昨年10月に会社を退職したのですが、いまだに住民税の納付書が届きません。

退職時に一括徴収をされていないので、本来であれば届くはずだと思うのですが、こういった場合は何か手続きなどをしなければいけないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常は何も手続きをなさる必要はありません。



退職なさった会社の方から、お住まいの市町村へ「○○さんは退職しました」という届を出し、それに基づいて市町村が残りの税額を計算して、ご自宅へ請求することになります。

請求が来ない事で考えられるのは、一括徴収をされていないおつもりでも、実際には納付額が全額納まっている場合です。
あと、私が給料関係の事務をしていた時には、退職なさった方が、ちょうど引っ越しをしてしまい、書類が転々として遅くなったケースがありました。

もうひとつ考えられるのは、ご退職なさった会社の手続きなり、市町村の手続きが遅れている場合ですね。
会社から市町村へ納付する際には、全額をまとめて納付します。
個人単位の名簿は付けません。本来は、年度途中でコロコロ変わるものでもありませんし、変更分は届を提出するので一致するから問題ないのです。
ところが、何らかの勘違いや書類上の遅れで、変更の届けの提出が遅れたり、市町村の税担当者の元に届くのが遅れたりしますと、金額を照合してからとなるので、1カ月や2カ月は軽くかかります。
1月は、普通徴収の方々の4期分の納税時期ですから、手違いがあれば遅くなると思われます。

ご不安であれば、まずは退職なさった会社に、住民税の残額の手続きはどうなったのか確認なさったうえで、お住まいの市町村の住民税担当にご確認というのが、一番かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

会社に確認してみたところ、手続きを忘れていたようです。
急いで手続きをしてもらうよう、お願いしました。

詳しい回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/12 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職から再就職後住民税納付書が届いた

主人の事なんですが、今年3月3日で正社員として勤めていた会社を退職しました。
給与は月末〆翌月中旬支給です。
しかし、微妙な3月の3日分のも2月分と含まれていたのか、3月中旬、最終支給された額が今までより多めでした。
そして、4月も下旬になった頃、この会社から手紙が届き、3月分の給与(支給は既にないんですが4月中旬支給)において、雇用保険、住民税個人負担分を会社で立て替えているのでこちらを振り込めときたので、指示通り1700円ほどを振込みました。

4月に入り再就職はしたんですが、再就職先の会社都合で、4月はアルバイトで、5月1日より社員となり、ちょっと時間がかかっているようですが現在は保険証等社会保険の手続き中です。

そして、本日時期が時期ですので、平成25年度の住民税の納付書が届きました。
こちらは、個人で払わなければならないのでしょうか?
今までのように給与天引きには就職先の会社で自動でなりますでしょうか?
(4月のアルバイトとしての支給が5月末にありましたが、正社員としての給与はまだ支給されてないので明細がなくわかりません。)

無知で申し訳ありませんがお願いします。

主人の事なんですが、今年3月3日で正社員として勤めていた会社を退職しました。
給与は月末〆翌月中旬支給です。
しかし、微妙な3月の3日分のも2月分と含まれていたのか、3月中旬、最終支給された額が今までより多めでした。
そして、4月も下旬になった頃、この会社から手紙が届き、3月分の給与(支給は既にないんですが4月中旬支給)において、雇用保険、住民税個人負担分を会社で立て替えているのでこちらを振り込めときたので、指示通り1700円ほどを振込みました。

4月に入り再就職はしたんですが、再就職先の...続きを読む

Aベストアンサー

>こちらは、個人で払わなければならないのでしょうか?
原則はそのとおりです。

>今までのように給与天引きには就職先の会社で自動でなりますでしょうか?
自動的にはなりませんが、その納税通知を会社持って行けば、給料天引きにしてもらえることもありますので会社にご相談されることをおすすめします。
なお、会社は住民税の「特別徴収義務者」なので、通常給料天引きです。

Q退職後、一括納付しましたが・・・

税金のカテゴリですが、年金・健康保険についても教えていただければと思います。

7月末に民間企業を退職しました。
その際には転職先が決まっていなかったため、すぐに市役所へ手続きに行きました。
しばらくして国民年金、住民税の納付通知書がきました。
納付期限を忘れてしまってはいけないと思い、今年度分を一括納付しています。
その後、12月入社で就職が決まりました。決まったあとで、国民健康保険の納付通知書が来ましたので、これにつきましては納付期限が18年11月28日までの分を支払いました。

ここで教えていただきたいのが、一括納付した国民年金と住民税は、就職した後どうなるのか?ということです。
二重払いということはないですよね!?もしくは、還付手続きを自らとるのでしょうか?
(ちなみに、就職先は一部上場企業です)
また、12月入社で会社の健康保険組合に加入する私は、いつまでの国民健康保険を支払えばいいのでしょうか?納期限が12月28日までの分かな?

長々と申し訳ありません。わかる方がいらっしゃいましたが、よろしくお願いします。

税金のカテゴリですが、年金・健康保険についても教えていただければと思います。

7月末に民間企業を退職しました。
その際には転職先が決まっていなかったため、すぐに市役所へ手続きに行きました。
しばらくして国民年金、住民税の納付通知書がきました。
納付期限を忘れてしまってはいけないと思い、今年度分を一括納付しています。
その後、12月入社で就職が決まりました。決まったあとで、国民健康保険の納付通知書が来ましたので、これにつきましては納付期限が18年11月28日までの分を支払いました。...続きを読む

Aベストアンサー

まず、国民年金は還付請求をすれば返ってきます。入社すれば、厚生年金に切り替えられて、厚生年金加入者は国民年金の第2号被保険者となる為です。

国民健康保険は、12月入社なら11月分までの納付でよいです。

Q退職後に納付書で支払った住民税

以前に同じ様な質問があったなら申し訳ないのですが、
欲しい回答が見つからなかったので、質問させていただきます。

昨年3月に退職し、その後住民税支払いの通知書が届き、
納付書で住民税を支払いました。

確定申告にて、住民税は
「住民税に関する事項(配当所得がある方の入力項目??)」
に記入すべきなのですか?

また、ここで申請するのとしないのでは何が違うのでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その欄は、配当所得がある場合に使う欄で、住民税では課税されない種類の配当所得があるため、それを判断するためのものです。ですから、全く関係ありません。ちなみに確定申告をすると、申告書は三枚複写(国税庁のHPで作成した場合は三枚印刷される)になっており、一枚目が税務署用、二枚目が住民税用、三枚目は自分の控えとなっており、住民税用の二枚目は、税務署から市区町村にまわりますので、確定申告された内容で、今年の6月以降、住民税が課税されますので心配ありませんよ。

Q昨年末で退職したら住民税の特別減額があるのですか?

昨年末に会社を退職して現在勉強中・無職です。
支払っている住民税(市民税・県民税)のことで質問です。

所得税は1月より減額されていて、住民税は6月より増額されているので
昨年退職した人には増税分だけが増えているのは「教えてgoo」で分かりました。

仕方がないので普通に払っていたのですが、先日新聞で
昨年末で退職した人には住民税の特別減額があるような事を見ました。

もし本当にあるのなら申請したいのですが、手続きはどのようにすればよいのでしょうか?
返答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経過措置として、今年の住民税に税源委譲前の税率を適用してもらうことができます。

ただし、一旦、今年請求されている住民税を納める必要があり、
来年7月に自治体に申請して差額の還付を受けることになります。

手続きの詳細は、自治体の市民税課等にお問い合わせください。

Q特別徴収から普通徴収へ変更での納付書

こんにちは。

昨年、アルバイトをしておりましたが、年度途中で急病の為
退職いたしました。

20年度の地方税の申告での税額通知書には差し引き納付額0
の通知をいただいておりました。
しかし先日役所より納付書が届き、それには「退職により普通徴収
に変更します」と書いてあり随時期分の納付書が入っていました。

納付書に説明が書いてあり、そこには「平成20年度分特別徴収額
○万円(これが今回の請求額)のうち退職月分までの   円までは
納付済みですが…」と記入してあり、空欄になっていますので会
社がそれを負担していたとの事ではないように感じます。
(非課税だからなのでしょうか?)

ではなぜ税金が発生してしまうのでしょうか?
無知なもので混乱しています。

リハビリ中で収入が無く、かなりな額を一括で納付することが
無理な状況なもので御相談させていただきました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>「なぜ「市民税の特別徴収税額通知」が20年の5月に
送付された時に申告されていなかったのでしょうね。」

説明済みだと思ってましたが、再度いたしましょう。
19年度の所得に対して、いくら市民税がかかるのかの通知は20年の5月に来ます。
特別徴収税額の通知というものが会社と本人に来て、給与から天引きされます。この税金は市税です。確定申告して納める国税(所得税)とは違います。
 所得税は年末調整で会社を通じて納付されるか、確定申告して3月15日までに自分で納めます。
 これに比べて市税は、5月になってから「去年の所得はこれだけだから、いくら支払うように」という通知が来るわけです。

貴方が退職された月が正確にわかりませんが、翌月支払給与ですから、6月分の支払を7月に受けて、その際に特別徴収税額を天引きし忘れたのかもしれません。

「それとなく」などといわずに、市の税務課に「どげんなっとるんですか」と聞けば丁寧に教えてくれますよ。なぜ納付額がないのかも、当然調べてくれるはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報