明日誕生日を迎える方にシャルロットを作って贈りたいのですが、シャルロット生地がだれてしまいます。
だれないようにするコツを教えて下さい。
メレンゲはしっかり泡立っていますので、逆さにしても落ちませんし、かなり堅くはなっているのですが、どの程度まで?というところが分かりません。
卵黄や粉を混ぜる段階で混ぜすぎるとだれるのでしょうか?
教えて下さい。お願いします!

A 回答 (1件)

シャルロットの生地がだれると言うことですが、泡立て不足か生地の混ぜすぎが考えられます。



絞り出す時に十分な堅さを確保するため、メレンゲは通常より堅めに泡立てます。ホイッパーですくった時に角が立つというより、積乱雲のようなもこもことしたメレンゲの固まりがついてくるような感じです。言葉で説明するのは難しいんですが(^^;)

卵黄も白っぽくふんわりとボリュームが出るまでホイッパーで混ぜます。

卵黄にひとすくいのメレンゲを加えてさっくりと混ぜあわせ生地を柔らかくしてから、残りのメレンゲを加えると混ぜやすいです。残りのメレンゲを混ぜる時も底から生地を持ち上げては生地を切るように混ぜていきます。まだ少しメレンゲが混ざりきっていない段階で、ふるった小麦粉を加えて同様に手早く混ぜ合わせます。

重要なのは、材料を泡立ててから手早く混ぜ合わせ、生地を絞り出すことです。さっさと作業しないと生地はどんどんとだれてきます。作業を始める前にオーブンの余熱をし、材料の準備を済ませ、作業のプロセスをしっかりと頭の中に入れ、作業を中断することのないようにします。

シャルロットを上手く仕上げるのは難しいので、多少だれても仕方ないかもしれません。プロ並みの仕上がりでなくても、手作りケーキは感動してもらえるものです。お店のようにケーキのまわりをリボンで結んで飾るなどするとそれらしく見えるので試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして申し訳ありません。
泡立て不足と混ぜすぎることのないよう、手早く作業し、満足のいく出来映えになり、大変喜ばれました。
某サイトを参考にダリアの花のように絞ったのも良かったようです。
知人のお祝い事がある度にシフォン→スポンジ→シャルロットと段階を踏んで挑戦してきたもののこんなに難しいものとは・・・
やはりケーキ作りは難しいですね。だけど、喜ばれると本当に嬉しいものですね。また頑張ります♪

お礼日時:2006/03/17 15:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシフォンケーキ(メレンゲ&卵黄生地の混ぜ方)

こんばんは。
シフォンケーキをよく焼くのですが、どうしても本のように背の高いケーキが焼けません。スポンジ自体はフワフワのやわらかいものができるのですがいつも焼きあがりは型より背の低いものになってしまいます。型から少し飛び出るほどのケーキが作ってみたいです。

今まではテフロン加工されている18cmの型を使って、16,5cm用のレシピで作っていたのですが、「これが原因かぁ」と勝手に解釈し、17cmのアルミの新しい型を購入してみました。が、しかしまたしても背の低いものになってしまいました。

メレンゲの作り方はいろいろ調べて、かなり気合を入れてあわ立てているので問題はないと思います。ただメレンゲと卵黄生地を混ぜる工程がどうしてもうまくいきません。混ぜているときに「あ、まただめっぽいな」と自分でも思ってしまいます。本には「泡をつぶさないようにさっくりと!」と書いてありますが、さっくりって・・・・・・・・。実はよくわかっていません。ゴムベラでボールの底からすくうようにして混ぜているのですが、それだといつまでたってもメレンゲがかたまりのままで生地になじんでくれません。(はじめの1/3は泡だて器で強めに混ぜてます)

こんな初心者ですが、メレンゲと卵黄生地の混ぜ方を教えてください。
よろしくお願いします。

こんばんは。
シフォンケーキをよく焼くのですが、どうしても本のように背の高いケーキが焼けません。スポンジ自体はフワフワのやわらかいものができるのですがいつも焼きあがりは型より背の低いものになってしまいます。型から少し飛び出るほどのケーキが作ってみたいです。

今まではテフロン加工されている18cmの型を使って、16,5cm用のレシピで作っていたのですが、「これが原因かぁ」と勝手に解釈し、17cmのアルミの新しい型を購入してみました。が、しかしまたしても背の低いものになってしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

#5さん、作りましたよ今日(笑)
ならってBPは無しで作ってみました。
わたしの場合...あまり違いはありませんでした。
ちょうどオーブンに入れて10分くらい経過したところでもくもくと盛り上がってきて、ちゃんとふくらみましたよ。
じっくりみたことなかったのでおもしろくて見ていたら、ものの2分ほどの間に真ん中の筒が隠れるくらい膨れてきました。
でも、若干焼き足らなかったようで残念ながら底がちゃんとくっついてなかったんですね(^_^;)
こんなこと初めてでしたが失敗してしまいました。
くやしかったので再度チャレンジして今日は2個も作ってしまいました(笑)

toileさん、メレンゲの泡立て方ですけど、
きのうの回答では硬く泡立ててくださいと言いましたが、
気持ちソフトに仕上げると、卵黄生地となじみやすくなるのでその分気泡をつぶさずに混ぜ込めるって書いてありました。
今日1回目は焼きを失敗したので2個作ったんですが、確かにそうでした。
2回目のときメレンゲをちょっと泡立てすぎたかなと思ったら、
ぼそっとした感じで1回目のときより確かに卵黄生地と混ざりにくかったです。
メレンゲの状態によって卵黄生地とのなじみ方がぜんぜん違うんですよ。
最初はメレンゲの感じがつかみにくいと思うので加減が難しいかもしれませんが、
(まったく泡立て足りないと失敗してしまいますので...)
慣れてきたら顔が洗いたくなるくらいきめ細かくそしてクリーミーな感じを目指してみてください(^_^;)

ではそろそろ熱がとれたころなので今から2個目を型から外しにいってきまーす。

おっ!今度は焼き加減もよかったみたいでグーでした♪
ではtoileさんもがんばってくださいね☆

#4です。

#5さん、作りましたよ今日(笑)
ならってBPは無しで作ってみました。
わたしの場合...あまり違いはありませんでした。
ちょうどオーブンに入れて10分くらい経過したところでもくもくと盛り上がってきて、ちゃんとふくらみましたよ。
じっくりみたことなかったのでおもしろくて見ていたら、ものの2分ほどの間に真ん中の筒が隠れるくらい膨れてきました。
でも、若干焼き足らなかったようで残念ながら底がちゃんとくっついてなかったんですね(^_^;)
こんなこと初めてでしたが失敗してしまい...続きを読む

Qシャルロットのビスキュイ生地をしっかりさせたい

シャルロットのためのビスキュイの作り方について質問です。
何度挑戦しても、天板に搾り出したときに、しっかり形を保てずに、多少たれてしまいます。
例えば、余った生地でクッキーをと思って小さく搾り出しても、生地がゆるくて、焼きあがったときにはくっついてしまいます。
メレンゲを堅くしたらいいのかと思い、ボールを逆さにひっくりかえしても動かないほどガチガチに泡立てても、効果が感じられません。

分量は、卵黄2個と砂糖40グラム、卵白2個と砂糖50グラム、薄力粉が60グラムです。

分量やメレンゲの作り方など、何か改善点を教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 分量的には少し砂糖が多いかなと思う程度で、特に問題はないでしょう。
 メレンゲがしっかりしているのに絞り出した生地がダレると言うことは、卵黄や粉と混ぜる時に、泡をつぶしてしまっているのが原因かと思われます。
 まず卵黄とメレンゲをあわせるときに、最初にメレンゲの1/3だけ先に卵黄と混ぜます。この作業には重要な意味があります。メレンゲに突然卵黄を入れると、卵黄の油脂でメレンゲの泡がつぶれてしまいます。そこで先に少し卵白とあわせ、卵黄のレシチンの働きで乳化状態にしておくことで、残りのメレンゲと混ぜたときに泡がつぶれるのを最小限に抑えるのです。
 次に粉の混ぜ方ですが、よくレシピに「ヘラで切るようにさっくり混ぜる」とありますが、ケーキ作りの初心者が一番つまづきやすいところですよね。
 ヘラ立ててボウルの真ん中に切り下ろすように入れ、ボウルを回しながら手首(ヘラ)を返して掬い上げる。しっかり混ざるまでこの動作の繰り返しです。らくだからと言ってホイッパーで混ぜたりしてはいけません。

