短期(1年)の通常の傷害保険に入っています。怪我をしたので保険の請求をしようと思ったのですが、「半年以上経過しているので保険が出ない」と言われてしまいました。

経緯は、平成17年2月5日に怪我をして、6月まで通院しておりました。保険の請求をしようと思ったのですが、また7月に怪我をしてしまい、1月ほど通院したところで、転勤や仕事の都合で時間がなくなり保険金請求しなままでいました。最近、保険請求をしようと思い、代理店に連絡したら、上記のような回答でした。

保険会社や代理店には、怪我した等一切伝えておりませんでしたし、まあ怪我をしてから1年以上経っておりますから、私の方にも落ち度がないとは言いませんが、傷害保険の請求期限は半年というほど短いものなのでしょうか? なんだか腑に落ちなくて・・・
保険自体は、その年の年度初(4月)に更新するタイプです。

短期(1年)という保険期間は、その期間に起こった事故や怪我を補償するという意味で、それを過ぎると保険金の請求する権利がなくなることではないと、個人的には思いますが、どうなんでしょうか?

どなたか詳しい方、御指南よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

皆さんも書いておられるように、



約款という約束事のなかに、事故から何日以内に保険会社に事故の報告をしてくださいと書いてあることが普通ですから、その期限は既に徒過しているわけです。

それに保険金の請求権は、2年間で短期消滅時効を迎えますが、これは、まだ大丈夫なわけです。

2年も経過すると、どの保険会社も支払ってはくれませんが、事故報告の期限は、保険会社の経理上の問題と、1ヶ月も経過したあとでは、真に事故が発生したのかどうか、というような調査が難しくなってしまい、客観的な確認ができにくいという理由によるものです。

従って、間違いなく事故が発生したと証明できるようなものがあれば、あるいは、利害関係のない第3者が、事故の証言をしてくれるような状態であれば、保険会社としても、杓子定規に支払わないとは言わないことが多いのが実態です。

特に小額の傷害保険ですと、満期になってはじめて保険をかけていたことに気づくような人も多く、保険会社の裁量で救済する事例も多く見られます。

代理店には事故報告を受け付けたり、支払金額を決めたりする権限はありませんので、保険会社に直接出向くか、電話して相談してみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。出張に行っていたため、お礼が遅くなりました。
おっしゃることまさにその通りだと思いますし、良く理解できました。
約款で事故発生報告が一ヶ月とされているのは、そういった発生状況の把握が困難になるということが主因なのですね。

私の場合、通院の記録(領収証)や年末に送って来る健康保険使用実績(どの病院に何時行ってどのくらいの治療費がかかったか)を残してありますので、証明になりますし、かかった病院に問い合わせてもらえれば怪我したことも証明できると思われます。

アドバイスの通り、損害保険会社に直接問い合わせしてみることとします。
ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/03/16 02:12

文字をそのまま理解すると、最大で2年と180日ということになりますね。

ただ、自分に都合のいいように理解しないでください。もうひとつ「事故報告をするのが事故発生から30日」という要件についても書いたつもりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>ただ、自分に都合のいいように理解しないでください。
そんなつもりはありませんが、分からなかったのでお聞きしただけです。

もちろん、
>「事故報告をするのが事故発生から30日」
ということも理解した上で、です。

なにやらご気分を害されたのなら謝ります。すみませんでした。

お礼日時:2006/03/13 14:28

傷害保険の場合、完治もしくは事故日より180日経過時点より2年で保険金請求は時効というのが一般的です。

ただ保険会社に事故報告をするのが事故発生から30日などといった要件もあると思われます。

ただそれらをどこまで厳密に適用するのかといった運用面など対応は保険会社によって様々だと思われます。

>その期間に起こった事故や怪我を補償するという意味
 この解釈には間違いがありません。

>それを過ぎると保険金の請求する権利がなくなる
 これは違います。別に保険期間と請求権の消滅とは直接的な関係はありません。保険期間内に事故が発生していれば保険の対象にはなります。ただ今回の件は事故の報告が遅れたということです。どこかで区切りをつけないことには「10年前のあの時期にケガをしたから補償してくれ」なんてことも起きるでしょう。
 またこれらは保険約款にも明記されているでしょうし、国で認可を受けていることです。別に保険会社が支払を渋っているとか、そういったことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。一つ確認したいのですが、
>完治もしくは事故日より180日経過時点より2年で保険金請求は時効
というのは、完治もしくは事故日より180日以上2年までで保険請求が時効になる、という解釈でよろしいのでしょうか? もしくは、180日または2年という解釈でしょうか? もちろん、保険約款によりその期間が多少異なるということでしょうけども・・・

ご存じでしたら、ご回答、よろしくお願いします。

お礼日時:2006/03/13 12:26

これが絶対と言う訳ではないですが、


事故発生からの報告期間が設定されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。事故発生からの報告期間が設定されているとして、それを過ぎると請求権がなくなると言うことなのでしょうか?
また、それは半年と言うくらい短い期間なのでしょうか?・・・

お礼日時:2006/03/13 11:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動画編集ソフト GOM ENCODERの使用期限解除

 GOM ENCODERの使用期限解除ってできないですか

Aベストアンサー

2009年5月~6月からライセンスが販売されると言うことです

参考URL:http://www.gomplayer.jp/encoder/info.html

Q半年前に 単独事故をして病院に半年通院しました。自分の保険!人身傷害補償保険実損払に入っていたので保

半年前に 単独事故をして病院に半年通院しました。自分の保険!人身傷害補償保険実損払に入っていたので保険をつかいました。
この保険の支払いって 日数×いくら って計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

それは1日いくらの定額払いの一般の傷害保険と異なり、
実損補償です。

日数に影響されることには間違いありませんが、
約款の支払い方式に基づき計算されます。

QAUのSIMロック解除期限が到来してないVOLTE白ロム端末について

中古携帯販売店にて今現在販売してるAUのXPERIA Z5はまだSIMロック解除期限が到来していないため使えないと言われました。
その後自分なりに調べて販売後半年たたないとSIMロック解除できないというのは理解したのですが、
この販売されているXPERIA Z5を購入した人は何に使うのでしょうか?

1.SIMロック解除まで寝かせる。
2.SIMロック解除コードを海外サイトで購入して適用。
 SOFTBANK ROM焼いてからSIMロック解除コードを入力なんてのをみたので簡単にはできないようでしたが・・・
3.ROOTとって使用
4.WI-FI運用

実は2は簡単にできるや他の利用法があるなど有りましたらご享受ください

Aベストアンサー

いやいや、まっとうな普通の人はauと契約して使うでしょう。
使えないというのは、格安SIMでの運用を前提とした意味です。

使い方次第は個人それぞれ。もちろん質問に上がっているような用途で使う人もいます

Q人身傷害保険と無保険車傷害&自損事故傷害

自動車保険の更新です。会社は、あ○いおい損保です。代理店で確認するつもりですが、代理店の方が誤解して違ったことを教える場合もあるかと思いますので、知っている方がいましたら教えてください。

1.今度の更新で、人身傷害保険を無制限にします。
無保険車傷害不担保特約と自損事故不担保特約を付けようと思いますが、何か不都合はあるのでしょうか。

2.人身傷害の搭乗中のみ担保特約
家族で複数の自動車を保有し、無制限の人身傷害を付けていますので、私の車は搭乗中のみ担保特約を付けようと思います。私が搭乗中以外の傷害を負ったときは家族の人身傷害保険が適用されるのでしょうか。

Aベストアンサー

代理店は信頼できないが、ここは信頼できるって事かな?

両方の質問に関わることですが、人身傷害保険については各社で商品内容が若干違っています。代理店の方が信頼できないのであれば、直接保険会社(あ○いおい損保)で確認されてはいかがでしょうか。

私が知っている範囲では、
1.不都合はないと思われます。あ○いおい損保さんは不担保特約をつける必要があるんですか? 特に不担保としなくても自動的に人身傷害に含まれている会社もあります。
2.特に問題はないと思われます。しかしくどいようですが保険会社によって商品内容がちがっています。搭乗中以外の補償についてはその範囲など確認されることをお奨めします。

Q突然、新築工事請負契約書に有効期限が定めてある条項がありますので契約を解除しますと言われました!

突然、施工会社から請負契約の有効期限が過ぎましたので、契約を解除しますと通知がきました。
契約書の約款の第9条に“本契約書の有効期限は平成21年9月30日と定めます。”と書いてあります。
それとは別に、完工日は8月30日と第6条に明記されております。
まだ棟上げと外壁工事しか終わっておらず、大変困っております。たぶん、施工会社は計画倒産をする気かもしれません。

お金も3分2まで支払っています。
よいアドバイスを頂けませんでしょうか。お願い致します。

Aベストアンサー

さっさと弁護士に相談して
支払い金額の保全又は差し押さえを裁判所に申請する。

Q人身傷害の保険金額と、搭乗者傷害のについて。

(1)皆さんは自動車保険の人身傷害保険金額はいくらにしてますか?更改にあたり、人身を無制限にしようと思ってるのですが高すぎますか?損保会社のおすすめプランだと3000万というのが多いのですが、根拠は何でしょうか?私が無制限にしようと思ったのは、もし車に家族以外の人を乗せてて、その方が死傷した時のことを考えたからです。それとも、そういう場合(家族以外の搭乗者が死傷した場合)は、人身ではなく、自賠責と対人で支払われるのでしょうか?(2)また搭乗者傷害保険の必要性がよくわかりません。人身をつけてれば、実際の損害額は全て払われるのだからいらないですよね?

Aベストアンサー

1.個人的には5000万円で入っています。契約者に勧める時にも5000万円です。人身傷害には加入したいが保険料が・・・といった場合は3000万円にすることもあります。根拠は特にありません。3000万円の方は、人身傷害保険の最低保険金額が(全社確認したわけではないですが)3000万円となっているからです。3000万円から2億円まで1000万円単位、それ以上は無制限と決まっているからじゃないかと思います。
金額の考え方そのものは生命保険と同じです。搭乗中の人に万一のことがあった場合の必要補償額をカバーしていれば足ります。実際は生命保険など他の契約も考慮に入れる必要があるため、思ったより必要な額は少なくなるでしょう。ほとんどの人は3000~5000万円で充分カバーできると思います。ただ通常よりかなり高収入の人を乗せる機会が想定される場合などは、それに応じた保険金額の設定となるでしょう。
対人は搭乗中以外の人を死傷させた場合に支払われる保険ですので、人身傷害とは全く違います。自賠責保険はほとんど対人と同じなんですが、同乗者にも保険が支払われる場面も想定できます。しかしその場合でもかなり減額されることになるので、補償という意味では機能が充分ではありません。

2.たしかに人身傷害と重なる部分も多いです。補償面のみから見れば、人身傷害があれば搭乗者傷害ははずしても差し支えありません。人身傷害というのはその事故でおきた損害をカバーするものです。ですから相手側から100%の補償を受けることができるような場合は、全く関係がありません。また過失割合等によって相手側より○割かの補償が得られる場合でも(10-○)割となります。一方搭乗者傷害は相手側とは全く関係が無く支払われるものです。つまり相手側からの補償があったり人身傷害でカバーできるような場合は、それだけ保険金が多く受け取れるということです。搭乗者傷害に関しては保険料も結構な金額ですし、保険会社もあまり積極的に売るといった傾向にはありません。

1.個人的には5000万円で入っています。契約者に勧める時にも5000万円です。人身傷害には加入したいが保険料が・・・といった場合は3000万円にすることもあります。根拠は特にありません。3000万円の方は、人身傷害保険の最低保険金額が(全社確認したわけではないですが)3000万円となっているからです。3000万円から2億円まで1000万円単位、それ以上は無制限と決まっているからじゃないかと思います。
金額の考え方そのものは生命保険と同じです。搭乗中の人に万一のことがあった...続きを読む

Q2G期限後に自動契約解除ですが救済してほしい

3/31の2G期限ですが、
今のところ、3/31自動契約解除になり、ポイントも消滅。
そうなると、解除されたユーザーは他社ケータイに移行することもありえるのですが、本当に2Gユーザーを切り捨てするのでしょうか?
現在、3Gに乗り換えキャンペーンをしていますが、機種代金が増額になるために、機種変更は自粛しております。
4月になって、変更しなかったあなたが悪いってことになるか、
救済処置として、3G機種が送付されてくるか?今は未知のことですが、想像するにどうなるかご意見お願いします。

以前、NTTアナログ終了時には、端末が届けられました。

Aベストアンサー

可能性としては
ポイント引継ぎ
3G携帯端末代金無料提供など可能性は無いとも言えません。

ドコモPHSの廃止の際FOMA機無料提供がありました。
期限限定で期限内発売中の最新機種も対象でした。

やるとしたら機種代金割引(対象機種の限定もあり得る)
しかし
ドコモの時は廃止前の年の12月末日まででした。
まだそのような発表も無いようですし葉書などで通知も無いです。
現状のキャンペーン以外に新たな処置が起る可能性は低いかもしれません。
終了間際まで期待して3G移行を待つしか実際は判りません。

Q会社で入る団体傷害保険の請求ついて

先日、海外でひったくりに逢いました。幸いにも怪我はなくホテルの人の手助けにより現地の警察には届けました。ですが、あいにく海外旅行保険に加入していませんでした。
会社で三井住友海上の団体の女性保険に入っていてそちらに傷害保険がついていました。この保険の代理店は私の勤め先の会社の関連会社なのですが、こちらを通じて保険を請求すると私の会社には連絡が行くのでしょうか?
「団体保険」というのは請求する場合も会社にわかるものなのでしょうか?
情けない話なのですが、なかなか有給が使いづらい会社でして病欠を理由にして旅行に行ったのです。ちょうど保険の有効期限が3月15日までなので請求しようかどうかとても迷っています。
関連会社の保険代理店の人に知られるのは絶対だと思いますが、もし会社の方にも連絡がいくのならあきらめようと思います。でもカバンの中にビデオカメラやらデジカメやらを入れていたので出費があまりにも痛すて・・。どうぞ、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

団体保険でも被保険者(保険の利益をうけられる方)は個人で会社は関係ありません。
従って、保険会社があなたの秘密を、この保険では第3者であるお勤め先に知らせることはありません。
来月から個人情報保護法が本格施行されますが、施行前の今でも取扱いは同じですし、保険会社はこういうことに慣れていますし、漏らすと逆にお客様から損害賠償の請求をされますので、慎重です。
いかし請求時に「くれぐれも」と頼んでおけば万全です。

ただひとつ心配なのは、こういう団体保険は、どれだけ保険が利用されたかという損害率で、翌年の保険料(掛け金)が大きく違ってくるという仕組みなっています。
つまり保険会社は、お勤め先に対し、前年の実績を証明するために、事故のデータを提出する可能性がないことはないのです。出す場合でも、普通は、氏名を伏せたり、氏名のない、数字のみを報告するようにしていると思いますが、三井住友海上がどういう実務をしているかはわかりません。
請求されるとき、この点も確認されてはいかがでしょうか。

Q期限の利益の喪失(契約解除)と死亡について

よく、金融機関の契約書に書かれている、期限の利益の喪失約款に「連帯債務者のうち一人でも死亡があったとき」という条項というのは有効に成立するものでしょうか?
例えば他の連帯債務者や相続人が、分割で支払いを継続していたとしても、それらに対して、一括返済を請求できるのでしょうか?
また、同じように借地や借家契約などの場合で、賃借人が死亡したときは契約を解除できる旨の条項は有効なのでしょうか?
分かる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 期限の利益喪失特約に関しては,法律上の制限は特にありませんので,原則的には有効です。ただし,連帯債務者の一人の死亡により弁済の継続に対する不安が何ら生じていない一方,期限の利益喪失により債務者に不相当な経済的負担を与えるといった事案であれば,裁判所が契約条項を限定的に解釈したりして対応する可能性はあると思われます。関連する裁判例があるかどうかまでは分かりません。
 借地契約や借家契約の場合,契約の解除は信頼関係破壊の法理という判例理論により厳格に制限されていますので,単に賃借人が死亡したときは契約を解除できる旨の条項は,ほとんどの場合無効と判断されるでしょう。

Q搭乗者傷害保険及び家族傷害保険の後遺障害保険について

後遺障害14級の認定を受けたので自分の保険会社に保険金を請求しようと思うのですが、後遺障害保険の支払いの説明に「事故発生からその日を含めて180日以内に後遺障害が発生した場合、その程度に応じて1名保険金額の4%~100%・・・・」(両方の保険共に同様の説明書きがあります)今回、後遺障害14級が認められました。しかし、事故発生は、昨年4月、症状固定10月(治療期間6ヶ月:180日)後遺症認定今年の4月(1年経過)です。この場合の支払い説明の中の180日の文言が気になるのですが、どのように解釈したらよいのでしょうか?保険請求に問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

搭乗者傷害保険や傷害保険では180日を超ええてもなお治療を要する場合には、180日が終了する前日の医師の診断に基づき、後遺障害の
程度を決定します。
従って、保険請求には問題はないはずです。
なお、いづれも医療保険金は180日が限度です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報