マンガでよめる痔のこと・薬のこと

この度、鼻茸の手術をすることになりました。4泊5日の入院だそうです。

どのような内容の手術になるのかまた術後の弊害など見当がつきません。
かかりつけ医院には来週末行く予定ですが、予備知識が欲しいと思い、質問させていただきました。

経験者の方や詳細がお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鼻茸の手術をわたしの主人が受けました。


入院期間は7日間で、手術は3時間ぐらいでした。

両鼻に鼻茸ができていて、全身麻酔での手術でした。

手術では鼻茸を摘出し、顔にあるいくつかの空洞に溜まっている膿を掃除してきれいにするという内容でした。

両方の鼻を手術したので術後は呼吸が大変そうでした。
また術後の治療として半年や1年くらいかけて薬を飲み続けなければいけないです。定期的に耳鼻科で検査を受けているので常に鼻の状態を医師に見てもらっているので安心です。

手術にたいして不安だと思われますから、鼻茸を手術で取ったことについて説明のあるサイトを参考に読んでみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://chikunou.main.jp/syujyutu/
    • good
    • 14

4泊5日って長いですね。


わたしも鼻茸で全身麻酔で切るしかない、とある耳鼻科でいわれました。
しかし仕事をやすめなかったので、レーザー手術ができる別の耳鼻科をネットでみつけ、セカンドオピニオンをもらいにいきました。

本当に切ることになっても、全身麻酔をしたくなかったのと(その耳鼻科では塗布麻酔の情報が載っていました)、そこなら即日退院ができると読んだからでした。
実際診療をうけてみると、切ってもいいくらいの大きさだが、薬で小さくできるかも。まずは薬からやってみますか?といわれ、結果として薬の治療を選びました。

冬場は乾燥で鼻茸がふくらむので、今思えば切っておいてもよかったなとも思いますが、おかげで鼻づまりは大きく改善しました。
冬場は加湿器で、鼻を守るようにしています。

余計なお世話の情報かもとおもいましたが、わたしも全身麻酔の手術を覚悟したのが、レーザーという別の手術方法もみつかったので、参考まで。

私はこどもの頃から鼻が弱く、引越しなどもおおかったので。10数件の耳鼻科にかよっていますが、耳鼻科は医師や設備によって、力量や対応がだいぶ違う科だなあと感じます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
実は1泊または日帰りの手術も可能だと聞いたのですが、それだと根っこまで取りきれず再発の可能性が非常に高いと言われ、観念したところでした。
私も2軒目の耳鼻科になりますが、おっしゃるとおりかなり差がありますね。もう何軒か訪ねてみようか検討してみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/04/03 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京都内で鼻茸の日帰り手術をしてもらえる病院を探しています

お世話になります。
近所の耳鼻科で鼻炎の検査をしたところダニが原因で鼻炎をおこし、片方に鼻茸があると診断をいただきました。鼻茸は手術でとる方法が良く、一週間ほどの入院になるでしょうといわれました。しかしながら自営業をはじめたばかりで一週間も休むのが難しいので困ってネットで調べたところ日帰り手術というのがあることを知りました。術後にもしものことがあっても対処できるように近場で探しています。東京都内で鼻茸の日帰り手術をしてくれる病院と、実体験がありましたらおおよその費用と期間を教えていただけたると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

鼻茸の日帰り手術をしてくれる病院ですが、
レーザー治療をしている耳鼻咽喉科は対応しているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E8%8C%B8
http://www.ibiki-hakase.com/index.html
http://www.kanja.jp/clinic/004177.html
http://www.ojima-ent.com/index.html
http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/index.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2067674.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa373112.html
http://blog.livedoor.jp/yina/archives/cat_114818.html

Q蓄膿症とはなたけの治療

風邪を引くと、必ずと言ってよいほど鼻が最悪の状態になります。3ヶ月前にとうとう我慢できずに、耳鼻科へ行ったのですが、「ひどい蓄膿」といわれました。さらに「左の鼻には鼻たけもある」と言われたのですが、それについての治療はされませんでした。その時の鼻の症状は1ヶ月程で完治したのですが、昨日からまた鼻が不調です。しかも、鼻たけのある方の鼻は、かんでもスッキリしませんし、鼻呼吸も右の鼻だけが頼りです。はなたけのせいで鼻汁を外へ出せないが原因ではないのかと思います。(因みに、快調の時は臭いもわかるし、呼吸も両方の鼻で普通にできるくらいのモノです)はなたけの手術はしたくないのですが、耳鼻科の先生によれば、点鼻薬で小さくする事ができるそうです。この方法ではなたけの治療を経験したことのある方、どんな薬でどのくらいの費用と期間が必要なのか、教えてください。
また、蓄膿の経験のある方、病院でもらう薬以外で効果のあるもの、日常生活で気を付けることなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

確かに、鼻茸があると鼻はスッキリかめませんね。
詳しいことはよくわかりませんが、コールタイジンは、血管収縮剤ですね。
血管収縮剤は、鼻粘膜の血管を収縮させて、粘膜の腫れが治まり鼻詰まりが改善されます。この点鼻薬は、鼻粘膜に噴霧後、すぐ効果が現れますが、反面、効果が長続きしません。また、頻繁に使うと、薬が切れた時に、かえって鼻詰まりがひどくなります。自分が以前、多用しすぎて鼻詰まりがひどくなり、治るのに時間がかかり、それから恐くなって使っていません。一時的な鼻詰まりの解消に使用して、乱用しなければ、よいと思います。
鼻茸が小さくなれば、蓄膿症の治りも早くなります。子供も、鼻茸をとったら、たまっていた膿もだんだん排出され、よい方向に向かっています。でも、しっかり薬を飲み続けないと、また再発するんですって。(泣)
m-0923さんの鼻茸はきっと、うちの子のようにそれほど大きくないと思います。
小さくなってくれるといいですね。

Q名古屋で鼻茸の手術をしてもらえる病院を探しています。

名古屋で鼻茸の手術をしてもらえる病院を探しています。
術後の通院を考えると、土曜日もやっているところはありませんか?
八事日赤は、手術しようと考えたのですが、平日の午前中だけであるため、
術後の通院も、仕事に影響を与えそうです。
サージセンターと南生病院があるのはわかっています。
サージセンターは、付き添いが必要なようで、一人身としては難しいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は関東在住ですが鼻の手術をサージセンター名古屋で行いました。

別に付添いが絶対必要と言う訳では無いですよ。
私も初診時に一人で行き手術日も迷うことなく一刻も早く治りたいと決めてしまいましたで・・・

諸事情によって付添いが無理な場合は手術前のカウンセリングのときに伝えれば病院側の方で親身になって考慮して下さると思います。

診察日が水・木・金・土・日曜日となっており殆ど木・金・土・日が手術日です。
但し、休診日が月・火です。

診察も完全予約してからでないと受付けて貰えないのでご注意下さい。

Q鼻茸の日帰り手術

耳鼻科で、鼻茸と診断され手術といわれ、「1・2ヶ月の入院となります」と言われました。でも、仕事の関係でそんなに長く休めません、日帰りでも手術出来るみたいなのですが、うまく検索できません。埼玉・群馬・栃木でよい病院があったら教えてください。1・2泊なら何とかなります。

Aベストアンサー

#1の補足です。

正直なところ、ご質問の内容では今の病院での説明が
不足している感は否めなせん。

単に説明のし忘れで、詳しく聞けば教えてもらえるのか、
あるいはいい加減にしか説明してもらえないのか、
その医師の性格などによって変わります。

ただ、手術の説明で、いきなり通常よりも長すぎる期間を
提示することから想像すると、ちょっと強引な病院のような
感じは受けます。(あくまでも私の印象です)

病院を変わるとまた初めから検査などをやり直すことになり、
無駄が多くなるので、本当はすすめたくないのですが、
説明の不十分な病院では何かにつけて不親切なことも
あり得るので、変わることもありかな?という気もします。

ただ、本当に何か長期間になる理由があるのかも知れません。

「知人の場合は1週間の入院だと聞いたけどなぜこんなに長いのですか」
などと質問してみてはいかがでしょうか。
その時の対応の態度で、今後の判断材料とすることはできると
思います。

入院、手術の施設があり、耳鼻科専門医が常勤でいる病院なら
どこでも受けられる手術です。
病院のホームページで調べられるといいと思います。

#1の補足です。

正直なところ、ご質問の内容では今の病院での説明が
不足している感は否めなせん。

単に説明のし忘れで、詳しく聞けば教えてもらえるのか、
あるいはいい加減にしか説明してもらえないのか、
その医師の性格などによって変わります。

ただ、手術の説明で、いきなり通常よりも長すぎる期間を
提示することから想像すると、ちょっと強引な病院のような
感じは受けます。(あくまでも私の印象です)

病院を変わるとまた初めから検査などをやり直すことになり、
無駄が多くなるので...続きを読む

Q蓄膿症の内視鏡手術ってどうですか?

こんにちわ。
3ヶ月ほど前から耳鼻科に通っています。
初診時にこれは手術しか直らないといわれました。
蓄膿と鼻たけだそうです。左の鼻だけです。
それで飲み薬と通院時の蒸気の薬を吸い込む治療をしています。いつになったら手術するのかと思い、先生に尋ねたところ「いつでもいいよ」とのことでした。わたしとしては「じゃぁいままでのは何??」という思いです。病院が売り上げ増のため通院させせていたととらえてしまいます。それでもう手術しようと思ったのですがそこの病院では従来の歯肉を切り開く方法しかありません。自分なりに調べたところ今は内視鏡手術というほうほうがあることをしりました。この手術方法はどうなのでしょうか?デメリットというかしないほうがいいという意見はありますか?
ちなみに私は兵庫県で岡山医大が良いと聞きそちらにいこうかと思っています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.2の方の記述に少々誤解を招きやすい点がありますので解説がてら追加の書き込みをします。

「ドリルのようなもので」とありますが、長細いそれが「硬性鏡」と呼ばれる内視鏡そのものです。それでのぞきながら長細いはさみや吸引管を入れて手術を進めていきます。ドリルを使う場合は骨を削る場合で(蝶形骨とか頭蓋底の骨とか)鼻茸、粘膜を切り取る場合はまず使うことはありません。

「粘膜を掻き取るので痛い」とありますが、通常ここまでやるときは全身麻酔で行うと思います。従って麻酔から覚めてから痛いのならわかりますが手術中に痛い、というのはイメージできません。

「鼻腔の奥の頭蓋骨の薄い所に穴があいてしまい脳髄液が流出し」と、ありますが、通常脳はくも膜、硬膜をかぶっており骨に穴が空いても髄液が漏れることはありません。ですので、髄液漏がおきたということは元々髄液腔への交通があったか、もしくは骨から硬膜、くも膜を突き抜けてしまうほどのよほどのへまをやったか、のどちらかが考えられます。髄液漏が起こるほどの手術を局所麻酔でやったとはとても考えられないのですが、、、、

「突発事故はありうるので総合病院での手術をお勧めします。」とのことですが、総合病院だからといって症例が多く手術手技になれているとは限りません。よく聞く話だと思いますが、「大学病院の方が簡単な手術は若手にさせるので下手」なんてこともあります。

以上参考まで。

No.2の方の記述に少々誤解を招きやすい点がありますので解説がてら追加の書き込みをします。

「ドリルのようなもので」とありますが、長細いそれが「硬性鏡」と呼ばれる内視鏡そのものです。それでのぞきながら長細いはさみや吸引管を入れて手術を進めていきます。ドリルを使う場合は骨を削る場合で(蝶形骨とか頭蓋底の骨とか)鼻茸、粘膜を切り取る場合はまず使うことはありません。

「粘膜を掻き取るので痛い」とありますが、通常ここまでやるときは全身麻酔で行うと思います。従って麻酔から覚めてから...続きを読む


人気Q&Aランキング