つい最近本を読んだんですか、人間の知性は頭の大きさに関係ないと本で読んだのですが。これって、ほんとなの。
 それって、人間皆平等の倫理にそって書かれてあると思うんですが皆さんどう思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本を一冊ご紹介いたします。

あなたの疑問はぴったり解決してくれると思います。
『アダムの脳・イブの脳:神経解剖学から見た性差の秘密
順天堂大学助教授 松本明 1997.7.』

簡単に質問に関連する部分をご紹介しますと
男と女では、男の脳のほうが重い
男1350~1400g、女1200~1250g
ゾウは4000g、マッコウクジラは9000g
そして、脳の重さは「頭の良し悪し」には関係ないと結論づけています。
当然ですよね。

この本ってすごく面白いですよ。この回答を目にされる方のためにも、少しご紹介させてください。
男と女の脳には、構造的にいくつかの違いがあって、男には女好きのニューロンというものがあるとか、
男性同性愛者を調査したら、その女好きのニューロンの大きさは異性愛男性の半分しかなかったとか、
妊娠中のストレスが同性愛の男性を生む。同性愛は本人のせいではない?とか
男児と女児の遊びの違いも脳の性によって決められる。とか
脳には「セックスをしたい脳」と「セックスを実行する脳」があるとか
「女性のその瞬間というのは、脳全体の意識が性的快感を楽しむことの一点に集中し、他の機能は一時停止した状態らしい。一方、男性のオルガスムスはたかだか射精時の一瞬だ。なぜこうも違うのか。かなり不公平な感じがしないでもないと述べ、男女のオルガスムの違いの理由を生物進化論的立場から解説してたりしています。
ご一読をお勧めしたい一冊です。

>それって、人間皆平等の倫理にそって書かれてあると思うんですが皆さんどう思いますか。

私には、ちょっと意味不明なんですけれど……

この回答への補足

 この文章をよんでもらえるかは疑問なのですが、なにせ情報が古いから。
アダムの脳・イヴの脳という本を読みました。すごく面白かったです。読めばよむほど人間の脳の神秘さは今だ解決されてないことがわかります。僕はその本を読んだ後、澤口俊之の本にはまってしまいました。頭のできがいいだろうが悪かろうが人間は幸せに生きていく事がわかりました。もっぱら今は自分の好きな女性に対して自分はいかなる経験と行動をとっていけばいいのかを模索中です。僕には女の人の母性はとてもいいと思ってますから。
 また、脳に関する質問に答えてください。

補足日時:2002/01/26 00:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆さんと自分の努力でなんとか自分なりの解答をみつけました。そうなん
です。人の長所って、人から見れば脳の神経細胞が発達しているんです。
例えば指と足首よりした。これに関わる脳細胞は指一本のほうが足首下よりも
脳神経細胞が2倍もシェアをしめているんです。まあ、要するに器用に動くところ
こそ神経細胞が多いわけで人は生物で在る以上肉体からは逃げられない。
ということは、機能と知力と両面脳は携わっているわけです。その中での
振り分けはどうなっているかしらないけど、脳の役割が全て知能にまわるわけでは
ないんですね。だから、素直に自分が不器用なのを認めて、自分のあう環境を
見つけ、それにまっとうすればいいわけです。その中で幸せや喜びを見つければいいのであって。今はいい環境が見つからないのと、不器用な自分に不安を感じて
いるだけなんです。
 こんな、質問に答えてくれる皆さんありがとうございます。
あなたたちがいる限り、自分は生きていけます。これからも、この質問はずっと
するので皆さん自分の思っていること考えた事を僕に教えてください。
 ちなみに私の脳の重量は900Gです。医者から白痴の可能性ありといわれ
ました。どうもありがとうございます。(ちなみに現在進行形ですので)

お礼日時:2002/01/19 21:37

関係ないと思います。

 
 アインシュタインの脳は死後カリフォルニア大学で解剖されたのですが、特に一般人
と脳の重さが違うということはなかったようです。また過去には脳の重さと頭のよさ
に関係があるのではないかと、いろいろな功績を成し遂げた学者の脳と一般人の脳
を比較する研究もなされたのですが、その結果も学者によっては普通の人より脳の
重さが軽い人もいたりして全くばらばらだったそうです。
 ちなみに同じような俗説として「脳のしわが多い人は頭がいい」というのもあり
ますが、これも人と他の動物、といった比較の場合には成り立ちますが、人の脳の
しわの数は大体決まっているので間違いです。
 web上に資料が見つけられなくて申し訳ありませんが、スティーブン・J・グールドという方の「パンダの親指」という本辺りが詳しいのではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 どうも本当に感謝しています。本当にありがとう。自分ではこんな質問しても
勝手に一生悩んでろと思われると考えていたのですが、色々と参考になる言葉
を掛けてもらえて、とても嬉しく思っております。
 今度、ぜひパンダの親指という本を読んでみたいと思います。
皆さん色々と悩みをお持ちでしょうがぜひその悩みに打ち勝って前へと進んで
下さい。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/14 21:03

 その本の通り関係ないと思います。

頭の大きさ=脳の体積、という論理で行けば、例えばシロナガスクジラ>象>人間になりますが、そうではありませんよね?
詳しいことはちょっと忘れてしまったのですが、人間の「知性」なる働きの多くは脳の前頭葉と呼ばれる部分の働きに集積されるもので、コイツがいかに発達しているかが「頭のよさ」を決めます。
 それに人間の脳のなかできちんと使われているであろうと思われるのは脳の30%程度ですので、おおきければいい、というわけではないんですよ。
 それよりも、神経細胞同士のスムーズな情報伝達が決め手です。

 それと、「知性」自体の定義づけが難しいということもありますね。
わかりやすいのはIQですけど、IQといっても脳の働きのある部分をある程度相対化する数字に過ぎないので、IQが高くとも必ずしも知性的、ということにもなりません。「頑固」「柔軟」など、性格に起因する思考の仕組みも重要な部分ですし。ただ現代社会に適応する、という意味で、IQは標準とされている90~110ががないと知的障害と認知されるという現実はありますが、例えばサリバン症候群のように、脳に障害を持ちながらもある特定の分野においてとても平均的な人間にはできないような特異な才能を発揮する例もあり、これは「知的」なのか「知的障害」なのかということを断定するのは難しいのではないでしょうか。
 もちろん現代社会に適応できないという意味ではサリバン症候群患者は「知的障害者」でありますが、ある特定の分野で計ればそれは「知的」(ちょっとニュアンスが異なるけど)ということになりますよね。

 大分話がずれましたが、結論として、頭の大きさで知性が決まるということはないといっておきます。

この回答への補足

 どうもアドヴァイスありがとうございました。本当は皆さんにマスターポイント20ポイント差し上げたいのですが、そうもいかなく上からにしました。
 僕も結局は頭の大きさは大きいほど良い働きになるとは断定しているのですが、頭のよさは大きさだけが要因にはならないという事にもきずきました。頭の大きさは一つの頭のよさの資質としてみていくという考えがもてるようになりました。でも、それはあなたがそういう風に認めてくれたという考えも支えになっています。どうもありがとうございました。

補足日時:2002/01/26 00:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもありがとうございます。なんだか、元気の出る解答がもらえて嬉しい
です。自分は色々と挫折の連続でどこかにそれの理由を見つけかったわけですが
頭の大きさは言い訳にはできないということがわかりました。
 これでも5年近く悩んでて、友達にこの相談を持ちかけたら、このーアルキメデスかおまえは。なんていわれて笑っていました。
 世の中なんだか悪い人ばかりではないのだなと思い感謝しています。
ちなみに自分は今でも脳=生命力ト信じていますが。

お礼日時:2002/01/14 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知行動療法を学習する時に読む本

教えて下さい。
認知行動療法について、いろいろと学習したいのですが、これについて良い参考となる本は、ありますでしょうか?
入門書、実習書、参考書など、多種あるかと思いますが、カウンセラーの基礎知識があると前提の上、ステップアップの為の学習にしたいと思っています。
傾聴だけでなく、もう一歩進んだ学習にしたいと・・・

もし、お勧めの書籍などがありましたら、お教え頂きたくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

私が独習で良かったと感じるのは
デビットDバーンズ著「いやな気分よ さようなら」第2版翻訳書 星和書店発行です。

800ページもある本ですが
認知行動療法について、懇切丁寧に解説して有ります。
療法について、詳しく書いてあるので、理解できると思います。
読み進めて行くうちに、解釈に苦労することもありましたが
認知行動療法でこれほど詳細な本はないと思います。
通称「うつのバイブル」と呼ばれる本です。

後は、朝日新聞の1月28日の記事では下記URLの本を薦めています。
https://aspara.asahi.com/blog/mediblog/entry/T3541yAngu

Q人生につまずいた時、勇気がほしいときに読む本を教えてください。

義姉の旦那は、人生につまずいてしまっています。少々鬱状態なのではないかと思ってます。子供が2人います。借金の事や仕事の事での悩みも多く、心のどこかで死にたいと思っているようです。先日も突然になくなり、ずっと帰ってこなかったため、捜索願まで出した矢先戻ってきました。
人生を自分に甘えているのではないかと、私は思いますが、私と違って、楽天家ではなく、考え込んでしまうようです。
そんなとき生きる希望や、やる気が出る心の病を治す、詩集や本はないでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>子供が2人います。借金の事や仕事の事での悩みも多く、
>心のどこかで死にたいと思っているようです。
>先日も突然になくなり、ずっと帰ってこなかったため、
>捜索願まで出した矢先戻ってきました。

鬱病じゃないでしょうか?鬱病は治る病気(といより症状)なので、早めに心療内科か精神科を受診されると良いと思います。薬は飲み始めてから3週間くらい経つと効いてきます。

質問の件ですが先日読んだ本で良かったなぁっと思ったのは、「煙が目に染みる:堀田あけみ」です。上手くいかないときはがむしゃらにやってもうまくいかないし、何も残らないようで何かが残るものだというものを感じました。題名を借りて端的にまとめてしまうと、煙が目に入ったら自然に涙は出てくるのと同じだよ・・・というような内容です。もどかしい話しの展開なのでやる気が出るとかどうとかではない話しなのですが。。

参考URL:http://www.gld.mmtr.or.jp/~panic/a_10.htm

Qうつ病に理解のない両親に読んでもらう本ありますか?

転職先のパワハラとオーバーワークが原因でうつ病を発症し、
5年を超えました。

投薬しながら勤務⇒休職(四ヶ月)⇒復職(三ヶ月)
⇒再休職(半年)⇒復職希望するも職務規定を理由に拒否され退社
⇒長期間療養⇒寛解してない状況を理解してもらった上で、
1年2ヶ月前社会復帰⇒長く持たず退社⇒現状に至る

という状況になります。
自分でも人生を悲観しまくりですし、この先どうなるのか不安で
仕方がありません。

しかし、家族との関係で私の病気への理解が進まず軋轢ばかり
生まれています。

上記の経緯でいいますと「再休職(半年)」の段階で既に家族は
私を健常者と思っています。そのため、

・再就職をしきりに要求される⇒医師に止められていると答えても
 わかってくれない。寝こみがちなこと、疲れやすいこともわかって
 くれない。

 ※私は一人暮らしをしています。実家に戻ることも考えましたが、
 理解が進んでないことを憂い、主治医に止められました。

・事あるごとに実家に呼び出され家業の手伝い(力仕事)を
 数日間手伝わされます。

 拒否すると文句を言われるので今では何も言わずに行って、
 ひたすら耐えて、寝てまた自宅に戻るということを数ヶ月に一回
 繰り返しています。

 ※主治医には疲れやすい状況なためやめるように、帰らないように
 言われていますが、断ると軋轢がどんどんひどくなり、またキレられるため、
 自分が耐えて行ってきます、と伝え行ってきます。
 帰宅後は2日間くらい寝込みます。

 上記の話を正直に両親に話すと逆ギレされました。
 私が体を動かさないことが逆に良くない。だから治らない。
 両親は私のためにと思って呼び出しているとさえ言っています。
 そんなことを言うのでは、こちらは(両親)は何も言えなくなるぞ!と 
 私の気持ちのやり場をさらになくす発言をしてきます。

