主人は今年から個人で(外注のよう)塗装工としてやっています。年間で約300万円の手間でした。領収書等とっていなかったので経費等も計算できないのです。
この際どうしたら良いのでしょうか??申告書の書き方も分かりません。事業所得?給与所得??なのでしょうか??
所得税額はいくらくらいになるのでしょうか??詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

さらに補足します。


一般に「経費」といわれますが、正確には
「売上」から「仕入れ」を引いたものが「収入」(粗利益)で、それから「経費」をひいたものが「所得」になります。(hanboさんみたいに詳しい方でも「経費」と「仕入れ」を一緒に扱われていますが、申告用紙では、全く別項目になります)

「仕入れ」で、実際に代金を支払ったものであっても、「在庫」で手元にある(棚卸しで確認)ものは、資産と同じですので、差し引きできません。

塗装店の内容がわかりませんが、例えば「看板製作」で白看板を仕入れて看板に仕上げる場合、白看板を購入した代金のうち、在庫が10%あれば、仕入額の90%が仕入額として差し引きできます。業務用のペンキ類は消耗品扱いなのかどうかわからないのですが、未開封のペンキは「在庫」になるかもしれません。(そこまでは言われないように思いますが)

8の説明ですが、たとえば、A店に支払ったのが20万。B店に支払ったのが7万だとして、合計27万。個別に内訳書を提出して、実際はAが17万、Bが10万だった場合、トータルではあっているのですが、Aだけ見れば3万円を過大に計算していることになります。内訳書として提出した「公」文書でウソを届けていた、ということになりますが、出さずに手元にある間は「公」ではありません。

A店の申告でトラブルがあってA店に調査が入った場合、A店の伝票とあなたの申告内容が食い違っている、ということであれば新たな問題ですし、万一、A店が所得隠しをしていたりしたら、それにあわせた計算をしたあなたが「共犯」にされる危険性も考えられます。

明細が残っていないような場合、むしろ、「トータル」のほうが正確ということもできると思います。
    • good
    • 0

さらに追加ですが、「内訳書」は、提出義務はなく(私は一度も提出したことはないけれど、税務署からクレームをつけられたことはありません。

提出しろといわれたら出来る状況にはしてありますが。)、あくまで「訓示」規定であって、強制力も、罰則も、ありません。督促状がきてほおっておいても、それを理由にペナルティを課すことは法的な根拠がありません。

警察官が「ちょっと署までご同行願えますか?」といわれても「任意」だからいく必要はないけど、もし、逮捕状を持ってこられても無実を証明するだけの根拠は用意してある、という状況。

反面調査などする時に、内訳書に記載されている対象者はいきなり調査できるのでベんりだということもあると思いますが、正確な金額がだせないのであれば、不正確な内訳書ではかえって「間違い」の証拠を出すようなものだと思います。
    • good
    • 0

#3の追加です。



決算書を確定申告書に添付すると書きましたが、これは青色申告の場合で、白色申告の場合は「収支内訳書」でした。
この「収支内訳書」は、#4の回答のように任意ではなく、確定申告書に添付する必要があります。

所得の計算のことですが、白色申告で専ら事業に携わる家族については、配偶者は最高86万円、その他の家族は最高50万円まで「専従者控除」として、所得から控除できます。
ただし、この控除を適用した場合、配偶者控除・扶養控除・配偶者特別控除が使えませんが、結果的には控除額が増えます。

経費については、参考URLの一番下の2210 やさしい必要経費の知識をご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.HTM
    • good
    • 0

 No5の訂正です。

事業所得の場合は、確定申告書に「収支内訳書」を添付することになります。失礼いたしました。この様式は収入・支出の明細書のようなもので、市町村役場の税務課か税務署に用紙が用意されています。
    • good
    • 0

 No2の追加です。

保育園の保育料は、前年所得に対する所得税で区分されますし、国民健康保険税も前年所得に応じて税額が算定されますので、確定申告の際には所得から差し引けるものは忘れないようにして、課税所得を減らしましょうという意味です。保育料は、必要経費にはなりません。

 国民健康保険税や国民年金保険料は、社会保険料控除として所得から控除することが出来ますし、生命保険料や火災保険料、医療費控除なども所得から控除することが出来ます。

 初めての確定申告で不安な点もあるかと思いますが、申告は来年の2月中旬から3月中旬の期間です。十分期間がありますので、市町村役場の税務課や商工会議所か商工会でも、随時相談に乗ってくれますので、それらを利用されると良いでしょう。

 No4の方の回答にもありますように、一般の申告の場合は決算書や計算書を提出する必要はありません。それらの合計額から申告書に転記するだけです。が、詳細の説明を求められたときには、算出の根拠としてそれらの書類と領収書などを提示できるようにしておく必要があります。
    • good
    • 0

>保育園の保育料も経費となるのですか??


保育所の保育料は控除対象になりません。
だいたい、昔は、「自営業」だと保育園にも入れなかったこともあったそうです。
保育料や国保料などの計算は、前年の所得を基準に計算します、という意味ですね。

各市町村で説明会もあると思いますので、広報などで、日程を確認しておくといいです。商工会などでも相談会があるはずです。

領収書については、提出するわけではないので、なくても申告は出来ますが、その申告がただしいかどうか、確認できませんから、税務署につっこまれると困ります。クレジットカードや銀行振込みなどで、金額がわかるものについてはちゃんと計算できますが、どうしてもわからないものは「推計」でやるしかないでしょう。ガソリン代だと、走行距離と燃費と、事業用と家庭用の使用割合などで・・。
(税務署も、推計課税するしか方法がない。その推計が、いかに実際にあっているか、の問題ですが、税務署の場合はだいたい「多め」に計算しますね。「他の事業所でこのぐらいの規模だとこれぐらいだ」とか。説得力ある計算をしておくことが大事です。いちいち領収書を見せろ、という確率は低いと思いますが。)

決算書は、普通の(白色用紙)申告では不要で、計算書も付いてはいますが、出す義務はありません。
    • good
    • 0

個人で(外注のよう)塗装工としてやっていますとのことですが、発注先と雇用契約が結んでなく、何カ所からも仕事を請けていれば、給与所得ではなく「事業所得」となります。



事業所得の場合の所得の計算は、まず、1月(この場合は開業から)から12月末までの決算をして利益を計算します。
収入から経費を引いた金額が利益となります。
詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.HTM

次に、この利益から、「確定申告書」で各種の所得控除(配偶者控除・扶養控除・基礎控除・社会保険料控除など)を引いた後の課税所得に、税率をかけたのが納める所得税になります。
「決算書」と「確定申告書」の用紙は税務署に用意されています。
申告は、2月16日から3月15日までの間に、確定申告書に決算書を添付して提出します。

収入が300万円とのことですが、材料が支給されているのか自分持ちなのかで、利益が大きく違ってきて、家族構成によって、所得控除額が変わりますから、所得税の見当はつきません。
ただ、材料支給で、ご主人のあなたの二人暮らしで、あなたに収入がない場合で、お二人で国民年金、国保に加入している場合は、所得税は、3万円前後かと推測されます。

また、開業までの間、ご主人が会社などに勤めていて、給料をもらっていた場合は、その会社から「源泉徴収票」をもらい、確定申告書に「給与所得」として加算する必要があります。

問題は、経費の領収書がとってないとのことですが、基本的には領収書のないものは経費として認められません。
金銭出納帳などの記録から、わかれば税務署に相談して見たらよろしいでしょう。
いずれにしても、早急に税務署に行って、どの様にしたらよいか相談してください。

さらに、税務署に開業届は出されていますか。
その場合、青色申告の申請をしていなかったら、今年は間に合いませんから、来年の3月15日までに申請されるとよいでしょう。
青色申告は、税制上の特典があり有利な制度です。
主な特典は、青色専従者給与を経費に出来ること、赤字が出た場合は3年間繰り越せること、青色申告特別控除がある等です。
青色申告については、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.HTM
    • good
    • 0

 No1の追加です。

確定申告による所得は、所得税、住民税(都道府県民税+市町村民税)、国民健康保険税、お子さんがいらっしゃる場合は保育所の保育料など、それらのすべての算出の基礎となりますので、面倒でしょうが必要経費の算出をがんばってください。

この回答への補足

保育園の保育料も経費となるのですか??その際どの欄に記入するのでしょうか??国保も同様にどの欄に記入するのでしょうか?

補足日時:2001/12/27 11:45
    • good
    • 0

 どこかから給料をもらわずに、自分で働いて直接収入を得ているのでしたら「事業所得」となります。



 確定申告書は、収入額を300万円とし、必要経費を差し引かないと300万がそのまま「所得」となってしまいますので、塗装に必要な材料の仕入れ代、車の燃料代、保険代、通信費、塗装に必要な消耗品、などが経費に該当すると思います。 申告には領収書が必要ですので、今からでも1月からの必要経費を取引の業者などに確認して、領収書を発行してもらうか、再発行してもらってください。車などを「自家用」としても使っている場合は、使用頻度による按分で経費を計上します。

 経理簿があるでしょうから、1月から12月までの収入と支出を再度整理すると良いでしょう。所得税は、収入から必要経費を差し引いた額が「所得」ですので、その所得が329万9千円までは10%です。

 申告書の書き方は、市町村役場の税務課か税務署で教えてくれますので、まずは1月から12月までの分の収入合計と、経費の明細を区分して合計し、印鑑を持参して住所地の役所か税務署で申告をしてください。翌年からは、税務署から申告に必要な書類が送付されてきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成につ

FXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成についての質問です

国税庁のホームページに行くと確定申告をオンラインで作成し、印刷できる便利なものがあります。職業はサラリーマンでFXで利益が20万円以上出た場合雑所得になる為、総合課税で確定申告をしなければいけません。

質問なのですが、国税庁のオンライン確定申告作成コーナーで、FXで利益が出た場合の確定申告書の作成は出来るのでしょうか?又、出来る場合はどの様にして作成すれば良いのでしょうか?

詳しく教えていただけると嬉しいです、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

FXの取引が取引所取引(くりっく365)か、市場取引(非くりっく365)で違います。
取引所取引では申告書Bで、分離課税の先物取引に係る雑所得等のところに入力します。数量は取引した枚数、決済の方法は仕切りです。
市場取引では総合課税の収入金額等の雑のその他に入力します。

申告する額は自分で計算した額ではなく、業者が発行した証明書(年間損益計算書などと言う書類・・・・業者で書類名が違う。通常取引画面からダウンロードする。)の額を転記します。この証明書の内容は税務署にも報告が行ってますからこれと同じ額でなければいけません。

Q【刑務所】「受刑者には、一人当たり約300万/年 経費が 掛かっています」 これが本当のことなのか

【刑務所】「受刑者には、一人当たり約300万/年 経費が
掛かっています」

これが本当のことなのかどこを見れば分かりますか?

Aベストアンサー

下記のP6あたりです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002fjpt-att/2r9852000002fjv3.pdf

だいたい283万/年といったところです。

このコストの考え方は、
子供を育てるために世帯の支出が
どれだけかかっているか?
といった考え方と似ているかな
と思います。A^^;)

Q確定申告で。初めて確定申告をします。ここで教えて貰い、国税庁の確定申告コーナーで書類を作

確定申告で。


初めて確定申告をします。
ここで教えて貰い、
国税庁の確定申告コーナーで
書類を作りたいのですが
我が家にPCがありません^^;

インターネットカフェなどでも可能でしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわないと思います。

自分の収入とかを計算するのに必要な書類等を完備しないとすごく時間がかかり出直しとかになる
のかもしれませんが、普通は、ただ待つ。

自分の順番が来たら、手をあげると係の人が質問に答えてくれるという便利なシステムです。

必要なことは、どういう手順で進むのか?
前もって把握できていると慌てることもない感じです。

>ネットカフェでも確定申告できるの?

はい、可能です。

■参考資料:e-Taxで自宅から楽ちん確定申告
http://matome.naver.jp/odai/2142314175951730401

国税庁のウェブサイトにネットカフェでアクセスして、「個人」 → 「書類を印刷して送付」
→ 1番右の「質問に答えながら作成する」という手順で進めば、たぶん小学生とかでもできる
くらい簡単にできちゃうと思いますよ。

>給与明細や証明等が一切ないので、
>収入を記載したノート、
>経費を月別に書き出したノート、
>(一応)レシートや領収書を貼り付けたノート、
>年金、保険(ゆうちょ)、国保関連の書類を持参して
>個人事業主として白色申告をする予定です。

一般的には、誰か人に見せて相談するというシュチュエーションでは、
例えば「収入を書いたノート」というものは、ワードなどでPCで作成して書類化したもの
を事前用意しておく方が良いと思いますよ。

例えば、「収入」というお金の入り口というカテゴリーを1つの書類にまとめる。
「必要経費」は仕事で必要だと判断した経費類をまとめる。
「年金や生命保険等控除の書類はそれで1つにまとめる」などの準備です。

車のガソリン代ならガソリン代のレシートを1つにまとめ、それを集計した書類を1枚。
電車に乗った記録であれば、それは1つの書類にまとめる。

まったく人間関係のない人がその書類を見た時に、最上段などに「何を集計した内容の書類なのか?」
くらいはわかるようにしておかないと、ダメだと思います。

>個人事業主として白色申告をする予定です。

事業を行う事業主は、その事業活動で法律を遵守するという決まりがあり、従業員まで責任を持たないと
いけない決まりがあります。

ということは、国民の義務である確定申告もしないといけないことになるのですが、ネットカフェで
まず1つずつ書類を作成して印刷もできますので、出力します。

後は、それを税務署が主催している大きな会場に持参して、相談しながら書類を見せて作成していく
という方法がよろしいかと思います。

慣れれば、後はネットから作成して印刷し、最後の書類に宛名が印刷されるので、郵送するように
なっていけば良いのではないでしょうか。

事業主の確定申告というのは、かかった経費などの種類をきちんとまとめるというのが第一段階になり、
税務署職員などに説明をできるというのが最低スキルになると思います。

手書きの汚い字などのごちゃごちゃしたノートとかは持ち込まない方が良いと思いますよ。

商売は人に説明できるが重要なのと、人に力を借りるというシュチュエーションでは事前に自分で努力を
していると伝わる具体的な目に映るものと、相手の視点に立った準備くらいはやはり礼節となります。

税務署職員という、お仕事でされていらっしゃる人の力をいかに自分のために動いてもらえるのか?

商売でも重要な人を動かすスキルみたいなものは、1年生のスタート時点で身に着けた方が良いスキル
でもありますから。

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわな...続きを読む

Qアフェリエイト等による経費、領収書について

アフェリエイト等による経費、領収書について質問です。現在自分自身は20代学生です。

ネットのブログなどによる買い物レビュー等のアフェリエイトをはじめようと考えていて、調べていると
年間の得た金額が大きくなると税金が発生し確定申告が必要だと知りました。まだ始めていないので、そのような金額にそもそも達しないかもしれませんが、やはり、気づいたら超えていて脱税していた!なんてなったら怖いですし親に迷惑がかかると思うので、始める前にしっかり理解してからやりたいと考えています。

そこで、まず経費について質問ですが、ネットを使い、商品のレビューをしたりする場合その商品の購入代金は経費として扱っていいのでしょうか。また、どうやら光熱費や家賃を経費としていいといった記述を調べていて見かけたのですが、例えば一人暮らしの場合、1日の2時間をそのブログ等にかけているなら2h/24hを経費として落とすといったことも可能なのでしょうか。もっと言えば、同じ解釈でネット代やパソコン代等も2h/24hを適用できるのでしょうか。

