たとえば、商品券をデパートが発行したとき、デパート側では、不課税取引なのに、買った会社は、多くの場合、買ったときに課税取引として仕入れ税額控除の対象(交際費など)にするでしょう。これは、売上時期や仕入時期がずれるために調整してあると思うのですが、取引から演繹的に判断する方法を教えてください。
まず、免税取引は、輸出にかかるものなのではずして考えるとか言ったことです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

● 消費税


  消費が発生する場合にのみ税が掛かります、商品券は消費ではありません、お金と同じで、消費税はかかりません。
家を建てると、家は消耗しますが、土地は消耗しません、従って土地は消費税はかかりません。

買った会社は、多くの場合、買ったときに課税取引として仕入れ税額控除の対象(交際費など)にするでしょう。
● 商品券は誰かに贈与する場合が多いが、消費税とは別に法人としての税が掛かり、交際はは税が高くなっています、申請により課税される対象です。未申請で発覚すれば、更に追徴税が加算されます。

免税取引は、輸出にかかるものなのではずして考えるとか言ったことです。
●消費税は日本国内で消費する場合の税です、輸出に消費税は課せられません。

まとめ 消費税は消費が無ければ課税がありません。金券はお金と同じで消費しません。1万円札を5千円札に替えたのと同じです。

この回答への補足

どうもありがとうございました。ところで、同じ商品券なのに、発行する百貨店は不課税なのに、買った方は、非課税になったり、課税になったりするのは、どうも妙ですね。新店舗の開店祝いに、商品券をそのまま渡すと、非課税となります。しかし、新店舗の評判を増すために、女子高生や女子大生やOLなどに噂を流してもらい、いつ誰にうわさ話をしたかという報告書を受け付けるごとに、500円の商品券を渡した場合は、課税仕入になりますね。

補足日時:2006/07/11 14:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q千葉県市川市妙典に時計屋さんはありますか?

千葉県市川市妙典に時計屋さんはありますか?

Aベストアンサー

あるみたいです。

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%99%82%E8%A8%88&sll=35.692576,139.929042&sspn=0.014081,0.030255&ie=UTF8&z=16&om=1

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q仙台~千葉県市川市まで行く方法

私の友達が、千葉の市川市の車屋さんから中古の車を買って、それを引き取り(買取)に今度行くことにしたんです^^それで、行くのにどの手段が一番いいか教えて欲しいのです。
関東の方の地理があまり詳しくないので、ネットで高速バスとか調べても、仙台~東京行きとかしかなくって・・・東京と千葉市川市って近いのかもわからず・・・。
価格は安めで、行く時ゆっくり休める乗り物がいいですけどm(._.)m

Aベストアンサー

市川と東京(江戸川区)は川を1本挟んだお隣同士です。一番安いのはやっぱり高速バスかと思いますけど、チケットショップで安い新幹線の切符があれば、楽で快適に東京までこれますね。

JR東京駅を起点とすると、市川までは“総武線快速”に乗ります。東京駅まではバスで来ても新幹線で来ても「八重洲口」の方に到着します。“総武線快速”のホームは反対側の「丸の内口」の近くなので、改札を入ったらずっと奥の方まで歩くことになります。で、結構深い位置にホームがありますので、案内板を頼りに地下ホームまで降りて下さい。市川駅までは18分です。

市川駅からバスになります。地図を見ると国府台5丁目だと「国立病院」「公民館」「小学校前」といったバス停が最寄だと思うのですが、お店の人に確認した方がいいかもですね。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/bus/soubu1/itikawa01.htm

車楽しみですね。国府台のあたりは結構道が狭いので気をつけて下さいね~!

Q商品券の発行の場合の消費税

商品券の発行は課税対象とのことですが
そもそも発行、とはどういった行為を言うのですか?

Aベストアンサー

>商品券の発行は課税対象とのことですが・・・

発行時は消費税は課税対象’外’です。

>そもそも発行、とはどういった行為を言うのですか?

 まず、「発行」とは図書・新聞などを印刷して世に出すこと、の意があります。ですから新聞雑誌などは駅の売店にでも並んでいれば、売れていなくても「発行」されたことになります。
しかし商品券の場合は印刷しただけ、または券面が店に並んでいるだけでは効力がなく、一般には商品券を販売したとき(客が商品券を提示したら店は販売時に商品券で受け取る義務が生じたとき)が「発行」と考えられます。

Q市川市曽谷の住環境及び曽谷小学校について

主人の転勤により市川市か松戸市周辺に転居しようか検討しています。
会社から住居費が決められていて7万以内の物件でなくてはならない事が分かり市川市曽谷が候補地にあがってきました。
市川市曽谷ってどんなところですか?
また曽谷小学校はどのような雰囲気ですか?
どんな些細な事でも教えて頂けると有り難いです。
合わせて曽谷以外でもここがおすすめだよという場所がありましたら教えて下さい。
ちなみに主人の勤務先は総武線の新小岩です。
会社の車を借りられると言う事で車通勤も可能です。
情報、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

曽谷近辺に住んでいます。
一応、最寄駅は総武線本八幡駅(新小岩から3駅)になりますが、駅に出るまで結構時間かかります(おそらく距離は3キロくらい)。
特に本八幡方面のバス通りは混雑時はかなり混むので、結構時間がかかる可能性があります。
自転車を利用している人もかなり多いですが、曽谷⇒本八幡駅間は坂があります;
7万以下の物件があるかは分かりませんが、菅野・東菅野あたりでしたらもうすこし駅近にはなり、坂もないです。
また、国分・須和田あたりでしたら本八幡駅の隣の市川駅が最寄りとなり、ここですと快速でも各駅でも新小岩まで行けて、バスで10分(混んでても15分くらい)となり、市川駅までも距離的に2キロくらいと少し近くなります。
松戸市内ですと、電車ですと迂回ルートしかないため、車通勤の方が良いと思います。

Q消費税の非課税、不課税

消費税の非課税、不課税は、どう違うのですか?
納税額も変わるのですか?

Aベストアンサー

 下の回答で気になった点があります。

 まず、「消費税は『国内において』事業のために『対価を得る』目的で行なう資産の譲渡が対象です。」とありますが、これ自体は正しいのですが、これだけではないということです。上記の定義は課税対象取引(不課税以外の取引)のうちの「国内取引」における定義です。課税対象取引はこのほかに「輸入取引」が該当します。輸入取引の場合は「保税地域から外国貨物を引き取った時」に消費税が課税されます。輸入取引における消費税率は関税法などによる調整があるため、いわゆる5%というわけではありません。また、輸入取引については「事業者が事業として」とか「対価を得て」という条件もありません。ですから、単なる個人輸入でも一定の免税規定による場合を除いて消費税が課税されます。

 次に国外への輸出は「不課税」とありますが、これは間違いです。国外への輸出取引の場合は「免税」といいます。「免税」と「不課税」は似て非なるものです。また「免税」は「非課税」とも性質を異にします。実は国外への輸出取引は上記の課税対象取引の中の国内取引でかつ非課税取引ではない取引に該当します。但し、消費税は輸出先の相手国(すなわち輸入側)にも課税されますから、二重課税になってしまいます。そこで「免税」という措置を講じます。いうまでもなく、国内取引における消費税の税率は国税である「消費税」4%と地方税である「地方消費税」1%を合わせた「5%」です。ですが、輸出取引では輸出先との二重課税を排除するために、「5%」ではなく「0%」の消費税を課税する、という考え方をします。なぜ、非課税ではなく、免税という形になるのかといいますと、消費税の基本原理として課税売上で預った消費税(仮受消費税)からそれに対応する課税仕入にかかった消費税(仮払消費税)を控除した残額(未払消費税)を納付すべき消費税として申告しますね。この仮払消費税として差し引くことを「仕入税額控除」といいますが、これは課税売上と対応していないと控除できません。非課税売上ではそもそも課税されないため、仕入の段階で支払った仮払消費税に対応する仮受消費税がないことになります。これでは本来輸出業者の負担ではなく、消費者に負担すべき、つまり転嫁すべき消費税を輸出業者に負担させることになってしまいます。これではおかしいです。そのため、仕入税額控除ができるようにするために、課税取引として5%課税と同じ取り扱いをし、但し二国間の二重課税排除のため、5%ではなく0%の消費税を課税する、という考えができました。これが免税です。従って、仮にこういう輸出業者で仮受消費税が0円だった場合、仕入にかかった仮払い消費税は申告により還付となります。非課税では仕入税額控除にならないため、こういう形での還付はありえません。一見似てるようで、全然違うことがお分かりでしょう。

 本論からそれてしまい、かつ長くなってしまいました。

 下の回答で気になった点があります。

 まず、「消費税は『国内において』事業のために『対価を得る』目的で行なう資産の譲渡が対象です。」とありますが、これ自体は正しいのですが、これだけではないということです。上記の定義は課税対象取引(不課税以外の取引)のうちの「国内取引」における定義です。課税対象取引はこのほかに「輸入取引」が該当します。輸入取引の場合は「保税地域から外国貨物を引き取った時」に消費税が課税されます。輸入取引における消費税率は関税法などによる調整があるため、...続きを読む

Q市川市 評判の良い産婦人科

高齢出産の為、市川市で安心できる産婦人科を探してます。

Aベストアンサー

妊婦さんでしょうか?
私は市川市出身でも住民でもないのですが、
ベネッセのウィメンズパークを利用してみての
検索はどうでしょうか?
もし妊婦さんであれば、お子様を出産した後の
問題・相談も色々できます。
小児科や保育園などの口コミも見れます。

登録してから、ウィメンズパークは登録してから
自宅にIDを郵送でもらってからの利用ですが、
この機にぜひ登録なさってはいかがでしょうか?

私はこのウィメンズを使って小児科や産婦人科を
探しましたよv

参考URL:http://women.benesse.ne.jp/

Q消費税の非課税・不課税

お世話になります。

初歩的な質問ですが、消費税の「非課税」と「不課税」の違いを教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費税については、まず課税対象か、課税対象外かに分けられます。
課税対象外のものは、対価性がなかったり、国外取引であったり、というようなものが該当します。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6105.htm

次に、課税対象の内、消費税法において非課税と定められているものが非課税として、課税対象であるにも関わらず消費税がかからない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6201.htm

例を挙げればキリがありませんが、例えば受取配当金は、対価性がないものとして課税対象外となりますが、受取利息は対価性はあるものの非課税として規定されているため非課税売上となります。

実際に、取り扱い上で何が違ってくるかというと、本則課税の場合は、課税売上割合が95%未満の場合は、仕入れ税額控除が全額できずに、個別対応方式又は一括比例配分方式のいずれかにより計算され、これには課税売上割合が密接に関連してくる事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6401.htm
課税売上割合の計算は、簡単に説明しますと、分子は課税売上ですが、分母は課税売上に非課税売上を加算したものとなり、不課税売上は分子にも分母にも含まれてきません。
従って、非課税売上と不課税売上をきっちり区分しないと、消費税の計算が正しくないものとなってしまいます。

ただ、以上については、本則課税の場合ですので、簡易課税の場合は関係ありませんし、課税売上割合が95%以上であれば直接は関係ない事とはなります。

それと、課税仕入については、非課税仕入も不課税仕入も扱いは変わりませんので、課税かそれ以外かさえをきっちり区別しておけば、非課税仕入・不課税仕入の区分は間違っていても問題ありません。

消費税については、まず課税対象か、課税対象外かに分けられます。
課税対象外のものは、対価性がなかったり、国外取引であったり、というようなものが該当します。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6105.htm

次に、課税対象の内、消費税法において非課税と定められているものが非課税として、課税対象であるにも関わらず消費税がかからない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6201.htm

例を挙げればキリがありませんが、例えば受取配当金は、対価性がないものとして課税対象外となりますが...続きを読む

Q市川市指定のごみ袋は

市川市指定のごみ袋は、どこで売られているのでしょうか?

Aベストアンサー

近所の豆腐屋さんで売っているのを先日発見しました‥。
ダイエーとかドラッグストアで購入するのもいいんですが、おすすめは文房具屋さんです。
なぜか安く売ってます。
駅からちょっと歩いた所にあるんですが、場所が思いだせない‥。
探してみてください。

Q消費税の課税・非課税

よろしくお願いします

消費税の課税・非課税の区分をどちらにすればいいのか教えてください。自動車整備業です

ナンバープレート交付料(陸運事務所で支払)はどちらでしょうか。

Aベストアンサー

非課税です。

-------------------------------------------------
(7) 国等が行う一定の事務に係る役務の提供
国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料
なお、この一定の事務とは、例えば、登記、登録、特許、免許、許可、検査、検定、試験、証明、公文書の交付などです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
-------------------------------------------------

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング