小学生の宿題です。どなたか大豆に詳しい方(小学生に分かるように説明できる)方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大豆は発芽してしまえばこっちのものというほど育てるのは簡単です。



大豆の根に寄生する微生物は空気中の窒素から、大豆に必要な成長に必要な養分を作り出して大豆と共存する性質があります。こういった事情で、窒素分の多い肥料を与えすぎるとつるボケといって実をつけてくれないことがありますので注意しましょう。ちなみに、肥料の配合は肥料袋に書いてあります。例えば、10-10-10と書いてある肥料は窒素10:燐酸10:カリウム10の割合で配合されていることを示しています。ですから、一番最初の数字の小さいものを使います。1平方メートルに100グラム程度を撒きます。
もうひとつ大事なのは有機質です。簡単に言えば植物や動物から作った肥料で、牛糞が安く販売されています。一平方メートルに2KGくらいを使用します。
そして、土壌を中性にする石灰や苦度石灰も地面が少し白っぽくなり、所々に地面が見えている程度の量を、植付けの数日前に撒きます。

種は深さ3cm~5cmで植付け、芽が出てくれない種があることをあらかじめ予想して、同じ場所に3つぶ位を数センチ離して蒔いておきます。種を植え付けた後でハトポッポがやってきて若い芽や種を食い荒らす事があるので、鳥よけの工夫も必要になります。

発芽直後にはヨトウムシという芋虫が心配です。暗いうちに活動して、若い芽を根元部分だけを残して切り倒してしまいます。日中は草陰に隠れますので、草をこまめに始末することでたいていの被害は防げます。

本葉が4枚位になったら同じ場所に植えておいた、一番出来のいい苗を1本に間引きます。この時、引っこ抜くと周りの残したい苗の根を痛めてしまいますので、はさみで切るとるようにしてください。

そして、一番楽しみなのは花が咲いて青い鞘が見え始める頃です。しかし、この頃が一番害虫の被害がひどくなる時期です。農家の人は農林水産省の指導やさまざまな情報を入手して害虫の発生時期と、豆の発育時期をずらしたりして努力していますが、非常に難しいです。
そこで、花の咲く時期の異なる早生と晩生の2タイプの大豆を植えて、最悪の場合でも全く収穫が出来ないという状態を回避するのが妥当です。脅かしてしまいましたが、最悪の場合でも2/3は絶対無事に収穫できます。
また、早生種は成長が早いので、六月上旬までは種まきが出来ます。例えば、開花時期をずらす工夫として、最初の種まきの5月中旬に成長の遅い晩生種と成長のはやい早生種を、2回目の5月下旬か六月上旬に早生種を蒔いたりするわけです。

そしていよいよ収穫の段階に入りますが、乾燥大豆として収穫する場合は鞘が黄色くなり豆をかじってみて、音を立てずに割る事が出来るくらいの硬さの時が収穫時です。
枝豆ももちろん同じ大豆から収穫できます。枝豆を収穫して食べる時は、丸い黒い穴があいている鞘には虫が入っている事が多いので食べる時は注意してください。早生種は割と虫が鞘に入る事が少ないので枝豆向きです。

長くなってしまいましたが、野菜を育てるのは学問ですからね。まあ、気楽にやってもうまくいくと思いますよ。
    • good
    • 1

一般的には5月中旬から6月上旬に植え付けます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。先生も米は経験があるそうですが、大豆は初めてだとか、ちゃんと植えて、育てられるのか少し心配ですが、宿題はこれで済みます。何か、注意点がありましたらおねがいします。

お礼日時:2002/01/20 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大豆の自給率(輸入大豆はどこへ?)

スーパーに売っている豆腐や納豆を見てみると
国産大豆100%とか○○県産大豆100%の物をよく見ます。
(というか、それしかないような気がする。)

たしか大豆の自給率は
そんなに高くなかったような
気がしていたのですが。


大豆の国内自給率はどのくらいなのでしょうか?
輸入大豆はどこへいってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

平成11年度の大豆の国内生産量及び輸入量は,それぞれ約19万トン及び約490万トンで,自給率は4%だそうです。

日本国内で栽培されている大豆はおもに 豆腐用,納豆用,煮豆用などに用いて,製油用の大豆には価格の安い輸入品が使用されるそうです。

参考URL:http://www.cfqlcs.go.jp/technical_information/question_and_answer_of_food/qa57.htm

Q田んぼと大豆

2枚の田んぼがあるとき
田んぼと大豆畑とを2~3年ごと交互に転作するのは可能でしょうか?
またそのときに何か注意するようなことはあるでしょうか?

Aベストアンサー

可能です。このような転作方式をブロックローテーションといいます。現在の転作率はだいたい30%前後ですから2年水稲を栽培し1年間は転作で麦やダイズが作付けされます。この方式により転作がスムーズに進められますがいくつかの条件が必要です。
1,基盤整備ができており暗渠排水が完備していることダイズは水分の多い耕地では栽培に適しません。
2,転作を行える組織が存在すること転作面積が広大になり大型農業機械が必要になりそれに従事する組織員が必要。
3,地域で充分な合意が必要です。このことが一番大事です。今は各種の補助金が減額され転作しても採算が合わなく成っています、このために面積により拠出金を出し地域で互助していかなければ転作はできません。
水田と畑を交互に作ることを田畑輪換といいますこのことによりダイズや畑作物の連作障害が回避されますし水田も乾土効果といって肥料分が吸収されやすくなるなどの効果がありダイズを作れば根粒菌により窒素分が固定され肥料効果もあります。ダイズ殻も肥料分に成ります。ダイズを転作した後の水稲では窒素分を2割ほど少なく施肥した方が倒伏が少なくなります。特に生育の後半になりダイズ殻が分解されて窒素分が出てくることがありますから追肥や穂肥には充分な注意が必要です。

可能です。このような転作方式をブロックローテーションといいます。現在の転作率はだいたい30%前後ですから2年水稲を栽培し1年間は転作で麦やダイズが作付けされます。この方式により転作がスムーズに進められますがいくつかの条件が必要です。
1,基盤整備ができており暗渠排水が完備していることダイズは水分の多い耕地では栽培に適しません。
2,転作を行える組織が存在すること転作面積が広大になり大型農業機械が必要になりそれに従事する組織員が必要。
3,地域で充分な合意が必要です。このこ...続きを読む

Q大豆

あるサイトで、日本の土壌は大豆の栽培に適しているという投稿があったのですが、本当ですか?
もし本当なら、栽培に適しているのになぜ大豆の自給率が低いのですか?
正確な情報を待っています。

Aベストアンサー

●生産コストがまるで違う
 大豆の自給率は5%。輸入量は約400万トン。そのうち80%がアメリカからです。国産の大豆の自給率が低いのは生産コストがあまりにも違うからです。まともな勝負にはなりません。「バイオエタノール関係で国際価格が上昇している」、と言っても、国産品は高すぎて「交付金」がなければ農家は生産しないでしょう。逆に言えば、交付金が支給されるから「旨味のある農業」とも言えるかも知れません。コストダウンに努力するよりも「交付金」に頼っていた方が楽な農業ができます。農家としては「農業族議員」の活躍に多くの期待を託していることでしょう。

Q豆腐に適した大豆

豆腐を手作りしました。大豆の種類によって味も香りも異なりました。栽培からはじめようと思いますが、適した大豆の品種を幾つか教えてください。豆腐にして食べたとき大豆の香りのするものが知りたいです。

Aベストアンサー

検索のみで失礼します。
豆腐作りに合う品種は、タンパク質の多い品種→国産
搾油に使う品種→外国産

そこで検索例:"豆腐つくり" OR "豆腐作り" 最適 OR 適する 品種

北海道産品種比較
http://www.cryo.affrc.go.jp/bean/eiyou1.htm
高級品の黒豆や青豆もありますが・・・

Q大豆は収穫後どのくらい発芽可能?

 今年に入って大豆を発芽させてそれを蒸して食べる、ということをしています。豆専門の店で北海道でとれた最上級というのを買ってきているのですが、4月か5月くらいまではほとんどが発芽していたのに、2、3ヶ月前くらいから発芽する豆がどんどん減ってきて今ではほとんど発芽しません。採れたのは今年の1月だとのこと。あるいは待っていたら発芽するのかもしれませんが、だんだんねばねばしてくるのでその前に蒸しています。
 方法は一晩水に浸けた大豆をざるに上げて、上にビニール袋をかけて(換気できる程度の隙間はあけて)一日2、3回水に浸けてざるに上げてを繰り返しています。
 一年中発芽大豆を食べたいと思っているのですが、無理な話なのでしょうか。
 収穫直後のものをたくさん買ってきて、保存の仕方如何によっては、可能なのでしょうか。
 大豆の採れる時期というのは年に一回1月だけ、なのですか?
 料理のカテゴリーで質問しようかどうしようかと迷ったのですが、こちらで質問させていただきました。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発芽率の高い種子用大豆はJAなどで買い求めることが出来ますが
殺菌剤などが使用されているかもしれませんので、お勧めはできませんね。

大豆は種子の自家更新が3年ほど可能ですので
インターネットなどで農家の方が直接販売されているサイトを探されて
事情を説明された上で購入されるのもよろしいのではと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報