西ローマに対して東ローマが1000年以上も続いた理由って何なのでしょうか?
ご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。お願いします!!

A 回答 (2件)

西ローマが度重なるゲルマン民族の侵攻にさらされたということに対して、東ローマにはフン族などが来襲するも『コンスタンチノープル』という巨大城塞都市と貢納金による和平政策のために直接の戦火から守られたということ・・これが差だと思います。

また貢納金を捻出できた背景には東西の結び目という地理的・経済的なアドバンテージがあったからだとも思います。
東ローマ、ビザンチンの系譜では東西文化の融合で結果として特異な文化が開花しましたが、それは交易のアドバンテージと根を同じくするものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲルマン人の侵入においての影響が関わっていたのですね。分かりやすいご回答、大変感謝しております。

お礼日時:2002/02/18 13:43

一つに哲学が栄えたためと言われています。


そのため、支配者階級が途方もない贅沢をするなどの腐敗をあまり
起こしませんでした。
実際、国が滅ぶ原因に支配者階級の腐敗が絡むことは歴史上良くあることで
あり、中国の太平天国などその典型ですよね。
皇帝みずから哲学に強く傾倒しているという場合もあり哲人皇帝と呼ばれた
マルクス帝が著した「自省禄」という本は岩波文庫から発刊されており
いまでも購入することができます。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/6/3361010.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

哲学が、キーポイントだったわけですね。大変、参考になりました。ありがとうございました★

お礼日時:2002/02/18 13:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