新聞の折り込みチラシにたまにあるのですが、野菜を少量の水でゆでられ、栄養の損失も少なく、油なしで炒め物ができるというフライパンを買おうか迷っています。使ってる方がいらっしゃいましたら、感想等、使い勝手について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ディナーパンは、昨年くらいから使用しています。



 まず、あのチラシに書いてないことから書きます。
「重い」です。普通のフライパンよりも確実に重いので料理が入っている状態だと、持ち上げるのにつらい時があります。

計ってみたら、ディナーパン本体が1200gで、
ガラスのふた(付属品)が900g
でした。
普通のテフロン加工フライパン(26センチ)が800gで、
30センチの中華鍋が1100gです。

もう一つ。
「適温計」について。
チラシには「パチッ」と音がすると書いてありますが
実際には金属的な「カチーン」と言う音に近いです。
かなり音が大きいので初めのうちは驚きました。
そして、適温になったときと、適温計が冷める時にもう一度なります。
(たぶん、中に入っている金属の関係でしょう。)
冷めるときに鳴る音の方が、驚きます。

 普通のフライパンでも、周りに焦げがついたり、裏の部分が焦げ付いたりしますが、裏の模様が複雑な分、汚れが落ちづらいです。
これは、日頃の手入れ不足かもしれません。

 そのほかの使い勝手については、かなり気に入ってます。
ただ、調理の小冊子を購入後すぐに紛失したので、
使い方は間違っていると思います。
個人的感想ですが、炒め物は油が少しでもあるほうが
美味しいと思います。

 値段が高いので、購入までに思い切るのが大変でした。
私も、職場の人が使用していて「結構いい感じだと思う」の一言が
購入のきっかけになりました。

我が家では、普通のフライパンと分けて使用してます。
ダイエットに関しては、これだけが成功の元とは思いません。

以上です。頑張って検討してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構重いんですね。これはまだしも適温計の音がそんなにうるさいとは… 子ども(9ヶ月)がいるので寝ている時にこれで起きたら、夕飯のしたくもあわただしくなりそうです。今のところ買うほうに気持ちが傾いています。高い買い物なのでゆっくり検討してみます。ありがとうございました。
 

お礼日時:2002/01/10 23:41

わたしの持っているのは、ビタクラフトのフライパン型です。


量ってみましたら、本体830g、蓋530gでした。余熱ができたかどうかは水滴を落としてみて丸くなって転がるようになったらOK。そうなるまで、点火してから1分も経ってないと思います。強火でがんがん使うというフライパンではないので、炒め物には向きません。炒め物はやはり中華鍋です。
テフロン加工されてないのは、マイナス点にはなりません。高熱にしても安心ですし、焦げ付かせた時にも、もう1回お湯を沸騰させたら、手編みのアクリルタワシで軽くこするだけで簡単にとれます。洗剤もいりません。(これはアクリルタワシの威力かも)
一度、かなり長い時間空焚きをしてしまって、なかにあったもので、焦げ付かせた時これは落ちないかと思った時がありましたが、その時は、メラミンフォームのスポンジでokでした。(これも、メラミンフォームの威力ですね)
ほかの器具と用途によって使い分けることができて、置き場所があるならば、お薦めです。
無水鍋の利点については、既にいろいろお聞きでしょうから省略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

炒め物には向いてないのですね。やっぱりこれだけで間に合うのではなく、使い分けたほうがいいのですね。ありがとうございました。脱線してしまうのですが、アクリルたわしってすごいんですね。これも参考にさせていただいてうれしいです。

お礼日時:2002/01/20 01:50

前の回答の補足です。



適温計の音ですが、私はいつもそばで聞いていたのでとても大きいと思いました。離れると、少し違うかもしれません。
適温計を使わなくても、熱した状態のディナーパンに水を落としてみて適温かどうかを判断できると、付属の冊子に書いてあったような気がします。

そして、適温計を使わなくても炒め物とかは出来ています。

それでは、失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明どうもありがとうございます。適温計はなくても使えるのですね。これで決心がつきました。今度お給料がでたら買います。

お礼日時:2002/01/20 01:43

うちは、ビタクラフトをしばらく(7~8年くらいか?)使ってます。



「油なしで炒め物ができる」とはうたっているものの、全部が全部ではないです。
油を使わないと美味しくないものもあるし、炒める前にかなり熱しないと焦げ付きます。

# ビタクラフトは、テフロン加工されてません

鍋自体が分厚い(温度が下がりにくい)こと、ふたがやや重めで本体とぴったりして
いるので圧力鍋の効果を期待できることで、うたい文句の効果がでます。

でも、最初に書いた通り、十分熱しないと効果が薄いのですが、鍋が分厚いので、熱する
のにかなり時間がかかります。

また、フライパンは他のものに比べて重たいので、炒め物は鍋を振るのが大変です。


なんか、否定的なことばかり書きましたが、少量の水で野菜が茹でられることや、
ちょっとした圧力鍋の効果が期待できることで、煮込みものはとてもやわらかくしあがり
ます。

フライパンについては、テフロン加工のものも使い分けています。さっと炒めるので
あれば、そちらの方が便利かと。

# 使い分けてるのは、妻なんですが (^^;
# あ、経験者にチェックを入れているのは、使っている妻がいるからです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

7,8年も使ってらっしゃるということは長持ちするのですね。テフロン加工してないのはいたいですね。欠点もお聞きできてうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/10 23:33

調理器具好きの友人に聞いたところ彼女使ってました(笑)友人談と私の感想を羅列します。



●とにかく油をひく必要がないのでダイエットに良いのではとのこと。私は
油をひかないフライパンいっぱいあるけど....と思いました。

●貴方がおっしゃる通り野菜を少量の水でゆでられ、栄養の損失も少ないらしいとのこと
私見なし

●使い勝手については良くも悪くもないとのこと
未経験のため私見なし

●欠点は特にないそうです。ただ値段が高いかなとのこと
未経験のため私見なし


価値観の違い、また私自身未経験ゆえ自信なしです。

ALOHA HUI HOU !    byクアアイナでした♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに高いんですよね。フライパンに9800円は勇気がいります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/10 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄フライパンの購入を考えています。柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で

鉄フライパンの購入を考えています。
柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で迷っています。
どちらがイイでしょうか?それとも他にもっといいものがありますか?
色々アドバイスを頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

私は極を使ってます
友人はエンボス加工(ファイバーライン加工と同義)
一長一短有ります
フライパンとして使うには 柳宗理
中華鍋は極だと思います 

柳宗理は 脂の馴染みが良いので 焦げ付きにくくあおらなくても焦げにくいです
食材を触らずの調理が出来ます
鉄鍋の最終の手入れが必要です

極 鍋をあおる料理に向いてます 軽くて扱いやすい
手入れは不要錆びない(錆びにくい)ので楽です

両製品は家庭用で 凄く使いやすくなってます
焼いた物を直接オーブンで加熱を続けたりは不可能です
極は軽くて使いやすいですが 取っ手が貧弱ですが十分使えてます

Qお洒落で使い勝手がよいオススメのフライパンを教えて下さい!

今キッチングッズをいろいろ可愛く揃える予定でいます。お鍋とヤカンはルクルーゼを購入しました。

あとはフライパンを買いたいと思っています。

フライパンは現在よくあるテフロン加工の安いものを使っていますが、これだとすぐにダメになってしまいますよね。

なので、少しお値段がしても、長く使えて、性能良く、出来れば見た目も素敵でお手入れ簡単なもので何かオススメがあれば是非教えて下さい!
(↑お値段の目安も分かれば有り難いです。)

因みに、鉄やアルミなどは考えてません。
ステンレス製なんてどうなんでしょうか??!

パッと頭で思いつくブランドは・・・
ルクルーゼ、フィスラー、ビタクラフト、などでしょうか?

私自身あまりキッチン用具に詳しく無いのですが
いろいろな材質の特徴の違いなども教えて頂けると嬉しいです。
(テフロン加工とフッ素加工は何が違うか??)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のオススメは「柳 宗理」さんです。
鉄のフライパン(25cm)と、ステンレスのミルクパンを持っていますが鉄フライパンはかなりオススメです。
ふたもついているし、左右に注ぎ口があってお皿に移す時も便利です。

テフロン加工やフッ素加工のフライパンも一つあると便利ですが、どうしても表面の加工がはがれて1~2年で焦げ付くようになるので「使い捨て」に近い感じがあります。
鉄のフライパンは炒め物などがかなり美味しく出来ます!
我が家にはテフロンもありますが、焦がしたくないときだけテフロンを使い、その他は鉄フライパンを使うといったように使い分けています。
かといって、鉄が焦げやすいわけでは無いんですけどね。
鉄は考えていないとの事ですが、一つあると一生使えると言われるくらいですし、なにより美味しく出来上がるので候補に入れてもらえませんか?

Qフライパンの選び方、お気に入りのフライパンは?

フライパンを買う時に
いろいろなものがいろいろな値段で
販売されていて、よくわかりません。
長持ちして、お手入れが簡単な、
IH対応ではないフライパン
(ガスコンロなので)
は、どんなものがあるか
教えてください。
また、お値段が高ければ
丈夫で長持ちするのでしょうか?
お気に入りのフライパンも
教えてください。

Aベストアンサー

 先日、リバーライトの鉄製フライパンを購入しました。

 まず、テフロン加工か、鉄かで悩んでいました。
 思えば、テフロン加工って意外に長持ちしないです。
 油を敷かなくて良いのは、最初だけでした。
 そして、野菜炒めがべちょべちょ。
 出来上がった後、水がフライパンに溜まっているのです。
 ずっとテフロン加工を使っていたのでこれが当たり前だと思っていましたが、
同じようにやっているのに、鉄製フライパンだと野菜炒めが上手に出来ました。

 鉄製フライパンは、使用前後のお手入れ(油を塗る)さえすればこびりつかず、洗うのも楽でした。
 鉄製だったら何でも良いのでは、とも思ったのですが、リバーライトは鉄の上にコーティング(塗装)をしていないので、もし焦げ付きクセがついたとしても、紙やすりで削って空焼きしなおせば良いというところが気に入り、リバーライトを購入しました。
 (詳細はHPで!)

 もし、お手入れが苦でなければ、リバーライトをお勧めします。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/15furaipan/ribaaraito/furaipan60.html,http://www.kodawariyasan.com/river/r&l.htm

 先日、リバーライトの鉄製フライパンを購入しました。

 まず、テフロン加工か、鉄かで悩んでいました。
 思えば、テフロン加工って意外に長持ちしないです。
 油を敷かなくて良いのは、最初だけでした。
 そして、野菜炒めがべちょべちょ。
 出来上がった後、水がフライパンに溜まっているのです。
 ずっとテフロン加工を使っていたのでこれが当たり前だと思っていましたが、
同じようにやっているのに、鉄製フライパンだと野菜炒めが上手に出来ました。

 鉄製フライパンは、使用前後のお手...続きを読む

Qこのフライパンは鉄製フライパンで間違いないですか?

子供の頃よく実家で使っていた黒いフライパン(少なくとも30年は使用)が放置されていました。鉄製フライパンだと思っていたので、再利用しようと持って帰って来ました。

そこらじゅう焦げだらけだったので、ネットで調べて空焚きをしてみました。すると、焦げはたしかにきれいに取れました。しかし、今まで黒かったはずのフライパンがネズミ色に変化していました。

取っ手も同じ金属でできていますが、取っ手だけは真っ黒ですし、布など巻かなくても直に熱がくることはあまりありません。取っ手をよく見ると、黒い膜のようなものがついていて、古くなってそこが一部裂けており、下のほうにネズミ色の金属が見えていました。

1.このフライパンは鉄製フライパンですか? テフロンということは時代的にも作りからもないと思っていましたが、取っ手を見て不安になりました。もしテフロンだと、空焚きは非常に有害でしょうから。

2.もし鉄製だとして、この取っ手の黒い膜は何でしょうか?

3.その他考えられる材質はありますか?

Aベストアンサー

疑問点に対してちょっと技術的に書きます。

鉄は元素記号で表すとFeです。
鉄は空気中では赤さび Fe2O3 になりやすいのです。
赤さびは鉄よりも体積が大きくなり、表面から鉄に細かいひび割れを生じさせます。
そして、ひび割れから水分が入って赤さびは内部まで進行していきます。
古い廃線のレールなどがボロボロになるのはこれが理由です。

これに対して黒さび Fe3O4は体積が鉄と同じで、表面にできるとさびが
内部まで進行することはありません。ですから、鉄器の多くは表面を加熱して
黒さびを作っているのです。
すき焼き鍋や茶瓶などが黒いのは表面に黒さびをつけてあるからです。

>今まで黒かったはずのフライパンがネズミ色に変化していました
実はこれは空だきのやりすぎです。
推定で600℃は超えていたはずです。
あまり温度が高くなると Fe3O4 からFeに戻ってしまいます。
ですから、今のままではさびやすくなっています。

もう一度焼き戻して黒さびを付けることをお勧めします。
フライパンを10分程度加熱して色が黒っぽくなったら終わりです。
あとは余熱で酸化します。
http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html

疑問点に対してちょっと技術的に書きます。

鉄は元素記号で表すとFeです。
鉄は空気中では赤さび Fe2O3 になりやすいのです。
赤さびは鉄よりも体積が大きくなり、表面から鉄に細かいひび割れを生じさせます。
そして、ひび割れから水分が入って赤さびは内部まで進行していきます。
古い廃線のレールなどがボロボロになるのはこれが理由です。

これに対して黒さび Fe3O4は体積が鉄と同じで、表面にできるとさびが
内部まで進行することはありません。ですから、鉄器の多くは表面を加熱して
黒さびを...続きを読む

Q魔法のフライパン と チタンのフライパン

すぐ下でフライパンに関する質問をさせていただいた者です。

「魔法のフライパン」 と 「チタンのフライパン」
どちらも中々の優れものだと評判の高い商品のようです。
そこで、実際にお使いになっている方にお伺いします。

1、どういった点がお勧めですか?

2、評判倒れで失望した点は何かありますか?
また、それは、「他のフライパンにしておけば良かった」と思うほどの失望でしたか?
 

Aベストアンサー

魔法のフライパンは私自身が持っているわけではないのですが、実際に使った友人は満足していました。
とにかく美しく焼けるのだそうで。
ただ、彼女はいわゆる料理のプロなので
「毎日使わない人はどうかなぁ」
と言っていましたので、私は普通の鉄のフライパンです。

以前、チタンのフライパンはちょっとしたお祝いにいただき使いました。
正直私には合いませんでした。
軽いしお手入れは楽なのですが、とにかく火のまわりにムラがありすぎて・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報