2つ質問させてください。

1.波動関数Ψを考えます。 普通|Ψ|^2=1となるように規格化すると、Ψの要素の一つをΨ_nとした場合、|Ψ_n|^2が確率としてでますよね。
もし、|Ψ|^4=1として規格化すると|Ψ_n|^4が確率になるんですか?

2.<Ψ(0)|Ф(t)>≠0の場合(カッコ内は時間)、この式の解釈としては「Ψ(0)の波動関数は時刻t秒後にФ(t)となる波動関数とその他なんらかの波動関数の重ね合わせである」
またはΨ(0)、Ф(t)に対する固有値をA,Bとすると「Aという固有値がt秒後にBという固有値に変化する可能性がある」ということでしょうか?

最近よくわからなくなってきてしまい質問しました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 普通|Ψ|^2=1となるように規格化すると



(1)  ∫|Ψ|^2 dv =1
ですね.積分を忘れています.

(1)  ∫|Ψ|^4 dv =1
という規格化はあちこちぼろが出ると思います.
質問の意図は
(2)  Ψ = a Ψ(1) + b Ψ(2)
のように波動関数を作ると(Ψ(1),Ψ(2),規格化直交波動関数,a,b は係数)
(3)  ∫|Ψ|^2 dv = |a|^2 + |b|^2
になるが,
(4)  ∫|Ψ|^4 dv = |a|^4 + |b|^4
となるか,ということでしょうか.
結論から言うと,そうはなりません.

(3)に(2)を代入すると,
(5)  ∫ |Ψ(1)|^2 dv
のタイプと
(6)  ∫ {Ψ(1)*} Ψ(2) dv
のタイプの積分が出てきます.
(5)は正規化で1,(6)は直交でゼロ.
このために(3)になるのです.
|Ψ|^4 ですと
(7)  ∫ {Ψ(1)*}^3 Ψ(2) dv
の類の積分がいろいろ出てきて,それらはゼロにはなりません.
したがって,(4)は成立しません.

後半です.
Φがハミルトニアン(時間に陽に依存しない)の固有状態なら,時間発展は
(8)  Φ(t) = exp{(-2πi/h) Bt}
です.B はΦのΦ状態のエネルギー.
したがって,t=0 でΦとΨがちがうものなら,
(9)  <Ψ|Φ(t)> = 0
のままです.
ΦとΨが同じものなら
(10)  <Ψ|Φ(t)> = exp{(-2πi/h) Bt}
です.
ハミルトニアンが陽に時間に依存しなければ,エネルギーは保存されます.

一方,ハミルトニアンが時間に陽に依存すれば,エネルギーは保存されません.
ここらへんは,解析力学の対称性と保存量に関するネーターの定理のあたりの
話と同じです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。
1は僕の考えがたりなかったです。
2はわかりやすく頭の整理ができたと思います。

お礼日時:2002/02/03 15:48

規格化とは、波動関数Ψの”トータル”の確率を1にすることです。

これは、単なる調整のための数学的な操作に過ぎません。また、実際の確率は、波動関数の絶対値の2乗に比例するのであって、4乗には比例しません。
ブラケット<a|b>は、状態bが状態aに終わる確率振幅を表します。ブラケットは、通常、右から左に読みます。よって、<Ψ(0)|Ф(t)>≠0の意味は、Ψ(x)やФ(x)が時刻xの関数ならば、時刻tにおけるΦが、時刻0のΨに終わる確率振幅が0でない、つまり、この事象の起こる可能性はゼロではないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
1の方は勘違いしてました。
2はわかりやすくためになりました。

お礼日時:2002/02/03 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波動関数の2乗 |ψ|^2 の次元

波動関数の2乗 |ψ|^2
の次元は無次元で良いのでしょうか?
ある区間内に粒子の見つかる確率を表しているのは分かるのですが。
どうでしょうか?

Aベストアンサー

確率が無次元です。|ψ|^2になにを掛けると確率に
なりますか?それがヒントです。だから空間の次元数
によります。

Qハイパスフィルタ回路の入力電圧が(E_0/s + tanθ/s^2)e^(-st_0)とあらわされる過程を説明してほしいです。

過渡現象の問題の解説を読んでいます。
o----C--------------o 
↑       |        ↑ 
e_i       R        e_o
|       |        |
o--------------------o  

ハイパスフィルタ回路の伝達関数が
H(s) = R/(R+1/(sC))とあらわされるのはわかったのですが、入力電圧e_iが、

E_1(s) =(E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)とあらわされる導出ができません。E_0というのはt=0のときの初期電圧だと思います。
上記導出についてアドバイスいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>E_1(s) = (E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)

前稿を訂正。
(まったく見当違いをしてました)

e_1(t) は正弦波じゃなくて、ステップ波形に直線波形(傾斜角 = θ)を重畳したものですね。
 ステップ波形のラプラス変換がE_0/s
 直線波形のラプラス変換がtanθ/s^2
 e(-st_0) は時間シフトをかけたことを示す
.... ようです。

Q運動方程式 m(d^2x/dt^2)+kx=0 の固有角振動数、固有周

運動方程式 m(d^2x/dt^2)+kx=0 の固有角振動数、固有周期、固有振動数ってどうやって求めるんですか?

Aベストアンサー

これは簡単な二次の線形微分方程式です。これを解くにはx=exp(λt)と置けばいいのですが、その解は

x=Asinωt+Bcosωt  ω=√k/m となります。これは加法定理を使って

x=C・sin(ωt+δ) C^2=A^2+B^2 δ=arctan(B/A) と変えることができます。

この式の周期が固有振動周期となり、その値はT=2π/ω ですよね。 固有振動数は1/T 固有角振動数はωになります。

ここで気をつけなければいけないのは、t=πのときも t=0 の値に戻って来ますが、その微分値、つまり速度は符号が逆になっているので元に戻ったことにはならず、t=2πになったとき初めて初期値に戻って来たことになることです。だからωT=2πになります。

Q物理の問題です。 座標がx(t)=4t^3-6t^2で与えられる直線運動の時刻tにおける物体の瞬間的

物理の問題です。
座標がx(t)=4t^3-6t^2で与えられる直線運動の時刻tにおける物体の瞬間的な速度v(t)の求め方がわかりません。
よろしくお願いいたしますm(._.)m

Aベストアンサー

速度=移動量/時間ですよね

時刻tから時刻t+Δtにおける座標の差分をΔtで割ります。Δtをゼロに近づけていくと時刻tにおける瞬間速度が出ます。
さて、上の計算って微分の定義その物ですよね。
位置→微分→速度→微分→加速度
逆に、
加速度→積分→速度→積分→位置
になります。
物理量って大概割ったり掛けたりして出すので、複雑な式で定義された場合でも微分積分使うととても楽に解けます。

QV=V0+at → X=V0t+1/2at^2 ?

タイトルの前者の単位は〔m/s〕ですよね
で、後者の単位は〔m〕ですよね

僕は、〔m/s〕を〔m〕に直したいなら〔s〕をかければいいと思ったので
t(V0+at)をしました
けれどそれだと、後者の式の"1/2"が抜けてしまいます
一体この"1/2"がどこから出てきたのかが疑問です

学校の先生に質問しても、積分がどうとやらといっていてよくわかりませんでした

v-tグラフの面積を利用して出すときは、加速度が斜めで出てくるから
三角形の公式を利用したときに"1/2"を使うということは分かりました
けれど、こうして式で考えようとすると、なぜ1/2が出てくるのかよくわかりません
単純にtをかけるだけではダメなのでしょうか

どなたか分かる方いたら解説お願いします

Aベストアンサー

時刻"0"から"t"までのt秒間に進んだ距離を考える場合、その中間時刻"t/2"の時の速度で"t"秒間進んだ、と考えましょう。
時刻"0"の時の速度でt秒とか、時刻"t"の時の速度でt秒よりも正しそうな気がしませんか?

時刻"t/2"の時の速度はV0+a(t/2)=V0+(1/2)atです。この速度でt秒なら
{V0+(1/2)at}t=V0t+(1/2)at^2
となります。

これは等加速度運動の場合だから成り立つのであり、常に成り立つわけではありません。
ただ、t秒間での移動距離=t秒間での平均速度 × t は必ず成り立ちます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報