人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

金属の融点、沸点などは、調べると簡単に見つけることができます。
これは恐らく大気中における融点、沸点だと思います。
では、真空中においてもこの値は変化しないのでしょうか?
ふと考えてみるとスッキリする答えが見つからず、
どなたか分かる方、教えていただけると嬉しいです。

水は1気圧のとき、100℃で沸騰します。
気圧が下がれば、この沸点が徐々に低下するのは常識といえます。
気圧が究極に低い状態、つまり真空中では、水は固体から
気体に昇華するのではないかと思います。

では金属の場合はどうなのでしょう?

真空中で金属を暖めても、まず液体になり、ゆっくりと蒸発していきます。
水のように昇華はしません。

真空中では一切気体が存在しないので、液体を押さえつけるものがない、
と考えると、液体になると同時に蒸発してしまうのでは…??
この辺りが疑問です。

結局、金属の融点、沸点というのは真空中でどうなるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

圧力の効果は体積変化に関係するので、体積があまり変化しない、固体-液体の変化(融点)は圧力の影響が小さく、これは金属以外でも同じです。

沸点では体積変化が大きいので、一般に圧力の影響は大きくなります。金属がなかなか沸騰しないのは、沸点が高い(アルミでも約2500℃)のと、真空と言っても普通の装置ではあまり高真空にできないからだと思います。真空の圧力が金属の蒸気圧と等しくなったときに沸騰しますので、蒸気圧を調べると良いかもしれません。蒸気圧が1気圧になったときが一般に言う沸点になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、圧力は体積変化があるときに関係してくるんですか。
やはり融点は変化しなそうですね。

実はかなり高い真空度(10e-10~10e-8Torr程度)でも金属を扱ったりしてます。
10e-10Torrでも金属(Alなど)は静かに(?)液化した状態で、沸騰はしていないようです。
蒸気圧については考えていなかったので、ちょっと見てみようと思います。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/11 09:27

金属の融点は大気中とほとんど変わらないはずです。

(体積変化がないため圧力の影響が出ないからです)

沸点は大気中では大部分の金属は溶けた状態では表面で酸素を反応して酸化物を形成してしまうので,測定ができないと思います。
おそらく本に書いてあるのは不活性ガス中での測定結果でしょう。

真空中での話しのようですが,真空蒸着という手法で実際に金属を蒸発させて薄膜の形成を行いますので,
融点より少し高い温度で雰囲気の真空度(10^-6Pa)程度では蒸発していると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>沸点は大気中では大部分の金属は溶けた状態では表面で酸素を反応して
>酸化物を形成してしまうので,
確かにこの点も変だな~と感じていました。大気中じゃ測れないですね。

今まで頂いた意見から考えてみると、結果こんな感じでしょうか・・・。
(1)融点は変わらない。
(2)融点より少し高い温度ですぐ蒸発が始まる。
その蒸発するレートは温度に依存する。

具体的な温度などは分かりませんが、こんな感じでしょうかね??

お礼日時:2006/08/18 10:48

かなり前の記憶なのですが



ほとんどかわりない

という結果だけ覚えています。
既にあるように金属結合力の関係でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら共有結合がポイントのようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/11 09:16

金属では、原子同士が電子を共有する


共有結合をしていますので、

分子間力や、同じ分子同士が集まりあう力で集合している水分子よりも結合は強いと思います。

例えば、液体の金の場合、水のようには流れず、
球体のようにまとまろうとします。

質量が高い場合、
原子間力も高くなるのではないでしょうか?

自由分子の多い気体は昇華しやすい。
共有結合の金属原子は表面のみが昇華するような感じがします。

真空昇華法については、#1さんが解説済みですね。
^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、確かに同じ液体状態でも、金属の液体と水では
だいぶ違いますよね。結合状態を考えると少しイメージできた気がします。

>共有結合の金属原子は表面のみが昇華
こう考えると真空中で液体になった金属がゆっくり蒸発(?)
していくように見えるのが分かった気がします。

お礼日時:2006/08/11 09:14

真空中では金属も昇華します。



これを使って、ガラス表面にアルミニウムを薄くくっつけ(蒸着という)、鏡を作ったりすることもあります。

どんな圧力下で、何℃でどんな状態になるかを図に表した「相図(そうず)」(英語ではphase diagram)というものがあると思いますので、探してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

真空蒸着、自分でもちょくちょくやってるんですが、
ふと疑問に思っていました。相図がヒントになりそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/11 09:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属の蒸気圧曲線

金属の蒸気圧曲線を探しています。
縦軸に圧力(logP)、横軸に温度(1/T)をプロットした曲線が欲しいのですが
なかなか見つかりません。

Ca、Co、Fe、Mg、Mn、Ni、Pt、Ti、W以外の金属(できればAu、Cu)で
曲線でなくてもいいので、何℃の時蒸気圧はいくらとい値でも構いませんので。

温度は0℃から1000℃ぐらいの範囲でお願いします。

Aベストアンサー

横軸が温度の逆数ではないのですが、参考URLのひとつめはいかが?
表は二番目。

参考URL:http://www.applied-epi.com/pages/vapor1.htm,http://www.applied-epi.com/pages/vp_data.htm

Q真空で金属固体が蒸発するとはどういうことですか?

エジソンの電球のエピソードで、タングステンがフィラメントに最適だという説明を読んでいます。空気中ではタングステンは電気を通すと酸化して燃え尽きてしまうので、真空にしてみました。すると、真空では「さすがのタングステンも蒸発してしまう」ので、アルゴンや窒素といったガスを詰めるようになったそうです。

真空でタングステンが蒸発するのはどうしてなのでしょうか?真空は圧力が低いのでむしろ温度が低くなるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

電球のタングステンの蒸発で問題になったのは次のような話だったと記憶しています。

フイラメントの熱でガラスやステム(フイラメント支持体)に含まれているガス(酸素など)が放出され、これが高温のタングステンと反応して酸化物などを生成し、蒸発して温度の低いガラスに付着する。そしてついにガラスの透明度が悪くなって使用不可になる。

GEのラングミュアが少しの窒素を封じて酸素分圧を低くして寿命を延ばすことができた。この特許でGEは大儲けした。
ラングミュアは真空管や半導体の表面科学の理論・実用研究をたくさん行いノーベル賞ももらった万能の天才です。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q真空蒸着できれいな金属薄膜

金属、とくに金、銀を基板に蒸着して、厚さ10ナノ程度のきれいな薄膜を作ろうとしてます。

金とか銀を蒸着すると凹凸のはげしいアイランド構造になってしまいますが、こうならないようにするにはどういう工夫をすればいいのか、教えていただけませんでしょうか?

基板は、カバーガラスがいいのですが、サファイアやマイカなども使えなくはないです。
原子フラットまでいかなくてもいいです。

ちなみに、知り合いに基板を加熱したらいいと言われたのですが、これは正しいのでしょうか?

どうか宜しくお願いいたします。
文献だけでも教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

というか真空蒸着で10nmをfixすることには既に成功されているのですか?

先ず蒸着で飛んでいく金属粒子が10nmφを越えていたら絶対に実現できないですよね?
逆にしっかり10nmが実現できるなら原子平坦は元から無理ですけど平坦性は大丈夫なのでは?

お使いのシステムに寄りますが現実にはかなり厳しいと思います。先ずは蒸着時にシャッターを一定時間だけ開けてデポレートを見積もります。当然蒸着開始時と終了時でレートの変化が予想されるので開けるタイミングを変えて何度か実験すべきでしょう。
蒸着源の大きさや形、置き方やボートの汚れ具合も重要です、毎回新しいのを使うのは金銭的に余裕がないと厳しいかも?
その上で蒸着源をなるべく遠くに離して大きなクラスターを付きにくくすることやむしろターゲットと蒸着源の間に障害物を置くことで直接飛んでいくクラスターを防ぐ(回折のように飛んでくるものだけで成膜)などの手法が考えられます。

言えば簡単、やれば大変と言う事で、時間がかかりすぎるので素直にスパッタなどの薄膜作成手法を用いる事をお勧めします。

Q気圧が下がるとなぜ沸点が下がるの?

真空にすると、沸点が下がって低い温度で沸騰しますが、なぜそもそも真空にすると(あるいは、気圧が下がると)沸点が下がるの?

Aベストアンサー

液体に接している空間にはその液体の蒸気が存在します。その蒸気の圧力を蒸気圧といいます。その蒸気圧の大きさには限界があります。その限界の圧力で釣り合います。蒸発平衡といいます。限界の圧力のことを「飽和蒸気圧」といいます。#4で「蒸気圧」と言われているものはこの飽和蒸気圧のことです。化学では平衡状態について考えている場合が多いので「飽和」という言葉を省いているのです。
でも沸騰や蒸発は液相と気相との間での平衡が成り立っていないときに起こります。「蒸気圧」と「飽和蒸気圧」を区別する方がいいと思います。部屋の中で水を加熱すると蒸発が起こります。部屋の中の水蒸気は飽和していません。蒸気圧<飽和蒸気圧です。どんどん蒸発します。部屋の体積が大きいので飽和に達することが出来ません。いつまでも蒸発が起こります。普通は液体の表面からだけ気体(蒸気)が発生します。内部から気体が出るということは泡が出来るということです。これはある条件で起こります。沸騰と呼ばれています。水面に大気圧がかかっていると泡が出来るためには「泡の中の気体の圧力>大気圧+水圧」でなければいけません。泡の中の気体の圧力はその温度での飽和蒸気圧です。大気圧の部分には蒸気圧も含めなければいけないのですが空間が広いと拡散してしまって考えなくてもいいようになります。
水圧はビーカーや鍋で加熱をしている場合は大気圧に比べてかなり小さいです。(10mの水柱で1気圧です。)
「飽和蒸気圧>大気圧」が泡のできる条件であることになります。大気圧が小さくなればこの条件の成り立つ温度も低くていいことになります。
沸騰というといつまでもぼこぼこと泡ガ出ているというイメージを持ってしまいます。でも平衡が実現していないアンバランスな状態を大急ぎで埋めようとしている途中の変化ですから平衡が実現すれば沸騰は止まります。部屋の中でやればいつまでたっても部屋の蒸気圧が飽和にならないから沸騰が続くのです。密閉容器の中でやればすぐに飽和になりますから沸騰は一度は起こったとしてもすぐに止まります。密閉容器で全体を均一にゆっくり加熱して行く(平衡に近い状態を維持しながら過熱する)と沸騰は起こらなくなります。液面に接している蒸気の圧力≒飽和蒸気圧ですから液面にかかる気体の圧力=蒸気圧+空気の圧力≒飽和蒸気圧+空気の圧力>飽和蒸気圧です。いくら加熱しても泡のできる条件は実現しないことになります。蒸発だけが起こります。沸騰が起こればその温度以上には温度は上がりませんが沸騰が起こらないので加熱を続ければどんどん温度が上がることになります。
密閉容器であっても底だけを加熱している場合は液体と気体との間に温度差がありますから沸騰が起こる場合もあります。
圧力釜の場合はある圧力になると気体を外に逃がすということをやっています。その圧力に相当する温度で沸騰が続くことになります。

ポンプで引いて減圧しているような場合は生じた蒸気も一緒に引いてしまいますからいつまでも沸騰が続くということになります。ピストンのついたシリンダーの中に液体を入れてピストンを引いた場合、沸騰は起こったとしても一瞬です。飽和になれば終わりです。
「真空になれば沸騰する」という表現ではこのあたりがあいまいです。

液体に接している空間にはその液体の蒸気が存在します。その蒸気の圧力を蒸気圧といいます。その蒸気圧の大きさには限界があります。その限界の圧力で釣り合います。蒸発平衡といいます。限界の圧力のことを「飽和蒸気圧」といいます。#4で「蒸気圧」と言われているものはこの飽和蒸気圧のことです。化学では平衡状態について考えている場合が多いので「飽和」という言葉を省いているのです。
でも沸騰や蒸発は液相と気相との間での平衡が成り立っていないときに起こります。「蒸気圧」と「飽和蒸気圧」を区別...続きを読む

Q真空中で水はいったい・・・・

 ものすごく初歩的な質問かも知れませんが教えてください。
真空チャンバーの中に水の入った開放容器を置いて真空引きをすると
容器内の水はいったいどうなるのでしょうか?
水は凍るのですか? 蒸発するのですか?
水の状態となぜその状態になるか教えてください。

Aベストアンサー

簡単に言うと,水の沸点に気圧と温度が大きく関係しています
通常,義務教育で習う沸点100℃は,自分たちが生活している
大気圧での状態です
さて真空チャンバー内の開始時の水分量や温度にもよりますが
仮に30℃としておきましょうか
真空引きを始めると気圧が降下していきます
そして0.004MPaに達したときに沸点を迎え蒸発を開始します
この蒸発時に気化熱を奪われるため,水の温度も降下していきます
更に真空引きを続けると圧力降下により沸点も降下し蒸発を続けます
真空引きのポンプの能力が非常に高性能で絶対真空に近いものに
なると沸点は0℃近くまで下がります
さらに真空引きを続けます
この状態で気化に追いつけない液体は凍結し固体へと変化をします

ちなみに私は自動車部品の真空乾燥装置の設計をしていました
ではでは

Qアルミニウムをガスコンロで燃やしても溶けないのはなぜ?

いろいろなサイトで調べた結果アルミニウムの融点は約660度で
ガスコンロの外炎は1400度とのことでした。
ということは単純に考えてアルミニウムの板をガスコンロで燃やせば
溶けてしまうと考えられるのですが、、、
しかしアルミニウム製の鍋が市販され、家庭で使用されていることから考えるとありえないですよね。
これはどのように説明がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミニウムは熱伝導率が非常に高いので鍋の内部の物質に熱が移動しているのではないでしょうか.なのでそのまま空焚きすれば溶けそうな気がします.

Q剥がれにくい金薄膜を作成する方法

絶縁体の上に導電性の金属膜のパターンを型紙などを用いて作成しようとしています.

スパッタでガラス上に金を成膜したのですが,簡単に剥がれてしまいます.ガラス上に剥がれにくい金薄膜を作成するテクニックがあれば教えてください.

または,基板は絶縁体であれば良いので,ガラス以外で適して基板があれば教えてください.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

20年ぐらい前、高周波用のICパッケージの開発を担当、ご質問のような仕事も、その範疇でした(金配線そのものは。自分が担当したわけではありませんが)。
型紙? メタルマスクのことでしょうか。どの程度の線をお書きになりたいのかわかりませんが、メタルマスク+蒸着で描けるのはたしかL/Sが数十ミクロンだたと記憶していますが。型紙?不思議な言葉ですね。
さてガラスに金を成膜とのことですが、まずスパッタとのこと。通常金は真空蒸着もしくはメッキで成膜します。また金とガラスというか、酸化物は接着力に欠けるため、チタンとかニッケルなどを被覆した上に金を被覆します。それでも金と下地膜との接着強度が不足するため、熱処理して接合強度を稼ぐことが通例(メッキの場合ですが)ですね。ただスパッタなら真空蒸着とことなり、基板との接合強度を稼ぐことも出来なくわないとおもいます。どうしても直接被覆したいとおっしゃるならば、ANo.2さんのおっしゃるように、スパッタ条件を選べばそれなりの接着強度が得られるかも知れませんね。接着強度をかせぐには、ガラス基板の表面がある程度粗であることが良いようですが。
ただ、スパッタで成膜した膜には通常、大きな残留応力が入っているため、厚く積むと、膜がぱらぱら剥離しますのであまり厚く積めません(1ミクロン程度)。電気を通すという点では?ですね。
なおガラス(ガラスとは熱膨張が大きすぎるという印象で、決して小さすぎることはないはずですが)以外の基板ということですが、通常はアルミナ(電子部品の場合の熱膨張のスタンダードですね)、シリコンに熱膨張をあわせたいなら窒化アルミ、熱膨張が小さいほうが良いという場合は石英をつかいますね。通常はなにも考えなければアルミナ基板が一般にもちいられます。
用途がわからないため、あまり具体的なご回答が出来ませんが、ガラス基板上に金で配線するなら、うまい下地コーティングをさがし(多分ニッケルとかチタンのはず 複層つんだはずですね)、金を真空蒸着(抵抗過熱の安物真空蒸着装置で良い)すればよいはずです。

20年ぐらい前、高周波用のICパッケージの開発を担当、ご質問のような仕事も、その範疇でした(金配線そのものは。自分が担当したわけではありませんが)。
型紙? メタルマスクのことでしょうか。どの程度の線をお書きになりたいのかわかりませんが、メタルマスク+蒸着で描けるのはたしかL/Sが数十ミクロンだたと記憶していますが。型紙?不思議な言葉ですね。
さてガラスに金を成膜とのことですが、まずスパッタとのこと。通常金は真空蒸着もしくはメッキで成膜します。また金とガラスというか、酸化物は接...続きを読む

Qガラスの融点

ガラスには明確な融点がないとききました。温度を上げていくといつのまにか溶けて液体になっているそうです。
でも統計学てきに、ピークの温度というものは特定できますよね?一般に言われている融点が言われないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

興味があったのでちょっと調べてみたところ、いわゆるガラスの融点はだいたい摂氏600度~700度の範囲にあるそうです。ちなみにガラスの種類(添加物)によって融点は変わります。またご存知のように温度とともに粘性が少しずつ変わっていきますよね。

No1さんもご指摘のとおり、ガラスは明確な結晶構造を持っていません。結晶構造をもったガラスはクリスタル(石英)であり、こちらは融点は1000度以上でしょう。

普通の物質の融解は結晶構造をもった個体からまったくランダムな原子・分子のあつまりとしての液体に変わるので、その変化に要するエネルギーが大きく、融点が明確になっていますが、ガラスはこの構造の変化がないため、はっきりした融点がないということのようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング