硫酸銅を含む廃液を下水道もしくは河川に流すことが出来るのでしょうか?
何か法的規制がありましたら具体的に教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

対象になる法律は、水質汚濁防止法(略して水濁法)か下水道法になります。


放流先が河川や海域などの公共用水域の場合水濁法、終末処理場のある下水道の場合下水道法になります。

下水道の場合は、廃液中の銅の濃度が3mg/lを超える場合は、それ以下にしなければなりません。

水濁法では、まず水濁法の施行令で定めている特定施設を設置しているものが法律の対象になります。その場合、日排水量が50m3以上の場合に銅の排水基準は適用され、その値は3mg/lです。

これらは、国による一律基準です。
自治体ごとに上乗せ基準を設けているところもあります。
まずは、都道府県の担当の課にご確認するのがよいと思います。

以上、大雑把な説明です。硫酸銅の具体的な使用目的や使用量などを教えていただければ、もう少し詳しくご説明できると思います。
    • good
    • 0

水質汚濁防止法の基準はCuとして1mg/lです。

10%硫酸銅水溶液は1リットルあたり40グラムの銅が含まれていますので、4万倍の希釈が必要です。

参考URL:http://www.inf.toyama-u.ac.jp/~water/only/databa …
    • good
    • 0

事業者が河川海洋に直接排出する場合なら水質汚濁防止法


が関係しますし、下水道に放流する場合なら下水道法が関
係してきます。

ただし、先の方が書かれたように、条例等の上乗せ基準
が存在する場合もあるんで、詳しくは問い合わせされな
いと危ないですね。

あと、それらの排出濃度を測定して置くことも必要と
なるでしょう。
    • good
    • 0

>硫酸銅を含む廃液を下水道もしくは河川に流すことが出来るのでしょうか?



できないと思います。基となる法律は廃棄物処理法ですが詳細については都道府県更に市町村に委任してしてありますので市町村役場でお聞き下さい。条例は各地域で違いますので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸銅の結晶の作り方

手元に硫酸銅の試薬があるので、子供と一緒に硫酸銅の結晶を作る実験をしたいと思います。

どのようにすれば上手に硫酸銅の結晶を作れるでしょうか?

硫酸銅の飽和水溶液を作ればいいと思うんですが、
硫酸銅の溶解度などってどうすれば調べられるんでしょうか?

Aベストアンサー

先ず始めに、硫酸銅は有毒なので、取り扱いには十分注意してください。実験をはじめる前に、MSDSなどを一読することをお勧めします。また最低限、手袋を着用し実験後は必ず良く手を洗うようにしてください。

具体的な操作ですが、私の経験上ですが
二段階に分けて結晶を作成すると綺麗な結晶が得られます。
1.種結晶を作る
2.作った種結晶をたこ糸等につるして大きな結晶に成長させる。

1.種結晶を作る。
先ず、少しでいいので多めに見ても30mLもあれば十分ですので飽和溶液を作ります。作り方は、沈殿が生成するまで(溶けなくなるまで)水に硫酸銅を溶かします。
溶けなくなったら、生じた沈殿や不純物を取り除くために一度濾過します。その濾過した溶液に少量の硫酸銅を加えて、加熱して溶かします。(ここで再度濾過をすると良いです。)そして、ゆっくりと冷却すると(さっき後から加えた分の)硫酸銅の小さな数mmの結晶が幾つか析出します。
これを濾過などで取り出し、比較的形の良いものを選び出します。これを種結晶として使用します。

2.結晶を成長させる
選んだ形の良い結晶をたこ糸等に縛ります。
その結晶を漬け込むための暖めた飽和溶液を作ります。作り方はさっきとおよそ一緒ですが、50℃~60℃くらいに加熱して作ります。この温度で溶け残りがいるようにして、濾過します。この濾過した溶液に先のたこ糸につるした種結晶をつるして、ゆっくりと冷却すると、結晶が成長していきます。


