プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日、不動産会社の紹介で地方銀行で住宅ローンの仮審査をし、仮審査の段階ではOKをもらいました。
ローン特約をつけ、土地の契約をしました。

4月の中旬には本審査の結果がでるそうです。
仮審査の時には銀行の方とお会いしましたが、本審査の申し込みもしてません。電話ですべて済ませました。

そんなものなのでしょか?

それと、土地代金はすぐに融資実行となるようなのですが、家を建て始めるのは6月ごろになりそうです。
家と土地で2800万円位です。
頭金は800万なのです。

しかし、融資申込み金額は2200万となっていました。

諸費用に大体200万くらいかかるので・・・と銀行の人に言われたのですが、この諸費用とは、どういうものが含まれるのでしょうか?登記費用、保障料金などといわれました。

全部で4回に分けて銀行が融資してくれるそうなのですが、それもよくわかりません。

色々住宅ローンについて調べておりましたら、つなぎ融資という言葉を目にしました。
つなぎ融資というのはどういうものなのでしょうか?

ローンの本審査をするために、建物もまだある程度の間取りを決めた状態で図面を出しました。
審査してしまったらもう、図面の変更などできなくなるのでしょうか?

土地にあわせて銀行融資をしているようで、なんだか不安です。建物については、とりあえず見積書や仮契約などをしましたが、私としては、まだ話が煮詰まってないのに・・・という思いが残ります。

初めてのことなので、わからないままに進めています。話がまとまらずに、わかりづらい文章になりましたが、どんなことでもかまいません。住宅ローンの流れや、体験したことなどありましたら教えてもらいたいです。説明が足りない部分は補足いたします。

この流れでいいのか、住宅ローンの流れというものがどういうものなのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問:更地を業者から購入してその場所に新築物件を建てる。


一連の流れは。
土地を契約してその残金と建物の予算額を借り入れする。
土地契約(契約金)同時に建物の契約もしているはずです。→土地代金は確定です。プラス建物代金です。(2800千円は土地建物の総金額で業者で建物のプランも掲載された販売と思われます、つまり2800-土地代=建物代ですね)、銀行での融資は土地建物に対する住宅融資の仮審査です。その銀行独自の住宅融資或いは保証料付きの他社住宅ローン会社の代理貸しの融資もあります。質問では住宅金融公庫その他の公的資金の申し込みは無いようです。諸経費200万は登記料、保証料、不動産取得税、各種保険料の合計ですから当然その程度必要です。
銀行の実行:
本審査して貴方にお金を実行する場合、銀行側はこの場合、貴方を信用して融資を実行する(無担保融資)でなく、先ず土地を購入して頂き→その後住宅を建てると言う構図ですね。土地の無い人が建物の融資を受けることは出来ませんからね。(貸し地にしても、正式な使用貸借証或いは宅地賃貸契約証が必要であり、その後建物の建築と進みます)
繋ぎ融資:
銀行では貴方が購入して建物を建てる土地に(現在多分、業者の所有権でしょう)、抵当権設定の為、担保差し入れ書を頂きます。銀行の融資実行は貴方が購入する土地の残金額を繋ぎ融資で(一般手形貸付)実行して、貴方に融資した口座から業者に土地代が満額払われると同時に貴方の名義になる土地に抵当権設定して2200万円の最終融資実行の担保といたします。これと同時に、この土地に建つ、新規建物の抵当権設定の追加担保差し入れ書も頂いて一安心です。
頭金800万円が土地、建物にどの様に割り振っての契約か解りませんが(多分全額2800の頭金となっているのでしょう)土地の所有権が貴方に移るとき、繋ぎ融資が発生します。その後は、建物の図面やプランが完全に煮詰まり、貴方も納得した間取りの時点で建物着工になり、その時に着手金が支払われ、上棟の時に支払われ、最終完成引き渡し時に支払われると言うことです。4回ですね。その都度、銀行が融資繋ぎを実行するか或いは2回の実行で決めて貴方の普通預金に確保して工事の進捗状況に合わせて貴方より業者に支払っていただくかでしょう。
全て完成したあかつきに金融機関は土地建物共に抵当権として担保した住宅ローンを貴方に実行して、今迄の一連の繋ぎ融資を返済して頂き長期の住宅ローン返済が始まると共に貴方は新しいマイホームで楽しい未来をご家族と共に見ると言うことです。
それから、万が一融資が却下された場合の契約金は一般的に、借り入れで残金を賄う土地建物の契約ですから、残金が融資なら無ければ当然契約も成立せずに返金となるのが良心的な不動産会社や住宅販売会社の契約書の中身です。
    • good
    • 0

事前審査の段階で土地と建物の見積書を銀行に提出して仮審査がOKになったものと思われます。


銀行は建物の設計や延べ床面積が変わりなければ、問題ありませんが、大きく変更した場合などは、審査内容が変わる可能性はあります。特に、狭くなるようなケースは問題が出てくる可能性もあります。家を購入する場合、何かと不動産業者の流れになる事も多いのですが、大切な自宅なのでしっかりと話を煮詰めて、契約内容をしっかり確認することをお勧めします。色んな銀行に住宅ローンの専門部署がありますので、相談なさっては?
    • good
    • 0

1.地方銀行側では頭金比率(2800万円中の自己資金800万円)や年収比率、勤務先情報で良質のローン客と判断されたのではないかと推測します。

明らかに基準条件がクリアされていれば、ローンの審査は簡単です。

2.引越代50万円、購入家具・カーテン50万円、ローン保証料30万円、税金・登記関係費用30万円と個別に経費を積み重ねれば200万円位にはなります。銀行側にとっては、ローン金額が当初決済金額より減額になるのは何の問題ないものの、増額になるのは+1万円でも申請のやり直しになる為に、最初に金額に余裕を持たせて決済を取っている可能性はあります。不要なら減額すれば良いだけの話です。

3.銀行と業者間での流れが固まっているのかと推測します。工事の進行に合わせた発生経費に応じて、担保設定しないままで質問者が(仮に(1)300万円(2)500万円(3)500万円と)つなぎ融資での借入を重ねて行って、最後に物件引渡しの際に住宅ローン((4)2200万円)で先に借りた借入(仮1300万円)を返済、最終代金の支払をして担保設定をするという流れになるのでは、と考えます。或いは(4)がフラット35などの住宅金融公庫絡みの借入や長期固定金利借入などの場合にもつなぎ融資は有り得ます。

4.銀行のローン審査での建物への条件は、違法建築でなく建築確認が取れる事と建築費用が当初申請と概算で合致する事くらいです。ローン物件の間取り3LDKが4DKになろうと、キッチンが2階に移ろうとローン審査自体には影響ありません。この点では銀行側が建築会社へ相応の信頼をしているのではないか、と推測します。

5.以上がローンに対する質問者への回答になりますが、建築会社が信頼できるのか、支払条件・間取変更等の交渉時期が妥当なのかについては、判断しておりませんので、念の為。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q土地契約後に工務店を変えたいのですが・・・。

家を新築する事になり、先日土地契約を済ませました。
工務店の見積もりをもとに銀行から融資をして貰い、無事土地契約ができたのですが、その工務店が契約前と後で対応が違い、できれば違う工務店に変えたいと思うようになりました。

ですが、銀行融資はその工務店でやっているので、工務店を変更するとなると、また新しく審査してもらわないといけないと思うのですが、土地のお金に支払い期限があり、それを払えないと土地が買えなくなり、違約金が発生してしまいます。

なんとか土地は購入できて、他工務店に変更できる方法はないでしょうか?
もしこのような件に詳しい方がいれば、アドバイスお願いします。とても困っています。

Aベストアンサー

不動産業者ですが、条件を整理してみます。
1、土地は売買契約済みで、その工務店が仲介しているわけではない。但し決済日が近づいている。
2、銀行はその工務店の紹介で融資をつけてもらった。またローンは土地のみで実行するタイプで建物建築時には別途借りる(要は土地先行で2回分割で借入するタイプ)
3、建築請負契約書の締結はまだで、工務店と金銭の授受はしていない。
4、質問者さんの個人の信用上(会社の信用や年収、自己資金など)別の銀行でも借入可能である。
という上記の条件で書きます。

まず次の請負先候補があるのかどうか?ですし、そこが質問者さんの見方になって応援してくれるかどうかが問題です。これから相手を探すと言うのはかなりの時間を要するでしょう。また応援してくれなければ、現工務店とのご破算をすべて質問者さんが受けて行うには苦痛が大きいと思います。表には出なくとも、影で知恵を授けてくれたり段取りをしてくれそうな相手でなければむずかしいでしょう。その候補はあるのでしょうか?

1、これは工務店ではなく仲介人の担当者に決済日の延長を申し出て見ることです。工務店とツーカーならちょっと困りますね・・・・そうでなければ最悪ローン条項は適用にならない事と今までの銀行で融資を受けることを担当者に話をして交渉します。仲介料の取りっぱぐれはなくなるので、売主次第では協力してもらえる可能性もあり。銀行が融資審査を行い実行できる時間ですが通常2週間もあれば可能です(団信で3大疾病の特約など付帯して3000万以上の借入だともう少しかかります)。次の候補があればその業者の提携先で即審査をしてみるのも手でしょう。2月末迄ならばギリギリ間に合うと思いますが。

2、銀行のローンは、別に業者が変わってもあまり関係ありません。現在ただのプラン図と見積書程度での審査内容でしょうから、どこかの業者に変わったからと言って銀行サイドでは関係ありませんよ。
但し、その業者の取引銀行などの場合(業者への貸付なども行っている場合)はちょっとややこしくなりますからその場合は出来れば銀行を変えたほうが良いと思います。
但し、建築確認無しに融資実行できる銀行は限られますから、質問者さんの地域で他に同様のケースを扱う銀行があるのか?どうか?が問題です。銀行員も守秘義務があります。ローンセンターなどの窓口担当者なら直に聞いてきても良いと思います。(支店の融資担当などなら辞めておいてください、相手方に筒抜けになるリスクがあります)

3、契約を締結していないのであれば、道義上はどうあれ、法的に拘束されることはありません。先方が信義誠実に欠ける事が理由ですから、そこを悩むと解決策はなくなります。

4、これは重要です。ご自分が問題なく借入できる事、大丈夫ですよね?

まずは、この問題を解決する手伝いをしてくれ、信用の置ける新たな建築先を見つけることが最優先だと思います。素人の質問者さんが考えたり動くには限度があります。

最悪、土地はその銀行で決済してしまう・・・というのが本当は契約履行上、楽なのですが。それまでの期間とその後嫌な思いはするでしょうが、決済後に建築先を変えれば問題ないでしょう。借りてしまえば銀行も建物分を貸さないとは言えませんし。
建物はこの先年十年と暮らす器です。最初から信用できない相手と組むことは考えられません。
長々と書きましたが、上記の条件設定に間違いがあれば、加筆して下さい。

不動産業者ですが、条件を整理してみます。
1、土地は売買契約済みで、その工務店が仲介しているわけではない。但し決済日が近づいている。
2、銀行はその工務店の紹介で融資をつけてもらった。またローンは土地のみで実行するタイプで建物建築時には別途借りる(要は土地先行で2回分割で借入するタイプ)
3、建築請負契約書の締結はまだで、工務店と金銭の授受はしていない。
4、質問者さんの個人の信用上(会社の信用や年収、自己資金など)別の銀行でも借入可能である。
という上記の条件で書きます。

まず次...続きを読む

Q住宅ローン本審査に落ちました………。

家を新築するにあたり、JAに住宅ローンを申し込みました。事前審査は私のみの勤続年数6年、年収300万の条件で申し込みから3日足らずで通ったのですが、本審査で落とされてしまいました。厳密に言えば、落とされたといいますか、希望融資額が1650万だったのに対し、1340万しか融資出来ないとの回答でした。その後すぐに妻も多少収入はありますので、妻も年収100万くらいなのですが、それも条件に入れて計算してもらいましたが、結果は変わらずでした。ハウスメーカーの方も事前審査が通った段階でまず問題ないと判断し、今現在、もうすでに三者面談(色決め)の段階まで話は進んでいます。今更300万円分も減額したくありません。ハウスメーカーの方は、他にも金融機関はありますから、まぁまず気にしないで任せておいて下さいと、心強い事を言って下さってるのですが、正直不安で仕方ないです。次は第四銀行に申し込みを検討しているようですが、大丈夫でしょうか?ちなみに着工日は今月4月25日です。JAで減額されてる現実があるのに、他で希望融資額満額借り入れられる見込みはあるのでしょうか?詳しい方、ご意見よろしくお願い致します。

家を新築するにあたり、JAに住宅ローンを申し込みました。事前審査は私のみの勤続年数6年、年収300万の条件で申し込みから3日足らずで通ったのですが、本審査で落とされてしまいました。厳密に言えば、落とされたといいますか、希望融資額が1650万だったのに対し、1340万しか融資出来ないとの回答でした。その後すぐに妻も多少収入はありますので、妻も年収100万くらいなのですが、それも条件に入れて計算してもらいましたが、結果は変わらずでした。ハウスメーカーの方も事前審査が通った段階でまず問題ないと判...続きを読む

Aベストアンサー

>家を新築するにあたり、JAに住宅ローンを申し込みました。

JAに限らず、各金融機関は独自に住宅ローン融資を行なっていますよね。
各金融機関が独自に審査・融資の可否を決定しています。
結果、金利も各金融機関毎に異なります。
何故か、金融機関は仲介を行うだけだ!という不思議な回答もありますがね。

>本審査で落とされてしまいました。

JAとしても「三菱東京UFJ銀行の審査基準」を適用して「銀行と同じ審査」を行う様になりました。
既に、農業収入では組織が成り立ちませんからね。
農業崩壊を見据えて、既に組織改革を行なっていますから審査も厳しくなっています。
事前審査(仮審査)は、落ちる人を探すのが難しい程です。
本審査で落ちても、何ら不思議ではありません。
あまり、気にしませんように!
ただ、本融資が決まるまでは「不動産売買契約はしない」事です。
融資が決まっていないのに、購入すると大変な場面に陥る事も多いので・・・。

>ハウスメーカーの方は(略)任せておいて下さいと、心強い事を言って下さってるのですが

ハウスメーカーは、金融機関を紹介・仲介するに過ぎません。
何ら、融資に関しては決定権を持っていません。
何故、ここまで強気の発言が出来るのか疑問ですね。
若しかすると、ハウスメーカーが独自の融資制度を持っているのかも知れませんね。
マンション購入時など、既に融資金融機関が決まっている場合もありますからね。

>次は第四銀行に申し込みを検討しているようですが、大丈夫でしょうか?

第四銀行担当者しか、分かりません。
ただ、JAと第四銀行は全くの別物です。
JAの本審査に落ちたから第四銀行も落ちる!とは、限りません。
そもそも、JAの審査結果を第四銀行が知る術はありませんからね。
各個人信用情報機関にも、融資可否の情報はありません。
例えば、三菱東京UFJ銀行が三井住友銀行に「○○さんの融資結果は?」と訊く事はできませんよ。^^;

>ちなみに着工日は今月4月25日です。

えっ!既に発注しているのですか?怖~い!
もし、どこの金融機関からも融資出来なかった場合の対策はありますか?
「節電すれば、原発が無くても大丈夫だ!」と言った、ポンコツ前首相と同じになりますよ!
何ら善後策が無いままに進むと、後で痛い目にあいます。
融資不可になった場合は、無条件で契約解除が出来ますか?
一戸建ての場合は、既に加工した木材は他の工事では利用できません。
私の場合、設計図と大工の見積書を持って「住宅ローンを借りたい。融資可能なら、大工に工事を発注する」と金融機関に依頼しました。
複数の大工と見積りを取り、過去の施行実績と価格の大工を選び、「金融機関が融資してくれれば、発注します」と伝えましたね。
結果は、目出度く融資が決まり着工となりました。
融資が決まっていない状態では、怖くて着工できません。(驚)

>JAで減額されてる現実があるのに、他で希望融資額満額借り入れられる見込みはあるのでしょうか?

これも、融資を申し込む金融機関でなければ分かりません。
審査基準が、各金融機関で異なりますからね。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)へ住宅ローンを申し込む場合は、窓口に過ぎません。
が・・・。
JAで減額されても、他の金融機関では希望額の融資を受ける事が出来るかも知れません。

ただ・・・。
質問内容からだと、未だ設計図・総工費が決まっていない?
総工費が確定していない状態では、金融機関は希望額100%の融資はしません。
どんな家屋が建つのか?分かりませんからね。
つまり、担保価値が分からないのです。
JAとしても、土地しか確定した評価額が分かりません。
融資希望額に対して、8割基準を採用した可能性もありますね。
だとすれば、どこの金融機関でも同じ結果になる可能性が高いです。
まぁ、ハウスメーカーが勧める金融機関よりも「給与振込を行なっている金融機関に融資を申し込む」事を優先した方が良いです。
ゼロから取引を始めるよりも、既に取引がある(信用構築)方が審査は楽ですよ。
質問者さまも「会った事も無い一見客よりも、馴染み客の方が安心」ですよね。
住宅ローンは、金利だけで金融機関を選ぶものではありません。
住宅ローン完済後は、リフォームローンなど色々と借入が発生する可能性があります。
(お怒りを承知で)最悪の場合も考えて、計画を進めて下さいね。
私も、一戸建てを建てた時は融資が不安でした。
0.何%の金利差よりも、融資の確実性を優先しました。
新規融資の金利が高くても、借り換えで金利が安い銀行に変更できます。
実際、借り換え・繰上げ返済で約10予定より早く完済しました。
質問者さまも、頑張って下さいね。

>家を新築するにあたり、JAに住宅ローンを申し込みました。

JAに限らず、各金融機関は独自に住宅ローン融資を行なっていますよね。
各金融機関が独自に審査・融資の可否を決定しています。
結果、金利も各金融機関毎に異なります。
何故か、金融機関は仲介を行うだけだ!という不思議な回答もありますがね。

>本審査で落とされてしまいました。

JAとしても「三菱東京UFJ銀行の審査基準」を適用して「銀行と同じ審査」を行う様になりました。
既に、農業収入では組織が成り立ちませんからね。
農業崩壊...続きを読む

Q住宅ローン審査を断られました。

ろうきんで住宅ローン審査を断られました。でも仮審査も通っており
建設会社の営業担当の人も、「本審査も問題なく通ると思います!」
と自身満々で言ってました。
断られた理由がわからないと営業の方もびっくりしてました。
何がだめだったか、もし以下の状況から思い当たることがあれば
教えていただきたいです。

(1)物件価格3500万円
(2)ローン3000万円
(3)35年返済
(4)世帯主35歳
(5)年収450万
(6)勤続年数17年
(7)つい先日まで実家のローンの一部を抱えていましたが、今は完済しています。
(8)その為 実家の持分が3分の1あります

(7)(8)が問題なのでしょうか・・・

Aベストアンサー

#6です。

#7さんが仰っているとおり、実家の住宅ローンは完済されているものと読みました。

補足等を拝見して判断しますと、実家の住宅ローンについて、ご主人が主債務者となっている分は完済したけれど、ご主人が『連帯債務者』や『連帯保証人』となっている分については未だ残債がある…ということになりますね。
共有持ち分を持っていらっしゃる以上、残債がある間は「最低でも」『連帯保証人』ではあるはずです。
『連帯保証人』であれば、債務者と同等の責任・債務を負っていることになりますから、ご主人は「無関係」ではいられません。

ろうきんの住宅ローン申込書に「他の借り入れ」について記入する欄があれば、『連帯債務』or『連帯保証債務』については記入しなければならなかったんです。
ご主人は、ご自身の分を「完済」されたので、実家の住宅ローンについては「終わったもの」と認識されてしまったのかもしれませんが、実際には「終わっていない」んですよね。
ろうきんやその保証会社が、『個人信用情報機関』に情報照会をしたところ、その「終わっていない」情報が見つかり、申込書に記入した内容を『虚偽』と判断された可能性はあります。
ご主人には全く悪意はなく、単なる認識不足だったと思います。
それが悪い結果につながってしまったんだと思います。

> 住宅会社の営業の方がろうきん担当者に再度理由を聞いたところ、はっきりとは言わないものの、「保証会社でNGが出た」とのことは聞き出せたようです。
やはり住宅会社の営業の方は、「住宅ローン」のことを分かっていませんね…。
「ろうきん」は、地域ごとに「別組織」ですが、いずれのろうきんも『個人信用情報機関』の1つである『全国銀行個人信用情報センター』の加盟会員となっています。
保証会社もNGだったかもしれませんが、仮に『連帯債務者』であれば「住宅ローンの二重利用」となり、ろうきん本体でもNGになります(仮に、実家の「住宅ローン」が、実は『(旧)住宅金融公庫一般融資』で、その『連帯債務者』ならば、原則、ご主人は「公庫融資の対象物件である」実家から転居することもできませから、実質二重ローンは不可能ですけれど)。

『全国銀行個人信用情報センター』には、『連帯債務者』の情報のみならず、『連帯保証人』の情報も登録されています。
『連帯債務者』ではなく『連帯保証人』だったとしても、本審査の段階で『個人信用情報機関』に情報照会をして、『連帯保証債務』の存在が分かった…というところでしょう。

ろうきんは『全国銀行個人信用情報センター』の加盟会員ですから、借入申込者に『連帯保証債務』があれば、その残債についても『返済能力』の審査に加えますから、減額もしくは融資NGとなる可能性はあります。
保証会社ではなく、ろうきん本体でも十分にNGと判断できる内容なんですよね…。
(ろうきんの保証会社は、ウェブサイトなどに明記されていないので、そこがどの『個人信用情報機関』に加盟しているかは分かりませんが、『全国銀行個人信用情報センター』には加盟していない可能性もあるんですよ。そうなりますと、NGを出したのは「ろうきん」本体の可能性も出てきます。)

対策としては、まず、「実家の住宅ローン」の詳細を『金銭消費貸借契約証書』によって調べ、ご主人がそのローンについて「どのような立場であるか」を確認してください。
それと、その残債についても。
『連帯保証人』であれば、残債によっては「借入希望額の減額」によって、#7さんがおっしゃっているとおり、別の金融機関ではOKになる可能性があります。
借入希望額が3,000万円以下では資金計画が成り立たない…ということでしたら、話は難しくなりますが。
『連帯債務者』であれば、残念ながら、「実家の住宅ローンが完済」するまでは無理です(住宅ローンの二重利用になりますので)。

#6です。

#7さんが仰っているとおり、実家の住宅ローンは完済されているものと読みました。

補足等を拝見して判断しますと、実家の住宅ローンについて、ご主人が主債務者となっている分は完済したけれど、ご主人が『連帯債務者』や『連帯保証人』となっている分については未だ残債がある…ということになりますね。
共有持ち分を持っていらっしゃる以上、残債がある間は「最低でも」『連帯保証人』ではあるはずです。
『連帯保証人』であれば、債務者と同等の責任・債務を負っていることになりますから...続きを読む

Q自己資金が増えたのに・・・再審査??

住宅ローンについて質問です。
ある銀行で物件価格分の本審査が通りました。(まだ契約はしてません)

ですが、急きょ、自己資金が800万円だせる事になり、銀行に伝えたところ、融資金額を減額するならその金額でまた再審査をしなければならないので、時間がかかると言われました。融資金額が増えるなら再審査は納得できるのですか、融資金額が減る場合でも再審査をするのは普通ですか??同じ事をまた調べなおすのですか??

実は、不動産会社とはもう契約を済ませており、今月中に融資をしてもらわないといけない状況で、その事は銀行も知っています。
銀行としては多い金額を貸したいから、時間がかかる事にしているのでは??と思ってしまうのですか・・・(勝手な想像ですが)

銀行には「融資金額を変更するなら・・・時間はかかるが再審査をするか、当初の予定通りの金額で契約をしてから翌月に繰り上げ返済をするかのどちらか」と言われました。もちろん、再審査をしている時間はありません。かといって、翌月に繰り上げ返済するのに16万くらいかかります。

銀行の言う通り、融資金額を減額する場合でも再審査が当たり前ならあきらめて繰り上げ返済にします。本当に時間がないので困っています!!よろしくお願いします!!

住宅ローンについて質問です。
ある銀行で物件価格分の本審査が通りました。(まだ契約はしてません)

ですが、急きょ、自己資金が800万円だせる事になり、銀行に伝えたところ、融資金額を減額するならその金額でまた再審査をしなければならないので、時間がかかると言われました。融資金額が増えるなら再審査は納得できるのですか、融資金額が減る場合でも再審査をするのは普通ですか??同じ事をまた調べなおすのですか??

実は、不動産会社とはもう契約を済ませており、今月中に融資をしてもらわないと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

 通常は、本審査の後に借り入れ金額が減額するだけなら、申込書の書き直しと保証会社への変更申し込みだけでことたりることだと思います。月末までかかるはずもなく、せいぜい2、3日程度です。

 しかし、その銀行の内部にて融資金額が変更になる場合は再審査を行うとなっているのであれば,それはそれで仕方のないことです。急遽800万を用意できたという事実だけでも、勘ぐることは山ほどありますから・・

ただ、住宅ローンにて、途中で借入金額が減額することなどめずらしくもありませんし、他銀行との競争も激しい昨今、そんな非効率的な審査をしている銀行があるのかと考えてしまいます。それに、本審査を終えている顧客に対し、自己資金の出所の詳細も聞く前に、再審査などという言葉を使うこと自体が顧客への配慮がかけているとしか・・
 若い担当者の機転がきいていないだけということも考えられるので、支店長とはなすことができるのであれば、すんなり解決することも考えられます。

ただ一言繰上げ償還といっても、繰上げ償還にかかる費用の説明は、ちゃんと受けましたか?800万円に対しての利息一か月分はいくらか・800万円分の保証料は繰上償還時全額返還されるのか・繰上償還手数料はかかるのか・抵当権設定費用の負担がいくら増えるのか・・・ローンに関する諸費用ですから銀行には説明する義務があるはずです。

確かに違約金を払うわけにはいきませんが、このまま即繰上償還に決めてしまうのは早計すぎると思います。質問者さまが損をし銀行が得をするだけです。

こんばんは。

 通常は、本審査の後に借り入れ金額が減額するだけなら、申込書の書き直しと保証会社への変更申し込みだけでことたりることだと思います。月末までかかるはずもなく、せいぜい2、3日程度です。

 しかし、その銀行の内部にて融資金額が変更になる場合は再審査を行うとなっているのであれば,それはそれで仕方のないことです。急遽800万を用意できたという事実だけでも、勘ぐることは山ほどありますから・・

ただ、住宅ローンにて、途中で借入金額が減額することなどめずらしくもあり...続きを読む

Q異動がありました。住宅ローンはあきらめるべきでしょ

住宅ローンについて質問です。二つの銀行の仮審 査落ちてしまいました。

29歳男、会社員、妻と長男(8月に次男予定) 年収 430万円程 卸売業勤務7年目(資本金3億3千万円 売上約250 億従業員200名強) 妻 パート4年目 年収120万円程

某有名HMにお願いしており、下記なら通るとの ことで審査いただきました。

■ローン申請額:3200万円 35年返済 (手持ちは 500万円) *親族より4~9年目で年100万円ずつ(トータ ル500万)の援助はあり、 繰り上げ返済を考えております。(預金がこ のような形でしか返ってこない)

そこで信用情報(CIC)を確認すると以下が記載あ りました。(全銀協、JICCには依頼中)

報告日:平成24年2月10日 残債額:0円 返済状況:異動 異動発生日:平成21年2月27日 補足内容:解消 延滞解消日:平成21年8月18日 終了状況:完了

HM営業もこれがネックで通るのは非常に難しい と言われております。 営業的にあたりはつけてみるとおっしゃっていた だいておりますが、 全銀協、JICCにも異動があれば住宅購入はあきら めてと言われております。



ご意見いただけないでしょうか。 何卒よろしくお願い致します。

住宅ローンについて質問です。二つの銀行の仮審 査落ちてしまいました。

29歳男、会社員、妻と長男(8月に次男予定) 年収 430万円程 卸売業勤務7年目(資本金3億3千万円 売上約250 億従業員200名強) 妻 パート4年目 年収120万円程

某有名HMにお願いしており、下記なら通るとの ことで審査いただきました。

■ローン申請額:3200万円 35年返済 (手持ちは 500万円) *親族より4~9年目で年100万円ずつ(トータ ル500万)の援助はあり、 繰り上げ返済を考えております。(預金がこ のような形でしか返ってこない)

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、HM営業の能力に問題ありかと・・・

融資額が3200万ですと、都・地銀の場合
あなたの(世帯)年収が550万は最低必要で、預金も十分あり、借入もなく、上場企業or公務員などでないと審査が通らない額です。

ちょうどあなたの世帯年収が550万ですが、異動情報がなくてもほとんどの銀行で審査は厳しいと思います。審査をするだけ信用情報に「「傷」」が付くだけです。事前審査の申込みの際に、営業に延滞の有無は伝えたり、営業に延滞の有無を聞かれませんでしたか?もし営業が、事前審査前に延滞の事を知った上で、審査をかけたのだとしたら、ひどい営業マンです。ただでさえ無理な金額なのに、延滞があったら審査なんか通る訳がありません。

また、普通の銀行に審査を出す場合、一番通り易い銀行1つに審査をかけます。その結果で、通ればより良い銀行を探し、通らなければ原因を調べ対処方法を考えてから、次の銀行を探すのが普通です。
---------------------------------------------

否決されたのが1つの銀行でしたら、対策方法はあったかも知れませんが、2つの銀行から否決になっていると、対策しても審査は通りにくいです。あなたが銀行だとしたら、よその銀行で2度も否決されている人に、融資しようと思いますか?これが「「傷」」です。

まだお若いですし、家の購入を5年位先延ばしにするのが一番だと思いますが、どうしても購入したいのであればCICを開示しない銀行を探すか、プロパー決済の銀行、金利が高くても審査の甘い金融機関を探すしかないと思います。また、ダメ元で色々な銀行に審査をかけてみて、ダメでも今後の参考にするのも良いかも知れませんね。

いずれにしろ、物件の価格が高いので融資額が2700万以下で物件を検討しないと、審査を通る可能性は低いです。
銀行の融資額上限の目安は、年収の5倍程度です。

------------------------------------------------
余談ですが、対策の一例として延滞の理由を考える
・給振の口座を変えたが、クレジットの引落口座がそのままで、残金が0になったのに気付かなかった。
・途中から、別の支払の引落も同じ口座にしたのを忘れて、それまでと同じ額を引落用の口座に入金していた為、それに気づくまで一部入金の延滞扱いになってしまった。
など

その後は、銀行とHM(営業マン)との関係と説明能力次第、営業マン→行員→保証会社と、うまく話が通れば可能性あり。
しかし、銀行の中には機械的に客の内容に点数つけ、その点数で判断する銀行もあるので、そこには審査をだしても意味はないので注意。

また、今回の営業マンはレベルが低いと思います。能力を見抜く為には、あなたも勉強が必要です。少しネット等で調べれば、今回の融資額自体が的外れな額である事は分かったと思います。今回はいい勉強になったとプラスに捉えて、勉強しながら時期を待たれてはいかがでしょう?

まず、HM営業の能力に問題ありかと・・・

融資額が3200万ですと、都・地銀の場合
あなたの(世帯)年収が550万は最低必要で、預金も十分あり、借入もなく、上場企業or公務員などでないと審査が通らない額です。

ちょうどあなたの世帯年収が550万ですが、異動情報がなくてもほとんどの銀行で審査は厳しいと思います。審査をするだけ信用情報に「「傷」」が付くだけです。事前審査の申込みの際に、営業に延滞の有無は伝えたり、営業に延滞の有無を聞かれませんでしたか?もし営業が、事前審査前に延...続きを読む


人気Q&Aランキング