SF小説などで地球に住めなくなり人類は別の惑星へ移住・・・みたいな
ものがよくあります。とても興味があります。
(1)現実問題、地球と似たような条件の惑星って確認されているのでしょうか?このまま温暖化問題やその他の障害が続くと単純計算で地球はどのくらい年月で生物が住めなくなりますか?
(2)銀河系の中に太陽系がありますよね?どこまでが太陽系の領域でそこから先はどうなっているんですか?同じような恒星系が確認されているのでしょうか?太陽系のお隣さんから銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>どこまでが太陽系の領域でそこから先は



(今、一番もっともらしい説です)
冥王星は、太陽から約40天文単位はなれたところにあります。--1天文単位とは太陽・地球間の距離を1としたもので約1.5億kmあります--
そこから10天文単位のところにカイパーベルトという天体群があるといわれています。
さらにそこから約50天文単位先にヘリオポーズ(太陽圏界面)と呼ばれる境界面があります。ここは、太陽風と星間風がぶつかり合っている所で、銀河の宇宙線から太陽系を守っている城壁のような役目を果たしています。
このヘリオポーズの内側をヘリオスフィアと呼び、これが太陽系圏内といってよいと思います。太陽から120天文単位あたりまでになります。

私達に最も近いお隣さんのケンタウルス座α星とは22万天文単位(4.4光年)離れていますので、スカスカの超がら空き状態だということがわかりますね。

ただし、最近では、もっと近くに赤色矮星があると考えられているようです。ここは地球型ではありませんが生命惑星の存在が期待されています。

>銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を

まず、こちらのページをごらんください。
http://www.oct-net.ne.jp/~siwa32/page032.html

銀河中心方向の見事な写真です。
写真右から1/3、高さほぼ真ん中くらいに さそり座のアンタレスが赤く大きく輝いています。さそり座の形はお分かりでしょうか。その尻尾の真上方向(下側樹木の左から三本めの先端上方向)付近にひときわ明るく輝いている部分があります。この方角が銀河中心です。もっと厳密にいえば、右側の暗い部分です(黒い物質に邪魔されて見えません)。

つまり、この辺りに見える星々が銀河中心方向に見える星だといえます。ただし、これは富士山頂から東京の方を見て、足元の石ころを東京中心方向だというのに等しく、あまり意味のあることではありません。それほど遠い所(約2.8万光年)だということです。

左側は南斗六星と呼ばれる目だった形が見えます。これが いて座になります。この いて座と さそり座の中間域が銀河中心方向だと憶えておくといいでしょうね。

参考URL:http://www.oct-net.ne.jp/~siwa32/page032.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございました☆
サイトもありがとうございます!

お礼日時:2006/01/25 19:48

(1)地球と似たような条件の惑星は、1個も確認されていません。

しかし確認されていないだけで、存在してもおかしくはないと思います。
1995年以降今までに150個ほど、恒星の周りを回る天体は確認されていますが、いずれも地球とは程遠い環境であるようです。

このまま温暖化などが深刻化していっても、我々が生きている間というような時間スケールで、全く生物が棲めなくなることはないと思います。しかし、それらが影響して、予見できないような急激な気候変動などの現象が一旦起きると、どうなるか分かりません。

(2)何を太陽系の領域とするかはいろいろな定め方があるでしょうが、太陽の重力に運動が支配される天体の存在する範囲とすれば、冥王星よりもっと遠くの、彗星の生まれ故郷あたりまででしょうか。
そこから先も手前も、ほとんど真空といっていいような空間で、大差ありません。

太陽系と同じような恒星系は、(1)でも書きましたが、確認されていません。
…がちなみに、太陽系のお隣さん、一番近い恒星は、ケンタウルス座の主星、アルファ・ケンタウリを含む連星系(複数の恒星がお互いの周りを回っている系)の星たちです。よろしく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございました☆

お礼日時:2006/01/25 19:47

(1)


太陽と同じような中心恒星があり、かつ、そこからの距離が適切で、かつ、酸素があり、かつ、水があり、気温が適切で、かつ、生物が適度に進化しており、かつ・・・と、それぞれの起こりうる確率を試算してかけ算していくと、0.0・・・・・数%になるそうです。
一方で、銀河系さらには外の星系に存在する太陽系と似た惑星系の存在数はというと、膨大な数。
これをかけ算すると、少ない?とおもいきや、わりと膨大な数になるらしい。ただ、我々がコンタクトできる範囲にあるところは?となるとかなり絞られてくるでしょう。

宇宙がスタートしてから地球に生物が発生し、人類に進化し、化石燃料を使って地球の主の顔をするようになるまでほんの数万年。45億年の中でみればほんの一瞬です。ここ数年の急激すぎる環境の変化をみれば、宇宙の歴史のスケールで考えると長続きする文明ではないだろうなと思います。100年、200年のオーダーかもしれません。

(2)
冥王星の向こうに、太陽の重力の影響で運動する天体が見つかったという話を聞いたことあるような気がしますが、惑星として認められるかどうかは未定だそうです。太陽系には他に、彗星、小惑星が含まれます。

恒星の近くを回っている惑星は、直接望遠鏡で観測することはほとんど不可能で、二つの物体が重力を及ぼしながら回るときに軌道がずれることを利用して間接的に存在を予測する方法がとられているそうです。この方法でいくつかの恒星系がわかってきているそうですが、その位置、規模などはどこかで調べてみてください。
中途半端ですんません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答ありがとうございました☆

お礼日時:2006/01/25 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽系の惑星や衛星のプリュームテクトニクスについて

今、プリュームテクトニクスについて調べているんですが、太陽系の地球以外の惑星や衛星にもプリュームテクトニクスはあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

褶曲山脈などのプレートの移動を示す兆候が見つからないことから、火星、水星、月には活動的なマントル対流がないと考えられているようです。(以下は「ナイン・プラネッツ」の邦訳)
http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/mars.html

また、木星の衛星エウロパ、カリスト、ガニメデには液体の海洋が存在する可能性が高いとされることから、マントルがまだ熱を失っていないかもしれないと指摘されています。(以下は日本惑星協会のトピックス)
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics-001220_1.html
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics-000906_1.html

参考URL:http://www.planetary.or.jp/

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q太陽系にある惑星・準惑星の全ての衛星の名前

太陽系にある惑星の全ての衛星・準惑星の名前を分かりやすく惑星に近いほうから並んでる順に見易く並べて教えてください 覚えます

Aベストアンサー

wikiの項目に掲載されています

衛星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F

準惑星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E6%83%91%E6%98%9F

あとはご自身で覚えて下さい。

Q太陽系のある銀河系より外に小惑星は存在しますか?

隕石は小惑星の一部ということで、主に火星と木星の間にある小惑星帯からやって来ますよね。確か太陽系外にも小惑星が存在するのは聞いたことがあります。
そこで質問ですが、(1)遠い銀河の中にも小惑星は存在するのでしょうか?もし存在するなら、(2)我々の銀河系外から未知なる新しい物質でできた小惑星が、我々の銀河の太陽系の中に飛んできて、それが地球に落ちて隕石となる?ということは考えられるでしょうか?
(広い宇宙で確率的にはものすごい低いかもしれませんが…)そしたら超珍しい隕石も存在するのかな…
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は素人ですのでその積りでお読み下さい。
 (1) 我々の銀河だけが特別の出来方をした可能性は低いでしょうから、他の銀河にも当然無数の太陽系があり、小惑星が存在すると思います。
 (2) それらの小惑星が我々の太陽系に飛んで来る可能性はあると考えます。銀河全体がやって来る、というのではありません。単体で飛来する可能性が、長い目で見れば、無視出来る程小さくは無い気がします。(気がするだけです、根拠はありません。)
 私は暫く以前、三体問題の計算に凝ったことがあります。そのときつくづく感じたことは、同等程度の三つの天体は安定した軌道を持つことが難しい、ということでした。どれか一つが大質量なら安定するのですが、同等程度の場合、初期条件を余程慎重に選ばなければ三体はやがてバラバラの方角へ飛び散ります。ですから、大質量天体の圏外にある小惑星群のようなものが(子惑星を持つ小惑星が太陽系にも発見されていることを想起して下さい)微細な刺激を受けて飛び散り、我々の近辺にやって来ることは考えられると思うのです。現に存在している小惑星のうち幾つかがそのような起源を持つことが発見されたとしても、私は驚きません。

 小惑星に興味をお持ちのようですから、次のサイトを紹介します。一ページ目の画像の少し上にある「see some samples」の所をクリックすると色々興味深いサンプルを見ることが出来ます。
http://www.alcyone.de/POrbits/english/

 全然余計なことを附け加えますと、私のハンドルネームも或る小惑星の名前です。
 

 私は素人ですのでその積りでお読み下さい。
 (1) 我々の銀河だけが特別の出来方をした可能性は低いでしょうから、他の銀河にも当然無数の太陽系があり、小惑星が存在すると思います。
 (2) それらの小惑星が我々の太陽系に飛んで来る可能性はあると考えます。銀河全体がやって来る、というのではありません。単体で飛来する可能性が、長い目で見れば、無視出来る程小さくは無い気がします。(気がするだけです、根拠はありません。)
 私は暫く以前、三体問題の計算に凝ったことがあります。そのときつくづ...続きを読む

Q太陽系の惑星の衛星の数は何に関係しているのですか?

太陽系の惑星の衛星の数は多い惑星も少ない惑星もありますが
何に関係しているのですか?

Aベストアンサー

衛星は、ガスやチリといった星間物質が、惑星の引力のために回転を始め、
互いに衝突を繰り返すうちに固まったものです。

しかし、星間物質は、太陽の周囲に一様に存在しているわけではありません。

太陽に近い位置では、星間物質は、太陽の引力に捉えられて太陽に吸収されてしまうので、
水星から火星までの「地球型惑星」は、惑星自身もガス層を持たず、衛星も少ないのです。

その外側の、木星、土星のある位置では、星間物質が豊富で衛星もできやすく、
また、惑星自体も星間物質を吸収しながら成長するため、
「木星型惑星」は、大型、ガス型であり、多くの衛星を持ちます。

更に外側では、星間物質が互いに離れているために、
衝突の確率が減り、衛星に成長しにくくなります。

ですから、大雑把に言うと、衛星の数は太陽の引力に影響され、
惑星のタイプと衛星との関係は、太陽に近い順に

地球型惑星:少
木星型惑星:多
天王星型惑星:中

となります。

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

Q太陽系の惑星の衛星

夏休みの宿題で太陽系について調べて、表を埋めてこいといわれたんですが、衛星の数が木星~海王星までがホームページを見るたびに合いません。
正確な数というのはやはり分からないものなんでしょうか?
わかっているものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

#4です。「補足」に回答します。
私が、調べた最新の衛星の数は、未確定の惑星で

木星 63
土星 34
天王星 27
海王星 13

と、なりましたが質問者さんの判断を尊重いたします。

>冥王星は木星型惑星に近いという表現が多いんですが、これもやはりスパッと決められないものなんでしょうか?

冥王星は、特殊な生い立ちを持っているため、「惑星と認定するのが正しいのか?」に対する研究者の見解も一部分かれておりますので、最終的な結論はまだまだ先でしょう。

Q【地球は50億年後に太陽に飲み込まれる】人類は50億年以内に火星を今の地球のように人口的に人類が住め

【地球は50億年後に太陽に飲み込まれる】人類は50億年以内に火星を今の地球のように人口的に人類が住めるような環境に作り変えないといけない。

(太)水金地火木土天

疑問:

火星は地球より太陽の内径を回っているので地球より先に太陽に火星は飲み込まれるのでは?

Aベストアンサー

> 火星は地球より太陽の内径を回っているので地球より先に太陽に火星は飲み込まれるのでは?

 ???
 ご自身で「(太)水金地火木土天」と書かれています。
 火星の公転軌道は地球のそれより外側、太陽より遠いです。
 ただし、「太陽と地球の距離」と「地球の公園起動と火星の公転軌道の平均距離」を把握しされるとよいでしょう。
 太陽が赤色巨星になって地球をギリギリ飲み込んだ場合、太陽と火星の距離が現在の太陽と地球の距離に比べてどうかを把握するためです。

 なお、太陽規模(質量的に)の恒星が赤色巨星になった場合、火星の軌道くらいまで行くのではなかったでしょうか? 40年くらい前に見聞きしたうろ覚えですが。。。(^^;

Q太陽系の惑星の中でなぜ地球だけ大きな衛星(月)が

あって、他の惑星 火星とか土星には 大きな衛星がないのですか?

http://www.youtube.com/watch?v=trdoc25q9wY&feature=related

Aベストアンサー

比率という事でしたら惑星じゃなくなりましたが冥王星とカロンは地球と月以上に大きさが近いですが。

 絶対的なサイズで言えば木星の4大衛星、土星のタイタン、海王星のトリトンは地球の月クラス(以上)のサイズがありますよねぇ。

 どの辺を指して「地球だけ」なのか補足してくださいませんか?

Q宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---こ

宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---この宇宙の隣または宇宙が属している処は何というところですか>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属している処は何というところですか>>

さー。

>>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

上記の講演資料の2ページ目にある漫画を見てください。
風船の表面が宇宙です。
風船の上では、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってきます。
それと同じように、我々の宇宙も、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってくる、というようなイメージです。
壁はないのですが、有限です。
そして、「隣」はありません。

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報