dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

住宅ローンの仮審査(事前審査?)とはなんでしょうか?
無知なもので簡単に分かりやすく説明していただけると嬉しいです。


家を建てたいと考えています。 ハウスメーカーや土地はまだ探している最中です。

ただハウジングパークに見学に行った際、仮審査を受けてみて〜と話があったので
自分達でいくら借りられるか知りたかったのもあって一条工務店で仮審査を受けることにしました。

一条で仮審査を受けたからと言って、どこで建てても特に関係ないとのことでしたが本当でしょうか?

また、仮審査でいくらまで借りれるかはどうやって知ることができますか?
例えば、大体5000万くらいの土地建物の書類を銀行に提出して受かればそのくらいは借りれますよ、という具合ですか?

全く分からない素人なので、分かりやすく教えて下さる方いらっしゃればお願いしますm(_ _)m


また、2年個人事業主としてやってきて法人成りして1年目での住宅ローン融資は難しいでしょうか?
ずっと黒字で今のところ業績はいいです。

取引先の銀行から住宅ローンはぜひうちでと言ってくださいましたが、まだ年数が浅いので大丈夫かな?と不安です。

お願いします。

A 回答 (3件)

実際の借り入れの前に、あなたの職業、年収、どういった家をいくらくらいで建てたいのかという事を事前に確認し、融資が可能かどうかの判断をします。



これで、OKが出たら、本審査と言って借り入れの審査を行います。
    • good
    • 2

まぁ高校野球に例えるなら、地方予選と甲子園大会みたいなものだとご理解ください。

要はローンを組みたい方の凡その資産状況や給与水準を金融機関が審査し、本審査を通りやすくするように手はずを整えることが目的となります。例えば経済属性に比較して借入希望額が大きすぎれば、それを程々の額に調整するとか、何かネガティブな要素があればそれを予めクリーニングする等の手順を実行します。状況によっては、この時点で否決される可能性も少しはあります。
本審査の場合は金融機関に加えて保証会社も一緒になり、借入希望者から提出された資料を精査します(事前審査時の情報との相違等を確認)。普通はこの時点でダメになる可能性はあまりないですが、絶対ないとは言えないですね。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 1

公務員とか大手企業の正規の方とかなどでしたら、ほぼ問題なく融資を受けられると思います。

個人事業・経営の方ですと、その事業・経営期間、信用・業績などによっては難しいこともあります。
私は、気に入った投資用マンションが有ったので、ローンの審査を受けました。私は、いわゆる大手に勤めていて、1,000万円を超える年収でしたが、その前年に退職し、その時は同じところで再雇用(非常勤)をしてました。資産や貯蓄がいくらあっても、ローンは1円も組めないと言われ、現金で購入しました。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!