2つ目の質問として、その経費を証明するために領収書等を保管しておくべきだと思うのですが、引き落としの場合(電気代など)、銀行の通帳やクレジットカードの明細でもいいのでしょうか。また、アマゾンなどのインターネットで経費となるような物と個人の物を同時に買った場合、その領収書のどれが経費でどれが個人かわかるように蛍光ペン等でチェックして保存しておけば問題ないのか、それはだめで、毎回別々に注文したほうがいいのでしょうか。

3つ目の質問です。バイトもしているのですが、自分の場合、税金の解釈として、

(バイトによる給与+ネットによる収入) - (給与所得控除+必要経費) 
= 38万以下  ・・・基礎控除内かつ扶養控除内なので領収書を保管し申請する必要無し
= 38万~65万・・・雑所得-経費が10万以下なら親のみ増税(勤労学生控除が適応内)
            ・・・10万超えなら親は増税、自身も所得税を払う(勤労学生控除が適応外)
= 65万以上   ・・・ネットの所得に関係無く、親は増税、自身も所得税を払う

ということでいいでしょうか。

最後の質問として、親は扶養控除から一人外れたらどの程度税金が増えるのでしょうか。また、勤労学生控除が適応内の場合(先ほどの上から2つ目のケース)も、親に報告して確定申告で扶養控除から外してもらうようにお願いする必要がありますか。


長々と質問して申し訳ありません。とてもたくさん質問してしまいましたが、詳しい方、また、全てでなくてもいいのでどれかご存知でしたら教えていただきたいです。よろしくお願いします。

アフェリエイト等による経費、領収書について質問です。現在自分自身は20代学生です。

ネットのブログなどによる買い物レビュー等のアフェリエイトをはじめようと考えていて、調べていると
年間の得た金額が大きくなると税金が発生し確定申告が必要だと知りました。まだ始めていないので、そのような金額にそもそも達しないかもしれませんが、やはり、気づいたら超えていて脱税していた!なんてなったら怖いですし親に迷惑がかかると思うので、始める前にしっかり理解してからやりたいと考えています。

そこで...続きを読む

Aベストアンサー

1「ネットを使い、商品のレビューをしたりする場合その商品の購入代金は経費として扱っていいのでしょうか。また、どうやら光熱費や家賃を経費として」良い。注意あり※

2「1日の2時間をそのブログ等にかけているなら2h/24hを経費として落とすといったことも可能」です。
「ネット代やパソコン代等も2h/24hを適用でき」ます。

3「引き落としの場合(電気代など)、銀行の通帳やクレジットカードの明細でも」良い。
「アマゾンなどのインターネットで経費となるような物と個人の物を同時に買った場合、その領収書のどれが経費でどれが個人かわかるように蛍光ペン等でチェックして保存しておけば問題」ありません。


「 (バイトによる給与ー給与所得控除)+(ネットによる収入 - 必要経費)」が正。
数学的には式はあってますが、税法の考え方として違います。
給与所得控除額は最低でも65万円ありますので、アルバイト給与が65万円ない場合には雑所得からも給与所得控除を引いてしまうことになります(学生さんなら、違いがわかりますよね?)。
38万以下  ・・・基礎控除内かつ扶養控除内なので領収書を保管し申請する必要無し→「○」です。

= 38万~65万・・・・→給与所得以外の所得が10万円以下なら「申告不要」、そうでないなら、勤労学生控除が受けられないので、確定申告して納税すべきものは納めましょう。



「親は扶養控除から一人外れたらどの程度税金が増えるのでしょうか」
親の収入によります。特定扶養控除63万円が受けられなくなりますので、税率が10%なら、63,000円。住民税は45,000円目安としては、10万円増加します。