 実際、労働力として役にも立っていないとさえ言われました。
 また、田舎で軽作業をしてリハビリする治療を両親は見たことがある、
 それを実践している、とのことだったので、主治医に尋ねたところ、
 確かにそういう治療はあるが、私には適しておらず、またその段階でもない
 とのことでした。

・義理の弟がいるのですが、両親が作業の手伝いに義理の弟を頼みと
 することを妹が快く思っていません。義理の弟(妹の夫)を使うのなら、
 当然私(兄)も一緒に労働させろ、と私のいないところでキレていたそうです。
 この話も両親から、嫌味のように聞かされました。
 実家の家業はお前がそんな(うつ)だから義理の弟がいないとやっていけない、と。
 妹は、私がうつであっても、自分の夫だけが手伝わされることは
 嫌なようです。

・4年ほど前から、主治医が一度現状をご両親に説明しましょうと何度も
 提案してくださっているのですが、その都度両親に話すと、拒否され
 続けました。
 両親には両親の言い分(療法的な)があるようです。
 ※ほぼ二人が医師になってしまっています。内科や外科的な疾患なら
 違うのでしょうか精神疾患なこともあってか、自分たちの考えが正しいといったような
 考えを持っています。

・現在数時間起きては、数時間寝てまた起きては寝てという一日数回寝るサイクルの
 生活を送っています。自分ではこのままではと焦りだけが募っていますが、なんとか 
 したいと思い、インターネット上でサイトを作り、物を売ったりして、
 なんとか一ヶ月ギリギリ暮らせるくらいの生活費を得ています。

 作業できる時間や集中力にムラがありますが、現在している収入源を
 もう少し拡大して、自営業のような形にできないかと考えているのですが、
 当然両親に話すと、笑われて終わります。

・両親に自分たちの老後をどう考えているのか?お前がちゃんとしないと、
 うちはまわらなくなると、一家を背負わなくてはならないプレッシャーを受けます。

ほかにもまだまだあるのですが、現状思いついたことだけを上げてみました。
最初のうちは、反論したりしていましたが、次第に話がこじれるだけで、
次第にそのパワーもなくなり、今は反論もせず「ハイ、うん、わかった」と
受け入れるだけでした。しかし、再就職の要求(具定期な求人を提示)だけは、
また採用されても蓄積とともに休職が目に見えているため、
拒否したところ、大きなわだかまりができたまま、これから年末年始のため、
さすがに実家に帰るという流れになります。

この機会なので、少しでもうつ病に対する理解を進めてもらえるような
本を読んでもらえないかと思い、いろいろと図書館で借りてみたり、
アマゾンで評価を見てみたりしていました。

自分なりに読んでみたところでは、

・うつ病の人の気持ちがわかる本-不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる-

・ツレがうつになりまして。シリーズ

・ツレがうつになりまして。映画版DVD

を読んでもらえなくても見てもらえなくても持って行こうと思っていますが、
他にも何か理解につながるような本やDVDなどありましたら、
ぜひお力をおかしいただけますと幸いです。

自分でも、このような状況、非常に情けなく思っています。
できれば両親の期待に応えたいとも感じています。

しかし体がいうことをきかず、どうしようもありません。
どうぞよろしくお願い致します。

転職先のパワハラとオーバーワークが原因でうつ病を発症し、
5年を超えました。

投薬しながら勤務⇒休職(四ヶ月)⇒復職(三ヶ月)
⇒再休職(半年)⇒復職希望するも職務規定を理由に拒否され退社
⇒長期間療養⇒寛解してない状況を理解してもらった上で、
1年2ヶ月前社会復帰⇒長く持たず退社⇒現状に至る

という状況になります。
自分でも人生を悲観しまくりですし、この先どうなるのか不安で
仕方がありません。

しかし、家族との関係で私の病気への理解が進まず軋轢ばかり
生まれています。

上記の経緯でいいま...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、貴方様はご両親に状況の理解を求めそっとしておいて欲しいと言いたいのでしょうか。

鬱を体験なさっていない方々に勧めても徒労に終わることがほとんどです。
私もそうでした。
精神病院の隔離病棟に行った段階から初めて両親から医師へ説明を求めました。
そんなもんです。
いくとこまでいかないと理解を示さない場合がほとんどです。
だって相手は自分がなったことないのですから、わからないのです。
悲しいですが、現実です。

成人なさっているのでしたらご自分の力で生きる他ありません。
近親者とのお付き合いは重要です。
しかしながら、それらが状況的に不可能であれば医師と相談し可能であれば両親を連れて現在出来うる最善の道を探すべきです。

恐らく貴方様の言葉はご両親には届きません。
第3者の言葉で状況の打破を求めるべきではないでしょうか。

それら条件が揃ったならば、心ある近親者であれば自ずと知識を求めてくるはずです。



駄文失礼致しました。

Q友達が統合失調症と診断され、私は本を読んだりしましたが、あまりあてはま

友達が統合失調症と診断され、私は本を読んだりしましたが、あまりあてはまらないし、何年治療しても感情の起伏が激しいのは変わらないので他の病院を奨め診断を受けたら、ちがうと言われたそうです。診断書も持って行ったらしいですが、これで統合失調と診断するなんて経験があさいのか?といわれたみたいです。そもそも精神科は、悪くいえばいい加減、行った病院の数だけ診断は変わるらしいです。精神分裂病なんて重大な診断が誤ってされているのは大変なことではないでしょうか。
結婚にも影響して来ますし違うのにそうであると言われ副作用の強い薬を数年、飲まされ、太ったり眠気が強いせいで歯磨がおろそかになり、歯も悪くなったそうです。あんまりではないですか。

Aベストアンサー

【統合失調症】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87#.E5.90.8D.E7.A7.B0 

《以下の文章は上記リンク先からの引用文です》

2 名称
『元々ドイツ語のSchizophrenieに対する訳語として、日本では明治時代に精神分裂病と訳された。Schizophrenieはギリシャ語のschizo+phren (分裂+横隔膜) から。これはギリシャ時代の医者が魂は横隔膜にあると考えていたことに由来する。

本来、精神分裂病の「精神(phrenie)」は心理学的意味合いで用いられた単語であり、「知性」や「理性」を現す一般的な意味での精神とは意味が異なる。ところが、「精神分裂病」という名称が日本では「精神が分裂する病気」→「理性が崩壊する病気」と誤って解釈されてしまうケース(統合失調症患者であっても、理性が崩壊するとは限らない)が見られた。患者・家族団体等から病名に対する偏見が著しく強いという苦情が多かった。そこで、2002年に日本精神神経学会総会によって英語のschizophreniaに対する訳語を「統合失調症」にするという変更がなされた。』

*  *  *  *  *  *

話が拗れそうなので、一旦、整理した方が良いと思います。
病名のことを主に触れられていらっしゃいますが、

《“精神分裂病”とは旧称で、患者側が一般の健常者から偏見を持たれないようにとの配慮から、現在では“統合失調症”と病名が改められている。》

ということで、質問者さんの ご質問の流れはこういう事ですよね。


1)ご友人が、統合失調症(旧称:精神分裂病)を患っていると以前掛かっていた病院で診断され、何年も治療を受けていた。

2)ご友人の病態が統合失調とは当てはまらず、病状も好転しないと感じた質問者さんは、ご友人に他院で診察を受けることを勧めた。

3)ご友人は、行った先の他院で統合失調症ではないと診断され、そのときの担当医の言葉からも以前の主治医は統合失調症に関しての知識が浅く、誤診治療をしていたと質問者さんは確信した。

4)世間では未だに“精神分裂病”という古い名称が使われたり、偏見を持たれることが多い精神疾患である“統合失調症”の診断を ご友人に下した元主治医の行為は あまりにも軽率である。
このことは誤診の一言では済まされず、ご友人の健康を損ねるだけではなく、心にも大きな傷を負わせる結果になり許し難いことである。

*  *  *  *  *  *

一番仰りたいのは、「4」ですよね。
ご友人は不運だったと思いますが、ご友人のことを真剣に心配して、誤診発覚まで漕ぎ着けるきっかけを作った質問者さんの功績は非常に大きいと思います。
結局のところ、医療ミスだったと言うことになりますね。
裁判をしたいとか、そう言うことではないのですよね?

ご友人も精神科に掛かったのですから、自分でも精神疾患を患っているとの自覚はあったのでしょうが、気弱になっていたので、病状が良くならなくても以前の主治医には強く出ることが出来なかったのかもしれませんね。
一般に、統合失調症患者には“病識がない”と言われていますが、もしもご友人が、自分から精神科に向かったのなら珍しいケースだと思います。


統合失調症の誤診は意外に多いようですよ。
統合失調症の陰性症状と鬱病の症状を間違う医師もいるそうですし、アスペルガーと統合失調症も間違われることもあるそうです。
精神科の病気は、典型的な症状を示さないと判断が付きにくいことがあったり、鬱病から双極性障害といったように、途中で病名が変わることもしばしばあるようです。

正しい診断まで何年もかかってしまったり、健康を損ねてしまったことは悔しいことではありますが、質問者さんが しっかりご友人を見ていたから誤診も判明したのだし、質問者さんが この質問を立てたことも、ご友人のように誤診を受けている人が転院するきっかけになるかもしれませんよね。

少なくとも、ご友人は、これでより良い治療を受けて、回復に向かう可能性が出てきたのですよね。
このことだけでもプラスになっていますよね。
ご友人が一番悔しい思いをなさったり、落ち込んでいらっしゃると思いますので、少なくとも質問者さんからは、今回の誤診の話は振らない方が良いと思いますよ。

ここは、治療に専念できるようサポートしつつ、あまり話を蒸し返さない方が良いと思います。
ご友人が悔やんで落ち込んでいるときは、
「そうだね、悔しいよね。
今度の治療でも、何か困ったことがあったら話してね。
そのときは一緒に考えよう」
そんな感じで良いと思うんです。
理解を示せば、極端な話、黙って頷くだけでも良いと思います。
あまり、カッカして話すと ご友人も更に落ち込んだり、今までの歳月を思い起こして怒りが収まらなくなることもあるでしょうしね。
ご友人が感情的になり過ぎないよう、上手くサポート出来る関係でお付き合いすると良いと思いますよ。

【統合失調症】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87#.E5.90.8D.E7.A7.B0 

《以下の文章は上記リンク先からの引用文です》

2 名称
『元々ドイツ語のSchizophrenieに対する訳語として、日本では明治時代に精神分裂病と訳された。Schizophrenieはギリシャ語のschizo+phren (分裂+横隔膜) から。これはギリシャ時代の医者が魂は横隔膜にあると考えていたことに由来する。

本来、精神分裂病の「精神(phrenie)」は心理学的意味合いで用いられた単語であり、「...続きを読む

Qこれって皆あることですか?

最近休み中憂鬱な状態が続いて、何かをしようという気が起こらなかったり、楽しいと思ったりすることがずっと無い気がします。妙に疲れやすかったりもします。
気になってうつ病の診断テストを自分でやってみたり
するとあてはまる項目が結構あって不安です。
でも学校も普通に行き始めましたし、今の所日常生活に特に影響は無いと思うのですが、病院には行ってみた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

あります。詳しいことはわかりませんが、ホルモンのバランスが崩れるとなるらしいので、食生活に気をつけてます。なるべく和風のバランスの良い食事を取るようにして、適度に運動したり・・・。
あとはストレスからもくると思います。どんなストレスがたまっっているかを消去法で見付けてみたところ、私の場合は会社等であるように感じられました。
無理にストレス発散するのもよけいにストレスになるので、一人でのんびりする時間を有意義に使ったりしてます。まだ自覚してる分、重度ではないと自分は思っているのでうまくストレスを発散するように心がけてます。
時には薬の治療法もあるみたいです。精神科に行くことで精神的に楽になって症状がやわらぐようです。
どんなものか、くらいの気持ちで行ってみても良いかもしれませんね!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報