3歳5ヶ月の娘のことなのですが、この1.2ヶ月 小児科に通っても鼻水・鼻詰まり・咳などが全く治らないため今回初めて耳鼻科を受診しました。その症状などを、先生にお話するとレントゲンをとり「ちくのう症」ということと「扁桃腺とアデノイドが標準より大きい」ということを説明されました。そして、あばら骨がちょっと外側に向いてきている。などで「無呼吸症候群」の可能性が、あるので一晩機械をつけて調べることになりました。
次の日、その結果が出てやはり 「呼吸が止まっています。」最大無呼吸時間は、137秒。
先生は、「扁桃腺とアデノイドを切除したほうが良いでしょう。」と言います。
親としては、できれば手術などは避けたいと思っています。自分なりに調べてみましたが、高熱が出るから・・とか風邪をひきやすい などの理由では切除は慎重に。などと書いてあるのが大半ですが 「無呼吸症候群」となると
切除したほうが良い と書いてあるのが多いのです。
このままだと骨の変形などもあるし最悪の場合は、突然死などもあるということ・・・。
まだ小さい我が子の顔を見ると、いつまでも迷って考えてしまいます。
無呼吸症候群と診断された場合は、やはり切除するのが一番良い選択なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2分以上呼吸がとまれば、当然その都度厳しい低酸素状態にさらされ、そのような状態では、肺の血管が収縮して肺高血圧という状態になり、心臓にとても負担がかかります。


そうでなくても、成長の著しい時期に毎晩のようにそんな低酸素状態にさらされて、悪い影響がないわけがないですね。

「高熱が出るから・・とか風邪をひきやすい」
このような状態と天秤にかけて比較するのはどうかとおもいますが。

無呼吸といっても中枢性の無呼吸ではなく、気道閉塞によるものなのでしょうから、気道がわずかに開くだけでもかなり違うと思います。術式については、広く切除せずにすむかどうか、ご相談になってみたらいかがでしょうか。

子供の口と鼻を二分間塞ぐことができますか。それと同じようなことが一晩に何回もおきているわけです。
私なら、迷わず手術を受けさせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいなか、ご回答いただきましてありがとうございました。お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

お礼日時:2002/01/07 18:46

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で1で紹介したサイトも参考にしてください。

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/suiminjimuo …
(乳幼児の睡眠時無呼吸症候群)
関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155418
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいなか、ご回答いただきましてありがとうございました。お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

お礼日時:2002/01/07 18:48
  • 突然死(心臓麻痺)<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    突然死(心臓麻痺)とはどんな病気か  心臓が原因で突然死亡することを、しばしば心臓麻痺といいますが、心臓麻痺という医学用語はありません。医学的に突然死とは、災害、事故、自殺、他殺などに由来しない予期せぬ突然の死亡を意味します。  突然死はさらに、症状が現れてから死亡に至るまでの時間によって、症状の発現と同時に死亡する瞬間死、症状の発現から1時間以内の死亡、症状の発現から24時間以内の死亡、そして睡...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の口呼吸について

子供の口呼吸について 教えて下さい
小学1年 男の子なんですが 口で呼吸して ポカ~ンと
しています  どなたか 治し方教えて下さい
もう少し 学年が大きくなると 自分で意識するようになるとは 聞いていますが・・・  

Aベストアンサー

耳鼻科的に問題がなくただ口呼吸なら、大きくなっても治らないと思いますよ。意識をしているときは口を閉じても、1人のときや寝ているときは口呼吸になってしまうので治したほうがいいですよ。
口呼吸だと口腔内が常に乾燥し虫歯にもなりやすいですし口臭が出たりします。他にも直接菌が入り込みカゼをひきやすかったりという弊害が出ます。
簡単なのはガムをかませること。かんでいる間は口を閉じていますよね。これを根気よく続けるとだんだん鼻呼吸に慣れてきます。
他には鼻の下に紙を貼る方法。口で呼吸すると紙が口に入り自分で気付くことができます。
どちらの方法も1日中やるのではなく1日の中で時間を決めてコンスタントに毎日やることが大切です。
1年生なら体にいいこと悪いこと少しはわかります。口で息をすることでどうなるのか本人にわかってもらい、その上でだんだんと口呼吸から鼻呼吸に移行するのがいいですよ。

Qアデノイドと扁桃腺の切除を要求できる?

耳鼻科に通っているんですが
扁桃腺がいつもはれます
抗生物質をとれば一時は直るのですが
抗生物質が切れればまた腫れる、の繰り返しです
ヴォーカルをやっていて一時的に治すより
声に影響が無いなら切除してほしいのですが・・・

それと友人のヴォーカルでアデノイドを切除した人がいます
その人は声が広くなった?というよりのどのつっかえがなくなってました
僕も、昔中耳炎だったこととかも関係してるのか
アデノイドが大きめで、いびきなどが激しいです

これらを理由にアデノイド、扁桃腺の切除を要求できるのでしょうか?
医師は毎回自分からは何も言いません
1度手術というワードを出したのですが
そのときは「やっぱりきらないでいいならきらないほうがいい」
みたいな感じでお茶を濁されました

もし声に影響がないならアデノイドと扁桃腺切除したいんです

Aベストアンサー

こんにちは。

私は成人してから扁桃腺が腫れて高熱を出し食事も取れない状態を一年に何度も繰り返してきました。
病院では必ず抗生物質を処方され、それでも良くはならないので入院して治療。
そうすれば良くなるのですが根本的な治療ではなかったので、手術をして扁桃腺を切除する事を決めました。

手術は担当医に勧められた訳ではありません。
手術も出来る大きな病院に通ってましたが、勧められた事は一度もなく自分の判断で決めました。

耳鼻科で有名な総合病院を探し、今までの状況を話し手術をお願いし切除しましたよ。
切除して9年になりますが、一度も高熱を出す事なくきています。
とても楽になりました。

それからアデノイドですが私の子供が中耳炎を何度も繰り返し悩んでいたら、医師に中耳炎を防ぐ手術を勧められ、その時に一緒にアデノイドを切除する手術をお願いしました。
アデノイドの切除は希望があればすると言われ悩みましたが、子供なのに結構大きないびきをかいていたのでそれを話したら、いびきがなくなる、もしくはかなり軽減されると説明されたので切除を希望しました。

お陰で今ではいびきはかきません。

何度も扁桃腺で悩まされているなら手術をした方が楽になります。
子供の扁桃腺の手術は痛がる子の方が少ないと言いますが、大人の扁桃腺は子供に比べ少し大変だと思いますが、それさえ乗り越えれば本当に楽です。

参考までに…

こんにちは。

私は成人してから扁桃腺が腫れて高熱を出し食事も取れない状態を一年に何度も繰り返してきました。
病院では必ず抗生物質を処方され、それでも良くはならないので入院して治療。
そうすれば良くなるのですが根本的な治療ではなかったので、手術をして扁桃腺を切除する事を決めました。

手術は担当医に勧められた訳ではありません。
手術も出来る大きな病院に通ってましたが、勧められた事は一度もなく自分の判断で決めました。

耳鼻科で有名な総合病院を探し、今までの状況を話し手術を...続きを読む

Q口呼吸をしている子供に「口を閉じさせなさい」と言われたのですが…

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生が言うには鼻呼吸になれば良くなる、と。
 でも、それは今の中耳炎が良くなるだけですよね。今までも風邪を引く度に耳の痛みと耳垂れを起こしています。熱が出れば39度を超えるが常です。夜のイビキもなんだか息苦しそうで、他の病気でお世話になっている小児科(総合病院)の先生にちょっとお話したら、は手術を考えた方が良いと言われたのですが、それを耳鼻科の先生にお話したところ「小児科では何もわかりませんよ。こんな小さなお子さんに手術させたいのですか」と…
 確かにできるならば手術はさせたくありません。でも…今の状況を考えるとこの子の為には手術をした方がいいのでは?とも思うのです。今の耳鼻科では手術はできないので、その場合には総合病院でお世話になると思います。
 2ヶ月通ってもほとんど良くなっていないし、治療費は高いし(2500円くらいです)、耳鼻科を変えた方がいいのかな?と思ってしまいます。
 耳鼻科の先生が言うようにアデノイドの場合、叱ってでも口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?また、その場合、何か良い方法があったら教えて欲しいです。よろしくお願いします。

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生...続きを読む

Aベストアンサー

私は小さなころから耳鼻科系が弱かったようで、幼稚園のときに1泊入院をして、アデノイドの手術をしました。 その後、小学生になってからも耳鼻科へ通い続けましたが、自分の経験からいって、きちんとした病院であれば手術をされた方がいいのでは、と思います。
口呼吸は、鼻呼吸がきちんとできないので行なっているのだと思います。私も小さいころ、いつも鼻が詰まっていて苦しかったのを覚えていますので・・・。
私はその後、蓄膿症と言われましたが大人になって治ることもあるといわれ、段々気にならなくなったのでほっておいたのですが、去年、ひょんなことからまだ蓄膿があることがわかり、思い切って手術をしました。今ではすっきりです。

私が小さい頃は、おねしょをしたり色々と問題があって母も「鼻のせいでおねしょするのかしら」と心配していました。今思えば、色んなストレスがあったんだと思います。 口呼吸は根本を直さなければ治るものではないと思います。 お子さんにヘンなストレスを与えないよう、一度、ちゃんとした病院で見てもらった方がいいと思うのですが。
 

Q母の睡眠時の無呼吸症候群

母親が昼寝、就寝のときに、無呼吸症候群になっていると気がつきました。
いびきをして息を吸っている勢いのまま息が止まり、約5秒くらい息が止まって、息を吐きます。母は小太りで66kg/158cm/46歳です。
本人も、起きると息苦しかったと言っています。けっこう長い間、続いているようです。原因、また対策方法、またこのままこの病気を放置した場合に陥る病気のケースなどについて回答おねがいします。

Aベストアンサー

無呼吸持ちです。
専門医から教わった事と個人的に書籍/webで調べた事が混在していますので、最終的な診断は専門医に。

>原因
結果として喉の気道が狭くなっている。
日本で一時有名になったのはアメリカ人に多いタイプで、太っているために贅肉で首の気道が狭くなって気道が狭くなるタイプ。
そして日本人に多いのは、アゴの骨格が元々小さいタイプ。太っていない人で無呼吸の人に多い。太っているわけではないので痩せてもあまり意味がない。私もこのタイプ。
どちらも寝ている時に舌が重力で下がって喉をふさいでいる可能性がある。
鼻の気道に不具合がある可能性。
その他細かい可能性を言い出せば、気道周辺に腫瘍がある可能性など色々あります。


>対策方法
横向き/うつ伏せで寝る。私はこれだけでも違います。
小太りならまず痩せる。
以下重症(通常時に寝てしまう)の場合
CPAP(シーパップ)という装置を寝る時に付ける。
手術で口腔内等の形を変えて気道を確保する。


放置するとなる病気に関しては、私は知識が乏しいですし可能性を言い出せばキリがないので専門医/専門サイトを参考に。
短期的に注意するのは運転中等に寝る事でしょうか。
私は無呼吸の時間が数十秒でしたので5秒はまだ軽いですが、無呼吸は無呼吸ですのでやはり一度専門医へ行った方が良いでしょうね。
無呼吸を診断できる専門医も最近は増えてますので、お近くで探してみてください。

診断としては、指先に付ける装置をもらって一晩家で寝る簡易診断をして、次に病院で装置をつけて1,2時間寝るテストがあると思いますよ。参考まで。

無呼吸持ちです。
専門医から教わった事と個人的に書籍/webで調べた事が混在していますので、最終的な診断は専門医に。

>原因
結果として喉の気道が狭くなっている。
日本で一時有名になったのはアメリカ人に多いタイプで、太っているために贅肉で首の気道が狭くなって気道が狭くなるタイプ。
そして日本人に多いのは、アゴの骨格が元々小さいタイプ。太っていない人で無呼吸の人に多い。太っているわけではないので痩せてもあまり意味がない。私もこのタイプ。
どちらも寝ている時に舌が重力で下がって...続きを読む

Q子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか   一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻

子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか
 
一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻科にこまめに行くようにし、鼻洗浄してもらい抗生物質やらムコダインやらアレロックやらザジテンやらアレグラやら点鼻薬やらしても、多少はましになる程度です。

なにかアドバイス頂けないでしょうか、、おてあげです。

Aベストアンサー

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ~」って言いながらチューとやるだけでも効く。
あと おそらくは大丈夫とは思うが ペニシリン系やセフェム系抗生剤の使用は出来るだけ控え マクロライド系抗菌薬等を使ったほうが良いと思う。

自分も子供の頃そうだった。
慢性化すると頭は重いし集中力は落ちるし 睡眠は浅いし気分は悪いし 目は厚ぼったくなるし耳は悪くなるしと うんざりする事が一杯になる。
医者に行くと花の中を「シュー」とやられるのが苦しくて苦しくて 3回位で行かないことに決めた。
おかげて高校までそんな調子だったが ある時鼻をかんだら大量の膿みたいのが出て それからはほとんど治ってしまった。
うまくするとそんな事もあるみたい。

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ...続きを読む

Q睡眠時無呼吸症候群を心配しておりますが、、?

睡眠時無呼吸症候群を心配しておりますが、、?
2年前に、毎夜怖い夢を見たり、息が詰まって、飛び起きたりしたので、一泊で、睡眠時無呼吸症候群検査をしましたが、診断結果は、違うようですね、ということでした(しかし、自分では、その検査の夜は、寝たり、起きたりの繰り返しが、有りましたし、怖い夢も見なかったので、たった1回の検査で判定、大丈夫かな?とは思っていました)
そして、2年経ちましたが、最近、また、同様の症状がつづきます。(おまけに、視力低下や内耳機能低下、めまいが酷く、なってきました)
もう、1泊は、困るので、何かいい方法は無いか、と人に聞いたら、レンタルで、自宅で、指先の酸素濃度を調べる検査があるよと、聞きました。
しかし、不安なのですが、こんな簡易検査で、正しい判定ができるのでしょうか?
すいません、よきアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No2です。ちょっと誤解されているようなので。

>パルスオキシメーターなら、入院を回避でき、しかも、正確な、診断が可能

ちがいます。正確な診断はできません。
無呼吸症候群は、いろんな検査から総合して診断するものです。ですから、パルスオキシメーターだけで正確に診断されるものではありません。
逆にいうとパルスが下がっている病気は無呼吸症候群だけではありません。

睡眠ポリグラフ検査が基本です。原則入院なのですが、病院によっては簡易型が導入されているところもあるようです。ですから、入院しなくても検査できる場合もあるということです。

Qランニングでの鼻呼吸と口呼吸について

鼻呼吸と口呼吸がありますよね。

よくふだんは鼻呼吸の方がいいと聞いたので、
鼻呼吸なのですが、
ランニング中はどうしても口呼吸になります。

ランニング中や運動中は口呼吸になってふつうなのでしょうか?
それとも無理にでも鼻呼吸で肺を強くした方が良いのでしょうか?

また鼻呼吸と口呼吸ではどのように違うのでしょうか?
どちらも結局肺にいくので、同じなような気がして疑問に思っています。

どなたかご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普段のトレーニングでは必ず鼻で呼吸するのが原則です。

人は、「会話」をするために呼吸をコントロールして、口から息を吐き、吸うことを獲得しましたが、口は本来、呼吸する出入り口としての防御機能を備えていません。

唾液が乾き、咽頭を乾燥することを「常態」とするのは
健康のための日々のトレーニングとしては「愚作」です。

競技会などでタイムを競う、あるいは選手としての身を削るような
スピード、酸素要求に応えるためには「口」を使いますが
日々の「呼吸」の延長としてのジョグの呼吸は
健康維持のためにも「鼻」が原則。

やたらに、口をあけてのジョグは免疫系を無駄に消耗することになります。
酔っ払いが口あけて寝て、風邪を引くのは「鼻」で呼吸をしていないからです。
同じことを走ることでするのは、健康のためには非常におろかです。

必ず、健康のためのトレーニングでは「鼻」呼吸。

Q睡眠時無呼吸症候群は治らない?改善できる?

睡眠時無呼吸症候群は治らない?改善できる?

ご覧いただきありがとうございます。

同僚で,睡眠時無呼吸症候群の方がいます。
上司から「こういう事情だからフォローしてあげて」という形で告げられ,
本人からは事情説明を受けていません(つまり,私は病気については知らないことになっています)。
最初は起こしていたのですが,何度起こしてもまた寝るので,
最近は徒労感の方が先に立ち,放っておいてます。
このような状態が3年ほど続き,ここのところさらに居眠りが増えているような気がするのですが,
この病気は,病院にかかっていても治らない,または改善しないものなのでしょうか。

自分の仕事には影響しないとはいえ,正直モチベーションが下がるので,
うまく改善にもっていきたいのですが・・・

Aベストアンサー

私は途中で治療(夜寝るときに、呼吸を整える機械の装着)をやめましたが、医師の指示通り治療を受け、太っているとやせる様に努力するなどを続けていれば、完治までは行かなくても改善はするらしいです。
耳鼻咽喉科の方面からの治療もあるようなので、本人に会った治療がされているかどうかだと思います。

Q口呼吸防止のテープって

効果ありますか?
確かに口呼吸防止にはなると思いますが、

口呼吸すると口周りの筋肉衰えるみたいな話を聞いたので
筋肉を元に戻すために口呼吸を治そうと思っているので
それにも効果ありますか?

Aベストアンサー

テープでは無理でしょう。筋肉は使わないと鍛えられませんし発達しません。しっかり筋肉を動かすトレーニングが必要ではないでしょうか。
筋肉は連動しておりそれぞれ独立して機能してるわけではありません。例えば口の周りの筋肉を鍛えようとするならば少なくとも表情筋も巻き込んでトレーニングすることが大事だと思います。
口呼吸は筋肉云々というよりも口腔内を乾燥させて免疫力を低下させますし、扁桃を刺激することが多くなるので鼻呼吸にシフトすべきです。そのためのテープだと思います。
もちろん鼻にトラブルがあるとどうしても口呼吸になってしまいますのでその場合は鼻の治療が先になります。

Q睡眠時無呼吸症候群について。

睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるのでは?と自覚しています。現在35歳です。

花粉症を患っており(20年以上)今の季節は完全にではありませんが鼻の呼吸が少ししにくいです。起きている時は口のみで呼吸しています。いびきは幼少のころよりかいています。

時々自分のいびきで目が覚めたり、苦しくなって目が覚めたり、またすぐにうとうとしたりの状態があります。昼間もうとうとしたり、本を読むとすぐ眠くなったりします。

自分なりに治療法を調べましたが完全に治るものなのか不安になりました。この病気?は完治するのでしょうか?鼻に何か装置をつけて在宅治療する方法がのってましたが治療の効果はいかほどでしょうか?治療の経験がおありの方、ご教授してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

症状から判断すると睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の可能性が高いです。診断を確定するには、耳鼻科でポリソムノグラフィまたはアプノモニターという検査機械を装着して、睡眠中の動脈血酸素飽和度、呼吸音、呼気の流れ、脳波などを記録する必要があります。病院によっては、仕事が終わってから病院に行き、一泊して検査を受け、翌朝普段どおり仕事に行くことができますから、仕事に支障をきたさずに検査ができます。

SASの原因は様々ですが、一番の原因は肥満です。肥満による皮下の脂肪の増加が気道を狭くすることになるからです。ダイエットでかなり良くなる患者さんも多いです。それ以外にも、扁桃腺が腫れていたり、下顎が小さかったりと、口、鼻、のどの問題が潜んでいます。

もっとも確実な治療は、寝るときに鼻に小さな密着型のビニールのマスクをあてて、機械的にのどに圧をかけて気道が狭くならないようにする方法です(CPAPといいます)。もちろん手術をしたほうが良いと思われる患者さんもいます。

SAS は放置すると、高血圧、狭心症、心肥大などの合併症を引き起こします。是非、専門医の診察と検査を受けることをお勧めします。

症状から判断すると睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の可能性が高いです。診断を確定するには、耳鼻科でポリソムノグラフィまたはアプノモニターという検査機械を装着して、睡眠中の動脈血酸素飽和度、呼吸音、呼気の流れ、脳波などを記録する必要があります。病院によっては、仕事が終わってから病院に行き、一泊して検査を受け、翌朝普段どおり仕事に行くことができますから、仕事に支障をきたさずに検査ができます。

SASの原因は様々ですが、一番の原因は肥満です。肥満による皮下の脂肪の増...続きを読む


人気Q&Aランキング