最新閲覧日:

住宅金融公庫の審査に通り融資が決定した後、融資実行前に転職、あるいは退職して一時的に無職になってしまった場合、融資が取り消されることはあり得るのでしょうか?

ここを含め、ネットで色々と調べたのですがどうもはっきりした答えが得られません。

実情をご存知の方、回答をよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 融資承認から実行まで、建物の工程などによっては半年ぐらいの期間がある場合がありますので、イマドキその間に意に反しても転退職などの事情変更が起こる可能性があると思いますが、そのような場合でも工事が進行するなど現実はどんどん進行していきますので、そこで融資が出ないとなると物議をかもし出すことになります。

その点から考えると、公庫の書類をみてもそのケースの注意等は見当たらないようなので、その限り、そのような問題は想定しないでおいて(公庫の性格上)、必要に応じて個別対応するものと思われます。融資実行までは仕事を辞めません、などという念書もなく、他方、融資実行後仕事を辞めても、勿論ローンはそのまま継続することから考えると、直近2年度の課税証明中心に、それをもってその人の先も含めた与信をするという意図ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変判り易い解説、誠にありがとうございました。

私の方でも調べたところ、転職をした場合でも年収が同等、もしくは上がっている場合はまず問題はない(再審査を受けても通る)とのことでした。ただし100%確実に通る、という訳ではないので、なるべくなら融資実行までは転職はしない方が良い、とのことでした。

お礼日時:2002/02/24 02:06

このような場合は、いきなり取消になるのではなく、再審査を受けることになります。


その結果によっては、融資が取り消される場合も有ります。
いずれにしても、申し込みをされた金融機関に、再審査の申し込みをされる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、再審査になるのですね。
早速の回答、誠にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報