出産前後の痔にはご注意!

私は10年くらい前に教習所に通って、運転免許を取りました。
当時教習所では、ブレーキをかける際は「予告ブレーキ(だったと思う)」を必ず踏むよう指導されました。
これって皆さんご存じですよね?全国的に指導しているものですよね?

これって意味あるのかなー・・・普通に走ってる車(教習車以外)は誰もやってないけど???と思いつつも
やらないと怒られるので(次に進めないし)教わったとおりやっていました^^;
私より約10年早く免許を取得したダンナも同様に習った。と言っていました。
ただダンナが通っていたのは札幌の教習所で、路上教習は冬だったし、それなりに意味あったと思うけど・・・とのこと。
私は、卒業検定で一緒だった子の予告ブレーキが非常~に怖かったので(ガクッ、ガクッ、と強く踏みすぎ・・・)、
これって却って危ないんじゃ・・・?とすら思いました^^;

ところが現在住んでいる所の近くに教習所があって、路上教習車が入っているのを時々見かけますが、全然普通にブレーキを踏んでいます。
最近はもう「予告ブレーキ」というものは指導されなくなったのでしょうか?
そうならば、「やっぱり却って危ないから」とかいった理由でしょうか(個人的にはそう思ってます^^;)
それとももしかして、この「予告ブレーキ」自体が地域限定!?(まさか・・・)
都道府県や教習所によって指導してたりしてなかったりなんでしょうか。
みなさんが習ったとき(と地域)はどうでしたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

昔はたしかに「ポンピングブレーキ」と言って


後続車にブレーキングを知らせると同時に
段階的なブレーキングで安全に止まると言うことでした。

でも今はほとんどの車がABSが付いています。
そのため飛び出してきた場合や追突しそうな場合には
ポンピングのくせがあると間に合わないので
迷わずにフルブレーキの時代になりました。
ブレーキを最後まで思いっきり踏み、踏ん張ります。

無論通常は強く踏み込むことはしませんが
ポンピングも教習所内で知識として教えますが
路上ではあまり教えていません。
急ブレーキにならないよう注意しなさいと言った事だけのようです。

2輪車はABSが無いのでポンピングを教えますし
しないと合格をくれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
なるほど、クルマそのものの進化?もあったのですね。
今は知識としては教える程度になったんですね。

お礼日時:2006/08/22 10:53

10年前ですが、教わりました。

ただ、運転に余裕が無い人には、知識だけでしたね。止まれないので・・・。

注意喚起が目的ですので、少し余裕ある急ブレーキを踏む場合や、流れの速い道路でわき道に入るときなどに使用しています。それでも、1回の点滅ぐらいでしょうか。普段やると、後続車の流れが悪くなるので行ないません。

 やはり使い方しだいでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
止まる時に必ずやるものというより、他の方の回答を見ても、状況に応じて使うものという感じでしょうか。
確かに止まる度に毎回やってると、逆に後続車から「???」と思われそうです。

お礼日時:2006/08/22 12:07

予告ブレーキという言い方はしてませんでしたが、後ろの車が


気づいてくれるように何回かに分けて踏めといわれた気がします。

現実にどうかといいますと、日常ではやりません。
ただし、自分のクルマの車高が高めなので、後ろのクルマがスポーツカーとかで
自分の前の信号が赤になってるのが見えないかもしれないようなときは、
いったん軽く踏んでブレーキランプを点灯させ、後ろに気づかせてから
本格的な減速に入ります。

高速で前方に渋滞が見えたときには、ゆっくり止まれる距離があるなら
同様にしますが、あまり悠長なことをしていられない場合は
即ハザード点滅で行きます。(ゆっくりのときもハザードは出しますが)

ちなみに、渋滞の最後尾につくのは後ろから突っ込まれる可能性を
考えてなるべく避けたいので、意図的に早めにスピード落として、
後ろにクルマ一台つくのを待って、盾になってもらいます(w)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
私も渋滞の時など、後ろに注意して欲しいときはハザードを出します。
後ろにピッタリくっついてくるクルマがいる時は、細かくブレーキ踏んだりしますが・・・。
でも後ろから突っ込まれるのを避けたいという意図は同じです。盾を作るとは・・・私はそこまで考えたことなかったです^^;

お礼日時:2006/08/22 12:03

13年前に免許を取った時も、予告ブレーキは習いました。


ただし、見通しが悪いカーブで止まるとき限定だったと思います。

都内はブラインド(先が見えない)になるカーブが多く、
いきなりの渋滞に遭遇した時はハザードを着ける余裕が無いのでそれなりに役立っていると思います。
首都高などでは90キロくらいで流れていたのが
カーブの先が突然渋滞で止まっているなんて事が良くあるので。
感覚で言うと2割くらいの車はやっていると思います。
結局は後ろに状況を教えてあげる行為ですが、
追突されたくないという心理でやっているという気がします。
私はそうです。

ちなみに、13年前の時点でも、ポンピングブレーキは推奨しないと教官が言っていたと記憶しています。
タイヤロックを気にしているとブレーキを踏む力が弱くなってしまうので本末転倒だという事と、
レーサーでもないとブレーキの微妙な調節は出来ないからという理由でした。
実際、ブレーキはちょっとロックするくらいが一番短い距離で止まれるので、理に適っていると思います。
雪道は一旦滑ってしまったらABSも4WDも関係無いので、ゆっくり走るのが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
回答者さんが習った時は「見通しが悪いカーブで止まるとき限定」だったのですが。
10年くらい前から指導も少しずつ変わってきてたのかも・・・?ですね。

>追突されたくないという心理でやっているという気がします
確かに、私もそうです。私は都内を走ることは殆どないのですが、ブレーキよりハザードをよく使います。
普段慣れていないので、とっさにポンピングブレーキが出来ないというのもあるのですが^^;

車間距離を十分に取ってゆっくり安全運転が1番ですね。
以前冬の高架橋で道が凍っており(全然気づかなかった)、そこで急ブレーキ→タイヤがロック→と、止まらない!!
・・・と、非常~に恐ろしい思いをしたことがあります。幸い事故には至らなかったのですが・・・

お礼日時:2006/08/22 11:58

皆さんおっしゃるように「予告ブレーキ」=「ポンピングブレーキ」ですが、ではポンピングブレーキはなぜ必要かと言いますと、比較的高速(60Km/h以上)で走行中に急停止が必要な場面に遭遇した際に強いブレーキングを行うと、車輪がロックしてしまい結果滑走状態になって制動距離が伸びてしまうことを防ぐために段階的にブレーキを数回踏んでやることで車輪のロックを防ぎ安全に停止することがその目的です。


しかし、それが必要とされたのはABS(アンチロックブレーキシステム=簡単に言うと自動的にポンピングブレーキを行ってくれる装置)が一般的に搭載されるようになる以前(概ね15年以上前くらい)の話でして、現在の新車には軽自動車でもほぼ100%ABSが搭載されていますので、運転者がわざわざポンピングブレーキを行わなくてもよくなりました。
逆に本来ポンピングブレーキが必要な場面では、ABS搭載車の場合ポンピングを行うと正しくABSが動作しない上に、後続車には「変にブレーキを踏む奴だな!」と思われ迷惑がかかることもありますのでご注意ください。

ただし、教習所で誰もが教わるように知識として必要なことですので、ぜひよーく覚えて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
私がクルマを購入した約10年前は、殆ど全てのクルマにABSが標準装備というか付いてましたね。ABSが何かはよく分かってなかったのですが^^;
その数年前に購入した人は、当時「自分のクルマにはABSが付いてる」とちょっと自慢げでしたが^^;
今は自分でやらなくても、車が自動でやってくれてるということですか(すみません、全然知りませんでした・・・)。

お礼日時:2006/08/22 11:28

ポンピングブレーキというのは、質問者の方も経験があるのではないかと思いますが、前の車にやられると、けっこううっとおしいのです。


そう感じない人もいるかとは思いますが。

自分がやられて「うっとおしい」ことは、他人にもやるな、ということではないかと思います。

昔の車はブレーキランプが暗く、点滅させることで少しでも視認性をあげようということだったと思いますが、30年くらい前に法改正があって、ブレーキを踏むと、本が読めるくらい明るくなりました。
しかも最近の車は(なんというのか忘れましたが)ブレーキランプが3箇所で点灯するようになっています。

ABSもついていますし、そんなことで、あまり意味がなくなってしまったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れてすみません。

>前の車にやられると、けっこううっとおしいのです。
そうですね。なんでもない普通の時にやられるとそう思います^^;
最初は、え?何かあるの?って注意するんですが・・・。

クルマそのものの進歩も理由にあるということでしょうか。

お礼日時:2006/08/22 11:23

昔々に取得ですが、そのように習いました。

関東です。
確かに少なくなっていますね・・・
でも安全運転に有効だと思って、実行しています。
ただ、普通に止まるときは1回のブレーキで止まります。
前が急に止ったようなときや先がブラインドになってるカーブで停止車両がある場合には、急に止まるサインとして利用してます。
車間は取ってますので、1回のブレーキで止まれますけど、後続がより安定して止まれるよう、追突事故が起きないよう。
もちろん緊急に止まる場合は、1回のフルブレーキでしょう。(1年の間でもそうは無いですが・・・)
たぶん教習所ではみんながみんな、わけも分からず2回踏んでいたので、そのときの印象と実際の路上では見かけない、違いすぎるのでしょう。
それと、いつの間にか1回のブレーキのみで良しとしてる人が多くなったこと。
それと実際には何が何でも予告ブレーキというのは利用せず、利用する人でも後ろに知らせるときだけという人がほとんどなので、普通の信号などでのブレーキには使わない場合が多いからじゃないでしょうか・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
確かに路上教習時は、実際に必要だと感じる状況に遭遇しなかったので「意味ないんじゃ?」と感じたのかもしれませんね。
実際運転するようになっても、1回のブレーキで十分という気もしますが・・・車間を空けて安全運転が1番ですね^^;
渋滞などで後続車に注意を促すときは、ハザードランプを使うことが多いですけど(これって正しい使い方ではないのかな?)・・・。

お礼日時:2006/08/22 11:19

おととい教習所を卒業しました。

私は関東の教習所でしたが、予告ブレーキは教わりましたよ。学科のビデオでもブレーキランプを何回か点灯させ後続車の追突を防ぐために、予告ブレーキを踏んだ方が良いといってたと思います。私は実践していましたが、やらなかったからといって特に注意されるということも無かったように思います。

参考URL:http://daikai.net/drive/0312.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
今は知識としては教えても、必ずやらなくてはいけない!という指導ではなくなったのですねぇ。
状況によって必要な場合にはするべし、ということでしょうか。

お礼日時:2006/08/22 11:02

こんにちは。



昔はABSの搭載比率が低く、特に冬道でのポンピングブレーキが必須であったため、
教習時にも指導していたと思われます。
私も札幌で免許を取得した際に、ポンピングブレーキの一環として習いました。
本来は、ブレーキの効きを確かめてから使うと言う意味と、
あらかじめ後方車にブレーキしますよという予告の意味があったような…

ちなみに、2年ほど前に二輪の教習を千葉で受けた際にも、
予告ブレーキとして習いました。

でも、教習所で予告ブレーキを実行できる人は殆ど居ないと思います。
(予告ブレーキをするほど余裕が無いのが実情では…)
また最近はウインカーすら出さない輩も多いため、予告ブレーキなんて…

要はモラルの問題と思います。
私は、自分が事故に巻き込まれないように予告ブレーキしてます。
予告ブレーキ無しの場合、何度も追突されそうになりましたから。
(当方二輪の場合ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。
>本来は、ブレーキの効きを確かめてから使うと言う意味と、
>あらかじめ後方車にブレーキしますよという予告の意味があったような…
確かに私もそう習った覚えがあります。

>私は、自分が事故に巻き込まれないように予告ブレーキしてます
私も「予告ブレーキ」という意識ではやってなかったのですが、あまりにピッタリくっついてくるクルマには、やってました^^;
しかもかなり早めの段階、ここではブレーキ踏まないだろうと思ってるところでブレーキランプが点灯する程度に軽ーく、ですが。
自分は普通に止まったのに、後ろがくっつきすぎたためにぶつかられると嫌なので^^;

お礼日時:2006/08/22 11:00

関東で23年位前に免許をとりました。


確かに習った記憶があります。

今も使っていますよ~後ろに減速せずにぴったりくっついてくる車がいると思う場合や、急に減速できなそうな重いトラックが居る場合など、、
あと、高架橋で上りきって下りが渋滞してると困るので最高部に達する前にブレーキ踏んでます。いつも通る高架橋は下りに入ったところで追突事故が多発していますので、相手に対して注意を促すというよりも、注意を促した自分を更に保護するために必要だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れてすみません。

>後ろに減速せずにぴったりくっついてくる車がいると思う場合
言われてみると、これは私もやってます^^;
>注意を促した自分を更に保護するために必要
私もそういう意識でやってました。ピッタリくっついてきて、後ろからぶつかられると嫌なので・・・

予告ブレーキ、という意識でなくても意外とやってるものなのかもしれないですねぇ。

お礼日時:2006/08/22 10:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q交差点を右左折の際、ブレーキを使ってはいけない?

交差点で右左折する時にブレーキを使わずに曲がるにはどうしたらいいのでしょうか?
現在教習所で路上教習中ですが、左折の時にブレーキを使って徐行しながら曲がっていたら「右左折の時にブレーキ使ったらダメだよ」と言われました。
交差点に入る前にあらかじめ減速をしてブレーキは使わず曲がらなければいけないそうです。
アクセルの加減が難しくて、ブレーキを使わないと反対車線にはみ出してしまうし、はみ出したら検定の時に即中止になってしまうそうです。
交差点で車を見ていたら、ブレーキを使っている人と使っていない人が半々でした。

Aベストアンサー

まず十分に減速することはできるのだと思います。その後、アクセル操作が難しいのですね。

アクセルを操作するときに足をどのようにしていますか?

かかとをつけていますか?つけていないなら、かかとをつけてアクセルペダルを踏むようにしてください。
そして曲者なのが「踏む」という言葉です。足裏をペダルにつけて、足首で踏み込む加減を調節してしまいがちですが、これをやると急にスピードが出ますので、すぐにブレーキを踏んでスピードを抑えるという悪循環になりやすいのです。

解決方法ですが、まずペダルに足を添えてください。このとき足首にそんなに力を入れなくてもべダルに足が沿うことができる角度があります。その角度をさがしてください。
その角度で足をペダルにくっつけていても、足が痛くならないし、アクセルも踏み込まれないないはずです。
そしてそこから足の親指を曲げてみてください。
エンジンがかかっていれば、アクセルが軽く踏み込まれて、すこし回転数が上がるはずです。

この感覚を覚えると、足の指を使って微妙なコントロールができるようになり、ブレーキを踏まなくても速度をコントロールできるようになります。

お試しあれ。

まず十分に減速することはできるのだと思います。その後、アクセル操作が難しいのですね。

アクセルを操作するときに足をどのようにしていますか?