「勤労学生控除が適応内の場合も、親に報告して確定申告で扶養控除から外してもらうようにお願いする必要がありますか。」
ありますよ。勤労学生控除が受けられるかどうかは本人の問題でしかありません。
年間所得が38万円を越えたら、控除対象扶養親族になりませんので、親に「私を扶養親族にいれたらアカンよ」と伝えておくべきです。


販売する商品の購入は経費とは言わずに仕入れといいます。
なぜか?仕入れをしても売れない分が出るので、仕入れイコール経費としてしまうと正しい利益計算が出来ないからです。
3,000円で販売した商品ですが、それを1,000円で仕入れてる場合には、「経費」といわずに原価といいます。


いっとう初めの年。
仕入金額ー残った商品=売った商品の原価=あなたの言う経費(正確には売上原価)
2年目の年
前年から引き継いだ商品+仕入ー年末に残ってる商品=2年目における、あなたの言う経費

1「ネットを使い、商品のレビューをしたりする場合その商品の購入代金は経費として扱っていいのでしょうか。また、どうやら光熱費や家賃を経費として」良い。注意あり※

2「1日の2時間をそのブログ等にかけているなら2h/24hを経費として落とすといったことも可能」です。
「ネット代やパソコン代等も2h/24hを適用でき」ます。

3「引き落としの場合(電気代など)、銀行の通帳やクレジットカードの明細でも」良い。
「アマゾンなどのインターネットで経費となるような物と個人の物を同時に買った場合、その...続きを読む

Q国税庁HPの確定申告書作成について

国税庁HPの確定申告書作成について、おわかりの方教えてください。
国税庁HPのヘルプデスクに連絡しても「わからない」といわれてしまいました・・・。
20年に土地を先行取得して住宅ローンを組み住み始めたのですが、
借入残高証明が「土地等のみ」だと国税庁HPで住宅ローン控除の申告書は作れないのでしょうか?
土地の先行取得のため、残高証明は「土地等のみ」ですが、建物完成後に建物にも抵当権をつけています。

Aベストアンサー

建物の借入金がないと控除を受ける土俵に乗れないのです。
これは、繰上げ返済などをした場合も同じです。
建物と土地とそれぞれ借り入れがあった場合に、建物の借入金を一括返済などをしたりして、土地だけの借入金が残った場合は、これで控除は終わりになってしまいます。

この『住宅借入金等特別控除』の制度は、名称にもあるように、「住宅」の取得ということに、そもそもの出発があるのです。土地に対する借入金は数年前までは、認めていませんでした。それが、だんだんと認める幅が広まってきて現在に至っているのです。

したがって、土俵に上がるためには、『土地』から『住宅および土地』に区分を変えてもらわないといけません。

銀行に交渉すれば、応じていただけるのが、実務上私の承知している事例です。このように書類を整えれば、税務署の審査を通ります。

Q給与所得にかかる税金等についての(異動等)申告書

家内が今年から働き始め年収150万くらいになりそうです。
先日、ここで、給与所得者の扶養控除(異動)申告書の記載に関して教えて頂きました。
ありがとうございます。
今回、これは提出するのかどうか分からないのですが、家内が、会社から 給与所得にかかる税金等についての(異動等)申告書 の用紙を持って帰ってきましたので、提出が必要なのか、また、必要でしたら、どのように記載すればよいのか御教示下さい。

当家は、当方(普通の会社員)と家内と子供20歳(大学生でアルバイトで年収10万円程度)で、当方が家族を扶養しています。

申し立て書の書類もあり、本年1月1日から採用日前日までの間の給与所得について、記載を求める項目があり、税表上の適用区分のところに、甲乙丙のどれかを選択する様になっています。

Aベストアンサー

あなた自身も給与収入者であるため、あなた自身も扶養控除申告書を会社に提出していると思います。

あなたの扶養控除申告書には

子供1名を扶養親族としているため、その子供の名前を記載し(給与収入が103万以下のため)、
奥さんは給与収入が150万円を超えているとのため、配偶者控除を受けれない(受けれるのは給与収入が103万以下)ため(配偶者特別控除も受けれません。(受けれるのは給与収入が103万以上、141万以下))配偶者欄に奥さんの名前を書いてはいけません。

また奥さんが持ってきた扶養控除申告書は、奥さんにとって、扶養親族がいるかどうかの確認書類であるため、奥さんに扶養親族をつける人がいません(子供は夫の扶養親族になっている。あなた自身給与があり奥さんにとっての配偶者控除を受けれない)ため奥さん(本人)の名前、印鑑を押して出すでけです。(記載するところは支払い者(会社名があるところの右どなりの一番上の本人の署名印鑑を押すところです。)

ちなみに奥さんの会社も扶養控除申告書の会社への提出時期をよくわかっていないのでしょうか。扶養控除申告書というのは、年末調整に必要な書類だけの意味ではないのです。本来は働き始めた直後に会社に提出しなければならない書類です。

税表上の甲乙丙の意味ですが・・・
それぞれ毎月の給与に課税される源泉所得税の税率の違いであり、乙が一番高い税率です。

甲とは、扶養控除申告書を提出している者にたいして、掛ける所得税率です。
扶養親族の人数が計算には必要で、扶養控除申告書を提出していないとこの人数がわかりません。
また、会社で年末に年末調整を行うことができます。

乙とは、扶養控除申告書を提出していない者にたいして、掛ける所得税率です。
同時期に2箇所から給与をもらっている場合、扶養控除申告書を提出できるのは1社のみです。
(退職、中途採用は違います。)
つまり1箇所は甲、1箇所は乙となります。

丙とは、その日かぎりで日雇いでもらう給与です。(1日働いて給与もらってサヨナラという人です。)
丙は日払いの給与以外はありません。
丙は2ヶ月間同じところに勤めていれば受けれません(自動的にその後乙となります。)

つまり、上記の意味は勤務開始時に扶養控除申告書を提出していないのにその月の給与を甲の税率で計算して納税していれば、たとえば、年末調整前に会社に税務調査に入った場合、本来、扶養控除申告書の提出がない場合は、甲でなく乙の税率を適用しますので、納税が少額となり、追徴されます。

甲、乙、丙の区分はそのように区分されるため、本来会社が記載すべきものでしょうね・・・。個人の選択肢で勝手に決めるものではありません。

また、年末調整の際、中途採用者については、その年に前職の給与がある場合には、その給与と合算して年末調整をする必要があります。前職の給与の源泉徴収票が必要となるため、会社はそれを出しなさいといっているのです。
ちなみに出さないと会社は年末調整できず、年末調整なし、とされます。
その際は自分で確定申告を行うため、前職の源泉徴収票と現在働いている源泉徴収票をもって税務署に行くことなります。

上記のことは、国税庁の源泉徴収のしかたにのってます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/shikata2012/01.htm

あなた自身も給与収入者であるため、あなた自身も扶養控除申告書を会社に提出していると思います。

あなたの扶養控除申告書には

子供1名を扶養親族としているため、その子供の名前を記載し(給与収入が103万以下のため)、
奥さんは給与収入が150万円を超えているとのため、配偶者控除を受けれない(受けれるのは給与収入が103万以下)ため(配偶者特別控除も受けれません。(受けれるのは給与収入が103万以上、141万以下))配偶者欄に奥さんの名前を書いてはいけません。

また奥さんが持って...続きを読む

Q確定申告書B 国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成できますか?

お世話になります
先ほど 国税庁の確定申告書等作成コーナーにて
青色申告決算書は作成できたのですが
どこを探しても 確定申告書Bを作成するページに当たりません
確定申告書Bを作成するページはどこにあるか
教えて下さい
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ここから所得税コーナーへ行けばよいと思います。
https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl

Q給与1ヶ所 約300万の確定申告

税務署から確定申告書が届いたので心配になり、確認したいのですが、
給与1ヶ所から受けていて(収入約300万)年末調整済みの場合は
確定申告をする必要は無いと考えて大丈夫ですよね?

Aベストアンサー

年末調整済みで、他に所得が無ければ、申告する必要はありませんので、用紙も破棄されて大丈夫です。

おそらく昨年にでも医療費控除か何かで確定申告されたのですよね、前年の申告実績に基づいて、税務署から用紙が送られてくる事は良くありますが、その年について申告の義務がなければ、何も気にされる必要はありませんので、破棄されて問題ありません。

Q国税庁確定申告作成ぺージで印刷できない

国税庁の確定申告書作成ホームページにより、一連の作業を終え、印刷する画面まできて、adobe のアクロバットリーダーもインストール完了で、最終の印刷する段階で、帳票ファイルを開くをクリックしてもダウンロード中がのままで、次の印刷画面にたどりつきません、昨年印刷ができたのに、何故でしょか、
 依然と違うのは、プリンタをキャノン PIXUS MG3230 (以前もキャノンの類似機種でした)) に切り替えたくらいなのですが・・・・・  OSはWINDOWS  XPです。 Internetエクスプローラー8です 
   何か、国税庁の方で、昨年と違いが出てきてるのでしょうか?
   

Aベストアンサー

国税庁のホームページで申告書を作り提出しました。昨年とはプリンターを換えましたが問題なく印刷できました。プリンターとの接続は昨年ケーブル、今年は無線ランです。
申告書作成コーナーは説明が不親切ですが説明をよく読んでみてください。できますよ。

Q領収書等についての素朴なぎもんなんですが....

商売をする上で、取引の証拠となるようなものを保存しておかなければならないと思うのですが(例えば、契約書、納品書、請求書、領収書など)、ちょっと素朴な疑問が湧きましたので教えてください。

(1)例えば請求されてお金を払いました。領収書をもらうのを忘れました。この場合、振り込んだ振込み用紙があればいいのでしょうか?それとも、領収書をもらうべきなんでしょうか?
(2)(1)で振込み用紙でOKの場合ですが、その振込み用紙をなくした場合はどうすればいいのでしょうか?銀行でもう一度発行してもらえばいいのでしょうか?それともその場合は領収書をもらうべきなんでしょうか?
(3)引き落としになるものがあると思います。例えば電話代とかガス水道代とか、リース代とか。こういったものは、通帳に印字されますけど、それで十分なんでしょうか?それとも毎月送られてくる請求書も、しっかり何年も保存しなければならないのでしょうか?
(4)レシートと領収書なんですけど、レシートでいいものと、領収書でないといけないものってあるんでしょうか?
(5)上様の領収書って今いいんでしょうか?ケースバイケースでしょうか?(例えば金額とか)

商売をする上で、取引の証拠となるようなものを保存しておかなければならないと思うのですが(例えば、契約書、納品書、請求書、領収書など)、ちょっと素朴な疑問が湧きましたので教えてください。

(1)例えば請求されてお金を払いました。領収書をもらうのを忘れました。この場合、振り込んだ振込み用紙があればいいのでしょうか?それとも、領収書をもらうべきなんでしょうか?
(2)(1)で振込み用紙でOKの場合ですが、その振込み用紙をなくした場合はどうすればいいのでしょうか?銀行でもう一度発...続きを読む

Aベストアンサー

(1)振込み用紙で一応OKです。別に領収書は必要ありません。
(2)振込用紙をなくした場合、領収書を相手方から早めにもらってください。銀行で再発行は、あまりお勧めできません。
(3)これは、請求書の保存をお願いします。特にクレジットカ-ドの場合は、なおさら必要です。
(4)レシ-トに領収書を添付しておいたほうが良いと思います。理由は、会社の経費なのか個人的な支出なのかをはっきりさせるためです。
(5)上様領収書は、必要経費に認めても、消費税法上は課税仕入れから除外されることになっています。特に、ガソリンのセルフスタンドなどでガソリンを入れると危険です。


人気Q&Aランキング