新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

海外旅行が自由化される以前の話ですが、なぜ、ジョニーウォーカーの黒があれほど持て囃されていたのでしょう。
当時、海外に出る場合、酒としての土産はほとんどジョニ黒だったような気がします。たしか、サザエさんにも、長谷川先生の外遊の際のエピソードで「おっ、ジョニ黒ですな」というのがあったと思います。

実際、昭和42年、商社にいた叔父が海外出張したとき(一族郎党で羽田に送迎した)の土産も、年長の父にはジョニ黒、年下の叔父にはジョニ赤でした。

現在では、私でも、ジョニーウォーカーより旨いと思うウィスキーは十指どころではなく数えられますが、当時は情報がなかったんでしょうか。
また、その中で、ジョニーウォーカーが突出したのはなぜでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ジョニーウォーカーだけが突出して、ではないと思います。

ただ、マッカランなど今はメジャーなウイスキーがあまりなかったからです。ジョニーウォーカー=外国産ウイスキー、みたいなイメージがあったんですね。ジョニーウォーカー自体、赤と黒、ぐらいしか区別なかったですし(本当はもっといっぱいありますよ。念のため)。

で、なんで外国産(スコッチやバーボンなど)のウイスキーが高かったか。昔は今と酒税がぜんぜん違ったんです。
古くは1953年にできた酒税法により特級、一級、二級と区別されていました。これはアルコール度数で区別されていて、特級は43度以上、一級は40度以上43度未満、二級は40度未満となっていましたが、外国産のウイスキーはほとんどが特級ということで、酒税の格付けが一番上だったんです。だから高かった。
この特級云々がなくなったのは1989年の酒税法改正で、ここからある程度、洋酒が安くなり、1997年にさらに外圧によって引き下げられたという経緯があります。だから今は安いんです。
つまり、酒税が高かった原因で、お酒そのものはもともとそんなには高くないんですね。前述のマッカランとかは、今でも種類によってはそこそこ値段張りますが、それに酒税がかかってもっと値が張ると、もう庶民には手が届かないわけで、そんな酒をもっていても誰も知らないから自慢にならない、ということでジョニーウォーカーが有名になったのでは。
    • good
    • 0

まず、アレは昔から大量生産だった。

桶買いの会社ですから。
そして、敗戦時、米軍がよく飲んでいた(バーボンは少なかった)
当然横流しが発生。統制の時代だから、国産のはほとんどなく、
手に入る高級ウイスキー=ジョニ赤が成立。
海外渡航出来るようになると赤より高級な黒が有名に。
あと、若干考えるに、あのスモーキーさの無さが好まれたという
点もあるでしょうね。田中角栄氏の愛飲した(吉田茂のパクリで
すけど)ということで、パーが流行りましたけど、全体的な感想
としては、焦げ臭い、という評価が多かった様です。
あと、蛇足ですが、旨いマズイは如何でしょう? 口に合う、合
わない位が宜しいのでは?
    • good
    • 0

毎年の輸入量が決められていた時代だったから希少価値からだと思います。


我が家も一度お土産で貰ったら出入りの酒屋さんが「売ってください」と言って事情を説明してくれました。

この回答への補足

知りたいのは、なぜ、ジョニーウォーカーが突出したからなのです。
スコッチであれば、ウスクベーとかグレンなんたらといった、今で言えばおいしいのがいろいろあるのに、何故、(はっっきりいえば)凡庸な味(Olad Parrより旨いと思いますか)のジョニーウォーカーがあれほどのブランドになったか何ですよ。

補足日時:2006/01/14 04:32
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いウイスキーに価値はあるのでしょうか?売り方がありますか?

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりできないかな。インターネットのオークションで売れたらすごく嬉しいんだけど」と母に相談されました。


お酒のことがさっぱり私にはわからないので、以下のことを教えていただけたらと思います。

1.ウイスキーは長くおくほど価値がでてくるものなのですか?
  むしろ、古いと価値がないのでしょうか・・? 
 (未開封の瓶のウイスキーです)

2.もし価値があるとするなら、オークション以外に売る方法はありますか?

3.箱やラベルがボロボロのウイスキーは、たとえ未開封でもオークションで売るべきではないのでしょうか?(食品衛生上の問題で。)


どれかひとつでもいいので教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりで...続きを読む

Aベストアンサー

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に何本も無いような酒であ
 れば、当時安くても話は違います。
 アブサンとかは当時でも無かったでしょうが、今、1本出て
 きたら幾らの値段が付くか想像出来ないです。凄い高値で
 しょう。

 ボロボロでもラベルを読み、何の何年のものかを明らかに
 するのが先決でしょう。何年ものというのが樽で熟成され
 た年数です。
 ワインと違って作られた年は関係が無いです。
 またウィスキー以外も混ざっているかもしれませんね。

2.分かりません。なんらかの方法で価値のあるものが
 安く出ていたら私は買いたいです。情報が得られるか
 どうかでしょう。

3.栓さえしっかりしていたら関係ないでしょう。
 何かが分からないほどにボロボロだったら、まあ価値はほぼ
 ゼロでしょうけど。

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に...続きを読む

Q昔のウィスキーの価格について

ちょっと前に家でジョニ赤をコーラ割りにして飲んでいたら、父から
「昔はジョニ赤でも無茶苦茶高かったんだがなぁ~。今はコーラ割りにするような酒かぁ~。」といわれました。

いくらだったのか聞いてみたのですが、
「覚えてないけど、海外旅行の土産と言えば、目上にジョニ黒とかシーバス、目下にジョニ赤だったなー」みたいな話をされまして。

その後調べてみたところ、1960年代?と1997年に日本国内の酒税法が改正されて、そのたびにウイスキーの値段が下がったとか。

そこでお聞きしたいのですが、1960年代や1997年の酒税法改正までは、ウイスキーというのはいくらほどのものだったんでしょうか??

今であれば、まあまあ安いところで
ジョニ赤 1300円
ジョニ黒 2400円
シーバス 2400円
くらいなもんですよね。当時はいくらぐらいだったんでしょうか?

Aベストアンサー

30年前、ジョニ赤3600円、ジョニ黒5600円でした。

その頃駅前によくある立ち食い蕎麦のかけそばが70円でした、今は200円ぐらいするでしょ?

だから当時の3600円って今の1万円ぐらいの価値になります。

50年前、ジョニ黒が1万円です。
大学卒の初任給の2ヶ月分 (^_^;

ワイルドターキー8年が今なら2000円弱で買えるけど、20年前で7500円でした。

Qウイスキー初心者に飲むべき銘柄をおしえてください。

先日、山崎の蒸留所に見学に行きました20代の若者です。興味本位でした。
が、そこでウイスキーの造り方、樽の違い、年数の違い、すべてに感動しました。
気持ちを改め、多くの銘柄を丁寧に飲み、味や香りや余韻を学んでいきたいと思いました。
そこで、
1.スコッチや国産、カナダ、アメリカなど、産地の違いを飲み比べる場合、どんな銘柄をそろえたらいいでしょうか。可能なら安いバージョンとある程度高い(1本1~2万)バージョンでのお勧めの飲み比べを教えていただけますか。
2.国産ウイスキーの中価格帯~高価格ブランドで、その銘柄の個性の違いを味わうとしたら、どの銘柄の何年ものを飲み比べるのが興味深いと感じておられますか。(例えば、山崎10年と白州10年は原料の仕込みの違いを実感できるから興味深いとか、響17年と宮城郷10年はくらべても面白くないとか、個人的な感想でかまいません)
3.海外物のミドルトン、バランタイン、ティーチャーズ、マッカラン、ボウモア、ラフロイグ、グレンフィディック、カナディアンクラブ、アーリータイムズ、ジャックダニエルなど、どんな順番で飲んでらいいでしょうか。

ウイスキー好きな方の回答をお待ちしております。

(ネット環境が悪く、回答していただいてもすぐにはお礼が書き込めないことを前もってお詫びします。)

先日、山崎の蒸留所に見学に行きました20代の若者です。興味本位でした。
が、そこでウイスキーの造り方、樽の違い、年数の違い、すべてに感動しました。
気持ちを改め、多くの銘柄を丁寧に飲み、味や香りや余韻を学んでいきたいと思いました。
そこで、
1.スコッチや国産、カナダ、アメリカなど、産地の違いを飲み比べる場合、どんな銘柄をそろえたらいいでしょうか。可能なら安いバージョンとある程度高い(1本1~2万)バージョンでのお勧めの飲み比べを教えていただけますか。
2.国産ウイスキーの中価格...続きを読む

Aベストアンサー

1.
種類がありすぎて難しいですね。世界の5大ウイスキーで代表的なものとして
アイルランド:ブッシュミルズ・ジェムソン
カナダ:ホワイトホース・カナディアンクラブ
アメリカ:ワイルドターキー・メーカーズマーク
日本:白州・秩父

スコットランドは地域によってぜんぜん味が違いますので地域ごとに
ハイランド:マッカラン・グレンリベット
ローランド:ローズバンク
キャンベルタウン:スプリングバンク
アイラ:アードベッグ・ラフロイグ

また、オフィシャル以外のボトラー(シグナトリー・G&M・サマローリーなど)も少量生産されていてそのときしか呑めなく、当たりはずれがあって面白いですよ。



2.
(1)1.で自身の好みを見つけてから同一銘柄の年数の違いやを比較してみる。(白州10年12年18年25年など)
(2)同一銘柄だがビンテージもので毎年味が変わるものを比較する(マッカラン18年・ラガヴーリン12年など)
(3)スコッチとそのスコッチで使用されているメインモルトを比較する。(バランタインとスキャパ・シーバスリーガルとストラスアイラなど)
(4)先に書かれている方もいらっしゃいますが、同じウイスキーをいくつかのグラスに注ぎ、加水の比率を変えたものを比較する(当然ストレートも含めて)。
トゥワイスアップ(1:1)だけでなく比率を上げ下げしてもまた違う味を楽しめます。

※呑み終ったグラスの残り香も呑んでいるときの風味との違い楽しめますよ。


3.
地域ごとに味・度数が違うため、先にボディーの薄いものからがよいかと思われます。
アイリッシュ→ローランド→キャンベルタウン→カナディアン→ジャパニーズ→ハイランド→テネシー→アイラ→バーボン
しかし最近はいろんな試みのウイスキーも発売されているため一概に言えませんが・・・(ボウモアのバーボンカスクやスキャパのノンピートなど)

スコッチはメインモルトに何を使っているかで変わりますが、しっかりしたものが多いため、ハイランドあたりと同等かとおもわれます。

書かれている種類で個人差はあるかもしれませんが私の順番としては
ミドルトン→グレンフィディック→カナディアンクラブ→ティーチャーズ→バランタイン→マッカラン→ジャックダニエル→ラフロイグ→ボウモア→アーリータイムズ

私も20年ほど前からはまって常飲しているウイスキーが30本前後、ストックを入れると500~600本。
小遣いが全てウイスキーに変換されてしまってるといっても過言でではないでしょうね^^;

もしアイラモルトがお好みのようであれば、最近はフェノール値が高いものが流行のため、それを比較するのも面白いかも。


最後にウイスキーは度数が40~50度が通常ですので、チェイサーは必須で呑まれる事をお勧めします。

1.
種類がありすぎて難しいですね。世界の5大ウイスキーで代表的なものとして
アイルランド:ブッシュミルズ・ジェムソン
カナダ:ホワイトホース・カナディアンクラブ
アメリカ:ワイルドターキー・メーカーズマーク
日本:白州・秩父

スコットランドは地域によってぜんぜん味が違いますので地域ごとに
ハイランド:マッカラン・グレンリベット
ローランド:ローズバンク
キャンベルタウン:スプリングバンク
アイラ:アードベッグ・ラフロイグ

また、オフィシャル以外のボトラー(シグナトリー・G&M・サマロ...続きを読む


人気Q&Aランキング