ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

私は、法律を勉強していて、卒業後も法律関係の仕事に従事したいと考えています。それで、検察事務官についてなんですが、試験は国家公務員試験(1)種・(2)種、を受けて、検察庁に採用されればいいのでしょうか?!検察事務官は、検事について仕事を行うわけですよね?!検察庁に入った後に、内部試験(裁判所書記官のように)があるのですか?どのような仕事ないようなのでしょうか?!

裁判所事務官は、(1)種・(2)種と試験があるのを知ってるのですが、(1)種合格者は、書記官の入所試験が免除されるというのを、以前聞いたのですが実際はどうなのでしょうか?(2)種で採用された場合、書記官試験はいつから受験できるのですか?その試験はどのような内容なのでしょか?裁判所内で行われるので、実際に従事されてる方がいたら教えて下さい。
それと、他にも一般にあまり知られていないもので、法律関係の仕事があったら教えて下さい。大学に入ってから事務官のことも知ったのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 裁判所事務官について


基本的には,justinianiさんが回答されていたとおりで,詳しくは最高裁判所のホームページなどをご覧になるとよいでしょう。ただし,ひとつだけ誤解があるようなので,その点だけ回答しておきます。

 「裁判所書記官になるためのルートは、CP(書記官任用試験)とCE(書記官研修所入所試験)の2種類があり、CPに合格すれば、ごく短期間書記官研修所で研修した後、裁判所書記官になることができます(sora41さんがおっしゃっておられる「入所試験が免除される」というのは、CPのことだと思います。)。 」

 入所試験が免除されるのは,CE試験の方です。CE試験に合格すると東京にある書記官研修所で約1年間(正確には11か月間)研修を受けた後,書記官に任官できます(もちろん,無事卒業できたらの話ですが・・・と言っても,まあ普通に勉強していれば,卒業試験はパスします。)。ただ,免除されるのは,筆記試験のみです。面接試験は受ける必要があり,合格すれば入所できます。筆記試験(法律科目の論文試験)が免除されるのは,(1)種試験を合格していれば,入所に当たって必要とされる法律知識に問題はないというのが理由だと思います。したがって,免除されるのは,(1)種試験に合格して裁判所に入った年のみです。
 (1)種以外の者は,CE試験の筆記試験を受ける必要がありますが,はっきり言って,(1)種試験に合格する方がCE試験合格より難しいです。これは,合格する人数が前者の方が圧倒的に少ないからです。私もまぐれで合格しましたが,合格者は15人程度でした(今はもう少し多いかも知れない・・・)。いずれにせよ,大学の法学部を卒業するなら,(1)種か(2)種試験を受けることになるでしょう((1)種試験を受ける際,特別な申請をしておけば,仮に(1)種に落ちたとしても,(2)種の合格ラインに達していれば,(2)種で合格することが可能です。)。合格して翌年4月に裁判所へ入った場合,(1)種であれば,夏にあるCE試験の筆記は免除になり,(2)種であれば,その試験にパスすれば秋にある面接試験に進むことができるということです。
 それでは,勉強がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答どうもありがとうございます。
CP試験を合格した後に、面接試験があるんですね。この面接試験がCEということなのですか?!

kajimotoさんは(1)種で事務官合格なさったんですね*すごい!!
(1)種試験の集団討論などは、どのような形式なんですか?
どのような内容の討論なんでしょうか。法律科目についてですか?
それとも一般教養なんでしょうか?

私も今年(13年度)受験したのですが、落ちてしまいました。
ですから、今年再受験です。私の受験した感想としては、難易度的にはやさしいという感じでした。だから、満点(専門は特に)取らないと合格は厳しいだろうと。

(1)種の人は、今年の合格者は8人か10人でした。
ホント厳しい数字ですね。(2)種の合格者がどの程度採用されてるんでしょうか?!
管轄の高裁によって採用人数は違うんですよね。全体の採用予定者人数は、募集で案内が出されてるんですけど。私の周り(直接の知り合いではないんですが)でも、
合格者{(2)種}いるんですけど、誰一人採用されてないんですよ。

まずは、試験合格が先ですね。
私もkajimotoさんに続きたいです。

お礼日時:2002/02/09 18:47

 Kajimotoさん、ご訂正、ありがとうございます。


 確かに、No.1の私の回答を読み直してみますと、CPの試験が免除される、と言っているようにしか読めませんね。ご指摘、ありがとうございます(私としては、sora41さんは「CPに合格すれば書記官研修所に(長期間)入所することなく書記官になれる」という説明を、「1種に合格すれば無試験で書記官研修所に入所できる」と誤解されたのだと思って、ご指摘の記載をしたつもりでした。)。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
回答やURLを参考に勉強に励んでいきたいです。
では、また機会がありましたら、ご回答のほう宜しくお願いしますm(__)m

お礼日時:2002/02/09 18:53

1 検察事務官について


 検察事務官になるためには、sora41さんがお考えのとおり、人事院が実施する国家公務員試験に合格し、検察庁に採用される必要があります。
 詳細は、人事院近畿事務局のサイト(下記参考URL上段)→「Enter」→「官庁業務案内」→「検察庁」の順にリンクをたどってください。検察庁の業務案内や、採用案内、現職検察事務官のレポートなど、ご参考になる情報がいろいろありますよ。
 また、検察事務官は、任官後、一定の年数勤続した後に試験に合格すると、副検事や検事になることもできます。

2 裁判所事務官について
 1種合格者であっても、無試験で裁判所書記官になれるわけではありません。
 1種と2種の区別は、1種合格者が将来の幹部候補生であるのに対して、2種合格者は中堅幹部候補生であり、異動する地域も原則として高裁管内に限られる(東京高裁管内であれば、関東地区の1都6県など)という点にあります。
 詳細は、最高裁のサイト(下記参考URL下段)→「採用試験ガイド」の順にリンクをたどっていただくと、左側のフレームに採用に関する情報へのリンクが現れますので、ご参照ください。

 なお、裁判所書記官になるためのルートは、CP(書記官任用試験)とCE(書記官研修所入所試験)の2種類があり、CPに合格すれば、ごく短期間書記官研修所で研修した後、裁判所書記官になることができます(sora41さんがおっしゃっておられる「入所試験が免除される」というのは、CPのことだと思います。)。
 CPとCEは、いずれの試験も、大学法学部出身かそうでないかで受験資格が異なっています。「のらいぬWEBSITE」(http://www4.plala.or.jp/norachi/)というサイトをご紹介しますので、ご参照ください。いずれの試験も、合格率が低い難関ですが、裁判所書記官は手続法のプロフェッショナルとして、裁判官や弁護士からも一目置かれる存在です(裁判官も口出しできない、裁判所書記官固有の権限もあります。)ので、目指しがいのある職種だと思います。

3 一般にあまり知られていないもので、法律関係の仕事
 いろいろありますが、さしあたっては、東京リーガルマインドのサイト(http://www.lec-jp.com/)→「学びの広場」の順にリンクをたどってみてください。

 以上、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.npa-kinki.go.jp/,http://www.courts.go …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答どうもありがとうございます。
検察事務官の仕事を「HERO」で知ったんです。でも、どのようになるのかはわからなくて。
裁判所事務官のように募集案内を見たことがなくて。
教えていただいたURLをみてみたいと思います。

裁判所書記官になるために、二つのルートがあるなんて知りませんでした。
研修所入所試験については知ってたんですが。
14年度の試験に向けて頑張っていきます!!

お礼日時:2002/02/09 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む

Q検察事務官のお仕事の実際

タイトルの通りです。
検察事務官の情報を集めています。ご教授よろしくお願いします。

なお、生の声も聞ければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
ご存知でしたら申し訳ありませんが、検察事務官になるためには、まず国家公務員ニ種試験を受け、
それに合格したら検察庁を官庁訪問し、検察庁の採用面接に合格するという手順があります。
これがオーソドックスな検察事務官への道だと思いますが、それ以外に検察事務官になる方法もあるのでしょうかね。
少なくとも私は聞いたことがありませんが、私が知らないだけなのかも知れませんので…(^^;)

私は今年の国家ニ種試験には合格しましたが、検察庁に官庁訪問をした時点で、
ハードで自分には厳しい仕事だと感じたので、結局検察庁の採用面接は受けていません。
官庁訪問については、地域によって差異があると思いますが、
私の地域の検察庁はまず第一回目の訪問では、50人程度での全体説明会と職務に対しての個別の質問受付が行われました。
二回目の訪問はお誘いの電話がかかってきた人のみが行くことができます。
これは7~8人でのグループ面接といった感じでした。やってみたい仕事や、志望理由などを聞かれました。
私の地域の検察庁では、その後、採用面接という運びでした。
ただ、どこの検察庁でも個別に筆記試験や論文試験を課すということはないと思いますよ。
そういった成績は、国家ニ種試験の方で証明されていますので。
検察事務官になるためには、まず国家ニ種試験でできれば高得点を出すことと、
面接で上手く自分をアピールすることが大切になってくると思います。(特に体力、気力など)

海外勤務については、国際捜査というものがあるので、検察官や検察事務官を海外に派遣することがあるためです。
外国に逃亡した犯罪人の身柄引渡しや、証拠品押収、他国との共同捜査などの仕事にあたるようです。
そのため、国家ニ種の職種の中では、検察庁は海外勤務のチャンスに恵まれているほうだと思います。

No.1です。
ご存知でしたら申し訳ありませんが、検察事務官になるためには、まず国家公務員ニ種試験を受け、
それに合格したら検察庁を官庁訪問し、検察庁の採用面接に合格するという手順があります。
これがオーソドックスな検察事務官への道だと思いますが、それ以外に検察事務官になる方法もあるのでしょうかね。
少なくとも私は聞いたことがありませんが、私が知らないだけなのかも知れませんので…(^^;)

私は今年の国家ニ種試験には合格しましたが、検察庁に官庁訪問をした時点で、
ハードで自分に...続きを読む

Q副検事になるのは検察事務官からが多いそうですが、それは試験以外の考慮があるからですか?

こんにちは。
前回副検事についての質問をした際に、検察事務官から副検事になる人が多いというお答えを頂きました。
また、検察事務官として有能ならば上からの推薦状を貰えるということでした。
実際に検察事務官からなる人が大半の様ですが、これには推薦状の有無などの試験以外に考慮される理由があるからなのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

副検事は,副検事試験に受かりさえすればなれるので,試験以外に考慮されるものなんてありません。
いまいち質問が的を射ていない感が否めないのですが,なぜ検察事務官から副検事になる人が大半なのかを聞かれているということでいいのでしょうか?

結論から言えば,検察事務官が一番副検事の仕事を理解しているからです。副検事の仕事を一番間近で見ているのは検察事務官です。取り調べの調書の取り方,事件の記録が手元に来たときに見るところはどこか,実際に被疑者に何を聞けばいいのか,補充捜査は何をすればいいのか,その他副検事が事件を受け取ってから処分するまでの全てのことを,検察事務官は時には副検事の立会事務官として,検務部門の係員として,事務局の係員として全て見て,学んでいます。

副検事が働く場所はもちろん検察庁であり,検察事務官も,採用された時から検察庁で働いています。なので,検察事務官から副検事になった人なら検察庁の空気にも最初から染まっていますし,副検事として働いた時も,周りは知っている人ばかりなのでやりやすいのも事実です。

同じ公務員でも,やはり各省庁ごとに空気というか,カラーというか,感覚が違うようです。
検察事務官以外からなった副検事は,どうしても前にいた職場のカラーが抜けきれず,配属になった検察庁で他の人と浮いてしまうこともあるようです。

見当違いな回答でしたらすみません。

副検事は,副検事試験に受かりさえすればなれるので,試験以外に考慮されるものなんてありません。
いまいち質問が的を射ていない感が否めないのですが,なぜ検察事務官から副検事になる人が大半なのかを聞かれているということでいいのでしょうか?

結論から言えば,検察事務官が一番副検事の仕事を理解しているからです。副検事の仕事を一番間近で見ているのは検察事務官です。取り調べの調書の取り方,事件の記録が手元に来たときに見るところはどこか,実際に被疑者に何を聞けばいいのか,補充捜査は何を...続きを読む

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q公務員に引越し代は支給されるのでしょうか?

5月から新しく国家公務員として働くために関西から東京に引っ越すのですが、

(1)引越しにかかる費用は全額支給されるのでしょうか?

(2)全額支給されるとして、らくらくパックをつかってはいけない。できるだけ安く抑えなくてはいけない。あい見積もりをとらなくてはいけないなどの制約はあるのでしょうか?

(3)あと、原付なども一緒にはこんでも大丈夫でしょうか?

(4)あと、寮に入るかもしれないので大きさなどをご存知でしたら教えてください。荷物が多いので狭い場合や霞ヶ関に遠い場合は賃貸も考えています。アドバイスください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追加です。
引っ越し業者の領収書と同時に住民票を提出させられていませんか?
赴任旅費は、住民票に記載された住居の移動に基づいて支払われます。
実際にかかった費用がそれよりも多くても少なくても規定額が支払われます。
引っ越し業者の領収書は、実は赴任旅費の支払いとは直接関係がありません。
それは、赴任旅費の実勢価格調査のために必要な書類です。
あなたが提出すると、担当者がその記載事項を元にして関係する役所に書類を提出し、以後の旅費算定の基準になるのです。
ちなみに、赴任旅費は、辞令が出た時の住民登録地から移転先まで支払われます。
例えばあなたが岡山に実家があり、大阪の大学に通っていて、大学卒業前に大阪の下宿を引き払って実家に帰っていたとします。
住民票が採用日よりも前に実家に移っていれば岡山から東京の旅費が支払われます。
あなたが住民票を大阪に残したままであれば、たとえ引っ越し業者を岡山から東京まで使ったとしても大阪から東京までしか支払われません。

Q検察事務官から検察官への欲

現在大学二年のものです。
最近、公務員試験から検察事務官になることに興味が出てきたのですが、もし将来検察事務官になったとして、検事と同じ職場でいるとき、検事になりたいなと欲が出てきたしまうのではないかと思うと、なかなか目標にすえることができません。
検事が表役で、事務官が裏役?
こう考えると、検察事務官になる方の志望動機とかはどう書いているのか、むしろ消極的なのではないかなとも思ってしまいます。つまり、司法試験に受かりそうになかったから、公務員というアプローチで検察事務官になったなど・・
イメージしていただくと、HERO特別版で検事の木村に事務官の堤真一が嫉妬してしまうような・・
仕事内容の違いから、考えたほうがいいのでしょうか。乱文で申し訳ありませんが、前進するために何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ドラマと現実の検察庁は全然違います。検事と立会事務官は、いわば夫婦のようなものであり、一概に検事が表で事務官が裏とは言えません。
よく、東京地検の特捜部が立ち入り捜査をしている場面がテレビで流れますが、あそこに写っている人たちの大半は検察事務官です。検事の指揮のもと動いているのは事実ですが、ああいう場面で即戦力として活躍するのは事務官です。

また、検察事務官から検事になることもできます。検察事務官から副検事になり、そこから検事になるという道もありますので、事務官になったらもうその先がないわけではありません。

司法試験がダメだから検察事務官・・そういう人もいるとは思いますが、それがすべてではないと思います。検察事務官は、捜査以外のこともします。罰金を徴収したり、確定記録を保存したり、そういうのは検事は分からない分野だと思います。もちろん、総務や会計の仕事も検察事務官の仕事です。

結局は気の持ちようだと思いますよ。消極的な気持ちで受験をすればそこまでですが、検事としてだけでは経験できない分野も経験できるという考えならば、事務官の仕事もそれなりにやりがいを感じるのではないかなと思います。

乱文失礼しました。もし受験をするなら、頑張ってください。

まず、ドラマと現実の検察庁は全然違います。検事と立会事務官は、いわば夫婦のようなものであり、一概に検事が表で事務官が裏とは言えません。
よく、東京地検の特捜部が立ち入り捜査をしている場面がテレビで流れますが、あそこに写っている人たちの大半は検察事務官です。検事の指揮のもと動いているのは事実ですが、ああいう場面で即戦力として活躍するのは事務官です。

また、検察事務官から検事になることもできます。検察事務官から副検事になり、そこから検事になるという道もありますので、事務官に...続きを読む

Q内定を頂いたが・・・公務員試験を受けるつもりです

こんにちは。相談があります。

私は栄養士を目指しており、7月に1社内定を頂き、先日内定者懇談会にも出席させていただきました。
その会社には、今週までに内定承諾書を郵送しなければならないのですが、公務員試験を受けるためとても困っています。

その会社の内定承諾書には、「指定期日に必ず入社することを承諾いたします」といった文言がある上、内定式が10月あたまにあるのです。

しかし、公務員試験は9月下旬から始まり、結果が出るのは10月下旬~11月上旬です。もし、公務員試験に受かれば(狭き門ですが・・・)、その会社の内定式にまで出席しておいて、内定辞退することになってしまいます。

就職支援課に相談したところ、「この職種の場合はやむを得ないから、内定承諾書を提出して、内定式も出席しちゃっていいと思うよ」と言われましたが・・・不安はとれません。

どなたかご意見を聞かせてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先の、yuki-1028さんのおっしゃる通りです。
現在とても不安な心境でおられるのではないでしょうか。
私もkanaelmoと同じような状況になった人間の一人です。
ですので、私の体験からアドバイスさせて頂きます。

私の場合は3月に内定を頂き、7月頃に内定者懇談会がありました。
公務員試験はせっかくなので、というカンジで受けていました(本気の人には大変申し訳なかったのですが・・・)。
記念受験だったので、内定先の企業に入社する気満々でした。ですので、公務員1次試験のあとにあった内定者懇談会にも出席させていただき、2次会では先輩社員サンからご馳走になり、3次会では内定者と遊びまくり。
しかし、公務員試験が着々と進み、合格。かなり焦りました。
悩みに悩んで、私は公務員になる道を選び、6ヶ月目にして内定を辞退。企業に連絡を入れ、訪問し、内定書を返還。
とても理解のある企業だったので、また畑違い、ということではなかったので、「頑張ってくださいね」と励ましのお言葉まで頂けました。

かなり長くなりましたが、kanaelmoさん、
公務員に合格して、公務員の道を選ぶことになるなら、辞退する企業には、それまで悩んだこと、内定への感謝、そして迷惑をかけてしまったことを誠意をもって伝えてください。ただ、詫びるだけではなく、感謝の気持ちを忘れないでくださいね。

公務員試験頑張ってください。

先の、yuki-1028さんのおっしゃる通りです。
現在とても不安な心境でおられるのではないでしょうか。
私もkanaelmoと同じような状況になった人間の一人です。
ですので、私の体験からアドバイスさせて頂きます。

私の場合は3月に内定を頂き、7月頃に内定者懇談会がありました。
公務員試験はせっかくなので、というカンジで受けていました(本気の人には大変申し訳なかったのですが・・・)。
記念受験だったので、内定先の企業に入社する気満々でした。ですので、公務員1次試験のあとにあった内定者懇...続きを読む

Q公務員採用時の在職証明書について教えてほしいです…

いつもお世話になっております。
公務員試験が今年やっと受かって内定をもらったので、職業証明書をとってくるように言われたのですが、やはり雇用保険や社会保険をかけてもらっていなかった場合、正社員と書いて提出すると偽造になってしまうのでしょうか…
採用先の人事の方が「給料に差がでてきてしまうので、できるだけ正社員と書いてもらいなさい」と言っていたのですが、私は今まで年金も保険も自分で払っていたのでアルバイトと書かなきゃダメでしょうか…
あと、公務員の給料査定の場合は「専門学校中退」は書いても給料に全くプラスには反映されないでしょうか?
もしわかる方がいましたらアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔,公務員の給与決定を,かじったことがあります。

まず,履歴書は本人の署名・捺印のもとに提出するものなので,
履歴書の存在は,本人の信頼そのものです。
仮に,事実を履歴書に書かない場合,本人の信頼が一気にゼロに
なりますので,履歴書には必ず事実を記載することが大前提です。

公務員の給与決定においては,採用予定職種と同等の勤務・業務
を初任給基準額に上乗せすることができます。

質問内容から,質問者さんは常勤職員として採用だと思いますので,
一週あたり40時間(=1日あたり8時間勤務)の雇用形態になると
思います。
給与計算ルールは,これと同等の勤務形態(+同等の業務内容)の
前職があれば,初任給に上乗せできるとのことですので,前職も
これに近い雇用形態でなくてはいけません。
社会保険の制度上,一週あたり30時間勤務の雇用形態であれば,
必ず,雇用保険と社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しなく
てはいけないので,自分で支払うということはできないはずです。

また,例として,事務職として採用予定で,前職が喫茶店の店員
なら,採用予定の職種と前職との間に業務の関連性がないので,
反映されないことがあります。
これは,採用予定省庁の考え方と人事課の個別判断です。

書類作成の話ですが。

初任給に反映させるのであれば,上に書いたように,少なくとも,
雇用保険と社会保険に加入していた前職である必要があります。
これは,前職から在職証明書を発行してもらって,人事担当者が
確認した上で認定するので,逆に言えば,質問者さんが履歴書に
どのように記入しても,在職証明書で,同等の勤務形態であった
ことを証明してもらわなくては,意味がありません。
「同等の勤務形態」の解釈は,採用予定省庁の考え方によります。

在職証明書に記載されたことと,質問者さんが書いた履歴書の
内容に相違があれば,人事担当者はその相違を指摘し,修正を
求めるだけで,初任給には反映されません。

また,学歴についてですが,
公務員の給与制度である人事院規則では,適用される俸給表ごとに,
学歴ごとの初任給基準額があります。
行政職(一)であれば,大学卒業直後の人ならで,○級○号俸
高校卒業直後の人であれば,○級○号俸を適用するという具合です。
前職の証明書をもらってきてください,というのは,その基準号俸
に何年分(上乗せできるのは年単位です)上乗せできるのかを計算
するためです。

これ以降はテクニックの話ですが,昔の話であまり覚えていませんが,
専門学校も多種多様で,その専門学校が短大卒業相当であれば,
高校卒業直後の人を基準として,短大相当分の2年(又は3年)を
プラスして,さらに前職が加算対象であれば経験年数を加算する感じ
になります。

昔,公務員の給与決定を,かじったことがあります。

まず,履歴書は本人の署名・捺印のもとに提出するものなので,
履歴書の存在は,本人の信頼そのものです。
仮に,事実を履歴書に書かない場合,本人の信頼が一気にゼロに
なりますので,履歴書には必ず事実を記載することが大前提です。

公務員の給与決定においては,採用予定職種と同等の勤務・業務
を初任給基準額に上乗せすることができます。

質問内容から,質問者さんは常勤職員として採用だと思いますので,
一週あたり40時間(=1日あた...続きを読む

Q検察官か検察事務官か

今年の春から大学生になるものです。僕は検察官を目指して勉強してきました。しかし法科大学院まで行くとなると多大な費用がかかる、失敗したときのリスクが高いなどと聞きました。最近検察事務官という職業を聞き、検察事務官から検察官になれるということを知りました。しかし国家公務員の採用数を減らす、国家公務員に受かっても検察庁に採用されるかどうか分からないということも知りました。もしあなたならどちらの道に進みますか?もちろんどちらも厳しい勉強生活を送らなければ分かっています。参考にしたいので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もしあなたならどちらの道に進みますか?

  分からないから人生は面白いと、還暦越えて分かりました。
あなたのすばらしいことは、大学に入る段階で卒業後のことを念頭においておられることです。

 検察官も検察事務官も目標は勉強範囲を絞れることですね。

力いっぱいで望んだ体験は、必ず人生の別の場面でも、強力な資質に変わることを知りました。
 
あなたの想定外のことが起こるかもしれません。
 在学中に司法試験に受かる可能性も否定できません。
  
現在は、検察官を目標にがんばられて、今回の目標選択は大学2年の終わりごろに
 したほうが良いと思います。
ゼミの先生の助言が、大変有効なことも、ノミネートしてください。

ちょっとネガティブな回答ですみません。

Q在職証明について

内定を頂いたところから、今までの職歴について、履歴書にアルバイトを含めて(アルバイトはアルバイトと記すようとのことです)書くようにとの指示を受けました。また、職歴がある場合は在職証明を提出とも言われたのですが、アルバイト(または派遣)の場合も在職証明は必要になるのでしょうか。必要だとして在職証明は出るのでしょうか。
今まで短期のバイト・派遣(日雇い・単発が主)しか経験がないので書く意味のないように思うのですが…。

アドバイス頂けると幸いです。

Aベストアンサー

内定をいただいて良かったですね。おめでとうございます。
さて、職歴を提出するようにということですが、内定を頂いた会社とは関係のない仕事のアルバイトは書かなくてもいいと思います。たとえば一般事務に採用されるのに、「マックでアルバイト」と書いてもあまり意味がないからです。また、短期のアルバイトも記入しなくてもいいかと思います。採用時に職歴を尋ねるのは、給与や配置に考慮するからです。アピールしたいものがあれば、記入してもいいかと思います。
なお、在職証明は、こちらでryouko8さんがこの期間、勤めていましたという証明ですので、勤めていた職場に聞いてみたらどうでしょう。アルバイトだと出してくれないと思いますが、派遣だと理由を伝えれば、派遣会社が出してくれるかもしれません。


人気Q&Aランキング