人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

西洋では人名を地名につけるけれど(アレクサンドリアからスターリングラードまで)、東洋では人名を地名につけることが少ないのはなんでですか?

むしろ日本だと地名から人名をつけてるような・・・(田中、谷川、exc...)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

日本のような(おおざっぱな見方での)単一民族国家、中国のような


単一文化圏と異なり、
西洋では異人種・異教徒・異言語の住人や土地を征服・支配することが
多いため、その土地や都市の住人に「誰がおまえたちを征服したか」
「誰におまえたちは支配されているか」を認識させるために人名を
地名につけさせたり、反対に
憎むべき支配者から解放してくれたそのお礼と喜びの証としてその
解放者の名前をつけることが多いからです。
前者のいい例がスターリングラード、後者はアレクサンドリアでしょう


ただ、前者の場合はやはり支配者が変わったり住民の意識が変わると
名前が変わる場合がおおいですね。
(スターリングラードなどソ連の大都市や東ドイツのマルクスなどの
名前は体制変更後すぐに変わってます)
対して、後者はアレキサンドリアのようにペルシャ王国から解放して
くれたうえ、ナイル川の治水工事やエジプトの神を尊重してくれた点
で住民から支持されたせいか長く残っています。
フランスに行くと、ドイツから解放してくれた政治家や軍人の名前を
地名に見かけることも多いですが、それもそのうちの一つでしょう。

そりゃ、日本にだって人名からついた地名もいっぱいありますよ。
でも、地図帳で太文字や大きめの文字で書いてある地名に人名はほと
んど見ませんね。
人名をつける(その都市・土地の素性や正体を知らしめるという行為)
は、その都市が他の分野や文化への発展を妨げると、
日本人は本能的に思っているからじゃないでしょうか。
だから、和光市は「本田市」に改名することを断念したのでしょう。
そういった意味でいえば、
(真田や足利といった昔の支配者の名が残っているところは別にして)
豊田市や天理市というのは、感覚的に「鼻につく」ぐらいの異質感を
感じます。
    • good
    • 1

そういえば「習志野市」も人名から来ています。


習志野の地名は篠原少将からきており、篠原少将の演習をご覧になった明治天皇が「篠原に習え」という意味から「習志野」と付けられたようです。

http://www.meijijingu.or.jp/japanese/qa/gosai/05 …
    • good
    • 0

ユダヤ人系→自分たちは神から選ばれた民族だという強い誇りをもっておりユダヤ人の原点(旧約聖書)→→神が土(アダマ)から作ったアダム。

ヘブライ語→アブラハムの名から→アブ、ラハム。父親の姓を→フリ-ドマン。グリ-ンバ-グ。グリ-ンフィ-ルド。ホフマン。ロスチャイルド。ル-ビンスタイン。
中国では、名前をよぶと落馬する迷信や、人に呪いをかけたいときには紙を人の形に切って相手の名前を書き、ナイフや針で突き刺すということがあり、かつての中国では、自分の名前が他人に知られると禍が降りかかるとか、他人の実名を直接呼ぶのは非礼だという考えがあったようである。
おもな氏の起源→国名→→魯、晋、衛、蔡、(ろ・しん・えい・さい)。官名→李/り(裁判官)。司徒/しと(教育をつかさどる)。司馬/しば(軍事をつかさどる)。職業→巫/ふ・卜/ぼく(占い師)。陶/とう(陶工)。匠/しょう(職人)。優/ゆう(芸人)。
朝鮮半島の人の名前には、代々続く自分の血族の流れを大切にする→行列字→木=東、火=煕(き)、土=在、金=鉉(げん)、水=泰、ときめられた家では、祖父/東吉→父/仁煕→子/在寿→孫/成鉉→曾孫/
泰元。等です。
    • good
    • 1

(駅名迄拡張すると、人名に因むのは小岩井(田沢湖線)、鮎川(日立電鉄)、三越前(銀座&半蔵門両線)、武蔵白石(鶴見線)etc・・と言う具合ですが、本題の地名に絞って見て行くと下記の例が見受けられます。

)

●(林子平に因み、仙台市青葉区内にある)子平町

●(安田財閥を創業した安田善次郎の姓名から一字ずつ採った)安善町、並びに(地元の大地主の小野信行の姓に因んだ)小野町
両町共に、横浜市鶴見区内の地名なのです。

●豊田(旧挙母)市が"豊田佐吉を始祖とする豊田一族"に関係するのは、NO3さん他が指摘される通りで、国内での最も顕著な例と言えます。
そして(同市には)トヨタ町があり、トヨタ本社があるのは言う迄もありません。

http://www.toyota.co.jp/about_toyota/outline/ind …

尚、(地名とは若干ズレますが)"空港名"との関連は次の質問に譲ります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2342396
    • good
    • 1

No.4さん。

京都市伏見区桃山町永井久太郎ですね。これ、永井さんと久太郎さんは別人なのですよ。かつて伏見城の城下町だった時の大名屋敷の名残で、久太郎さんの名字は堀です。永井家と堀家の屋敷にまたがる地域だったのです。この地名の人に手紙を書く際に、「永井久太郎様方」と書く人がいたという笑い話を聞いたことがあります。伏見城下には、この他にも大名屋敷に由来する地名が多く残っています。

No.7さん。話が逆です。足利などの地名が先にあって、それに由来する名字を名乗ったのです。

人名を地名に付ける例は他にもあります。例えば淀屋橋(淀屋辰五郎)。これは公式の地名ではないかもしれませんが、京阪の終点として余りにも有名です。

神戸市中央区加納町というのもありますね。確か、この地の有力者の加納さんに由来するもので、何か(具体的なことは忘れたが、川の付け替えだったかな?)に貢献した人です。

なお、門真市と守口市の合併話がありましたが、潰れてしまいました。もし合併したのなら、「松下市」が相応しいところでしたが…。両市ともに松下の工場があり、守口最大の会社三洋も松下の兄弟のようなものですから(松下幸之助の義弟が創業者)。
    • good
    • 1

日本では地名を付けるのは神聖な行為であり、安土桃山時代以前は、天皇にのみ許された行為でした。


その為、人臣が勝手に都市名を付けたり、変えたりすることはタブーであり、ましてや自分の名前をつけるなど、とんでもないことです。
他の回答者が上げた地名は、大抵は安土桃山時代以降に付けられた地名であり、有楽町や道頓堀などはこれ以降のことになります。
それ以前は、足利とか新田というように、地名を一族の名前にすることが普通で、古の藤原京も、藤原氏以前から地名があったようです。
つまりわが国においては、古代中世は人名を地名とすることにタブーがあり、信長が美濃を岐阜としたあたりから、このタブーが薄れ、活躍した有名人の名前を冠した地名が出来てきたのでしょう。
    • good
    • 0

マイナーですが北茂安町という町がありました。

(平成の大合併で消滅)これは筑後川の治水に貢献した戦国時代の武将から名付けられた地名です。昔は南茂安と言う地名もあったそうですが・・・

もう一つは地名では無く駅名で方谷駅という名前の駅があります。これは幕末の改革者から名付けらたそうです。

前者は佐賀県。後者は岡山県にあります。他にも日本全国探せば沢山あると思いますが・・・
    • good
    • 1

織田有楽斎→有楽町


服部半蔵→半蔵門
ヤン・ヨーステン→八重洲
ウィリアム・アダムス→按針町(今は使われていませんが)

けっこうありますね。
日本以外の東洋の国ではどうでしょうか……ベトナムのホー・チ・ミン市、イランのニーシャープールといったところが思い当たります。西洋と東洋でそれぞれ人名由来の地名をカウントするなど、「本当に東洋では人名を地名につけることが少ないのか」というところから考えていったほうがいいのかもしれません。
    • good
    • 0

大阪ミナミの道頓堀は堀の名前であると同時に、町名でもあります。

安井道頓から付けられています。

他にも宗右衛門町、久左衛門町というのがあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E4%BA%95% …
    • good
    • 1

うちの近所に「永井久太郎」という地名があります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人名を地名その他に使いたがる国・そうでない国

 歴史上の人物の名前が地名・施設名に使われることは珍しくないかと思います。
 個人的にはその点ではアメリカが一番なのかなと思います。なにせ人名がそのまま首都名になってますし国名も人名由来ときてます。兵器の名前にも人名が使われまくっています。通りの名前やら公園の名前にもふんだんに使われているイメージがあります。
 ソ連(≠ロシア)も大都市に人の名前をつけていましたし、同じような傾向があったように感じます。
 対して日本は全くといっていいほどその傾向がありません。私が知らないだけで、実際は皆無ではないと思いますが、少なくとも大都市の名前に人名が使われているという例はないですし、旧日本軍の兵器にも全く人名は使われていないと思います。思いつくのは東郷神社くらい…
 ヨーロッパの国々についてはよくわかりませんが、地図を見ると、人間の名前(主に王家?)が結構使われているように思います。チャーチル戦車なんてのもありましたし。
 中国、韓国はどちらかというと、日本に近いように感じます。北朝鮮はまた別ですが(汗)。
 
 これらの違いは、どのような背景に由来するものなのかなと思い質問させていただきました。はっきりと答えが出るものではないと思いますが、皆様のお考えを教えていただきたいと思います。いろいろなご意見を伺って参考にしたいと思いますのでよろしくお願いします。

 歴史上の人物の名前が地名・施設名に使われることは珍しくないかと思います。
 個人的にはその点ではアメリカが一番なのかなと思います。なにせ人名がそのまま首都名になってますし国名も人名由来ときてます。兵器の名前にも人名が使われまくっています。通りの名前やら公園の名前にもふんだんに使われているイメージがあります。
 ソ連(≠ロシア)も大都市に人の名前をつけていましたし、同じような傾向があったように感じます。
 対して日本は全くといっていいほどその傾向がありません。私が知らないだ...続きを読む

Aベストアンサー

日本や中国・韓国で人の名前を地名・施設名に使用しないのは、まず間違いなく忌み名の呪詛性にあると思います。

逆に名前を使用したがる傾向のある国は、同じ名前を祖父・父・息子とつけるような国に多いのではないでしょうか。
これは、名前自体が誰の子孫であったかをつたえ、その家族血縁の誇りを永続させることを目的としているからです。

>ヨーロッパの国々についてはよくわかりませんが、地図を見ると、人間の名前(主に王家?)が結構使われているように思います。
これは逆というか、苗字と土地名は同じなのは世界共通でしょう。ヨーロッパは貴族制が産業革命後ものこっていましたし、現在でも上流階級として、昔のように税収権も優先権もないものの貴族がその土地を守っているということもありますので、土地名=苗字というのはありえるでしょう。

日本でも、武士階級が興った最初の頃は、地名=苗字だったはずですが、いろいろあって今では名残があまりありません。地方にいけば、地名と同じ苗字のところがあるでしょう。(私の妻の実家も、地図に載っている地名と同じでその土地に本家があります)

名前を子孫に語り継ぎ、名誉を守る(語り継ぐ)ような風習をもっている文化なら、通りの名前や軍艦などに実在の人物の名前をつけることもあるでしょう。それはとても名誉なことだからです。
しかし、日本のような忌み名の文化の地域では、自分と同じ名前がつくということは、自分の分身であるということになります。
大げさなようですが、hortensia様と同じ名前が着いた飛行機が墜落したら、「縁起でもない」と思うでしょう。
それが忌み名の文化です。

日本や中国・韓国で人の名前を地名・施設名に使用しないのは、まず間違いなく忌み名の呪詛性にあると思います。

逆に名前を使用したがる傾向のある国は、同じ名前を祖父・父・息子とつけるような国に多いのではないでしょうか。
これは、名前自体が誰の子孫であったかをつたえ、その家族血縁の誇りを永続させることを目的としているからです。

>ヨーロッパの国々についてはよくわかりませんが、地図を見ると、人間の名前(主に王家?)が結構使われているように思います。
これは逆というか、苗字と土地...続きを読む

Q歴史上の人物の名を冠した地名

司馬遼太郎先生の「街道をゆく」によりますと、外国にはホーチミン市のように歴史上の人物の名前
を冠した地名は多く見られるが、日本にはそういう地名は少ない。東京赤坂の乃木坂は、その少ない例の一つである、ということです。質問は、日本で乃木坂以外に歴史上の人物の名を冠した地名はありますか?神社、学校などの建物系は除きたいと思います。

Aベストアンサー

仙台に晩翠通りというのがありますね。遺族からチェックが入ってもめたことがあったように記憶しています。貞山堀=貞山:伊達政宗
大阪の御堂筋=御堂関白豊臣秀吉。道頓堀=安井道頓
東京の八重洲通り ヤン・ヨーステンです。

Q人の名前が付いた物(食べ物も)

サンドイッチはトランプがすきだったサンドイッチ伯爵がトランプをしながら食べれるように と考案したことから作られたと言います

ハヤシライスは林さんが考案したものです
食べ物ではないですが カーディガンはカーディガン伯爵からついたと言います

他にも人の名前から付いた身近なものはあるでしょうか?
物でも食べ物でもいいので教えてください


他には助六寿司しか思いつきません

Aベストアンサー

レオタード・・・・・・フランスの人気曲芸師であった男性、ジュール・レオタール
ボイコット・・・・・・イギリス陸軍大尉・チャールズ・ボイコット
ニコチン・・・・・・・タバコ種をパリに持ち帰ったフランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコ
ディーゼルエンジン・・ディーゼルエンジンを発明したドイツの機械技術者ルドルフ・クリスチアン・カール・ディーゼル
シルエット・・・・・・ルイ15世時代の財務大臣エティエンヌ・ド・シルエット
レントゲン・・・・・・X線の発見者でドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン
ホッチキス・・・・・・機関銃の発明者ベンジャミン・B・ホッチキス
パニック・・・・・・・ギリシア神話の神の一種であるパーン
ドーベルマン・・・・・テューリンゲン州に住んでいたカール・ルイス・ドーベルマン
モールス符号・・・・・アメリカ合衆国の発明家サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールス
サクソフォーン・・・・ベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックス
アキレス腱・・・・・・ギリシア神話に登場する英雄アキレウス
リンチ・・・・・・・・アメリカ独立戦争時のヴァージニア州の独立派有力者チャールズ・リンチ
ギロチン・・・・・・・内科医で立憲議会議員だったジョゼフ・ギヨタン
ブルマー・・・・・・・アメリカ合衆国の女性解放運動家アメリア・ジェンクス・ブルーマー
エッフェル塔・・・・・設計者アレクサンドル・エッフェルに由来する。
アメリカ・・・・・・・探検家アメリゴ
インゲン豆・・・・・・隠元隆琦が日本に持ち込んだとされることからこの名がついた
マドレーヌ・・・・・・ロレーヌ公スタニスラスのためにコメルシの女性、マドレーヌ・ポルミエ
ピザ・マルゲリータ・・イタリアのマルゲリータ王妃
シーザーサラダ・・・・料理人シーザー(チェザーレ)・カルディーニ
ビーフストロガノフ・・貴族ストロガノフ家
カルパッチョ・・・・・イタリアの画家ヴィットーレ・カルパッチョ
男爵いも・・・・・・・明治時代に北海道の開発に大きな貢献をしたという川田龍吉男爵から
ブリヂストン・・・・・社名は、創業者の石橋正二郎にちなみ英語の「ブリッジ」(橋)と「ストーン」(石)を合成したもの
サントリー・・・・・・創業者鳥井信治郎、「SUN」+「鳥井」で「サントリー」

レオタード・・・・・・フランスの人気曲芸師であった男性、ジュール・レオタール
ボイコット・・・・・・イギリス陸軍大尉・チャールズ・ボイコット
ニコチン・・・・・・・タバコ種をパリに持ち帰ったフランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコ
ディーゼルエンジン・・ディーゼルエンジンを発明したドイツの機械技術者ルドルフ・クリスチアン・カール・ディーゼル
シルエット・・・・・・ルイ15世時代の財務大臣エティエンヌ・ド・シルエット
レントゲン・・・・・・X線の発見者でドイツの物理学者ヴィルヘルム・...続きを読む


人気Q&Aランキング