会議などの冊子に資料を添付し、本文のところに<表1-1-1>のような
表記をしなくてはいけないのですが、その付け方のルールがイマイチ
わかりません。大学時代に卒業論文を書きましたが、あまり厳しくなかった
こともあり、<1-1-1>といっても最初のと真ん中最後の1の意味することすら
さっぱりわかりません。その解説や付け方のルールなど教えてください。
できれば、その付け方がわかるサイトも教えてください。お願いします。

A 回答 (3件)

特にルールはありません。


資料のボリュームによって付け方を変えれば良いと思います。
一般の資料(報告書などの文書)では、「第1部」「第1章」「第1節」・・・のように段落ちしていくのが普通ですね。
この場合に、3桁の資料番号とする場合は「節」を無視することになり、<表1-1-?>のようになります。2桁で示せば「章」「節」を無視して<表1-?>のようになります。

いずれにしろ、本文中の「表1-1-? 参照」などの記載と対になっていれば問題ありませんが、添付資料数が多い場合には、3桁程度の表記としたほうが、資料の挿入、削除の時に番号の付け替え手間が省けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/29 13:28

 


  特に決まったルールはないというのは、そうかも知れませんが、一般的にどういうのが普通かというのはあります。
 
  例えば、「表1-1-1」などは、普通でありません。率直云っておかしいです。読者が、これは何のことかと考えたり迷うようなものは、ルールがないと云っても、ルールとかの以前の話です。
 
  普通、冊子本文についている表とか図なら、「表2」とか「図3」とかいう風に記し、その表や図の下に「表2」とか「図3」とか記しておけば、特に何も断らなくても、分かります(章などに分かれている場合は、章ごとで、新しく番号を付けて行きます。別の章の表などを参照する場合は、「第二章表3」などと記します)。
 
  冊子への添付資料文書とか、参照文書などの中の表とか図の場合は、本文が、例えば、「……は、イギリスでは、10万人中7人だとされている。(注2)」
とか「……は、イギリスでは、10万人中7人だとされている。(* 2)」というように表記し、ページの下に、<注2:「イギリスの社会福祉事業の研究」***研究会。***出版。142ページ、表4>などと記します。あるいは、ページの下ではなく、冊子の最後のページなどに、一括してまとめて出典を表記します。また、章・節などを示す場合も同じで、<注2:「イギリスの社会福祉事業の研究」***研究会。***出版。第一部第2章4節、142ページ、表4>などとします。(同じ本からの出典や参照の場合、連続していれば、ibid. という略語もありますが、これは分からない人がいる可能性があります)。
 
  本などでも論文でも、出典や参照を示す場合、本文のなかに直接組み込むか、または、「注4」とか「* 4」とかいうような小さな参照記号を付けておいて、ページの下か、章などの末尾、また本や論文が小さい場合は、本などの末尾に一括して、出典や参照表示を記します。
 
  そういう意味からは「ルール」はあります。読者にとって、分かり易い方法というのがあり、普通、上のようしますから、この形が読者には分かり易いはずです。自分で工夫するのも、自由ですが、それで読者が分からなくなるとか、考えないとすぐ分からないようでは、駄目だとも言えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/29 13:27

私が思うにルールはないと思います。

ただ、表1-1-1というと第1章の第1項における一番目の表ということか、表1-1の部分的表現でー1の小枝を付けるか、そのくらいではないでしょうか。
ただ、一定のルールはありませんが統一しなくてはいけません。それは会社や学校でのきまりがあればそれに従わなくてはなりませんし、論文でもその学会に投稿規定があるようにみんなが理解できるように表現する決まりですから、貴方がもしその決まりをご存知でなければ上司や先輩に聞いてみてはどうですか?以外と決まりなどないかもしれませんよ。
もしなければ、自分でルールを作ってしまえば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社の資料を作るので自己流ではダメなんです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/29 13:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイクロフィルムによる保存について

領収書などの証憑書類は5年を経過した日以後についてはマイクロフィルムによる保存も可能とされていますが、このマイクロフィルムとは具体的にどのようなものをいうのでしょうか?
たとえば注文を電子発注で受けている場合など、システムに顧客からの購入履歴が残りますが、
こういう形での保存でもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして

マイクロフィルムですか‥‥なつかしい単語ですね。

マイクロフィルムとは実際の資料を撮影してフィルムに焼き付けたものです。
今のようなコンピュータでデータ処理する時代になっては遺物となってしまい
ましたが、今でも図書館等での需要はあるようですよ。

ですから、マイクロフィルムによる保存も可能といわれるならば、PDF化だったら
ともかく、改ざん可能な「システムに顧客からの購入履歴」などでは、許されな
いでしょう。

Q古い新聞のマイクロフィルムってどう思いますか?使い安いですか?

古い新聞はマイクロフィルムになっているじゃないですか。
あれどう思いますか。使い安いですか?
私はあまり使いやすいとは思えないのですが。ただ、縮刷版(印刷物)を何冊も書架から持ってきて貰うよりは、マイクロフィルム何本かの方が、図書館の方の負担が少ないですよね。

Aベストアンサー

>縮刷版(印刷物)を何冊も書架から持ってきて貰うよりは…

それもたいへんですけど、縮刷版では綴じ側がきれいにコピーできないので困ります。

その場で読むだけなら縮刷版でも良いですが、古い新聞を探す理由は何かの研究材料にしたいからで、必要な部分のコピーを持ち帰ることが多いんじゃないですか。

私はやはりマイクロフィルム派ですね。

Q理系数字プラチナの58番(3)での (1/1-xn)+(1/2-xn)+…+(1/n-xn) <2

理系数字プラチナの58番(3)での

(1/1-xn)+(1/2-xn)+…+(1/n-xn)
<2+(1/1)+…+(1/n-1)

となるのがわかりません。
どなたか教えてくれないでしょえか?

Aベストアンサー

0<x[n]≦1/2から
-x[n]≧-1/2
1-x[n]≧1-1/2=1/2
∴1/(1-x[n])≦2・・・①

n≧2のとき
1/(n-x[n])≦1/(n-1/2)=2/(2n-1)<1/(n-1)・・・②

∴①、②からnについて辺々足すと
1/(1-x[n])+1/(2-x[n])+・・・+1/(n-x[n])<2+1/1+1/2+・・・+1/(n-1)

Q図書館 マイクロフィルム いつから使い始めたのでしょうか?

図書館でマイクロフィルムをいつから使い始めたのでしょうか?

ご存知の方、教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

下記サイトによれば、1927~1935に米国の議会図書館(Library of Congress)でマイクロフィルム化が先行して行われ、1936年には米国図書館協会(American Library Association)が公認の技術としたようです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Microfilm

Qこの問題の解き方教えてください(><) 答えは3.10mらしいんですが途中式がわかりません。(1)と

この問題の解き方教えてください(><)
答えは3.10mらしいんですが途中式がわかりません。(1)と(2)の答えでp1=2.45×10の5乗「N」とp2=4.73×10の4乗「N」という答えが出ています!

Aベストアンサー

水により「セキ(堰)」を垂直に押す力(圧力の合計)を求めるわけですね。水深が深いほど力は大きい。

左側の圧力は、
深さ 0 m で圧力 0 (N/m² )
深さ5m で
 断面積 1 m² 、高さ 5 m の水柱は、体積が 5 m³ なので質量は 5000 kg
 従って、圧力は
  5000 (kg) * 9.8 (m/s2) / 1 (m² ) = 49000 (N/m² )

本当はこれを「セキ」の表面積分で「積分」しないといけないのですが、積分は分かりますか?
とりあえず、積分は使わずに、「深さの中間点 2.5 m の圧力 24500 N/m² 」が全体の「平均圧力」になるので、これに「セキ」の表面積をかけて「力」を算出します。

質問文では「セキ」の表面積が明記されていないので計算できません。
結果が P1 = 2.45 * 10⁵ (N) ということは、「セキ」の表面積は 10 m² ということでしょうか。「幅 2m のセキ」なのですね?

同様に、右側の圧力は、
深さ 0 m で力 0 (N/m² )
深さ 2.2 m で
 断面積 1 m² 、高さ 2.2 m の水柱は、体積が 2.2 m³ なので質量は 2200 kg
 従って、圧力は
  2200 (kg) * 9.8 (m/s2) / 1 (m² ) = 21560 (N/m² )

上と同様に、中間の深さ 1.1 m の圧力 10780 N/m² を「平均圧力」として、「幅 2m、高さ 2.2 m」のセキにかかる力は
  P2 = 10780 * 2 * 2.2 = 47432 ≒ 4.74 * 10⁴ (N)

なぜか3桁目が違っていますが、有効数字の取り方の違いでしょう。

以上より「合力の大きさ」は、
・左側の水による右向きの力:P1 = 2.45 * 10⁵ (N)
・右側の水による左向きの力:P2 = 4.74 * 10⁴ (N)
より、右向きに
 P1 - P2 = 1.98 * 10⁵ (N)
となります。

ただし、次の「作用点」に関しては、そもそもこれはどういった構造なのか、何の作用点? 支点はどこ? といったことが分からないと解けません。
画像では、その辺の条件が抜け落ちていると思います。
問題の全文をきちんと記載してください。

水により「セキ(堰)」を垂直に押す力(圧力の合計)を求めるわけですね。水深が深いほど力は大きい。

左側の圧力は、
深さ 0 m で圧力 0 (N/m² )
深さ5m で
 断面積 1 m² 、高さ 5 m の水柱は、体積が 5 m³ なので質量は 5000 kg
 従って、圧力は
  5000 (kg) * 9.8 (m/s2) / 1 (m² ) = 49000 (N/m² )

本当はこれを「セキ」の表面積分で「積分」しないといけないのですが、積分は分かりますか?
とりあえず、積分は使わずに、「深さの中間点 2.5 m の圧力 24500 N/m² 」が全体の「平均圧力」になるの...続きを読む

Qマイクロフィルムリーダーのカートリッジについて

こんにちわ
時々質問させて頂き、みなさんよりお力をお借りしています

今日もまた、厄介なことをお聞きしたくて書き込みます
私自身ではないのですが、友人の力になりたく書き込みました

私の友人が役所に勤めており、マイクロフィルの機械の更新をするそうですが、現在はFUJIFILM製の機械を使っているそうですが、出入の業者担当が熱心なこともあり次期はコニカミノルタ製を採用したいそうですが、営業担当者より現状使用しているカートリッジが継続して使用できないと指摘され困っているようです

マイクロフィルムは安定した媒体として広く採用していると思いますが、フィルムを納めるカートリッジ(筐体)の形状でそれを使用する機種(メーカー)が左右されてしまうことに納得できません。VHSテープだって、CDやDVDだって、同じ規格の媒体であれば扱う機種(メーカ-)選びません。これと同じようなことではないかと思うのですが・・・

友人としては、現状使用しているカートリッジを次の機種でも使用したいそうです

マイクロフィルムにお詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします

添付の写真は、現在使っているカートリッジだそうです

こんにちわ
時々質問させて頂き、みなさんよりお力をお借りしています

今日もまた、厄介なことをお聞きしたくて書き込みます
私自身ではないのですが、友人の力になりたく書き込みました

私の友人が役所に勤めており、マイクロフィルの機械の更新をするそうですが、現在はFUJIFILM製の機械を使っているそうですが、出入の業者担当が熱心なこともあり次期はコニカミノルタ製を採用したいそうですが、営業担当者より現状使用しているカートリッジが継続して使用できないと指摘され困っているようです

マ...続きを読む

Aベストアンサー

誰もが使う物じゃないのでVHSみたいに共有化する必要はありませんから

納得しないのは、しょうがないです。


今更共有化しろ、と言っても企業は動かないですし


現行のカートリッジを使うのであれば他社のは使えませんからあきらめましょう

Qこの問題の解き方を教えてください(><) お願いします(><)

この問題の解き方を教えてください(><)
お願いします(><)

Aベストアンサー

接線の方程式求めて、グラフ書いて 上引く下で積分するだけ!

Q35mmマイクロフィルムのスキャン

35mmロールのマイクロフィルムをスキャンして
内容を確認し、データとして保存したいと思っています。
外注に出せば早い話なのですが、今後継続的に利用するのを考えて
いまのうちに機器を購入して作業しようと画策しています。

専用の機器だと
FujiのScanStationが第一候補にあげられると思いますが、
その他に同機能の機器を取り扱うメーカーをご存じですか?
どのくらいのお値段がするものなのでしょうか?

また、一般のスキャナでこう工夫すれば簡易的に画像が取り込める
というような知恵があれば、ぜひ教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マイクロフィルムの場合、ロールになってますから、一般の物では使いにくいと思います。
専用機は

http://www.yachimai.co.jp/microfilms/reader.htm

このように各社から出てますが、汎用機となるとニコンのCOOLSCANではないかな。

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2003/10/28/646594-000.html

(専用アダプター)
http://www.getplus.co.jp/pr/product271877.asp

裏技で、デジタル一眼レフで複写するとどうなるか試してみたいのですが、適当なカメラが無いのでこれは試してません。
ロールフィルムはかなり苦労してフラッドヘッドスキャナーでやりますが、傷が怖いしお勧めできません。

Q答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m ⑴(2a+3b)+(-2a+b) ⑵2(x-y)+2x

答えと計算式教えて下さいm(。>__<。)m
⑴(2a+3b)+(-2a+b)
⑵2(x-y)+2x
⑶3x-(x-2y)
一つでもいいのでお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

(1) はまずカッコを外します。
 2a+3b-2a+b
これをaとbそれぞれで見やすくなるよう入れ替えると 2a-2a+3b+b となります。
こををaとbそれぞれでまとめると 4b となります。答え 4b

(2)も同様にカッコを外します。その際、2(x-y)+2x は2×(x-y)+2xという表記ですから 2x-2y+2x となります。
これをxとyそれぞれで見やすくなるよう入れ替えると 2x+2x-2y となります。
こををxとyそれぞれでまとめると 4x-2y となります。答え 4x-2y

(3)も同様にカッコを外します。カッコの直前は掛け算演算子、割り算演算子ではないので外し方は(1)と同じです。
 3x-x+2y
こををxとyそれぞれでまとめると 2x+2y となります。答え 2x+2y


人気Q&Aランキング

おすすめ情報