ヒトの遺伝子(プール)が、地球レベルで混ざり合っているために、ヒトでは”進化”が起こりにくくなっていると聞きました。
今の世界の状況では、ヒトは遺伝的多様性を失いつつあるのでしょうか?
またヒトという種は、地球上の、種と病原性微生物との戦いのなかで、置き去りにされつつあるのでしょうか?
また、AIDSなど割と新しい病気をいくつか聞くのですが、新しい感染症というのは、どのくらいの頻度で出現しているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

つまり、進化が起こるためには、ある一人の人間の遺伝子に起きた変化が、ある地域の中で増幅されて世代を越えて、多数の人間に伝わる必要があるけれども、今現在のように人の移動が速いと、せっかく起きた遺伝子の変化が世界中に拡散してしまうため人の進化速度も遅くなってしまうという考えだと思います。


理論的にはそのように考えることができますが、今の進化論では実際に進化がどのように起こっているのかわかっていないに等しい状況なので、地球レベルでの遺伝子の拡散が、すぐに人類の進化速度の低下に結びつくかどうかについては少し疑問に思います。(影響が「ある」か「ない」かで答えれば「ある」はずだけれども、ほとんど「ない」に近い可能性があります。)
    • good
    • 0

 進化が起きにくくなっていると言うより進化的突然変異が起こったとしてもそれを進化とはせず奇形と呼んでいるからではないでしょうか?



 戦いの中で置き去りにされつつあるのか?という文は微生物はどんどん進化しているけど人は進化してないという意味ですか?
 私は本来の姿に戻ろうとしているだけだと思います。抗生物質が菌を殺し人を生かしてしまったためにバランスを崩したピラミッドがもとの姿に・・・。

 AISDは新しい病気ではないですよ。ただ、アフリカの小さな集落から出てきた病気のため昔の文明人は知らなかっただけです。
 ウイルスとしてもレトロウイルスという分類に入るくらいですから。レトロ(懐古的)つまり古いんです。
 エボラ出血熱なんかも同様ですね。アフリカの集落で発症してその集落の人々が全員亡くなった時点で終わり。存在しなかったのではなくただ知らなかっただけ。

 新しい感染症が出現しているのではなく未知の感染症が表舞台に出てきただけです。
    • good
    • 0

大いなる誤解があるように思います。



進化=遺伝子変異
ということで考えれば、混血したからといってもその発生する頻度は関係ありません。もちろん、遺伝子変異に伴う表現型の発現ということに絞ってみれば、混血ではなく、近縁者で交配を繰り返した方がよく発現するはずです。
(それを進化と見るか遺伝病の発生と見るかは遺伝子変異によるでしょう。)

人間の多様性ということでいえば、混ざったほうがいいと思います。世界中で混血が起こっているから人間が均一になってしまう、最終的にはそうでしょうけれども、その混ざり合う集団が大きければ大きいほど多様な遺伝子変異が発生しながら混ざり合う可能性が高いわけで、生物種的に見れば安定した優れた状態だと思います。むしろ日本人は日本人とだけ、韓国人は韓国人とだけ、みたいな集団で限定するよりは多様性が増えて病気になりにくいわけです。その人種にしかいない病気の人たちが混ざればそれが広がる危険性は増えますが、その病気を持っていた人種にしてみれば健康な遺伝子を持ち込むことでその病気は発生頻度が減るわけですから。

わかりやすくいうと、100種類入ったジェリービーンズの袋から2個拾って混ぜて食べるのと、1000種類入りの袋から2個拾って混ぜて食べるのでは味の組み合わせは後者のほうが多様ですが、50個に1個の頻度で腐ってるもの(遺伝子変異=進化)があるとすると、それにあたる頻度は同じです。
質問者の方が思っているのは、その100個入りのジェリービーンズの袋の中に、最高の味の組み合わせがあった場合、それを1000個入りの袋と混ぜてしまっては最高の組み合わせにあたるチャンスが減るということかと思われますが、そんなのジェリービーンズじゃなくて人間の遺伝子なんだから、まぜてみないとわかりません。もっとおいしい組み合わせにあたらないと誰が断言できましょうか。

新しい病気の発生頻度はわかれば苦労しません。

この回答への補足

ふーむ... どうもピンとこないのです。すみません、あほで...

専門家でいらっしゃるということで、この機会に是非勉強させていただきたいと思います。お時間ありましたら是非もう一度回答してやってください。

昔自然保全(環境教育)関係のボランティアをやっていた頃、そこの職員さんと、森にカブトムシを放そうとしている人を止めたことがあるんです。
職員さんの話によると、地域ごとに特有の形質を持つ個体群が形成されているから、あっちの森やこっちの森から人為的に移入をしてしまうと、遺伝的な固有性が損なわれてしまうんだということでした。
外来種(地域的な亜種?)の移入による雑種化が問題になり、鹿だか猿だか忘れてしまいましたが、かわいそうに皆殺しにせざるを得なくなったという話も聞いたことがあります。

これは、どちらの場合も
1.劣勢ホモ個体の消失により、劣勢ホモの形質が埋もれてしまうことを阻止する
2.外来の遺伝子が、在来の遺伝子を駆逐してしまう
ことを防ぐ、つまり遺伝的多様性を保持するための処置なんですよね?

あと、ガラパゴス諸島が諸島でなく「島」、すなわち隔離が起こらなかったら、様々な進化も起こらなかったという話も聞いたことがあるのですが。

補足日時:2002/03/09 23:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q睡眠薬は第1種鎮痛補助薬に分類される?それとも第2種??

疼痛治療分野のお話です。

オピオイドなどと併用される睡眠薬は、第1種鎮痛補助薬に分類されるのでしょうか?
それとも、第1種or第2種には分類されないのでしょうか?

掲載されている本などがあれば、それも同時に教えてほしいです。

Aベストアンサー

うーーん、眠れない方に結果的に、オピオイドと睡眠薬(睡眠導入剤)を併用する事はあると思います。
しかしながら、鎮痛補助薬の定義(下記参照)を考えると
http://www3.coara.or.jp/~fpckanwa/study/09-shimizu.html
第1種にも第2種にも分類されないように思います。
睡眠導入剤自体が鎮痛補助の目的に使用されるのではありませんので。
第1種鎮痛補助薬には下記の物があります。
http://www3.coara.or.jp/~fpckanwa/study/09-shimizu-h2.html

第2種鎮痛補助薬に分類される薬は緩下薬や制吐薬が有り、これらはオピオイドの副作用を軽減する事で、結果的にオピオイドの使用が継続でき、鎮痛効果を得られる薬です。

逆に、オピオイドの副作用として眠気があり、睡眠導入剤は鎮痛補助薬の定義から外れるように思います。

なお、頻度は少ないのですが、オピオイドには幻覚や錯乱の副作用もありますが、睡眠導入剤では対策にはならないと思います。

Q死亡予測 8.000万人 高病原性インフル(H5N1型)のパンデミック(感染爆発)対策とは。

ブラジルの大予言者と言われているジュセリーノ氏は、「2011年 高病原性鳥インフルエンザが人間へ感染して8千万人が死亡。」と予言しています。

氏の予言とは別に 高病原性鳥インフルエンザは、現在 判明しているだけで、世界中で361人が感染し227人の方が亡くなっています。 致死率63パーセント。 2004年の流行では致死率60~70%と極めて毒性が強力に変異しています。 インドネシアでは、これまでに確定された患者129名中、105名が死亡しています。 致死率81パーセント。

疫学の専門家によると、遺伝子再集合によりウィルスが変異して 人から人の感染力が強化されて、日本で 高病原性鳥インフルエンザがパンデミック(大流行)した場合 ワクチンの備蓄が計画通り進行したと仮定して 感染者3000万人以上で、最大で60万人の方が死亡すると予想しています。

別の科学者による予測では、「もし汎流行がインフルエンザ(H5N1)ウイルスのヒト・ヒト感染伝播能獲得により開始された場合、数百万人が死亡し、経済は6~24カ月間停止状態に陥る可能性がある。」と悲観的に観測しています。 

ウィルスが変異した場合 ワクチンが全く効果がない可能性もあるようです。
鳥インフルエンザウイルスに感染し、症状がみられた患者から見つかったH5N1亜型ウイルスが、その後の研究で抗インフルエンザウイルス薬のオセルタミビル(タミフル)への耐性を持っていたことが判明しています。

------
「新型インフルエンザ対策行動計画」の概要について
新型インフルエンザは、10年から 40年の周期で出現し、世界的に大きな流行(パンデミック)を引き起こしてきている。

近年では、東南アジア等において、高病原性鳥インフルエンザがヒトに感染し、死亡例が報告されている。 また昨今では、ヨーロッパで高病原性鳥インフルエンザの発生が報告されるなど、その拡大が見られる状況であり、突然変異による、ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザの発生の危険性が高まっている。

このため、WHO世界インフルエンザ事前対策計画(2005年 5月)に準じて、我が国の「新型インフルエンザ対策行動計画」を策定し、迅速かつ確実な対策を講ずるものとする。

【日本の新型インフルエンザ対策行動計画】
【流行予測】 全人口 1億 2700万
【罹患】 3200万( 25%)
【外来】 1300万~2500万(1700万)
【入院】 53万~200万
【死亡】 17万~64万

【抗インフルエンザウイルス薬(タミフル)備蓄目標等】
【備蓄目標】 2,500万人分
【国・地方目標】 2,100万人分
【民間備蓄分】 400万人分

【新型ワクチンの確保目標等】
・新ワクチンの開発促進等
・現存する生産能力を最大限活用した新ワクチンの生産体制の確保

------------------------------------------------------------

【米国の抗インフルエンザウイルス薬(タミフル)備蓄目標等】
【備蓄目標】 8,100 万人
【国目標】   5,000 万人分
【地方目標】 3,100 万人分

【米国の新型ワクチンの確保目標等】
・ 2,000 万人分の新ワクチンの事前備蓄(2メーカーと既に契約締結)(1800億円)
・ 新ワクチン等の開発(960億円)
・ 組織培養を使ったワクチン製造法の開発(3300億円)
(1 ドル=120 円換算)
------ 「新型インフルエンザ対策行動計画」の概要について(厚生労働省)より引用


高病原性インフル(H5N1型(亜型を含む))のパンデミック(感染爆発)が起きた際の 感染患者の治療法 や 感染拡大対策の隔離法 を含めた 国家としての具体的な対応策 や 自分の身を守る具体的な方法を教えて下さい。

.

ブラジルの大予言者と言われているジュセリーノ氏は、「2011年 高病原性鳥インフルエンザが人間へ感染して8千万人が死亡。」と予言しています。

氏の予言とは別に 高病原性鳥インフルエンザは、現在 判明しているだけで、世界中で361人が感染し227人の方が亡くなっています。 致死率63パーセント。 2004年の流行では致死率60~70%と極めて毒性が強力に変異しています。 インドネシアでは、これまでに確定された患者129名中、105名が死亡しています。 致死率81パーセント。

疫学の専門家によると、遺...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、疑問はつきませんね。

さてご質問の件ですが、まずはこちらが参考になりますね。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/11.html

http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/pandemic/QAindex.html

http://dotcomi.aa0.netvolante.jp/mt3/2008/01/post_207.html
こんな記事も参考になりました。

国立感染症センターの先生が言っていましたが、2ヶ月ぐらいの食糧の備蓄を持ち、発生したら表に出ないことだそうです。・・(できるのだろうか?)

Qヒトが飲食できる最高の温度は?

ヒトは食物を飲食するとき、それがあまりに熱過ぎるものだったらヤケドをしないよう、冷ましながら食べたり、飲んだりしますよね。
鍋料理とかコーヒーとか。

「熱い」と感じる温度に個人差はあると思いますが、ヒトってだいたい何度のものまで口に入れられるのでしょう?
100℃の熱湯を飲んだりしたら、カラダはどうなってしまうのですか?

Aベストアンサー

口腔内壁自体が43℃以上になると、粘膜の細胞が死んでしまいます。

たとえ100℃を越える熱いモノでも、極く少量でしたら、内壁の分泌液(唾液など)や一番表面の細胞層だけの温度を上げただけで、直ぐ温度が下がってしまいます。従って、それ以下の細胞に対してはさほど影響力がないので大丈夫です。(熱いお茶を少しづつすする行為はこれに該当します。 たまに熱いモノを食べた後、口の中の皮がシワシワになったりペロンと剥がれてくるのは、表面の層だけが破壊された状態です。)
逆に、比熱の高い液体・食材や、流動性の低い粘っこかったりトロミの強いもの、塊のままで細分化し難いもの、乾燥していて唾液などを吸収してしまうもの などは熱傷になり易いと言えます。

100℃の熱湯を沢山飲んでしまうと、口・喉・胃や一二指腸あたりまで内壁がボロボロになります。腫れて塞がってしまったり、タダレたところから沢山浸出液が出てしまい、脱水や腎炎などで死ぬこともあるでしょう。
気管の入り口も、ただれてしまいます。酷ければ呼吸困難となり死にます。

唇は人間の身体の中で、単位面積あたり一番神経のセンサーが沢山存在する場所です。ですから、すするときに、唇に熱いものが殆ど触れらないようにして、
更に、先述のように予め口内に唾液を溜めていたりする事で急速に温度を奪ったり、
あるいは、一気に温熱覚の乏しい喉まで落とし込むようにすると、
かなり熱いものを口に入れることが可能となります。

余談ですが、
食べ物ではないのですけど火事で熱風に巻き込まれた人は、口から肺の中まで一気に火傷して細胞が機能を失ってしまい、酸素を取り込む仕事が出来なくなって窒息死します。身体の細胞層には厚みがあるので少しくらい火傷してもそのうち修復されますが、肺の中が広範に火傷してしまうと、もう助かりません。

以上、とりあえずご参考まで

口腔内壁自体が43℃以上になると、粘膜の細胞が死んでしまいます。

たとえ100℃を越える熱いモノでも、極く少量でしたら、内壁の分泌液(唾液など)や一番表面の細胞層だけの温度を上げただけで、直ぐ温度が下がってしまいます。従って、それ以下の細胞に対してはさほど影響力がないので大丈夫です。(熱いお茶を少しづつすする行為はこれに該当します。 たまに熱いモノを食べた後、口の中の皮がシワシワになったりペロンと剥がれてくるのは、表面の層だけが破壊された状態です。)
逆に、比熱の高い液体・食材や...続きを読む

Qヒトの妊娠期間

 こんにちは。最近の疑問。
ヒトの妊娠期間って40週って言いますけど、
それは月経が4週間毎にくる人ですよね。
たとえば、月経が5週間毎の人とか、3週間毎の人とかの場合、
妊娠期間にどれくらい影響が出るのでしょう?

5週間(3週間)サイクルだからって、
妊娠期間が50週(30週)になることはさすがにないと思いますが、
どれくらいの割合で延びたり縮んだりするのでしょうね?

専門家の方の考え、また、「計算通りにいかないよ。」という経験者の方。
そのたもろもろ、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

月経サイクルに関わらず、基本的に40週間の妊娠が普通です。妊娠の1ヶ月は4週間(28日間)で数えるので10ヶ月で出産、という言い方をします。最終月経が始まった日から数えて40週です。だから実際妊娠したのは最終月経開始の2週間後の排卵ですから妊娠2週と0日が本当に赤ちゃんが出来た日らしいです。
月経サイクルが長い人(例えば35日周期の人)は28日周期の人に比べて排卵も1週間遅れる→胎児の成長も1週間遅れるので、妊娠週数を1週間遅らせる必要があるそうですが、それはお医者さんが判断することで、やはりそこから数えて40週の妊娠期間に変わりはないはずです。
私は第1子の時は39週と0日で陣痛が来て正常に出産しました。初めてのお産は遅れる(40週を超える)人が多いようです。
最近の医療の進歩で、かなり早く生まれても保育器などでちゃんと育つらしいですが、40週を2週間や3週間も超えると赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になり母子ともに危険になるので、お医者さんの判断で『そろそろ生まれたほうがいい時期なのに陣痛の気配がないので、陣痛促進剤を使いましょうか』ということにもなるみたいです。
できれば薬なしで最適な時期に自然に生まれるのが一番ですけどね。

月経サイクルに関わらず、基本的に40週間の妊娠が普通です。妊娠の1ヶ月は4週間(28日間)で数えるので10ヶ月で出産、という言い方をします。最終月経が始まった日から数えて40週です。だから実際妊娠したのは最終月経開始の2週間後の排卵ですから妊娠2週と0日が本当に赤ちゃんが出来た日らしいです。
月経サイクルが長い人(例えば35日周期の人)は28日周期の人に比べて排卵も1週間遅れる→胎児の成長も1週間遅れるので、妊娠週数を1週間遅らせる必要があるそうですが、それはお医者さんが判...続きを読む

Qヒトクローン(人間クローン)について

ヒトクローンについては、賛否両論があります。
そのうちの大多数の方が反対派のようですが、それなら何故、現在において
ヒトクローンの技術を発展させようとする科学者が絶えないのでしょうか。

今までのクローンに関する質問・回答は全て読ませていただきました。
よろしくお願いします。
(カテゴリーが分からないため、ここにさせていただきました)

Aベストアンサー

こんにちは。
科学者には、(研究者にはと言ってもいいかな?)「研究したい」「実現したい」という強い欲求があります。この欲求は時として倫理に反する物である事も多いです。
しかし技術という物は応用の仕方次第で、悪魔にもなるし救世主にもなります。
ですから技術自体には色も何もないわけです。
そこで科学者はどうしても自分で研究してる事のいい面ばかりに眼が向きます。
悪い面は見たくないというのは少なからずあります。
それは科学者のエゴだろうと思いますが、そうして今まで各種の研究がなされています。中にはノーベルや、アインシュタインの様に悔いを残していった人も多いようです。
科学者にとって「研究テーマ」というのは、普通の人の食欲みたいなものかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報