女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

同僚が「17日」を「じゅうなのか」、「27日」を「にじゅうなのか」といいます^^; 私は「じゅうしちにち」と言いますが、「14日」は「じゅうよっか」で良いと思うし「じゅうよんにち」「じゅうしにち」なんていう人もいないかと思います。正しいものを同僚に教えてあげたいと思うので教えて下さい。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

他の方も指摘されている通り、漢数字の音訓を統一するという観点から、


『十(じゅう)』という音(おん)に続くべきは、同じく音の『七(しち)』だと思います。
(重箱読み、湯桶読みという例外は、ここでは脇においておきます)

一方、その原則からすれば、『十四』は『じゅうし』と読むべき、となります。
ところが実際には、『十四』に対しては『じゅうよん』という読みも
広く用いられているようです。
個人的な推測になりますが、これは『四』という数字が同じ「し」の音の
『死』を連想させるので縁起が悪い、とされていることと相通じるものが
あるのではないでしょうか。

つまり、『死』を連想させる「し」という音(おん)を避ける習慣が、
『十四』に対して『じゅうよん』という特例を定着させたのではないか、
ということです。


ここで、改めて『七』について考えてみますと、
『四』の「死に通じる」という理由ほどの合理性(?)はないかもしれませんが、
これも既に指摘がありますように、その発音のしにくさ・聞き分けにくさ
(→「し」が「ひ」になる方言の存在が傍証)があります。
これによって『七』を音(おん)の「しち」よりも訓の「なな」で読まれることが
多かったとすれば、『四』の場合と同様の事情と考えられます。
(例えば「十七台」は、よく「じゅうななだい」と読まれますよね?)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですね…説明して頂くとなるほど~と思います。いかに自分の考えが浅く、感覚的にしか生きてないかというのが思い知らされますね(^^;ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/18 10:47

A NO8です。


ご質問の主旨良くわかりました。確かに影で馬鹿にするのは良くないし、される方は不愉快ですよね。
私は経験上(本来、本当に正しいことを指摘…状況としては逆に自分が間違っているのではないかと質問…だったのですが…)正しいことを指摘して叱責されたり、意識して使い分けをしている言葉や感じを「間違っている」と言われたリ…自分が知らずに恥をかきそうになったり…などがありましたので、あのようにお答えさせて頂きました。
大変失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人はそれぞれ感性や思考が違いますからね(>_<) 誤解されないように一言補足が必要ですね。私もこの質問に、質問内容以外で指摘が入るとは予測しなかったので、良い勉強になりました。ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2006/04/18 10:38

ANo.6です。


回答ではないですが、参考になればと。
私の使っているIMEでは、「じゅうしちにち」→「十七日」は変換できますが、「じゅうなのか」は「じゅう なのか」のように文節を分けなければ変換できませんでした。
「じゅうよんにち」→「十四日」、「じゅうよっか」→「十四日」「じゅうしにち」→「十四日」は問題なく変換できます。
IMEは文法的に正しいかどうかではなく、慣用的に使われている単語を登録してあると思いますので、「じゅうなのか」と発音する慣例は少ないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

変換してみました^^ そうですね^^ …という事は、一般的ではないと解釈して良いですかね?^^;

お礼日時:2006/04/18 10:53

[No.1回答に対するお礼]に対するコメント、



私の述べたことは先刻ご承知の上で「正しいものを同僚に教えてあげたい」とのお気持ち、了解しました。
すでに述べたとおり、貴方の言っておられることは私の考えと全く同じです。
つまり「じゅうしちにち」「にじゅうしちにち」「じゅうよっか」が“正しく”、「じゅうなのか」「にじゅうなのか」は“異常”だと思います。
赤穂浪士討ち入りの日である「師走なかばの十四日」が「じゅうよんにち」「じゅうしにち」では馴染めない。(^_^)
    • good
    • 0

数の数え方は、和語系統の


ひい(ひとつ)、ふう(ふたつ)、みい(みっつ)、よう(よっつ)、いつ(いつつ)、むう(むっつ)、なな(ななつ)、やあ(やっつ)、こ(ここのつ)、とう、というものと

漢語系統の
いち、にい、さん、よん、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう、があります。

本来は和語系統と漢語系統を混在させるのは、間違いです。
ただ、和語系統の数え方が、一般的に無くなっているので、不思議な数えかがまかり通っているようです。
純粋な和語ですと、「17日」は「とう あまり なぬか」となり、「27日」は「はつか あまり なぬか」となります。このような数え方をする人は、今は余りいませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

和語系統?漢語系統?考えてもみませんでした^^; やはり、奥が深いというか、勉強になります~^^ ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2006/03/27 21:31

こんにちは。


こう言うものについては「正しい」と断言できるものは無いのではないですか?NO6の方と同じ意見です。

自分の育った環境や表現のみが正しいと思って他人に指摘すると却って恥をかく場合があります。そして言葉と言うものはある意味日々変化していくものですから、自分が正しいと思いこんでいるものが常に正しいものとはいえない場合も多くありますから…。

「じゅうなのか」「にじゅうなのか」「じゅうよんにち」私は使いませんが良く耳にします。「じゅうしにち」は記憶にありませんが…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。こちらでもお断りしなければならないようですが、ご回答者様が心配して下さってるような事は解っています。自分が正しいと思い込んでるなら質問はしてません。間違いを本人に伝えず陰でバカにしたりする人がいるので、ちゃんと教えてあげたいんです。でも、それ自体が間違ってたらどうしようもないですよね?そういう意図もあって質問してるんです。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/03/27 10:46

おはようございます。


No.2,4,5でお答えした者です。
本当にたびたびすみません。
眠ったら、どうして不自然なのかわかりました。
「じゅう」ならば「いち」「に」「さん」の流れ、「なのか」ならば「ついたち」「ふつか」「みっか」の流れ、組み合わせが違うんです。
子供が使うような言い方なので、なんだか聞いたような気がしただけで、やはりその使い方は変だと思います。
やはり人間はきちんと眠らないといけませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きっとお疲れでしょうに混乱させて申し訳ありませんでしたm(__)m そして真剣にお考え下さってありがとうございます。私の周りでそう言う人は一人だけなので耳慣れなく、気になっていたんです。いろんな勉強になりました。ありがとうございました^^

お礼日時:2006/03/27 10:03

これはどちらが正しいというものではないと思います。


地方や育ってきた環境によって言い方が違うことはよくあります。
まあ方言と捉えられたほうがいいのでは。

ちなみに私は大阪ですが「じゅうひちにち」と言っています。
「じゅうななにち」と言うこともあります。
「ひち」「しち」「いち」など紛らわしいので「なな」ということがあるのです。
「14日」も「じゅうよんにち」と言うことがあります。
習慣とその場でのわかりやすさで使い分けるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。方言や環境で言葉の使い方が違うのは分かりますが、学校で、数や、物、日数の数え方等習いましたよね^^; その時に習ったのか、もう忘れてしまいましたが、習ったのならば、正しいものがあるのかな?と思ったのです。習慣とその場でのわかりやすさでの使い分け…納得です^^

お礼日時:2006/03/27 10:26

No.2でお答えした者です。


たびたびすみません。
「じゅうなのか」や「にじゅうなのか」を一度も聞いた事がないと書きましたが、勘違いしていたかもしれません。
ひらがなで見たら、なんだか変だと思い、聞いたことが無いなどと書いてしまいましたが、口に出してみたら、自分でも時々使うような気がしてきました。
繰り返し言えば言うほどわからなくなってしまいました。
45年も生きてきて恥ずかしいです。
よく寝てから、冷静に考えてみます。申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0

No.2でお答えした者です。


この言い方は不自然ですと言ったのは、「じゅうなのか」や「にじゅうなのか」のことですので、勘違いされませんように。「この言い方」というより「その言い方」と書くべきでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落ちるや拾うの意味

落ちるって言葉を辞書で調べると、上から下に移動(落下)する
ダメになる 付いていたものが取れる
など沢山ありました。けどそれぞれ意味は違うのに皆、落ちるって意味なのか不思議に思います。

特に『床に落ちてしまったシミが落ちてくれない』同じ落ちるでも意味は違います。
また「拾う」にも沢山意味があります。落ちたものを取り上げる。やピックアップなど…
「落ちる」や「拾う」って表現には共通点あるのでしょうか?

Aベストアンサー

>けどそれぞれ意味は違うのに皆、落ちるって意味なのか不思議に思います。
>「落ちる」や「拾う」って表現には共通点あるのでしょうか?

「落ちる(「落つ」)や「拾う(「拾ふ」)」は、昔からある和語ですから古語辞典で調べてみました。

◎共通点は「落ちる」や「拾う」は、動詞で「やさしい言葉」ということです。
幼稚園児でも使うやさしい言葉です。
やさしい言葉というものは、一般に、多くの人に長く使われてきた言葉ですから、沢山の意味が派生してきています。
「落ちる」で一番やさしい使い方は「木からリンゴが落ちた」などの上から下への急な移動です。幼稚園児でも使います。
最初に「落ちる」を使った日本人も、おそらくこの使い方だったと思います。これが一番元の意味です。原義です。
>「シミが落ちてくれない」の「落ちる」は難しいですね。幼稚園児は使わないでしょう。
でも、この「落ちる」も「木からリンゴが落ちた」とそう変りません。
リンゴが木から落ちると、もう木にはリンゴが付いていません。
木からリンゴが落ちて、木にはリンゴがなくなりました。
シミも床から消えてなくなれば、落ちたということになります。
「落ちる」で難しい使い方は、「容疑者が『落ちた』」の「落ちる」があります。
白状したということですね。
なぜ「落ちた」=「白状した」になるのか考えてみました。
物が落ちるということは、落ちる前は不安定な状態にあったはずです。
木になっているリンゴも、ニュートンの法則に逆らって、高いところに危なっかしげにぶら下がっています。
それが地面に落ちました。落ちたところが斜面だったのでさらに転がり、地面の窪みで止まりました。もうこれ以上動きようがありません。落ちるところまで落ちて、落ち着きました。
「容疑者が落ちた」ということは、落ち着くところに落ち着いた、と言うことでしょう。
しかし、裁判などでは「被告が落ちた」なんて言いません。
多分「被告が自供した」と言うんでしょうね。「自供=自ら供述する」という難しい言葉を使います。
裁判などで「落ちる」を使わないのは、「落ちる」では意味が沢山あり過ぎて、間違って解釈する可能性があるからです。
自供という漢語の意味は一つしかありません。

「拾う」という和語については、説明を省略しますが、これも「落ちる」ほどではありませんが、意味が沢山あります。古くから使われているやさしい言葉だから、多くの意味に枝分かれしています。
これが「拾得」という難しい漢語になると、意味が一つしかありません。

日本には、中国から漢字が伝来する前から、言葉は存在していました。和語です。やまとことばです。
やさしい言葉で長年使われていますから多くの意味に使われています。
やさしい言葉ばかりでは、本当の意味が伝わらなくなる恐れがあります。
そこで、日本では中国の漢語を借用したり、自ら漢語を作ったりして百般に利用してきました。
英語でもそうです。やさしい動詞には沢山の意味があるでしょう。それと同じです。

★結論:「落ちる」や「拾う」って表現の共通点:やさしい言葉
やさしい言葉には使い方が沢山ある(^o^)。

道具でも同じですね。
箸という道具は簡単なものですが多用途です。箸が二本あればどんな料理でも食べられます。
ナイフやフォークになるとチョッと機械に近くなり、使い方が限られてきますね(^o^)。

日本語使いの上手な人ってぇのは、やさしい言葉を間違いなしに使う人のことらしいです。

>けどそれぞれ意味は違うのに皆、落ちるって意味なのか不思議に思います。
>「落ちる」や「拾う」って表現には共通点あるのでしょうか?

「落ちる(「落つ」)や「拾う(「拾ふ」)」は、昔からある和語ですから古語辞典で調べてみました。

◎共通点は「落ちる」や「拾う」は、動詞で「やさしい言葉」ということです。
幼稚園児でも使うやさしい言葉です。
やさしい言葉というものは、一般に、多くの人に長く使われてきた言葉ですから、沢山の意味が派生してきています。
「落ちる」で一番やさしい使い...続きを読む

Q読み:27日→ニジュウシチ 17日→?7日→?は何と読みますか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】こないだ会社で27日の事はニジュウナナではなくニジュウシチと教わりました。では、7日や17日には何と読むのでよううか?37や47も読みきまった読みがあるのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

『NHK ことばのハンドブック』に、「数字の発音」という章があり、
放送で使う数字(1~20、100、1000、10000、何)の
発音を、それに続く個々の助数詞や名詞ごとに列挙してあります。

それによると、ほとんどが「ナナ」「ジューナナ」ですが、例外もあります。
以下は大量にある用例の中から例外を抜粋したものです。ご参考まで。

( )内は許容する読み。
---------------------------------------------------------------
日   ナノカ(ナヌカ)  ジューシチ日
日目  ナノカ(ナヌカ)  ジューシチ日目
------
月   シチ月(ガツ)
時   シチ時      ジューシチ時
段   シチ段      ジューシチ段 (段位)
人   シチ人      ジューシチ人
------
回忌  シチ(ナナ)回忌  ジューシチ回忌
次元  シチ(ナナ)次元  ジューシチ次元
夜   シチ(ナナ)夜   ジューシチ夜  (ヤ)
------
時間  シチ(ナナ)時間  ジューシチ(ジューナナ)時間
時限  シチ(ナナ)時限  ジューシチ(ジューナナ)時限
人前  シチ(ナナ)人前  ジューシチ(ジューナナ)人前
年   シチ(ナナ)年   ジューシチ(ジューナナ)年
------
字   ナナ(シチ)字   ジューナナ(ジューシチ)字
条   ナナ(シチ)条   ジューナナ(ジューシチ)条
帖   ナナ(シチ)帖   ジューナナ(ジューシチ)帖
台   ナナ(シチ)台   ジューナナ(ジューシチ)台
題   ナナ(シチ)題   ジューナナ(ジューシチ)題
段   ナナ(シチ)段   ジューナナ(ジューシチ)段 (階段など)
度   ナナ(シチ)度   ジューナナ(ジューシチ)度
杯   ナナ(シチ)杯   ジューナナ(ジューシチ)杯
版   ナナ(シチ)版   ジューナナ(ジューシチ)版
番   ナナ(シチ)番   ジューナナ(ジューシチ)番
尾   ナナ(シチ)尾   ジューナナ(ジューシチ)尾
幕   ナナ(シチ)幕   ジューナナ(ジューシチ)幕
問   ナナ(シチ)問   ジューナナ(ジューシチ)問
羽   ナナ(シチ)羽   ジューナナ(ジューシチ)羽
割   ナナ(シチ)割   ジューナナ(ジューシチ)割
ポイント ナナ(シチ)ポイント  ジューナナ(シチジューシチ)ポイント
------
行   ナナ(シチ)行   ジューナナ行
周年  ナナ(シチ)周年  ジューナナ周年
度目  ナナ(シチ)度目  ジューナナ度目
敗   ナナ(シチ)敗   ジューナナ敗
遍   ナナ(シチ)遍   ジューナナ遍
編   ナナ(シチ)編   ジューナナ編
枚   ナナ(シチ)枚   ジューナナ枚
名   ナナ(シチ)名   ジューナナ名
------
重ね  ナナ重ね     ジューシチ(ジューナナ)重ね
切れ  ナナ切れ     ジューシチ(ジューナナ)切れ
桁   ナナ桁      ジューシチ(ジューナナ)桁
束   ナナ束      ジューシチ(ジューナナ)束
------
株   ナナ株      ジューナナ(ジューシチ)株
口   ナナ口      ジューナナ(ジューシチ)口
組   ナナ組      ジューナナ(ジューシチ)組 (第17組はジューナナ組)
柱   ナナ柱      ジューナナ(ジューシチ)柱
クラス ナナクラス    ジューナナ(ジューシチ)クラス
---------------------------------------------------------------

『NHK ことばのハンドブック』に、「数字の発音」という章があり、
放送で使う数字(1~20、100、1000、10000、何)の
発音を、それに続く個々の助数詞や名詞ごとに列挙してあります。

それによると、ほとんどが「ナナ」「ジューナナ」ですが、例外もあります。
以下は大量にある用例の中から例外を抜粋したものです。ご参考まで。

( )内は許容する読み。
---------------------------------------------------------------
日   ナノカ(ナヌカ)  ジューシチ日
日目  ナノ...続きを読む

Q【「死して屍拾うものなし」の意味】

標題(慣用句?)の意味がわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

慣用句じゃないでしょうねぇ。

時代劇の「大江戸捜査網」のナレーションです。
意味ですか・・・隠密支配などから密命を受けた主人公達が、悪者を退治するお話なんですが、表に出せない非公式の任務なので、「死んでも最初からいなかったことにしますよ。公儀(隠密支配、幕府)は知らないフリをしますよ。死者に対してのご褒美は一切ありませんよ」=「死んだら、ただの野垂れ死に。死に損だよ」ということで、「それだけストイックに任務に取り組んでいる」という意味も含んでいるのでしょうね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E7%B6%B2

Qいつ「ちゅう」と呼ぶ?いつ「じゅう」と呼ぶ?

中は2つ呼び方、

いつ「ちゅう」と呼ぶ?

いつ「じゅう」と呼ぶ?

Aベストアンサー

ここのサイトを参考にしてください(怪しいサイトではありません)

〇生活日本語会話
http://web.ydu.edu.tw/~uchiyama/conv/chyu.html

Q和歌の意味(現代語訳)について

「汐(しお)そむる ますほの小貝 拾うとて 色の浜とは 言ふにやあらむ」
西行が詠んだこの和歌の意味を教えてください。だいたいはわかるのですが、最後の「~とは言ふにやあらむ」の意味がいまいち自信がありません。お願いします!

Aベストアンサー

「あら・む」と「ある・らむ」の違いですから、「大きな違い」はありません。西行のこの歌を検索してみましたが、いろいろな伝があり、「あるらむ」がいちばん多いものの、「あるらん」「あらむ」「あらなむ」などいろいろありましたので大差はないと考えても差し支えないと思います。

「む」と「らむ」の違いは、古語辞典でお確かめください。少しだけ書きますと、「む」は一般的な推量、「らむ」は「現在の事態」に対する推量で「ものごとの理由・原因を思いやる用法」で広く用いられたそうです(前掲の辞書によります)。大差はないものの、「らむ」の方が確かに、より状況にあっているようですね。

「この浜を歩いていると、打ち寄せては返す波を赤く染めてしまいそうな、色あざやかな小貝をいくつも拾うではないか。『色の浜』という名があるのもそれゆえなのであろうか。」

#2 さんが詳しく解説されているので、古語辞典で「む」「らむ」をはじめ、ぜひそれらの言葉に当たってみられることをお薦めします。

Q”十”が「とお」から「じゅう」となったのは?

”十”が「とお」から「じゅう」と読むように
なったのは? いつ頃からでしょうか? また
経緯などはありますでしょうか?

Aベストアンサー

漢字というのはもともと中国語を表記するためのものです。
「とお」はもともとの日本語です。「十」を日本語に翻訳した読む場合、「とお」です(訓読み)。「じゅう」は古代中国語の発音から来ています(音読み)。

Q紅白の会場でワイヤレスマイクの電波を拾うとは?

年末の紅白歌合戦の話ですが、ある歌手の人が生歌だったか口パクだったか云々という話で出て来たものですが、

>当日、会場にいて、ワイヤレスマイクの電波を拾っていた人がいて、
>(省略)歌われていたそうですよ。

このような噂があります。

この話の意味がちょっと分からないんですが、会場でワイヤレスマイクの電波を拾うっていうのは具体的にどういう作業でしょうか。普通の観客は座って見ているだけでしょうから、何か器具を持ってきて電波を拾う操作を・・する訳ないですよね。そもそもの話、ワイヤレスマイクの電波を人が拾うとはどういうことなのか、何のためにすることでしょうか。

Aベストアンサー

これ読めば、即解決するよ。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%B5%A1%BC%A5%C8%A5%EF%A5%C3%A5%C1
(確立は「確率」の誤字になってるけど)
-----------------------------------------------------
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/question/thankyou
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/question/close
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/about

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Qある漫画家がインタビューの中で、道に金が落ちていても絶対に拾わないと語っていたのを読んだ記憶がある。

ある漫画家がインタビューの中で、道に金が落ちていても絶対に拾わないと語っていたのを読んだ記憶がある。彼によれば、たとえ十円玉一枚を拾う「ラッキー」も、自分でも思っても見なかったような素晴らしい作品を描き上げてしまう「ラッキー」も、どちらも同じ「幸運一回ぶん」としてカウントされる(別にそのことに明確な根拠はないのけれど)。だから、たかが小銭を拾う程度のことで幸運を浪費したくないのだ->>
全体意味は小さなことにラッキーを使いたくない(?)

Aベストアンサー

作家阿刀田高氏が著書のなかで
神様はなにごとにも平等であるから
1円でも100万円でもおなじなら
1円をひろっても、これはラッキーと
見なされるにちがいない
と、いうようなことを書かれています

まあ、わたしは拾わないことはないけれど
そのたびに、そのことを思い出します

これでラッキーのひとつを使っちゃったなあと

Q「強引」という言葉の「ポジティブ変換」をお願いします!!!^^;

ちょっと、考えたのは、

「積極的」とか、「セールスがうまい」とか・・・

他にも、3つ位お願いします!!!

批判は不要です。。。。><

お願いします!!^^;

Aベストアンサー

ゴーイングマイウェイ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報