最新閲覧日:

明日誕生日を迎える方にシャルロットを作って贈りたいのですが、シャルロット生地がだれてしまいます。
だれないようにするコツを教えて下さい。
メレンゲはしっかり泡立っていますので、逆さにしても落ちませんし、かなり堅くはなっているのですが、どの程度まで?というところが分かりません。
卵黄や粉を混ぜる段階で混ぜすぎるとだれるのでしょうか?
教えて下さい。お願いします!

A 回答 (1件)

シャルロットの生地がだれると言うことですが、泡立て不足か生地の混ぜすぎが考えられます。



絞り出す時に十分な堅さを確保するため、メレンゲは通常より堅めに泡立てます。ホイッパーですくった時に角が立つというより、積乱雲のようなもこもことしたメレンゲの固まりがついてくるような感じです。言葉で説明するのは難しいんですが(^^;)

卵黄も白っぽくふんわりとボリュームが出るまでホイッパーで混ぜます。

卵黄にひとすくいのメレンゲを加えてさっくりと混ぜあわせ生地を柔らかくしてから、残りのメレンゲを加えると混ぜやすいです。残りのメレンゲを混ぜる時も底から生地を持ち上げては生地を切るように混ぜていきます。まだ少しメレンゲが混ざりきっていない段階で、ふるった小麦粉を加えて同様に手早く混ぜ合わせます。

重要なのは、材料を泡立ててから手早く混ぜ合わせ、生地を絞り出すことです。さっさと作業しないと生地はどんどんとだれてきます。作業を始める前にオーブンの余熱をし、材料の準備を済ませ、作業のプロセスをしっかりと頭の中に入れ、作業を中断することのないようにします。

シャルロットを上手く仕上げるのは難しいので、多少だれても仕方ないかもしれません。プロ並みの仕上がりでなくても、手作りケーキは感動してもらえるものです。お店のようにケーキのまわりをリボンで結んで飾るなどするとそれらしく見えるので試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして申し訳ありません。
泡立て不足と混ぜすぎることのないよう、手早く作業し、満足のいく出来映えになり、大変喜ばれました。
某サイトを参考にダリアの花のように絞ったのも良かったようです。
知人のお祝い事がある度にシフォン→スポンジ→シャルロットと段階を踏んで挑戦してきたもののこんなに難しいものとは・・・
やはりケーキ作りは難しいですね。だけど、喜ばれると本当に嬉しいものですね。また頑張ります♪

お礼日時:2006/03/17 15:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報