Qカスタードプリンを作るとき卵黄に何個か全卵を混ぜる意味って

カスタードプリンを作るとき卵黄に何個か全卵を混ぜる意味って
何か理由があるのですか?卵黄だけのほうが濃厚なプリンができそうなイメージ
ですが・・・知っている方お願いします。
あと卵黄にぬるく温めた牛乳と生クリームを合わせるときに混ぜると卵のカスのような
黄色いツブツブが浮かび上がってくるときと来ないときがあるのですが
何が原因でしょうか。合わせてすぐ混ぜても浮かんできて困っています。

Aベストアンサー

全卵の場合、卵黄のみと比べるとあっさりします。
あと黄身だけ使うと卵白があまるということで、「全卵」を使っている人も多いようです。

黄色いカスは目の細かい裏漉し器を使わないと、大きいものは裏漉しされますが、小さいものは通り抜けてしまいます。

ブツブツが嫌なのであれば、卵を混ぜる前に黄身の薄い皮を少し破って、指を使って取り除けば問題ないです。

Qメレンゲをしっかり立てるには

こんにちは。

メレンゲについてですが、いろいろ見てみたら、湯煎で温めると立ちやすいと書いてあるところと、卵白は冷たく冷やしたものを使うとしてあるところもありました。
私は、どちらかというと、常温で置いておいた卵を使ったり、そうでなければ湯煎していたのですが;

実際、どっちなのでしょうか?
それとも、用途によってあたためたりするだけで、冷やすか温めるかは、立ちやすさとは関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

冷やしてください
より泡立ちやすくするには
1日冷蔵庫でおいておいた卵白を使うなど
卵白は新しい物より少し古い方がよりあわだちます

全卵で泡立てるときには湯煎で人肌まで温めると泡立ちやすくなります

メレンゲによっては熱したシロップを入れて作る物(イタリアンメレンゲ)や湯煎にかけてあたためながら泡立てる物(スイスムラング)があります

ふつうにケーキに混ぜ込んだりする場合は冷やした方がいいです

Qレモンメレンゲパイのメレンゲについて

最近ケーキ作りを始めました。先ほどレモンメレンゲパイをネットでレシピを調べて作ったのですが、初心者には難しいようでメレンゲから水分が出てきました。張り切って2台も作ったんですが水分でパイ生地がぐちゃぐちゃになりそうです。
イタリアンメレンゲなるものを作ったつもりですが、素人には単に水分がもっと出る羽目になったように思います。どうしてイタリアンメレンゲを使うのか教えてください。それとパイ生地は空焼きして、フィリングを入れてメレンゲを載せて、200度で10分ほど焼くレシピが多いですが、10分くらいでメレンゲに火は通るのですか?生卵が苦手なので180度で20分くらい焼いたらどうだろうと思うのですが。

Aベストアンサー

このようなご質問によくお答えするのは、
「お聞きになる前に実践あるのみです。」
です。ぜひ200度10分と180度20分で焼き分けて実践してください。
それぞれのご家庭のオーブンで火の回りも違いますから、分量以外の火加減はレシピは目安と考えるべきです。

メレンゲを異常に高く盛らない限り200度10分で火は通ります。
水が出るのは卵白の泡立てが不十分だったか立てすぎだったか、砂糖の溶かし具合が不十分だったのでしょう。
イタリアンメレンゲは砂糖が入るため、卵白のアワのまとまりがいいのと。卵白の癖をとる為でと教わりましたが、私はこのごろは砂糖の量を半分以上削減してサウスアメリカ風にレモンメレンゲを焼きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報