3歳5ヶ月の娘のことなのですが、この1.2ヶ月 小児科に通っても鼻水・鼻詰まり・咳などが全く治らないため今回初めて耳鼻科を受診しました。その症状などを、先生にお話するとレントゲンをとり「ちくのう症」ということと「扁桃腺とアデノイドが標準より大きい」ということを説明されました。そして、あばら骨がちょっと外側に向いてきている。などで「無呼吸症候群」の可能性が、あるので一晩機械をつけて調べることになりました。
次の日、その結果が出てやはり 「呼吸が止まっています。」最大無呼吸時間は、137秒。
先生は、「扁桃腺とアデノイドを切除したほうが良いでしょう。」と言います。
親としては、できれば手術などは避けたいと思っています。自分なりに調べてみましたが、高熱が出るから・・とか風邪をひきやすい などの理由では切除は慎重に。などと書いてあるのが大半ですが 「無呼吸症候群」となると
切除したほうが良い と書いてあるのが多いのです。
このままだと骨の変形などもあるし最悪の場合は、突然死などもあるということ・・・。
まだ小さい我が子の顔を見ると、いつまでも迷って考えてしまいます。
無呼吸症候群と診断された場合は、やはり切除するのが一番良い選択なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2分以上呼吸がとまれば、当然その都度厳しい低酸素状態にさらされ、そのような状態では、肺の血管が収縮して肺高血圧という状態になり、心臓にとても負担がかかります。


そうでなくても、成長の著しい時期に毎晩のようにそんな低酸素状態にさらされて、悪い影響がないわけがないですね。

「高熱が出るから・・とか風邪をひきやすい」
このような状態と天秤にかけて比較するのはどうかとおもいますが。

無呼吸といっても中枢性の無呼吸ではなく、気道閉塞によるものなのでしょうから、気道がわずかに開くだけでもかなり違うと思います。術式については、広く切除せずにすむかどうか、ご相談になってみたらいかがでしょうか。

子供の口と鼻を二分間塞ぐことができますか。それと同じようなことが一晩に何回もおきているわけです。
私なら、迷わず手術を受けさせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいなか、ご回答いただきましてありがとうございました。お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

お礼日時:2002/01/07 18:46

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で1で紹介したサイトも参考にしてください。

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/suiminjimuo …
(乳幼児の睡眠時無呼吸症候群)
関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155418
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいなか、ご回答いただきましてありがとうございました。お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

お礼日時:2002/01/07 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアデノイドと扁桃腺の切除を要求できる?

耳鼻科に通っているんですが
扁桃腺がいつもはれます
抗生物質をとれば一時は直るのですが
抗生物質が切れればまた腫れる、の繰り返しです
ヴォーカルをやっていて一時的に治すより
声に影響が無いなら切除してほしいのですが・・・

それと友人のヴォーカルでアデノイドを切除した人がいます
その人は声が広くなった?というよりのどのつっかえがなくなってました
僕も、昔中耳炎だったこととかも関係してるのか
アデノイドが大きめで、いびきなどが激しいです

これらを理由にアデノイド、扁桃腺の切除を要求できるのでしょうか?
医師は毎回自分からは何も言いません
1度手術というワードを出したのですが
そのときは「やっぱりきらないでいいならきらないほうがいい」
みたいな感じでお茶を濁されました

もし声に影響がないならアデノイドと扁桃腺切除したいんです

Aベストアンサー

こんにちは。

私は成人してから扁桃腺が腫れて高熱を出し食事も取れない状態を一年に何度も繰り返してきました。
病院では必ず抗生物質を処方され、それでも良くはならないので入院して治療。
そうすれば良くなるのですが根本的な治療ではなかったので、手術をして扁桃腺を切除する事を決めました。

手術は担当医に勧められた訳ではありません。
手術も出来る大きな病院に通ってましたが、勧められた事は一度もなく自分の判断で決めました。

耳鼻科で有名な総合病院を探し、今までの状況を話し手術をお願いし切除しましたよ。
切除して9年になりますが、一度も高熱を出す事なくきています。
とても楽になりました。

それからアデノイドですが私の子供が中耳炎を何度も繰り返し悩んでいたら、医師に中耳炎を防ぐ手術を勧められ、その時に一緒にアデノイドを切除する手術をお願いしました。
アデノイドの切除は希望があればすると言われ悩みましたが、子供なのに結構大きないびきをかいていたのでそれを話したら、いびきがなくなる、もしくはかなり軽減されると説明されたので切除を希望しました。

お陰で今ではいびきはかきません。

何度も扁桃腺で悩まされているなら手術をした方が楽になります。
子供の扁桃腺の手術は痛がる子の方が少ないと言いますが、大人の扁桃腺は子供に比べ少し大変だと思いますが、それさえ乗り越えれば本当に楽です。

参考までに…

こんにちは。

私は成人してから扁桃腺が腫れて高熱を出し食事も取れない状態を一年に何度も繰り返してきました。
病院では必ず抗生物質を処方され、それでも良くはならないので入院して治療。
そうすれば良くなるのですが根本的な治療ではなかったので、手術をして扁桃腺を切除する事を決めました。

手術は担当医に勧められた訳ではありません。
手術も出来る大きな病院に通ってましたが、勧められた事は一度もなく自分の判断で決めました。

耳鼻科で有名な総合病院を探し、今までの状況を話し手術を...続きを読む

Q母の睡眠時の無呼吸症候群

母親が昼寝、就寝のときに、無呼吸症候群になっていると気がつきました。
いびきをして息を吸っている勢いのまま息が止まり、約5秒くらい息が止まって、息を吐きます。母は小太りで66kg/158cm/46歳です。
本人も、起きると息苦しかったと言っています。けっこう長い間、続いているようです。原因、また対策方法、またこのままこの病気を放置した場合に陥る病気のケースなどについて回答おねがいします。

Aベストアンサー

無呼吸持ちです。
専門医から教わった事と個人的に書籍/webで調べた事が混在していますので、最終的な診断は専門医に。

>原因
結果として喉の気道が狭くなっている。
日本で一時有名になったのはアメリカ人に多いタイプで、太っているために贅肉で首の気道が狭くなって気道が狭くなるタイプ。
そして日本人に多いのは、アゴの骨格が元々小さいタイプ。太っていない人で無呼吸の人に多い。太っているわけではないので痩せてもあまり意味がない。私もこのタイプ。
どちらも寝ている時に舌が重力で下がって喉をふさいでいる可能性がある。
鼻の気道に不具合がある可能性。
その他細かい可能性を言い出せば、気道周辺に腫瘍がある可能性など色々あります。


>対策方法
横向き/うつ伏せで寝る。私はこれだけでも違います。
小太りならまず痩せる。
以下重症(通常時に寝てしまう)の場合
CPAP(シーパップ)という装置を寝る時に付ける。
手術で口腔内等の形を変えて気道を確保する。


放置するとなる病気に関しては、私は知識が乏しいですし可能性を言い出せばキリがないので専門医/専門サイトを参考に。
短期的に注意するのは運転中等に寝る事でしょうか。
私は無呼吸の時間が数十秒でしたので5秒はまだ軽いですが、無呼吸は無呼吸ですのでやはり一度専門医へ行った方が良いでしょうね。
無呼吸を診断できる専門医も最近は増えてますので、お近くで探してみてください。

診断としては、指先に付ける装置をもらって一晩家で寝る簡易診断をして、次に病院で装置をつけて1,2時間寝るテストがあると思いますよ。参考まで。

無呼吸持ちです。
専門医から教わった事と個人的に書籍/webで調べた事が混在していますので、最終的な診断は専門医に。

>原因
結果として喉の気道が狭くなっている。
日本で一時有名になったのはアメリカ人に多いタイプで、太っているために贅肉で首の気道が狭くなって気道が狭くなるタイプ。
そして日本人に多いのは、アゴの骨格が元々小さいタイプ。太っていない人で無呼吸の人に多い。太っているわけではないので痩せてもあまり意味がない。私もこのタイプ。
どちらも寝ている時に舌が重力で下がって...続きを読む

Q睡眠時無呼吸症候群を心配しておりますが、、?