かかとをつけていますか?つけていないなら、かかとをつけてアクセルペダルを踏むようにしてください。
そして曲者なのが「踏む」という言葉です。足裏をペダルにつけて、足首で踏み込む加減を調節してしまいがちですが、これをやると急にスピードが出ますので、すぐにブレーキを踏んでスピードを抑えるという悪循環になりやすいのです。

解決方法ですが...続きを読む

Q主人の運転のポンピングブレーキで気持ち悪くなってしまう。

主人の運転で質問させてください。

主人の車に乗ると、停止するとき、ポンピングブレーキをします。
1回ブレーキを踏んで離すと、まだ推進力が強いため、また車が加速し、また、ブレーキを踏んで、減速し、同乗していると、気持ち悪くなってしまいます。

加速・減速を繰り返さないで上手にとまるには、どうしたらよいのでしょうか?
私も運転しているのですが、十分に推進力が減少するまで、しっかりブレーキを踏み込んでいます。

車の種類も関係していそうですが、主人の車は、クリープが私の車(軽自動車)より、強い気がします。

また、主人を傷つけないように、このことを改善してもらいたいのですが、どうしたらよいでしょうか。

アドバイスをお願いします!

Aベストアンサー

二種免許を取るときでしたら,
ポンピングブレーキなどやったとたんに,即下車&「不合格!」ですよ。
逆に,
「予告ブレーキ(制動予告)」をせずにカーブで減速すると大減点です。

本当の意味での ポンピングブレーキ は,過去の遺物です。
ポンピングブレーキ をする本来の意味は#1の方も書かれている通り,
タイヤのロックを防ぐためのものですが,
これをしたからと言って,制動距離は短くできるわけではありませんから,

結局100害あって1利なしのものだからでしょう。
教習所みたいなアマイ所ではなく,ちゃんとした免許センターで実技検定を受けるときは,
二種免許でなくても,
ポンピングブレーキなどやったとたんに,即下車&「不合格!」になる可能性はあります。

一方,「予告ブレーキ(制動予告)」は,
本当に制動させるためのブレーキはかけず,
ブレーキの遊びの部分だけでブレーキペダルを2~3回踏んで,
ブレーキランプを点滅させるものです。
これは,厳密には減速前に必要です。

採点基準などのページは見つかりませんでしたが,
一応ポンピングブレーキについて書かれているページは見つかりました。

急ブレーキの科学
http://www.gabacho-net.jp/whims/whim0003.html



> 主人を傷つけないように、
> このことを改善してもらいたいのですが、

これは難しい…
二種免許を取るための教習(二種は教習所では取れないので単なる試験対策の教習になります)などを受けられると理解してもらえるとは思いますが,難しい。

私もちょっと古めの人間で,
ポンピングブレーキについては,間違った使い方の教習を受け,
免許を取ったあともしばらくはしていましたが,
そのころよく横に乗っていた人が「オエオエ」と吐きそうな声を出すので,
しだいにそのへんてこで意味不明のブレーキを踏む踏み方はしなくなりました。

「気持ち悪い」を連発すると良いかもしれません。

二種免許を取るときでしたら,
ポンピングブレーキなどやったとたんに,即下車&「不合格!」ですよ。
逆に,
「予告ブレーキ(制動予告)」をせずにカーブで減速すると大減点です。

本当の意味での ポンピングブレーキ は,過去の遺物です。
ポンピングブレーキ をする本来の意味は#1の方も書かれている通り,
タイヤのロックを防ぐためのものですが,
これをしたからと言って,制動距離は短くできるわけではありませんから,

結局100害あって1利なしのものだからでしょう。
教習所みたいなアマ...続きを読む

Q予備(予告)ブレーキについて

 もう教習所を卒業して3~4年になりますが教習所で
は予告ブレーキというものをならいました。実際の運転ではあまりつかわないとおもいますがオートマでも予備ブレーキというのはやるものなんでしょうか?なんか
いつも後方の赤いランプはつけっぱなしの状態だとおもうのですが、予備ブレーキというものを実際の路上でみたことはありません。予告ブレーキというものはミッション車だけやるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

 naga092様
 >ブレーキペダルに軽く足を乗せるくらいでいいんですかね?
 軽く踏む程度で十分です.

 >じっさいランプがついているのかきえているのか運転席からわかりませんからねえ。
 夜に車に乗ってエンジンをかけてから,後ろを見ながらブレーキを踏んでみると尾灯が赤く点灯するのでわかると思います.車が動いていなくてもブレーキを踏めばブレーキランプはつきますから.

 後,ブレーキが利き始めるのを確認するにはATならDレンジ,MTなら1速でアイドリング回転数で運転させてから,速度計を見ながらブレーキを踏んでいけば速度が下がり始める深さ=ブレーキの利き始めです.

 実際に試してみればおわかりになると思いますが,かなりブレーキに遊びが設けられています.参考になると幸いです.

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q路上教習が怖い!パニック!

つい先日仮免をとって、昨日から路上教習に出ている者です(♀


路上教習が、慣れないせいなのか怖くて怖くて仕方ありません。運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。


当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし…
でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。

今日も、
・駐車車両を避けるのを失敗しかけたり(ギリギリのところで先生がハンドル切ってくれました)
・ガードレールにぶつかりそうになった
・4車線のところで間違って対向車線に入りそうになる;
・右寄せ左寄せ・巻き込み確認がトロい。スピード出したまま出来ない


…今日は本当に死ぬかと思いました;。
特に対向車線に入りかけたとき。
先生にも大変申し訳なく・・・

周りの人に聞くと「路上教習のほうが簡単だった」とか「路上の方がすごく楽しい」という意見ばかりなので、私はちょっとおかしすぎるのか?;と思ってしまいました。

二次教習で路上教習経験者の方は、路上に出たときパニックになりませんでしたか?
また、安心して運転できるコツがありましたら教えてください。
宜しくお願いいたします。

つい先日仮免をとって、昨日から路上教習に出ている者です(♀


路上教習が、慣れないせいなのか怖くて怖くて仕方ありません。運転中、焦って、挙動不審になってしまい正しい判断が出来なくなってしまってます。


当然の話で申し訳ないのですが、教習所内での教習だと、早くても40キロしか出せないしゆっくり走っても対向車があまりいないし歩行者もいないし…
でも、路上に出れば普通に制限速度ギリギリまでは出さなきゃ流れに乗れないし、後ろから車は迫ってくるし、でパニックです。

今日も、
・駐車...続きを読む

Aベストアンサー

私も路上教習は楽しくて仕方なかったクチです。ちなみに女です。
(やっと外の世界で運転できる喜びが強かった)
質問者様は最近仮免を取り。。。という事はまだ路上は数回程度しか
乗っていないということですよね?
最初はあせりますよ。そりゃ。
私もストレートで合格はしましたが、路上1日目はビビリ連続でした。
でも次第に状況判断もできるようになるし、慣れてくれば楽しくも感じられると思います。
あと数時間楽な気持ちで教習してみて下さい。
もしそれでも改善しないのであれば運転自体不向きという事に...
仮に時間をずらして道路状況が楽な状態で免許を取得したとしても
道路状況が混雑していたり、車の多い時間帯にも自分で運転する時が絶対にありますからね。
だからただヒタスラ慣れるまで通うべきです。
沢山落ちても落胆せずに。
実際、ストレートで合格した私よりも十時間以上ダブったオバサンの方が
安定した感じだったりもしましたから、無駄にはならないと思いますよ。
頑張って!

Q【普通免許AT】正しい右左折のやり方を教えてください。

経済的な理由から一発免許(AT)に挑戦しています。
学科仮免は難なく一発で受かったのですがやはり技能で落っこちました。
まだ一度とはいえちょっとへこんでいます。
試験官曰く、「右左折の方法に問題があり、原点超過で不合格」ということでした。
そこで正しい右左折の方法を教えて欲しいのですが、私の以前までの認識はこうでした。
30メートル手前で三点確認(ルームミラー、バックミラー、目視)→ウィンカー→幅寄せ→三点確認→曲がる
これが違うみたいで、ウィンカーと同時に幅寄せしてるとのことです。

考え直したところ今の認識では
30メートル手前のさらに3秒前(50メートルくらい手前)でルームミラー確認→すぐにウィンカー→3秒後に三点確認→幅寄せ(この時点で曲がる30メートル手前)→三点確認→曲がる
であっているんでしょうか?
へたくそですが図に書きました。

正しい曲がり方をいろいろなホームページを調べましたがどうも書いていることがバラバラです。
教習所で仮免を取るのと違って難しいとは聞きましたが何とか2回目で合格したいです。
よろしくお願いします。

経済的な理由から一発免許(AT)に挑戦しています。
学科仮免は難なく一発で受かったのですがやはり技能で落っこちました。
まだ一度とはいえちょっとへこんでいます。
試験官曰く、「右左折の方法に問題があり、原点超過で不合格」ということでした。
そこで正しい右左折の方法を教えて欲しいのですが、私の以前までの認識はこうでした。
30メートル手前で三点確認(ルームミラー、バックミラー、目視)→ウィンカー→幅寄せ→三点確認→曲がる
これが違うみたいで、ウィンカーと同時に幅寄せしてるとのことです。
...続きを読む

Aベストアンサー

お恥ずかしいですが、
指導員&検定員です・・・・。一応、試験場での受験経験もあります。
試験場の場合、検定の採点基準通りに情け容赦無く減点されますよね・・・。でも、絶対に受からない試験ではないと思います。ご検討を祈ります。

Q【教習所】S字やクランクはどこを見れば良い?

こんにちは、自分は明日修了検定を控えている者です。
実は前回はS字で脱輪して、落ちてしまいました。
そして今日の補修教習ではクランクで脱輪してしまいました。
練習の時はどこを見るとか意識しないで、失敗もなかったのですが、1度見きわめで失敗してからはヘンに意識してしまい、すごく不安定な運転になっています。
そこで質問なのですが、S字とクランクはどこを見て走行したらよいのでしょうか?
特に、クランクのハンドルの切り始めがいまいちわかりません。早すぎれば左側のタイヤが落ちますし、遅すぎれば車体の右側の頭がぶつかってしまいますし・・・。恐らくタイヤが見えないというのが大きいのでしょう。
それにしても、修了検定で落ちるとあんなにも落胆してしまうのは何故なのでしょうかね・・・

Aベストアンサー

#1さんのように、自分が運転席に座って、まず友達に前タイヤの接地点にあたるところを、ボンネット上でどこなのかを指で指してもらうなどして、だいたいのタイヤのあり場所を確認するとよいと思います。

S字(右ハンドル→左ハンドルのコース)は、

運転席から見えるボンネットを、イメージで縦に4分割し、車の左前部の左端の4分の1の部分が、運転席から見て、左の縁石を越えて、外側にはみ出すような感じで、右にハンドルを切る感じですかね。そのまま無駄なハンドル操作はせずに、左端4分の1が縁石外を越えつつ弧を描くようにをキープしつつゆるゆると進む感じです。

そのまま右の縁石いっぱいまで寄せていくのですが、今度は運転席側なので、運転席から見て、ボンネットの右前部が右の縁石にかかる手前くらいのところで、左に切り始め、右前部のボンネットが、右端の縁石の外にほんのちょっとはみ出るくらいのところに合わせて曲がっていくと、いけると思いますが・・・。

車種やシート調整でも異なるので、自分のベストポジションや、タイヤの位置感覚は早めに確実にするよう努力されると後々楽です。

クランク(左折→右折の場合)は、
まず、進入して右縁石にできるだけ寄せて、曲がりたい方向の左の内側を十分に空けて進入する事は実践されていると思いますが、次に、
運転している自分のつま先が、曲がり角にさしかかる直前くらいが、切り出しのタイミングかと思います。これも座席調整で異なるので、自分のベスポジを早めに決めておくとよいです。

クランクなどは切り返し可能なので、どうしても失敗したくなければ、手前で切りすぎて、後輪が脱輪しそうになる状況(後輪が通り抜ける間隔が十分に取れない)だけは最悪(元に完全に戻さないとムリ)なので、

行きすぎて前輪が落ちそうだという、前が詰まる状況の方を目指すのが無難です。
その方が、楽に1回で切り返せるので、切り返しの手順も、頭でイメージしておくとよいです。前輪が落ちそうでも気にせず、でも早めに判断し、後方確認をしっかりして、切り返しをすれば100%大丈夫です。

2段階でも路上から早く帰って来れれば、所内の練習をするので、そこでもイメージを磨いてください。

#1さんのように、自分が運転席に座って、まず友達に前タイヤの接地点にあたるところを、ボンネット上でどこなのかを指で指してもらうなどして、だいたいのタイヤのあり場所を確認するとよいと思います。

S字(右ハンドル→左ハンドルのコース)は、

運転席から見えるボンネットを、イメージで縦に4分割し、車の左前部の左端の4分の1の部分が、運転席から見て、左の縁石を越えて、外側にはみ出すような感じで、右にハンドルを切る感じですかね。そのまま無駄なハンドル操作はせずに、左端4分の1が縁石...続きを読む

Q右左折の安全確認が難しいです。

現在1段階で、「右左折時の安全確認ができていない。」と教官に言われました。

手順は交差点前までに徐行速度まで減速し、ルームミラー⇒サイドミラー⇒目視の順番でやっています。

自分でも大袈裟にやっているのですが、なかなか「交差点の通行(左折)」「交差点の通行(右折)」の項目をクリアさせてくれません。
この二つ取れば見極めに入るところなので、複雑な気分です。

安全確認のタイミングが悪いみたいです。

確認をしようとした瞬間に、「はい、安全確認!!」と言われます。

交差点ではどの辺で安全確認をすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

1段階ということは車線変更ではなく完全な右左折ですよね?
目視のタイミングがおかしいんじゃないでしょうか?
確認しようとした瞬間に言われるということですが、確認は全ての動作の前にやらなければいけません。

左折の場合、まずミラーと目視で後方と左後方を確認

目視で左の死角を確認

左に寄る

交差点に入る前に左右の目視確認

安全確認ができてはじめて交差点に入る

というように、すべての動きの前に確認が必要であり、ひとつでも同時にやったのでは意味がありません。(見つけたころには当たってしまうため。同様に、確認してから回避行動がとれないタイミングでの確認もNG)

もちろん、動作の最中や後でも全体の確認に神経を向けなければいけませんが、重要なのは「自分が安全をきちんと確認してから行動している」ことを教官に分かってもらうことです。
可能であれば声を出して「左よし」と発音が終わってから体を動かせば間違いありません。無理なら心の中で声を出してみましょう。案外確認作業と同時に次の動作に入っているかもしれません。
繰り返しますが確認は同時に行っては遅いです。一つ一つ確認を完了させてから次の動作に移ってください。

1段階ということは車線変更ではなく完全な右左折ですよね?
目視のタイミングがおかしいんじゃないでしょうか?
確認しようとした瞬間に言われるということですが、確認は全ての動作の前にやらなければいけません。

左折の場合、まずミラーと目視で後方と左後方を確認

目視で左の死角を確認

左に寄る

交差点に入る前に左右の目視確認

安全確認ができてはじめて交差点に入る

というように、すべての動きの前に確認が必要であり、ひとつでも同時にやったのでは意味がありません。(見つけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング