行政書士について教えていただきたいのですが、試験を今年受けたいと思っています。今勉強をしているのですが、(1)時事問題に対する対策 (2)行政書士の現状(よくある仕事の内容や収入など) (3)自慢できるような良い話(心温まるような…)
(4)やってよかった勉強方法など いろいろ教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

しごとの現状だけ、回答します。



行政書士は、地方自治体の窓口で一定期間勤務していると無条件で
資格がもらえます。
このため、行政書士資格者自体は、過不足無い状態が
つづいているようです。
申請先(陸運局とか)の前に店を出さないといけないので、
自分で開業するには結構投資が掛かるという事情もあります。
---それに、その官庁のOBでないと、書式変更の情報が
   もらえない場合もあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。勉強はしているのですが、実際の現状を知る機会があまりなくて。またなにかいいアドバイスなどありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/16 09:33

こんにちは


おととし、受験しました。結果はヒミツ。
受験されたことがないのでしたら、受けたこともある方から、色々ご意見を賜った方が良いでしょうね。
おととしから、試験のスタイルが変わりました。なので、私が、スタイルが変わってからの受験一期生です。
先生の言っていること、全然、参考にならなかった。先生、御免なさい。
一般教養の答えが、学校によって異なるという問題が、おととしも去年もありました。フグ毒の話とか、学校によって、答え合わせの答えが違うんです。これは、皆、凄い怒っていました。タックやレックや早稲田に行けば、ビデオを貰えるかもしれませんよ。私は、試験会場で配っているのを貰いました。仕事内容等も載っていました。一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか?貰えなかったら御免なさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いろいろ探して、がんばりたいと思います。

お礼日時:2002/01/16 09:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士の作成することのできる書類は、書士ではない人も作成できますか

長いタイトルですみません。
行政書士になりたいわたしです。
業務内容を見ていたのですが、その中でみつけたのが「出生届の作成」です。
子供を産む本人たちが、「作成できないもの」なのでしょうか?

病院開設許可申請書類の作成など、たの書類も同様に考えてよいのですか?

Aベストアンサー

もちろん構いません。なんとか士という職業は、本来、本人がなすべき行政手続を代行する制度です。一般にはその方が経済的、時間的に無駄がないから便利だし有利なことが多いので常用されているのです。弁護士だって裁判所では法定代理人と呼ばれていますね。ただし、他の方々が書かれているとおり、このピンチヒッターで料金をもらうためには資格が必要です。

Q行政書士について。

行政書士とはどんなものなんでしょうか。少し興味があるのですがよくわからなくて・・・。

Aベストアンサー

行政書士を兼業として考えたほうがよいという3番さんの回答ですが
ことですが兼業として多そうなのは写真屋さんです。

申請書には写真を添付しなければならないものがあり、
「その証明写真もとって、申請書も書きますよ」
という商売をしているところは多いです。

他にも、運転免許なら自賠責保険、パスポートなら旅行保険
と保険の代理店を兼業しているところも多いです。

コンサルティングとの兼業もあります(これが本来的か?)

よく聞く話として、弁護士や司法書士を目指す人が
それらよりは取り易い行政書士をとりあえず取るというパターンも
あるそうです。

Q行政書士の入管申請取次について

 昨日法律のカテゴリーで同じ質問をしたのですが、答がつかなかったので再度質問いたします。
 入国管理局の申請取次資格を持たない行政書士が作成した申請書類を、申請取次資格を持つ行政書士が複委任によって申請代行するのって可能でしょうか?(もちろん複委任状は依頼人との間で作成)

Aベストアンサー

前回の質問も併せて拝見しました。
ご存知の通り、行政書士は許認可に関する代理権を取得していますが、入国管理局の申請取次制度に関しては正式の代理権を付与されていません。
例えば入国管理局から呼出があれば申請者本人(更新時等に)が出向く必要があることからもお分かりと思います。
制度の趣旨から入国管理局も取次申請の制度の活用を求めていますし、様式の上でも代理人欄に申請取次の行政書士名を記入する欄がありますが、あくまでも本人より直接依頼されたことが前提となっています。

おそらく次回更新時も依頼を受けたいとのお気持ちで【復代理人】を使用しようと思われたのかもしれません(間違ってたら申し訳ありません)が、今回は依頼人からは相談業務で応じ、正式に申請取次資格を持つ行政書士を紹介し、対処されてはいかがですか?
ご紹介してあげた申請取次行政書士の方とは別途ご相談されれば良いでしょう。
又は今回は書類作成業務のみとし、本人申請で対応されるのも一つの方法と思います。

次回研修を受けられ、資格を取得されてからご依頼人に正式に資格を取得した案内をすれば、今後はスムーズにいくと思いますが。
今後研修を受け、正式に申請取次の資格を取られるようですので、頑張ってください。

尚、取次申請の行政書士には入国管理局へ報告義務があり、依頼者の内容を鵜呑みにし虚偽申請となった場合、取次申請の資格を失くす場合がありますのでくれぐれもご用心を。

前回の質問も併せて拝見しました。
ご存知の通り、行政書士は許認可に関する代理権を取得していますが、入国管理局の申請取次制度に関しては正式の代理権を付与されていません。
例えば入国管理局から呼出があれば申請者本人(更新時等に)が出向く必要があることからもお分かりと思います。
制度の趣旨から入国管理局も取次申請の制度の活用を求めていますし、様式の上でも代理人欄に申請取次の行政書士名を記入する欄がありますが、あくまでも本人より直接依頼されたことが前提となっています。

おそらく次...続きを読む

Q行政書士登録について教えてください

行政書士登録について教えてください

最近、一部の悪徳業者が話題になっている行政書士ですが、公務員として20年以上勤めたので、登録してみようと思っております。
現在、フリーライターとしても活動しておりますが、収入が少ないので、行政書士事務所のアルバイト程度でよいので使ってもらえればと考えております。
月に5万円程度の収入で十分なのですが、そうした働き方は可能でしょうか。
よろしく教えてください

Aベストアンサー

雇用する事務所次第でしょうね。

あなたの経験が行政書士登録で認められても、行政書士業務に役立つかわからないですし、雇用する行政書士事務所の専門分野にも寄るでしょうね。

あなたが警察官としての経験があり、その経験が風営がらみで、風営がらみの許認可などを専門にする行政書士事務所であれば、採用もされるかもしれません。

変に行政書士登録して、アルバイトで応募すれば、顧客を奪われたり、ノウハウを得たら退職される、などのリスクから採用をしないかもしれませんね。

あなたがフルタイム勤務で月に5万で良いというのであれば別でしょうが、アルバイトすなわち短時間で5万円などというのは難しいでしょう。ほとんどの行政書士事務所が零細でしょう。

行政書士登録のうえ、未経験で副業的開業の方が良いでしょう。
行政書士界の研修もあるでしょうしね。

Q行政書士の記述式問題について・・。

行政書士の記述式問題について、どのような対策をすればいいのでしょうか?
田舎なので、通学は出来ず、通信講座を考えているのですが、記述式に特化した通信講座などないでしょうか?
また、他の方法で、いい本やいい方法があるのなら、教えて欲しいです。
おねがいします。

Aベストアンサー

今年、受験を予定している者です。
Amazonで「行政書士」「記述」で検索すると多数の参考書が見つかります。その中から選ばれてはいかがでしょうか?
個人的な感想ですが、特に記述式に特化した対策は不要と思っています。しいて言えば、漢字だけ書けるようにしておけは良いのでは?(瑕疵、とか)
私は漢字だけ復習する程度の勉強を考えています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報