睡眠時無呼吸症候群を心配しておりますが、、?
2年前に、毎夜怖い夢を見たり、息が詰まって、飛び起きたりしたので、一泊で、睡眠時無呼吸症候群検査をしましたが、診断結果は、違うようですね、ということでした(しかし、自分では、その検査の夜は、寝たり、起きたりの繰り返しが、有りましたし、怖い夢も見なかったので、たった1回の検査で判定、大丈夫かな?とは思っていました)
そして、2年経ちましたが、最近、また、同様の症状がつづきます。(おまけに、視力低下や内耳機能低下、めまいが酷く、なってきました)
もう、1泊は、困るので、何かいい方法は無いか、と人に聞いたら、レンタルで、自宅で、指先の酸素濃度を調べる検査があるよと、聞きました。
しかし、不安なのですが、こんな簡易検査で、正しい判定ができるのでしょうか?
すいません、よきアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No2です。ちょっと誤解されているようなので。

>パルスオキシメーターなら、入院を回避でき、しかも、正確な、診断が可能

ちがいます。正確な診断はできません。
無呼吸症候群は、いろんな検査から総合して診断するものです。ですから、パルスオキシメーターだけで正確に診断されるものではありません。
逆にいうとパルスが下がっている病気は無呼吸症候群だけではありません。

睡眠ポリグラフ検査が基本です。原則入院なのですが、病院によっては簡易型が導入されているところもあるようです。ですから、入院しなくても検査できる場合もあるということです。

Q睡眠時無呼吸症候群は治らない?改善できる?

睡眠時無呼吸症候群は治らない?改善できる?

ご覧いただきありがとうございます。

同僚で,睡眠時無呼吸症候群の方がいます。
上司から「こういう事情だからフォローしてあげて」という形で告げられ,
本人からは事情説明を受けていません(つまり,私は病気については知らないことになっています)。
最初は起こしていたのですが,何度起こしてもまた寝るので,
最近は徒労感の方が先に立ち,放っておいてます。
このような状態が3年ほど続き,ここのところさらに居眠りが増えているような気がするのですが,
この病気は,病院にかかっていても治らない,または改善しないものなのでしょうか。

自分の仕事には影響しないとはいえ,正直モチベーションが下がるので,
うまく改善にもっていきたいのですが・・・

Aベストアンサー

私は途中で治療(夜寝るときに、呼吸を整える機械の装着)をやめましたが、医師の指示通り治療を受け、太っているとやせる様に努力するなどを続けていれば、完治までは行かなくても改善はするらしいです。
耳鼻咽喉科の方面からの治療もあるようなので、本人に会った治療がされているかどうかだと思います。

Q睡眠時無呼吸症候群について。

睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるのでは?と自覚しています。現在35歳です。

花粉症を患っており(20年以上)今の季節は完全にではありませんが鼻の呼吸が少ししにくいです。起きている時は口のみで呼吸しています。いびきは幼少のころよりかいています。

時々自分のいびきで目が覚めたり、苦しくなって目が覚めたり、またすぐにうとうとしたりの状態があります。昼間もうとうとしたり、本を読むとすぐ眠くなったりします。

自分なりに治療法を調べましたが完全に治るものなのか不安になりました。この病気?は完治するのでしょうか?鼻に何か装置をつけて在宅治療する方法がのってましたが治療の効果はいかほどでしょうか?治療の経験がおありの方、ご教授してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

症状から判断すると睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の可能性が高いです。診断を確定するには、耳鼻科でポリソムノグラフィまたはアプノモニターという検査機械を装着して、睡眠中の動脈血酸素飽和度、呼吸音、呼気の流れ、脳波などを記録する必要があります。病院によっては、仕事が終わってから病院に行き、一泊して検査を受け、翌朝普段どおり仕事に行くことができますから、仕事に支障をきたさずに検査ができます。

SASの原因は様々ですが、一番の原因は肥満です。肥満による皮下の脂肪の増加が気道を狭くすることになるからです。ダイエットでかなり良くなる患者さんも多いです。それ以外にも、扁桃腺が腫れていたり、下顎が小さかったりと、口、鼻、のどの問題が潜んでいます。

もっとも確実な治療は、寝るときに鼻に小さな密着型のビニールのマスクをあてて、機械的にのどに圧をかけて気道が狭くならないようにする方法です(CPAPといいます)。もちろん手術をしたほうが良いと思われる患者さんもいます。

SAS は放置すると、高血圧、狭心症、心肥大などの合併症を引き起こします。是非、専門医の診察と検査を受けることをお勧めします。

症状から判断すると睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の可能性が高いです。診断を確定するには、耳鼻科でポリソムノグラフィまたはアプノモニターという検査機械を装着して、睡眠中の動脈血酸素飽和度、呼吸音、呼気の流れ、脳波などを記録する必要があります。病院によっては、仕事が終わってから病院に行き、一泊して検査を受け、翌朝普段どおり仕事に行くことができますから、仕事に支障をきたさずに検査ができます。

SASの原因は様々ですが、一番の原因は肥満です。肥満による皮下の脂肪の増...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報