人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

初めまして、アドバイスをお願いします。
主人は、16年1月に十二指腸潰瘍(出血性)で12日間入院しました。手術等はしていません。現在は完治してますが、予防のため薬を飲んでおります。
夫、公務員35歳  妻 専業主婦32歳 子供1才 近いうちにもう一人希望しています。
現在「パスポート21」定期保険特約付終身保険(60歳払済)です。
平成5年に契約 15年更新型 予定利率4.75%
現在保険料10117円 次回38歳 13948円
契約内容は
 死亡(高度障害)2500万 (終身保険100万、定期保険特約2400万)
 災害死亡高度障害2500万上乗せ 計5000万
 傷害特約 500万 通院特約3000円
 災害・疾病入院共に5日目から1日5000円です。
 (成人病ならプラス5000円)
 手術5~20万 現在の配当金は20万程です。 
勧められている保険は、5年ごと利差配当付更新型終身移行保険「新、堂堂人生」(10年更新で75歳で終身移行。)
35歳 保険料13513円 死亡医保険計2620万
 入院保障は1日目から(5000円)シールド(300万)・スーパーリライ(200万)
等の多くの特約が付いてます。
 3大疾病などになった場合のインカムサポートや以後の保険料免除等、今の保険より充実してます。
メリットのみしか生保の方は教えてくれません。デメリットの部分もあると思います。自分なりに勉強はしてみたのですが、デメリットが私にはわかりません。
 75歳まで保険料を払い込まないといけない。   パスポート21は金利がいい時の保険みたいだけ  ど、値段的にいくらぐらいもらえるのか?
 主人の病歴では他の保険会社に無条件で加入はム  リだと思うので、損しても充実した方に転換したほ うがいいのか?ご助言お願いいたします
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

予定利率4.75%は今となってはお宝ですね。


転換の目的の一つは、この高い予定利率の商品を、低い予定利率の商品に変えさせることにあります。
もちろん、必要な保障額を再確認し、今のライフプランに沿った設計にするという面もありますのですべてが悪いわけではありません。
堂々人生にした場合、おっしゃるように今時の保障に変わるメリットがありますが、『解約返戻金がいくら貯まる(残る)のか』チェックした方が良いと思います。
教えてくれないのは減るからだろうと推測しますが・・・

ベストは終身保険部分の100万円には手を付けないで、予定利率4.75%で継続する。
たぶん最低1,000万円程度の死亡保障が必要などと言う制約があったと思いますので、いずれにしてもその分の定期特約は残す形になるでしょう。
そして残りの定期特約と医療特約を見直すのが良いと思いますが、ご心配されているように病気の問題がありますね。
いずれにしても見直しをするなら、医療は別途加入した方が良いと思いますので、引き受け条件など、お近くの代理店や保険会社のコールセンターに問い合わせてはいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。この予定利率というのが、私にはよくわかってません。具体的に、教えていただけると、ありがたいのですが。。

お礼日時:2006/03/07 21:51

No.4です。


もう少し噛み砕くべきでしたね。すいません。
今の保険の予定利率(解約返戻金を運用して、お客様が得られる予定の金利)の4.75%というのは、保険会社にしてみれば凄い重荷になっています。
解約返戻金は、国債と転換社債、一部優良企業の株などで運用されていますが、そこで得られる利益は良い方に受け取って見ても2%台が関の山でしょう。
すなわち「逆ざや」が生じているので、保険会社がいくら利益を出そうとしても、nemuiyo様のご主人様にお支払いする金利のために、会社の利益が食われている状況です。
そこで「転換」…通称「下取り」等と呼ぶケースもあります…をすることで、今のご契約を根底からひっくり返し、解約返戻金を新しい保険の「一時払い保険料」または「一部前納保険料」などに充当してしまい、新しい契約では「1%~1.75%程度の予定利率で運用しましょう」と契約を見直すことで、保険会社の負担を減らす目的があります。
堂々人生の予定利率は確か1.5%位だったと思いますので、現在のご契約と比較し、3%以上の低い金利で運用されることになります。

※転換の際は、この予定利率の違いによって、今のまま継続した場合と、新しい契約での解約返戻金の推移を比較し、お客様の承認を得なければ契約は成立しません。

既出になりますが、見直しによって今の保険をそのまま継続、あるいは減額(保障を減らす)などの見直し、「払済(はらいずみ)」保険への移行、今の契約の解約等と合わせ、新しい保険の加入との組み合わせが考えられます。
…払済の場合、今の契約に対しての保険料の支払いを止めることになりますが、解約返戻金の予定利率は4.75%のまま運用することになります…

保険料免除など、新しい保険にはいろいろ「良い感じ」の特約がセットされていますが、特に保険料免除などは相当重い状態(後遺症で仕事や生活に差し支える状態)にならないと保険料は免除にならないと思います。

ここは一つがんばって、良い組み合わせ、良い商品、デメリットも説明してくれる担当者を捜すのが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。予定利率についても納得できました。特約についても納得して拝見しました。生保の方に説明を受けたときは、恥ずかしながら、なんてすばらしい制度だと思っていました。せっかく、保険について足を踏み入れましたので、これからもっと勉強して、信頼できる担当者を探して行きたいとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/09 22:04

予定利率(4.75%)が良いのが現在の加入商品の最大の魅力ですね。

現在の商品の予定利率は1~1.5%がほとんどです。予定利率とは貯蓄商品(nemuiyoさんの場合は終身100万の部分)の利率ですから、主契約(終身100万)は今後転換するしないに関わらず、継続される事をお勧めします。それと入院保障は何日目から出るのかという事よりも、1入院で何日目まで出るのかが大事だと思います。保険は何のために入るのか、ほとんどの方は万が一の為、万が一の為とはイザという時の為に残された家族や自分の生活費を確保するためです。死亡保障も当然必要ですが、一家の大黒柱の長期入院の家計に与えるダメージは想像以上のものです。ですから、今の保険は1回の入院で何日目まででるのか、転換を勧められている商品は1回の入院で何日でるのかを把握された上でご検討されたらいかがですか? 最近の外資系商品のほとんどは安いというイメージをお持ちの方が多いとは思いますが、1入院を60日と制限している為安くなっているだけで、1入院が60日までしか出ないのは個人的意見としては非常に不安であると思います。それともう一つ入院保障に関して言うと、やはり不担保を事前に確認することも大事かと思います。それと自論ですが特約のほとんどは役に立たないものばかりです。
死亡保障は掛け捨てで最低限度入り、入院は終身保障で分厚いものに入る!! これが一番損せず、本当に約にたつのではと思います。参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。入院保障の件、なるほどな~と拝見しました。早速、調べてみます。保険は奥深いな~と皆様のアドバイスを拝見しながら付く付き思いました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/09 21:56

まず新たな保険に加入できるかどうか、ですが、担当者がおっしゃるように診査してみないとわかりません。

入院したから、薬を飲んでいるからといって必ずしも加入できない、あるいは、特別条件がつくわけではないので、最初からあきらめることはないと思います。

転換すべきかどうか、は、保障内容だけでは何とも言えません。だだせっかく保険について真剣にかんがえているのですから、現在の保険会社にこだわらず、これを機会に良い営業担当者を探して話しを聞いてみてはいかがでしょうか。

4.75%の終身はお宝とよばれているものではありますが、100万円の終身保険にこだわるよりは保険の全体像をお考えになるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。今回初めて保険と向き合っています。そうですよね~、今の保険会社だけではなく他社にもあたってみて勉強して行きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/09 21:52

転換ができたとしても不担保条件は付くと思います。

現在予防のために薬を服用なさっているということは、再発の可能性があると医師は判断しているということ。万が一、再発した時に「保険は不担保です」では何のために保険を見直したのかわかりませんね。
そもそも今回勧められている転換契約の本質は、「今の保険で貯まったお金で10年定期の死亡保障を買ってください。」というものです。ご相談の内容を拝見する限り、現在の保険があなたの保障ニーズにそれほどかけ離れているとは思えません。
私なら、更新時期までは今のままで、ご主人様の健康に留意なさることをお勧めします。健康に暮らすことがなによりの保険です!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございました。不担保条件がついては意味ないですね。幸い、今は病気の原因のストレスからは開放されています。ありがとうがざいます。

お礼日時:2006/03/07 09:39

金利の良いときに入った保険は戻りは良いけど、保障内容にはちょっと・・・というものが多いですよねぇ。


たしかにご主人様は病歴があるし、薬の服用もあるので転換は難しいんではないでしょうか・・・

私なら、自分の保障(妻)を掛け捨ての安いタイプに入って、変な特約などに惑わされないようにスリム化にしますね。
結構、特約って無駄なものが多いですしね。

相談に乗ってくれない外交員の方だったらあまり良い保険ではないですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。確かに外交員のかたにはものすごく不信感を持っています。保険は、難しいですね。ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/07 09:31

今の保険会社で転換でも無条件では無理な気がしますが?


あと考え方によるので人それぞれかとは思いますが、入院1日目から保障も診断書作成料などで5000円位取られるようなので不要と考える人もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。生保の方に尋ねてみました。条件が付くかは、審査してみないとわからないと言われました。不可能な場合はパスポート21のまま継続してくださいとのこと。。ますます生保のかたに不信感いっぱいです。今、教えていただいてよかったです。また、ご助言おねがいします。

お礼日時:2006/03/06 16:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング