病院で、お医者さんがレントゲンフィルムをレールに挟んで、裏から照明を当ててみていますが、あのフィルムを挟むレールの名前と、どこで買えるかが知りたいのです。
ちなみにあのレールは、普通のコピー用紙なども挟めるものでしょうか?そして、木ねじや両面テープ、マグネットなどで取り付け可能なものでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一式の名前で「シャウカステン」と言います。


極端に柔らかく薄いモノでなければ、上質紙やコピー用紙でも挟むことはできます。
上端のクリップ部分の構造は幾つかあるようですが、簡単に説明すると、布式のブラインドや学校などで使用する簡易スクリーンの構造と同じか極めて似ていると考えて下さい。要するに、楕円のローラーが入っていて、上に押し込むときに入りやすくなっていて引き加減の時にスクリーンとの隙間が狭くなることでフィルムを固定しているだけです。ですから、強い力で引くとはずれるわけです。(イメージ湧きますか?)  そんなわけで取り付けは、枠と一体になっていますので、レールだけというわけにはいかないのではないでしょうか。シャウカステン自体は大きさに種類があるのですが、小さいモノ(半切2枚掛程度)でしたら適当な木ねじなどで壁に固定できます。
    • good
    • 0

こんにちはkeipapaです



レール部分の構造は皆さんのおっしゃっている通りだと思います
(ボール状のもの・パイプを使ったものなどいろいろあります)

chacha23さんはどのくらいの大きさの紙を挟みたいのですか?
A4でいいのなら20cmくらいのものだったら売っています

ベースはアルミ製のものが多かったようなので両面テープで貼れると思います
余り重い物を挟むとおっこちゃうと思いますが・・・(^^;
裏にマグネットが付いていたものもあったと思います

>名前?販売先は?
明日にでもついでの時に調べてきて改めてお答えします  (^-^)

他の方がシャーカステンについてだけ述べていたので取り敢えず「売ってるよ」とだけでもお知らせしたくて・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、いろいろなご回答有り難うございました。
コクヨのお客様相談室に何度もしつこく問い合わせたところ、探していたものがやっと見つかりました。
コクヨ ペーパーハンガー 品番フク501 幅28.2×長さ300mm \1,700-
                   フク502 幅28.2×長さ550mm \2,800-
医療のカテゴリーに入れてしまったことと、「レントゲンフィルムを・・・」という表現がわかりづらく、回答して下さったみなさんを混乱させてしまったようです。申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/03/17 10:54

照明は要らない…ということはレントゲン写真を見たいわけでもないんですね。



部品だけで販売しているかどうかは知りませんが、どうって事のないステンレス製の枠のようですよ。中で玉がずれる構造になっていて押し上げると重みで挟まる構造のようです。
コピー紙は挟めますよ。実際患者さんに手書きの図面をお見せしたりもしますしね。ただ破れやすいです(外す時にビリって結構やってしまいます。当たり前といえば当りまえですね)。枠自体は本体にビスで留められています(少なくとも私の目の前にあるやつは)。写真でなく紙だけを挟むタイプのものでしたら、クリップタイプのものが市販されていますからそれを使われたほうが楽チンですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

<クリップタイプのものが市販されていますからそれを使われたほうが楽チン

そうですか。。。
実験室に設置を考えているのですが、手順を書いた紙を壁面に取り付けるときに、片手で簡単に挟まるのでいいかなと思ったのです。
(マグネットだと壁にマグネットシートを貼らないといけないので)
ちょっと考えを改めてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 16:55

こんにちは。


あの機械は「シャーカステン」といいますが、
フィルムを挟むところだけを売っているのかどうかは知りません。

とりあえず、自信なしで.....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。シャーカステンの名称は調べてわかったのですが、照明部分はいらないのです。レールだけが欲しいのですが・・・。

お礼日時:2002/03/14 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q写真や紙を挟むレールのようなもの

写真や紙をはさむことで、壁などに固定できる道具を探しています。
レール状のもので、下から紙を入れると固定され、ぶら下がる形になるものです。

医療現場でレントゲン写真を貼り付けているものと同じ仕組みだと思うのですが、どこで購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
こんな感じの物でしょうか?

参考URL:http://www2.enekoshop.jp/shop/glory-webshop/item_list?category_id=3036

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング