標記のとおり、個人年金保険で年金支払い開始後、
その会社が、破綻したら、残りの期間の年金は
減額されるでしょうか。
現在、個人年金に加入してますが、年金支払いまで
10年くらいあります。この先保険会社はどうなるか
予測がつきませんので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 減額されます。



 保険会社が破綻した場合、責任準備金削減(最大10%)と予定利率変更がなされます。

 年金支払いが始まっていることを理由に、破綻の影響を受けない規定はありません。

 過去破綻した保険会社のケースでは、予定利率の変更が行われ年金額が引き下げられています。
 責任準備金は、個人年金保険の全額保護期間だった為、削減されませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いま加入している会社はランクでも上の方なので
当面大丈夫だと思います。
しかし10年後となると????なので、ちょっと
心配になりました。

お礼日時:2002/02/19 23:48

#1さんの言う通り減額されます。

結構長く掛けられてるみたいなのでそのまま続けてた方が良いと思いますが、いつ破綻するかしないのかはは誰もわかりませんよね。ここは大丈夫なんてないですから自分の保険は自分で守る、色々情報収集してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/19 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税税額通知書に記載された従業員のマイナンバーの利用について

住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが、
その中には会社へのマイナンバー提出を拒否している者のマイナンバー
も記載されています。
住民税税額通知書により入手したマイナンバーは、利用目的を明示して
本人から収集したマイナンバーと同様に、源泉徴収事務以外の利用目的
(例えば雇用保険、健康保険等)で利用しても良いのでしょうか?
それとも、源泉徴収事務のために提供されたマイナンバーであるので、
源泉徴収事務以外には利用できないのでしょうか?
(番号管理も、本人から収集したマイナンバーとは区分が必要でしょうか?)

Aベストアンサー

>住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが
 ・この件に関しては、下記の様な問題点が提起されています・・一読をお勧め
http://news.mynavi.jp/series/mynumber/061/

>住民税税額通知書により入手したマイナンバー
 ・マスキングしてから給与担当に渡す・・利用しない
 (電子データとして貰って、ナンバーを削除するのが望ましい)
>マイナンバー提出を拒否している者のマイナンバーも記載されています
 ・利用不可・・後のち問題になった場合、会社の責任問題になる
 ・法的には義務だが、違法では無い(現在まだ強制の段階に無い)
  会社は提出するように要請できるが、個人が提出しないも可能・・・会社がその旨の説明を関係官庁にをすればOK
・現状、そのマイナンバーに関しては、知り得ない情報として処理した方が賢明です

Q個人年金保険料控除は年金支払開始日が60歳以上でないと駄目?

某社の10年確定の個人年金保険に平成5年から加入しています。
昨年まで職場の庶務担当からこの保険は所得税の個人年金保険料控除の対象にならないと言われ続け、申請できませんでした。
ところが、今年他の人に聞いたところ、同じ会社の保険で対象になっているというのです。
そこで、確認したところ、年金支払開始日の私の年齢が、59歳と8ヶ月でした。
控除の要件に年金支払開始日が60歳というのがあるようなのですが、満60歳でないと駄目なんでしょうか。
(駄目なのだとは、思いますが、12年間騙されつづけたようで、憤りを感じています。)

Aベストアンサー

「個人年金保険料税制適格特約」は付いていますか?
この特約が付いていないと、年金保険料控除が受けられません。
証券を確認するか、保険会社に確認されるとわかるかと思います。

Qこれはアンケートです。 マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナン

これはアンケートです。
マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナンバーを聞き出す」この場合自主的にマイナンバーをしゃべらせるテクニックで法律上は詐欺には当たらない?皆さんの意見をアンケートにお願いします。

Aベストアンサー

アンケートに答えます。その種の巧妙な詐欺は、増えると思います。想像も出来無い、芸術とも呼べる程の巧妙さで。

Q一括支払いの個人年金の受け取り人に関して

被保険者である伯父がH23年11月に亡くなりました(配偶者無し、子供無し)。享年87歳です。
一括支払いの個人年金に加入しておりましたが、保険金の支払い自体は伯父自身がしていた物です。伯父にはその他預金や定期だけでも1億2000万以上の貯えがありました。
伯父の年齢、財産から察しても生保の個人年金を申し込むこと自体不自然です。
支払い開始が90歳超えからの個人年金に加入など普通に考えても不自然なことです。
その一括支払いの個人年金は2年に渡り、H21年2000万、H22年2000万と合計4000万も掛けてあります。その受取人がこれまで伯父との関係性の薄い、法定相続人でもない者になっています。都合4000万円の受取人に契約上指定されています。
法定相続人は4名おりますが、我々、法定相続人(私も含めて)は、この受取人と亡くなった伯父との関係性を還り見てこの受取人の指定に納得がいきません。
伯父をダマくらかして契約にこぎつけたのではないか?と、ある種、保険金詐欺ではないのかと疑っております。受取人は、そもそも法定相続人でもないので、相続金目当てに個人年金の一括支払いに着目し、伯父を上手くダマくらかし、自身を受取人に指定し4000万をせしめる気ではないのかと疑っております。実際、生前の伯父からこの受取人との深い付き合いなどしているなどとは聞いたこともありません。伯父の性格からして他人に4000万ものお金を与えるなど有り得ません。
そこで質問なのですが、この4000万の保険受取りを差し止めることは出来ないものでしょうか?
一旦、保険金の支払い請求を差し止めて弁護士に相談し裁判に持込みたいと考えております。
仮に保険金請求をされて、この受取人4000万が支払われてしまって、支払らわれた保険金額が棄損されるのを防ぎたいと思っております。
上記の様なケースの場合、我々法定相続人が行える保険金支払い前の防御はありますか?
4000万の支払いを防ぐことは出来るでしょうか?
ちなみに、この指定された受取人は伯父亡き後、通夜はおろか、葬式、納骨と一切伯父を見送ることはありませんでした。それほど縁が薄い人間です。
防御可能な方法や、頼るべき相談先などアドバイス下さい!
とても困っています、こういう問題に詳しい方是非回答お寄せ下さいますようお願いします!

被保険者である伯父がH23年11月に亡くなりました(配偶者無し、子供無し)。享年87歳です。
一括支払いの個人年金に加入しておりましたが、保険金の支払い自体は伯父自身がしていた物です。伯父にはその他預金や定期だけでも1億2000万以上の貯えがありました。
伯父の年齢、財産から察しても生保の個人年金を申し込むこと自体不自然です。
支払い開始が90歳超えからの個人年金に加入など普通に考えても不自然なことです。
その一括支払いの個人年金は2年に渡り、H21年2000万、H22年2000万と合計4000万も掛...続きを読む

Aベストアンサー

まず、相続と保険をきっぱりと分けて考えてください。
保険は、法定相続人が誰であろうと、関係ありません。
保険会社と契約者との契約、つまり、商取引であり、
商法がその根本となります。
相続を規定する民法とは、根本的に違うのです。

伯父様がA氏を保険の受取人とした契約を結んだら、
A氏が法定相続人だろうが、なかろうが、関係ないのです。
A氏が葬儀に参列しようが、しまいが、
関係のないことです。
問題は、すべて「契約」にあるのです。

従って、現状では、A氏から保険会社に対して、
支払請求があれば、保険会社はそれを断わることができません。
支払い義務があるのです。
また、第三者が、それを止めることもできません。

では、どうするか?
契約そのものが不法であったことを証明するしかありません。

例えば……
(1)伯父様が87歳で、認知症などの兆候があれば、
契約そのものを無効にできる可能性があります。
(2)A氏が伯父様から、4000万円もの保険を受け取るのは
明らかに異常であり、A氏が伯父様を騙したことを証明する
という方法もあります。
ただし、騙す=詐欺ですから、A氏を詐欺で刑事告発するほどの
覚悟と証拠が必要です。

>一旦、保険金の支払い請求を差し止めて弁護士に相談し裁判に持込みたいと考えております。

順番が逆です。
直ちに、弁護士に相談して、裁判を起こし、
保険会社に対して、係争中の案件なので、支払いを止めるように要請する
という手順となります。
保険会社は、契約そのものに不法性が認められなければ、
A氏の請求に従って支払いをします。
それを止めるのは、法的措置しかありません。

ご参考になれば、幸いです。

まず、相続と保険をきっぱりと分けて考えてください。
保険は、法定相続人が誰であろうと、関係ありません。
保険会社と契約者との契約、つまり、商取引であり、
商法がその根本となります。
相続を規定する民法とは、根本的に違うのです。

伯父様がA氏を保険の受取人とした契約を結んだら、
A氏が法定相続人だろうが、なかろうが、関係ないのです。
A氏が葬儀に参列しようが、しまいが、
関係のないことです。
問題は、すべて「契約」にあるのです。

従って、現状では、A氏から保険会社に対して、
支払請求...続きを読む

Qマイナンバー利便性で、マイナンバーの提示とは

マイナンバーのメリットとして、国民の利便性向上があります。

その中の一例として、児童手当の現況届の手続きをする場合に、今までは所得証明書や健康保険証のコピーが必要であったが、マイナンバーを提示するだけで済むという記事がありました。

このマイナンバーの提示とは具体的にどうすることになるのでしょう?
個人番号カードのコピーを添付するだけなら、確かに便利になると思いますが、
マイナンバーを記入するだけだと、証明というには弱い気がします。
また、個人番号カードを見せるとなると、逆に持って行くのが大変でデメリットになってしまうと思うのですが。

さらに、政府広報ページの「こんな場面であなたもマイナンバーを使います。」では、
下のほうに「※マイナンバーを用いる手続では、マイナンバーだけでなく、本人確認書類による本人確認も行うため、マイナンバーだけでなりすましはできません。」なんて書いてあります。
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/#sec1

Aベストアンサー

#2です。
>例に挙げた「児童手当の現況届の手続き」の場合は、個人番号カードを役所で見せるだけでいいと思うので、使い方は3通りになるかと思います。
(1)個人番号カードと、免許証など身分証明できるものを提示。
(2)個人番号カードのみ提示。
(3)書類にマイナンバーを記入。カード提示不要。
.
●いいえ、(1)と(2)は同じです。
つまり、個人番号カードは個人番号を収録した身分証だからです。
厳密には(1)では個人番号カードでなく個人番号通知表で事足りる。

Q35歳独身女性、生命保険(医療重視)と個人年金保険加入を検討しています

35歳独身女性、生命保険(医療重視)と個人年金保険加入を検討しています。
結婚の予定はありません。生命保険は病気になった時の補償を重視したいです。
個人年金は将来の老後のためです。
二つ合わせて月々2万円~3万円の支払い位でおさめたいです。
友人に生命保険は外資系ではなく、つぶれなそうな日本の生命保険会社を選んだ方がいいよと言われました。
とりあえず、三井住友海上と明治安田生命に見積もりをお願いしました。
近いうちに担当の方にお話を聞こうと思っております。

私は間もなく誕生日を迎えるのですが、35歳で加入するのと36歳で加入することに大きな違いはありますでしょうか?
生命保険はじっくり考えて自分にあったものをと思っています。
上記の保険会社以外におすすめな保険会社はありますでしょうか?
みなさまの意見をおきかせください。

Aベストアンサー

>生命保険は病気になった時の補償を重視したいです。
病気になっただけでは医療保険が役に立つかどうか分かりません。
具体的にどのように保障してもらいたいのですか?
いつまで保障してもらいたいのですか?
治療費のためなら健康保険や高額療養費を使えば、
医療保険がなくてもそんなに困りません。
70歳以上になれば自己負担限度額が大きく下がるので
医療保険がなくても年金や自己資産(加入する個人年金など)から
治療費ぐらいは十分に払えると思いますので一生涯もいらないでしょう。
収入の補填のためなら勤務先の福利厚生を調べてください。
以外と手厚い保障がある場合もあります。
収入の補填のためなら一生涯はいらないでしょう。

このような話をすると「それじゃ医療保険はいらないじゃないか!」
と言われる方が少なくありませんが、その通りです。
ただしこれは短期入院保障型の医療保険を選んだ場合です。
例えば人気の1入院が60日や120日の医療保険を選んだとしましょう。
60日の治療費の自己負担限度額は一般所得の方で約20万円です。
120日の治療費の自己負担限度額は一般所得の方で約30万円です。
20万円や30万円の自己負担を保障してもらうのに、
いったいいくらの保険料を支払うことになりますか?
ということから、短期入院型の医療保険を選んでも大したメリットはなく、
保険料の払いすぎによるデメリットの方が圧倒的に大きいのです。

入院して最も困ること、それは「予期せぬ長期入院」です。
短期入院を繰り返して結果として長期入院なると、
預貯金が目減りし、社会復帰もできずに収入の減少につながります。
このような長期入院をすることは滅多にありませんが、
なったら困るときにこそ役に立つのが保険であるべきです。

ということから医療保険は、
支払う保険料以上の保障を確保するために1入院は365日以上。
保険期間は最長70歳まで。
短期入院保障型の終身医療保険は保険として入る意味がありません。

>友人に生命保険は外資系ではなく、つぶれなそうな日本の生命保険会社を選んだ方がいいよと言われました。
つぶれるかどうかはどこの金融機関でも分かりません。
人のうわさほどあてにならないものはありません。
ご自身の判断で決断してください。

>生命保険は病気になった時の補償を重視したいです。
病気になっただけでは医療保険が役に立つかどうか分かりません。
具体的にどのように保障してもらいたいのですか?
いつまで保障してもらいたいのですか?
治療費のためなら健康保険や高額療養費を使えば、
医療保険がなくてもそんなに困りません。
70歳以上になれば自己負担限度額が大きく下がるので
医療保険がなくても年金や自己資産(加入する個人年金など)から
治療費ぐらいは十分に払えると思いますので一生涯もいらないでしょう。
収入の...続きを読む

Q来年マイナンバー制度が導入されたら父と絶縁できなくなります

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られて一生父から逃れることができなくなるのでしょうか?

他人であれば私のマイナンバーを使うことはできませんが、父親が良親のふりをして「家出している娘を探している、マイナンバーを知っているから特定してくれ」と言われたら簡単に特定されてしまうと思います。
マイナンバーがあるためにその懸念を一生抱えるのは嫌です。
マイナンバーの情報が漏れるとこのような懸念が現実のものとなってしまうのでしょうか?

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られ...続きを読む

Aベストアンサー

別にマイナンバーの番号が見られてようが,見られまいが
肉親であれば 無条件に市役所などで 戸籍情報を検索できます。

 マイナンバーの番号はまったく関係ない。
どこから そんな荒唐無稽な デタラメの話を聞いたの?

Q終身医療保険において保険会社が破綻したら?

外資系の終身医療保険に入ることを検討しています。
60歳払済で終身保障というものですが、掛金が安い分、解約払戻金もはほとんど戻らないものですので、
解約をすることは前提とせず、今後一生の医療関係の費用を本保険でサポートしてもらいたいと考えています。

そこで、皆さまに伺いたいのですが、万一、この保険会社が破綻した場合、その保障内容はどうなるのでしょうか?
生命保険契約者保護機構が責任準備金の90%を保障するというのは過去の質問を見て理解できたのですが、
病気怪我で入院した場合の給付金等の保障内容には、どういう影響が及ぶのが一般なのでしょうか。

私は未だ20台後半ですが、仮に5年後に破綻した場合、従来通りの保険料で、契約時の保障内容が一生続くのでしょうか?
また、払込みが終了した5年後に仮に破綻した場合も、契約時の保障内容が保護されるのでしょうか?

*保障内容というのは、例えば、入院日額1万円、手術給付金1回20万円というものです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の方の回答のAJとは、アリコ・ジャパンのことを言っているのだと思いますが、アリコ・ジャパンの正式名称は、アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニーであり、生命保険契約者保護機構の加盟会社です。

終身の医療保険の場合、解約払戻金がなくても、支払いに備えて責任準備金を積み立てています。
それが、90%に減額されるので、当然ですが、影響があります。
どの程度の影響があるのか、それは、実際に破綻してみないと分りません。

例えば、十分な責任準備金の積立があれば、影響は小さくなりますし、逆に、責任準備金そのものの積立が不足していた場合、影響は大きくなります。
また、予定利率が引き下げられる可能性もあり、そうなると、影響はさらに大きくなります。

ご参考になれば、幸いです。

Q確定申告の「添付提出書類台紙」とマイナンバー通知カードについて

確定申告で控除申請のため「添付提出書類台紙」も提出するのですが、この「添付提出書類台紙」を提出する場合のマイナンバー通知カードの添付についてお尋ねいたします。

実はマイナンバーカードはないのですが、マイナンバー通知カードがございます。
「添付提出書類台紙」を提出するときは、このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?

また、マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?

以上2点でございますが、よろしくご教授いただければ幸いです!

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?
お見込みのとおりです。
それでいいです。

>マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?
いいえ。
キリとり線があるので、キリとり通知カードの部分(「個人番号」がマイナンバーのことです)だけをコピーすればいいです。
大きさは半分になります。

Qもし保険会社が破綻か営業譲渡したら保険料はどうなるか

現在ソニー損保の医療保険に加入を考えているものなんですが、あまり私のイメージの中でソニー損保という会社は大きいイメージがなく、もし会社がつぶれたらどうなるんだろうと考えてしまいました。若いうちに加入したら安い保険料が一生変わらず続くのですが、もし倒産などしたら保険料が上ったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

もしではなく、過去に数社倒産してます。
http://www.hokenno.net/merger.htm
http://www.hokenno.net/kakuzuke_2006_l.htm
http://www.insweb.co.jp/0lifeins/04comparison/01solvency.jsp

で、引き受けする会社があればそのままの保険料ですが、
支払われる保険金が半額とかになってしまいます。
http://www.orix.co.jp/ins/direct/toiawase/yo_kaisha.htm#q6

よーく読んで決めてください
http://www.seihohogo.jp/pdf/pamphlet_h18.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報