今回の質問は、修士課程の口頭諮問についてです。
ぜひ、口頭試問対策について、しておいた方が良い事をアドバイスしていただきたいです。できれば、税理士免除を目指している大学院の方からも、よろしくお願いします。 口頭諮問は、例えばどのような質問を受けるのでしょうか?
経験者の皆様、面接などでの注意点など教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書けば本が書けちゃうほどのものと思いますので要点のみ。


(1)ご自身で書いた論文なので、問題意識なり命題があって、それをどう論じていったのか、ということが頭の中にこびりついているぐらいでないといけないと思います。差し支えなければ、スラスラっと書かれてみてはいかがですか?
(2)試験官は、指導教授と副査2名の合計3名というのが通例のようですが、その中にその論文の分野に詳しい方がいらっしゃるかどうかが要注意です。突っ込んだ質問に答えられなければマイナス心証になると思います。反面、そうでない場合は、質問が一般的な論文執筆に関することであるとか、文書の書き方などについて指摘してくる場合が多いようです。少なくとも、試験官の文献やものの考え方は読んでおき、逆にそれに微妙に触れつつ話をすることは悪い気しないと思います。
(3)経済学系の文系修士論文では、先学の確認的なものを中心に、極力オリジナリティを、ということを聞いたことがあります。したがって、内容としては博士論文級のように広がりをもたせないことがひとつのコツだと思いますが、抽象的な表現をすれば、理論が小さい穴から始まり、ちょっとそれを拡げ、また再び小さい穴に戻る、というような感覚でいくといいようです。あれもこれも、というのは稚拙に映るようなので、一点豪華主義的に応答されるといいと思います。
 口頭試問よりも論文が問題です。個人的な感覚としては、自分で書いたものであれば答えられる範囲のものであり、口頭試問のみをさほど神経質に扱う必要はないように思っています。
 2回の経験の中からアドリブで書きましたので不十分かも知れませんが、また必要に応じて聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます。十分な対策を取り、のぞむことができそうです。的確なアドバイスをありがとうございました。
初めてのことですので、緊張しますが、全力でのぞみます。

お礼日時:2002/02/20 00:15

 口頭試問(この字?)というのは、入学選考のではなく、修士論文提出後のことですよね?

この回答への補足

遅くなりました。修士論文提出後のことです。よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/17 21:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士の相場について

はじめまして。相続の件についてお聞きしたいんですが、兄弟二人で母親(配偶者は死亡)の財産を相続した場合基本控除を超えるため相続税の申告を税理士に任せようかと思いますが税理士にかかる費用の大体の相場(費用の計算方法)などわかる方がおりましたら教えてください。相続する額は総額約1億円です。相続する内容は戸建の家屋と保険金や会社の退職金などです。税務署から税理士のリストをもらいましたが、費用などがあまりにも高い税理士はなるべく遠慮したいのでくわしい方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240平米以下の部分まで80%の評価減(つまり、20%の評価)ができます。(小規模宅地等の評価減といいます)

3.保険金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡保険金から差引けます。

4.退職金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡退職金から差引けます。

つまり、上記3.4.で確実に「1000万+1000万=2000万」は課税対象額が減額できますし、居住用家屋も通常時価よりは低い金額であること、土地については80%(240m2まで)の減額が可能です。

仮に単純な時価の総額が1億円というここであれば、そこから非課税枠合計2000万を差引いて8000万。8000万から基礎控除7000万を差引いて1000万。ということは居住用不動産の財産評価や他に負債によっては相続税はかなり圧縮できます。

ただ、相続税がOであっても、小規模宅地等の評価減を使用してOになっている場合には相続税の申告が必要です。

税理士に依頼すれば、#1の回答の通り数十万の報酬は必要になりますが、親族関係も特に複雑でなく、分割方法も決まっていて、財産内容も上記のものでしたら、ご自身でも申告書作成は可能です。わからないことがあれば税務署に資料を持ち込んでお尋ねになれば教えてくれます。

もし、税理士に依頼されるのであれば下記のような紹介してくれるサイトもありますのでご参考までに。(同じ税理士でも相続申告の経験があまりない税理士もいますので・・・)

http://www.expert-net.com/samurai/ad/

http://www.jalic.jp/

参考URL:http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_30.html

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240...続きを読む

Q修士課程、博士課程の忙しさ

経験者の方は、学部時代の実験などの忙しさと比べて、修士・博士課程の忙しさはどのくらい忙しいですか?また、卒論・修論・博論を読み比べると自分は成長したなーと思いますか?教えてください

Aベストアンサー

忙しいかどうかは、自分次第でしょう。
私は今D1ですが、自分自身に課す要求やハードルが、修士博士と進むに連れて上がってるのでそりゃーもー大変になってきます。
昔自分が『満点』と思ってたラインが最低ラインになったりしますからね(それもどうなのだろう)

それと、学年上がるほど、後輩に教えることや、教授からいいつけられる雑用が増えて(ウチの場合)自分の直接の仕事とは関係ないところで忙しくなりますね。

ただ…『遅くまで実験している=やる気がある』とは限らないと思うんですよねぇ(飽くまで私の考えですが。No.2さんゴメンナサイ)
私は、むしろ卒論や修士初めの頃の方が効率・手際が悪く、結果として『遅くまで実験』していましたから。。

今の私は、卒論と修論の比較しかできませんが…
も、全然違いますねー(汗)
分野も多少違いますが、そもそも英文法からして卒論は酷い!
そして、論理が強引!!

…D論では、M論以上に成長できるように頑張る次第です(笑)

Q税理士費用について

小規模法人ですが税理士費用の相場について教えてください。現在の契約は月に2万円強、決算6ヶ月分、年末調整4万円前後です。中長期の経営コンサルタント的な契約も含んでおりますが、年間40万円を超える額を払うのは高すぎだと思っています。一般的な相場などがありましたらお教えください。

Aベストアンサー

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さらに、厳しい状況なのだから、同業者どうし助け合おうや、などと言う場合もあるわけですよね。

税理士さんとの関係も、それと同じだと思います。

今まで、会社の数字について、損益状況であったり、財務体質であったり、あらゆる面で何らかの共同作業をなさって来たと思うのですが。
そうであれば、今の会社の状況で、どうしても支払額が負担であることを、率直に御相談なさったほうが良いと思います。

私の知り合いの社長のところでは、残念ながら売上の減少傾向が止まらず、社長・奥さんとも役員報酬の減額を止むを得ずする状況になったら、税理士さん自ら、報酬の減額を言ってきたそうです。

「経営の負担になるような報酬まで頂くわけにはいかない」、「今はお互い我慢の時期ですが、一緒に乗り越えて、将来一緒に笑いたいから」、との考えでそうしたらしいです。

一度今後の経営状況の見通しを中心に、今の状況の厳しさをどう一緒に乗り越えて行こうとしてくれているのか、きちんと御意見をぶつけたほうが良いと思います。
その話し合いの中で、「この人は真剣に会社の将来を考えてくれていない」と判断なさったのなら、次の段階にお進みになればよいと思います。

その場合、下記を一つのご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1270932

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さら...続きを読む

Q博士前期課程と修士課程

大学院のマスターのことを博士前期課程というところと修士課程というところがありますが、全く同じ意味ということはわかりますが、なぜ2種類あるんですか?
もし、使い分けがあれば教えてください。

Aベストアンサー

文科系の博士課程修了者です。

私の大学では、もともと「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉は無く、「修士課程」・「博士課程」とされていました。学者になりたい人は、まず修士課程に入って修士になり、博士課程にほぼ自動的に進学(形式的に試験はする)する感じでした。

大学院重点化によって、「専修コース」・「社会人コース」など修士で終わって、社会に出る人たち(学者志望ではない)用の課程ができまして、これらがみんな修士課程に編入されたのです。これに伴って、学者志望者の修士課程は、「博士前期課程」となり、博士課程は「博士後期課程」となりました。ただし、これは書類上のことで、今でも慣例で、「修士課程」・「博士課程」と呼んでいます。

けっこう大学によってバラバラで、筑波大学なんかは、昔から「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉を使っていたと思います。ただ、今は全部この言葉に統一されているはずです。

Q税理士、適切な費用は?

10年間やってもらった知り合いの税理士が病気で突然引退しました。適当な人(会社)を探していますが費用がまちまちのようで、どうしたらいいか迷っています。
私は個人営業でパートが一人だけ。やっていることが毎年同じで、税理士に質問することもとくべつありませんので税理士への費用はできるだけかけたくないのです。
今までの税理士と会うのは年に一回だけ。そのとき、一年分の毎日の売り上げや出費をEXCELで書きこんだものを渡しちょっとした話をし、あとは6月と12月にパートの人の給料をメールで知らせるだけの関係でシタガ、税務署の立ち入りを含め問題になったことはまだありません。
節税対策の知恵は不要です。しかし税理士に対する費用を節約したけっか,申告手続きがおざなりになり税務署ににらまれるようになるのも困るのですができるだけ少ない費用で、安心できる税理士を見つける方法,適切な費用(謝礼)をおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
10年間継続している税理士がいなくなると不安ですね。

質問者さんはきっちりと出納帳もつけられているようですし、内容も軽そうなので税理士のかかる負担は抑えられるかと思います。
もちろん青色申告かと思いますが、その場合での相場は月額10,000円~15,000円、決算料(確定申告料)60,000円~80,000円くらいの相場かと感じます。つまり年間全て含めて20万円前後には納まる内容だと思います。

探し方は、ネット、タウンページ、税務署の名簿など多々ありますが弊社で税理士紹介事業を行っていますので、もしよろしければご利用いただければ幸いです。
税理士紹介おまかせナビ http://www.omakase-zeirishi.com/
女性税理士紹介Net  http://josei-zeirishi.net/

価格だけでなく、相談しやすいか、誠実か、など相性の部分もありますので、複数名の税理士に会われて、決めるということも大事かと思います^^

参考URL:http://www.omakase-zeirishi.com/

Q新制大学の修士課程と博士課程との接続関係

戦後長い間、修士課程は2年で博士課程は3年であり、博士課程は修士課程を修了後に修めるものとされてきました。しかし昭和24年の「大学院基準」では、両者は上下の関係ではなく、並立の関係であり直接博士課程への進学が想定されています。もちろん、修士課程を修了後であっても進学可能ですが、その場合は修士課程の履修単位は博士課程に算入できるとまで記述されています。なぜ修士課程と博士課程の並立制が実現しなかったのでしょうか?一説には、当時の文部官僚がGHQの並立示唆を上下関係と誤解した結果との解釈もあるようです。3年で済むところが、ミスで5年も必要となったとすれば、社会的責任は大きいと思います。真相をご存知の方、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の学位で基本的に学位破壊が起きていないのは博士だけ(と思っていますがもちろん例外はあるでしょうが)、これを3年にするとどうでしょうか?それで、多くの人が学位を取れるのかということです。多くの人が5年かかる(あるいはそれ以上)のであれば、やはり5年を標準にすべきと思います。

質問文ではGHQが並立制を示唆としたと書かかれているのですが、No.5に対するお礼では、まるで日本が3年制を主張していたかのように取れます。いずれにしても、3年制は、一つのやり方であって、正しいかどうかは別問題です。本国の米国でも5年が一般的であり、3年制が良いとは思えません。要は博士学位に対する認識の問題であり、本来は、GHQや政府が決めることではなく、大学側が決める問題です。博士は、これだけの実績を上げたものに与えられるべきだという基準です。

私が論博を取るとき、ファーストオーサーで10本を要求されました。課程博士だと3本でよいということでした。このような二重基準も問題ですが、課程博士の年限を短くすることはより悪化する方向だと考えます。特別な実績をあげたものは学部卒後3年で博士の学位が取れるという基準で十分だと思います。

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の...続きを読む

Q税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

Aベストアンサー

青色申告なら、10万程度
白色申告なら、5万円程度・・・が相場だと思います。
自分は、その程度の金額でやってもらっていました。

Q社会人の進学~博士課程前期(修士課程)~

大学院へ進まれている方のほとんどは、
志望する際には「研究テーマ」が具体的に決まっているのでしょうか。

例えば、
「ベンサムやH・L・A・ハートの法実証主義に興味がある」
と、いったような抽象的な「興味」の段階ではないのでしょうか?

もっと具体的に
「ベンサムの『無政府主義的誤謬論』にみる自然権批判」
とか、具体的なテーマが求められるのでしょうか?

Aベストアンサー

入学後に研究テーマを決めてもよい院もあります。
反対に、テーマと研究方法まで絞ることを要求するところもあるので、受けたい院を調べたほうが確実です。

Q税理士資格を取得した後の費用について

税理士資格を取得した後の費用について
税理士資格取得後、税理士資格維持のため費用(更新料、研修・講習料など)は、1年にいくらぐらいかかりますか。(登録料は日本税理士会連合会にありました。)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税理士資格の維持だけでしたら各エリアの税理士会への会費だけです
ちなみに近畿税理士会では本会費 82,800円、支部会費 12,000円です。
地域によって違いますが年間10万くらいですね

研修費は無料のものとかいろいろあります。現状では年間研修を36時間受けるよう努力目標が定められていますが、強制ではないです。

研修費は無料が多く、1回、1000円、2000円程度のものが多いです(だいたい2~3時間コースです)

Q修士1年を辞めて、他大修士課程への進学

現在、地方私立大の修士課程1年(物質系)です。内部進学だったので、去年の早い段階で進学が決まっておりましたが、卒業研究でコンピュータの勉強をしていくうちに、研究を行いたい対象がコンピュータサイエンスに変わっていきました。しかし、内部で決まってしまうと他大受験は出来なかったので、そのまま進学してしまいましたが、やはり、諦め切れませんでした。

そこで、

1.現在の修士課程に通いながら、他大の院を受験しようと思いますが、それは院試において不利になってしまうのでしょうか。

2.分野を変えたいという事を現在の指導教官の先生にはまだ話しておらず、というか話せません。不合格だった場合を考えると、やはり言い出せません。保険をかけるなんて考えが甘いのは自分でも分かっているのですが、合格後に話すというのはやはり常識外れでしょうか。

3.私立→国立を考えていますが、修士に通いながら、他大修士を受け直すとなると、実質、仮面浪人という事になってしまいますが、国立同士の場合、合格しても両方とも除籍されると聞いたことがあります。合格通知が来たらすぐに今の院の中退手続きをする予定ですが、私立の院から国立の院の場合はどうなるのでしょうか。


よろしくお願いいたします。

現在、地方私立大の修士課程1年(物質系)です。内部進学だったので、去年の早い段階で進学が決まっておりましたが、卒業研究でコンピュータの勉強をしていくうちに、研究を行いたい対象がコンピュータサイエンスに変わっていきました。しかし、内部で決まってしまうと他大受験は出来なかったので、そのまま進学してしまいましたが、やはり、諦め切れませんでした。

そこで、

1.現在の修士課程に通いながら、他大の院を受験しようと思いますが、それは院試において不利になってしまうのでしょうか。

2....続きを読む

Aベストアンサー

理系の大学教員です。

私の個人的な意見ですが、今の担当教官に「~こういうことがやりたくなったんですけど」って相談されもいいんじゃないでしょうか?

合格後に話すというのは、「合格しなくて残るときに浮気したみたいでいやだな。合格すればいなくなるから教官がどういう反応してもいいし」という考えだと思います。
そういう考え方が常識はずれだとかどうとかは議論があると思いますが、私はあえてそれには言及せずに、今の担当教官と事前に話すことをお勧めします。

学生がこれから進む人生を自分の研究分野に縛ることで台無しにするような教官もいるかもしれませんが、そんな教官だったら別の意味ですぐ辞めるべきです。ま、それはともかくとして、私だったらそんな学生の相談にのりたいと思います。
試験に受けて落ちたとして私だったら「駄目だったならとりあえず修士はここでがんばれ」の一言で終わりですよ。落ちた後、質問者様が「迷惑かけたのだから頑張る」という意気を見せてくれたら言うことはありません。
落ちることばかり話しましたが、合格しても円満卒業、違う院に行ってもたまに遊びに来る研究室になるような関係になることができると思います。
これまでの付き合いで、質問者様なりに今の担当教官が「普通の人(極悪人ではない)以上の教官」であると思うのであるのならば相談すべきです。

また、受けたいと思う別の研究室の教授には、必ず自分の今の立場とここを受ける経緯を必ず話しましょう。これは絶対です。それによって受ける側の教官が判断すると思います。絶対に受ける前に研究室訪問をしましょう。その時に円満解決をしているということは好材料であるはずです。人間的にちゃんとしていると。大学教官の世間は狭いので研究室間のいざこざは避けたいと思う教官は多いと思います。

試験の仕組みなどは、受ける側の大学の事務に、自分の状況を言った上でどうなのか問い合わせるといいと思います。それが確実です。

人間関係は切ろうと思ったら簡単です。きちんとやれるということがなんと言うか大人だと思います。

理系の大学教員です。

私の個人的な意見ですが、今の担当教官に「~こういうことがやりたくなったんですけど」って相談されもいいんじゃないでしょうか?

合格後に話すというのは、「合格しなくて残るときに浮気したみたいでいやだな。合格すればいなくなるから教官がどういう反応してもいいし」という考えだと思います。
そういう考え方が常識はずれだとかどうとかは議論があると思いますが、私はあえてそれには言及せずに、今の担当教官と事前に話すことをお勧めします。

学生がこれから進む人生を自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報