないでしょうか。

私は「子供は親を見送るもの。それが順番。今までの感謝を込めてその仕事を最後まできちんとまっとうしよう」と心に決めました。その考えに支えられています。

お互いに頑張りましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報