ポイント
・水溶液に不純物(ゴミなどの浮遊物)がある綺麗な結晶になりません。
・冷却のスピードは遅ければ遅いほど良いです。
 3~5℃/10時間でやったら私は綺麗になりました。
・一般に容器の中で温度にむらができてしまうので、(例えば、容器の底が机と接触して冷やされてしまうとか)発泡スチロールなどで熱を遮断した方がいいです。
・過飽和状態の溶液を使うとあまり綺麗な結晶が得られなかったので、飽和溶液を濾過する時には良くかき混ぜるなど振動を与えてから濾過したほうが良いかも。
・結晶成長中は振動を与えない。
・気長に待つ。

最初に、有毒だと書きましたが、化学実験は手順を守ってちゃんと安全対策をとって行なえば、必ずしも危険なものではありません。気をつけて行なってください。

あと、確か硫酸銅は水道に流したらいけなかったような気もしますので、ご注意下さい。

先ず始めに、硫酸銅は有毒なので、取り扱いには十分注意してください。実験をはじめる前に、MSDSなどを一読することをお勧めします。また最低限、手袋を着用し実験後は必ず良く手を洗うようにしてください。

具体的な操作ですが、私の経験上ですが
二段階に分けて結晶を作成すると綺麗な結晶が得られます。
1.種結晶を作る
2.作った種結晶をたこ糸等につるして大きな結晶に成長させる。

1.種結晶を作る。
先ず、少しでいいので多めに見ても30mLもあれば十分ですので飽和溶液を作ります。作り方は...続きを読む

Q河川法23条の河川管理者とは具体的には誰のこと

河川法23条の“河川の流水を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。”の河川管理者とは具体的にはどういう人ですか?
土地の所有者・水利権を持つ人・行政の人?
ここがよくわかりません

Aベストアンサー

都道府県知事です
実際には、土木関係で処理するでしょうが
最終的には、知事の承諾が必要です
河川だけではなく港湾、湖も県知事の許可が必要です

Q結晶硫酸銅とは?

 結晶硫酸銅とは、普通の硫酸銅とどのように化学的性質の差があるものですか?

 また、『結晶硫酸銅について知っていることを書け』という問題でたら、どのようなことを書けばよいですか?

教えてください。

Aベストアンサー

(a)硫酸銅(II) CuSO4
(b)硫酸銅(II)五水和物 CuSO4・5H2O

(a)を無水硫酸銅、(b)を結晶硫酸銅といいます。結晶硫酸銅というのは俗称で、実際は(a)(b)両方とも結晶(aは斜方晶系、bは三斜晶系)です。だから、溶液は別として結晶になる前の硫酸銅というものはありません。

ただ、ここは推量ですが、結晶硫酸銅の化学式を CuSO4・xH2O として、これを加熱し、無水硫酸銅にする。その質量変化から xを求めなさい、という課題ではありませんか。その場合、5という数を伏せるために、わざと結晶硫酸銅という名前を使ったのかもしれません。

QICカード、プラスチックカードの廃棄に伴う法的規制、処理方法等について

カード会社等で発行しているICカード、プラスチックカードは、解約時に回収されますが、その後カード会社では具体的にどの様に廃棄処理しているのでしょうか?廃棄に関して法的規制、産廃基準等はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

廃棄に関して法的規制、産廃基準等は現段階ではないようです。
カード会社が独自に基準を設けているとは思います。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.irric.co.jp/www/riskmgt/joho/paper9901-secukouza4.html

Q硫酸銅について

硫酸銅の性質についての質問です。

(1)無水硫酸銅に、水を数滴加えると青くなり発熱しました。
   青くなるのは無水硫酸銅が水和物になっているからだ、というこ   とは知っているのですが、なぜここで発熱するのでしょうか? 
   この熱エネルギーはどこから来るんですか?
(2)無水硫酸銅と結晶硫酸銅の秤量を行ってその比から結晶硫酸銅    (5水和物)の組成式を求めたんですが、水和物の部分がどうし   ても5以下になってしまいました。これはどこから生じる誤差な   のでしょうか?
   実験で使用した器具は熱して恒量化しています。
(3)結晶硫酸銅から無水硫酸銅を作る際、400~450℃くらいの
   ホットプレート(砂を熱している形のもの)を用いたのですが、
   なぜ400℃前後のホットプレートでなければならないんです    か?
   ガスバーナーとかではいけないんですかね?
(4)硫酸銅水溶液はアンモニア水や硫酸バリウム水溶液をそれぞれ入   れることでどちらも沈殿を生じたのですが、
   この二つの試薬を用いることは硫酸銅を確かめる上でどのような   役割があるんでしょうか?

どれか一つでも答えていただけるととても助かります。
URLを貼り付けていただいても構いません。
よろしくお願いします。

硫酸銅の性質についての質問です。

(1)無水硫酸銅に、水を数滴加えると青くなり発熱しました。
   青くなるのは無水硫酸銅が水和物になっているからだ、というこ   とは知っているのですが、なぜここで発熱するのでしょうか? 
   この熱エネルギーはどこから来るんですか?
(2)無水硫酸銅と結晶硫酸銅の秤量を行ってその比から結晶硫酸銅    (5水和物)の組成式を求めたんですが、水和物の部分がどうし   ても5以下になってしまいました。これはどこから生じる誤差な   ので...続きを読む

Aベストアンサー

(1)加熱してやっと離れたということは出会うと簡単にくっついて離れなくなるということです。水を引き離すのにエネルギーが必要であれば水とくっつく場合はエネルギーが余ってきます。
Ca(OH)2 ⇔ CaO+H2O
これも同じですね。

(2)硫酸銅5水和物にはH2Oが5つついています。このウチの4つはCu2+についています。残りの1つはSO42- についています。加熱すると4つのH2Oは離れやすいが残りの一つは離れにくいそうです。Cu2+についているH2Oが離れると青い色がなくなります。

(3)硫酸銅の結晶をピンセットで挟んでバーナーで加熱してみて下さい。はじめ白くなりますがそのうち黒い部分が生じます。
CuSもCuOも黒ですからどちらかができているのだと思います。

(4)アンモニア水でCu2+の確認をします。2段階の色の変化です。塩化バリウム(BaCl2)水溶液でSO42-の確認をします。
(BaSO4はこの結果生じる沈澱です。)

Q医師の肩書きを医療以外で使うことに対する法的規制はありますか?

こんにちは。
前に医療カテで質問しましたが、やはり法律かな?と思い締め切ってこのカテで再質問します。

ふとしたことから疑問に思う事が出てきたので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
以下のような事をするのに医師法・医療法などで規制はありますか。

1 医師が医師の肩書きを宣伝に、医療以外のことをする事。例えば、「お医者さんが教えるパソコン講座」みたいなこと。

2 そのようなタイトルの本を出版する事
「忙しい中マスターした医師が教える最短ワード&エクセル独学法」

こんな感じの医療とは直接関係のない事です。パソコンは適当に思いついた例で、実際にしたり見たりしたわけではありませんが、疑問に思ったので教えて下さい。また参考に他の職業の場合はどう、という回答も興味あるのでよろしければお願いします。(例:「ある弁護士のヨーロッパ旅行記」というタイトルの本など)

Aベストアンサー

法律の事は全然判りませんが、医師であるという事で利益を生む商売をしようとする訳ですよね。いわゆる刑事事件になったり、詐欺にあたるような行為でなければ全く問題ないのではないでしょうか?実際、出版関係では、エビデンスも何も無いメシマコブだサルノコシカケだ何だので癌が治った等々、医学博士の肩書きで山のように出版されてますし、それが薬事法に引っかかった等の話は非常に少ないのではないでしょうか?fablousさんが書かれてるような事は逆に医師に対し役に立つ商売であり、いいことだと思います。私は蕎麦打ちが趣味ですが「蕎麦打つ外科医」と言う本を読みました。

Q硫酸銅の飽和水溶液での析出

60℃の硫酸銅の飽和溶液100gを0℃に冷却したときに析出する硫酸銅の5水和物の質量W[g]が満たす方程式を記せ
硫酸銅の式量: A
硫酸銅の5水和物の式量: B
硫酸銅の0℃での溶解度: X
硫酸銅の60℃での溶解度: Y

という問題なんですが、
X / (100 + X) = (100Y / (100 + Y) - A * W / B) / (100 - x - (1 - A/B) * W)
という飽和溶液の比の式を立てたんですが、
この式はどうやってもきれいな形にはならないと思うのですが、
この式が間違っているんでしょうか?
それとも問題が満たす方程式を記せという問題なのでこのままで変形はしなくてもいいということなんでしょうか?

Aベストアンサー

質量保存の法則を用いて(大袈裟だなー)硫酸銅の量に注目すると。
60℃の溶液では、
水100g中に溶ける硫酸銅の量はYg
溶液100g中に溶けている硫酸銅の量は100*(Y/(100+Y))

0℃の溶液では、
水100g中に溶ける硫酸銅の量はX(g)
溶液100-W(g)中に溶けている硫酸銅の量は(100-W)*(X/(100+X))

析出した硫酸銅五水和物をW(g)とすると
硫酸銅の量はW*A/B

硫酸銅の量だけに注目すれば、
100*(Y/(100+Y))-(100-W)*(X/(100+X))=W*A/B
のはず。

Q導流帯の規制

白線標示の導流帯(ゼブラゾーン)は進入禁止だと教えている自動車教習所が多いですが、道路交通関連の法規に該当するような条文があるのでしょうか?

ご存知の方あれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

そのままズバリの内容を所轄署の交通規制課へ
問い合わせたことがあります。

返答はなんともあいまいで、通行区分違反もありうるとのことでしたが、警ら中にこれを現認した場合にどうなるのか?と聞いたところ、苦笑いをしながら口頭注意との返答でした。

どうも取り締まる条文はないようで、導流帯から反対側車線へ逸脱しているような場合は検挙すると話していた記憶です。

Q硫酸銅五水和物

少量の硫酸銅五水和物を加熱して無水硫酸銅にしたものに、水一滴をたらすと、硫酸銅五水和物になり、さらに過剰に水を加えると、テトラアクア銅イオン[(Cu(H2O)4]2+ になる、ということは正しいのですか?

水酸化銅や銅イオンにはならないのですか。詳しい解説をお願いします。

Aベストアンサー

>水酸化銅や銅イオンにはならないのですか
水酸化銅にはなりません。これは水に難溶です。
沈殿が出来ると言うことは観測されませんよね。
銅イオン(正確に言うと銅(II)イオン)については次。

無水硫酸銅(白色)に少量の水を含ませると硫酸銅一水和物(斉白色)ができ、更に水を加えると硫酸銅五水和物(青色)ができます。この硫酸銅五水和物の色はその中に含んでいるテトラアクア銅(II)イオン[Cu(H2O)4]^2+によるものです。硫酸銅五水和物に水を加えると出来るのではなく、硫酸銅五水和物中に既に出来ています。
そしてさらに水を加えると硫酸銅が水に溶け青色溶液になります。
また、水溶液中での銅の挙動を考える場合、テトラアクア銅(II)イオンを銅(II)イオンと見なす場合もあります。

Q瑕疵担保責任を追及する具体的法的手続

 オークションで中古スーツを6,000円ほどで落札しました。着丈70cmと書かれていました。

 着丈は実際には77cmほどでした。これではまともに着こなせません。商品自体は気に入っています。そこで、サイズ直しに出して、その費用は出品者に瑕疵の修理費用(3,500円くらい)として負担してもらおうと思います。

 民法566条・570条に基づく、損害賠償請求として修理費用を請求するという構成を取っている(法の条文も引用して出品者に示し、説明した)のですが、出品者は返品には応じるが、費用負担には応じないと今のところしています。

Q1
 民法566条・570条(瑕疵担保責任)で、損害賠償請求として修理費用を負担してもらえますか?

Q2
 任意に支払いに応じない出品者に対し、強制的手続を取る場合、金額や事件の内容に照らし、どのような手続が妥当でしょうか(例:少額訴訟)?なお、出品者の住所は遠くないので出品者の居住地の裁判所に出頭可能です。

Aベストアンサー

他のご回答者さんへのNo.4までの補足および御礼も拝見しつつ、コメントしてみます。

Q1について
結論としては、負担してもらえる可能性があります。

まず、損害賠償請求権があるかどうかについては、あるものと考えられます。

スーツは少しの大きさの違いが着こなしに大きく影響する服ですので、70センチと77センチの違いは「瑕疵」といえるように思います(※)。

そして、ネットオークションであれば商品が到着するまでこの瑕疵が分からないものですから、「隠れた瑕疵」となりましょう。

また、566条は「契約をした目的を達することができないとき」であっても損害賠償請求のみをすることを排除していないと解されていますから、目的達成如何を検討することなく損害賠償請求できます。

さらに、この場合の損害賠償請求できる範囲は「信頼利益」に限られるところ、お書きの修理費用は、少なくとも裁判所では「履行利益」には当たらないとして「信頼利益」に含めて考える傾向にあるようです(厳密には、修理費用は瑕疵修補請求の代替としての修補費用相当額請求であるところ、これは「信頼利益」とも「履行利益」ともいえる性質のものですから解釈の分かれるところです)。

そうすると、約3,500円の損害賠償請求権は、あるものと考えられます。

ただ、実際問題として、まず、裁判所に訴えるなどであれば※印の評価が判断の分かれ目になりそうですから、これを納得してもらうことが肝要となりましょう。

また、請求権があっても、相手が任意に履行しないときは、強制執行等によらなければ法的手続としては支払いを受けられません。

さらに、例えば強制執行でも、空振りに終わったり執行妨害があったり財産が無かったりして執行できない場合もあります。

そのため、請求権があったとしても実際に負担してもらえるかどうかは別問題となり、結局のところ「負担してもらえる可能性があります」という答えになってしまうんです。

Q2について
既にご回答のありますとおり、調停や支払督促などが考えられるところです。


なお、No.4の補足欄の
> 出品者が明示していることを、わざわざ確認しなければならないのでしょうか?
については、商人でない者が売主となる場合には表示に誤りの発生する可能性が相対的に高くなることから、少なくとも買主は確認したほうがよいといえます。そうである以上、確認しなかったことにつき裁判官や調停員の心証に影響を与える可能性がないとはいえません(No.4のkuri_kurioさんのご回答中「ご質問の文面からは」以下も、このご趣旨と思います)。

これは、そのようになる可能性があるということですから、「それはおかしい」とこの掲示板や裁判・調停の場などでご主張なさるよりは、そのような心証を与えないようにするためにはどうすればよいのかという視点から、今後の対応をご検討なさってはいかがでしょうか。

他のご回答者さんへのNo.4までの補足および御礼も拝見しつつ、コメントしてみます。

Q1について
結論としては、負担してもらえる可能性があります。

まず、損害賠償請求権があるかどうかについては、あるものと考えられます。

スーツは少しの大きさの違いが着こなしに大きく影響する服ですので、70センチと77センチの違いは「瑕疵」といえるように思います(※)。

そして、ネットオークションであれば商品が到着するまでこの瑕疵が分からないものですから、「隠れた瑕疵」となりましょう。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング