肝臓ガンについて知りたくってインターネットをサーチしていたのですが、かならずと言っていいほど肝炎が出てきます。肝炎が悪化したのが肝臓ガンだったりするのですか??胃の場合は胃潰瘍が悪化して胃癌ですよね。それとも、肝炎と肝臓ガンってちょっと違うものなのですか??誰かおわかりになる方お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

肝臓ガンについて検索して肝炎が出てくる、というのは、


肝炎が肝臓ガンに関して深く関わっているからです。

原発性肝ガンの95%は肝細胞ガンです。
肝細胞ガンは、ウイルス性肝炎による慢性肝疾患を基盤として発生すると言われています。
肝炎を起こすウイルスにはA~Gがあり、(最近Gが発見された。)
そのうちよく言われているのはA・B・Cの三つです。
その三つのうちで肝ガンの原因として言われているのはB・Cの二つです。
このウイルスが正常の肝細胞に働いて突然変異を起こさせ、
細胞をガン化すると言われています。
従って、B型肝炎・C型肝炎の人は、肝ガンのRisk factorを持っているといえます。
現に、肝ガンの手術を受けた人の7割がこのどちらかを持っていたという統計があります。
しかし、ここで重要なのは、肝炎だけが原因ではないと言うことです。
肝炎を持っていなくても肝ガンになる人はいます。

肝ガンについては国立がんセンターの以下のページをご覧ください。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/01021 …
肝細胞ガンについては以下のページの方が詳しいです。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/e …

胃ガンについてですが、
胃ガンは粘膜内の分泌細胞や、分泌液の導管にあたる部分の細胞から発生します。
胃炎などの後、胃粘膜には腸上皮化生が起きます。
腸上皮化生とは、腸でない部分に腸の粘膜と構造上同じものが出現することです。
その粘膜はガン化しやすいといわれています。
しかし、胃ガンの原因はそれだけではありません。
最近、ヘリコバクター・ピロリと胃の中にある常在菌が胃がんの原因のひとつになっていると言われ始めました。
菌によって慢性炎症をおこし、慢性萎縮性胃炎と呼ばれる状態になり、そこから胃ガンが発生するのではないかと言うことです。
しかし、肝ガンと同じように、これだけが胃ガンの原因ではありません。

癌についてはまだまだ発展途上段階といえるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

-mizuki-さん、大変わかりやすい説明とても助かりました!下のかたからの説明でもありましたが、肝炎は肝臓ガンと深いかかわりがあったのですね。読んで字の如しでしたよね・・。いつも重要なところを見落とすあぽです。 胃癌についても正直知りたかったのですが、見事にお答え頂いてありがとうございました。胃癌の発表をしようとリサーチしていたのですが、親を胃癌で亡くした為、読めば読むほど悲しくなったので肝臓にしようと思っていました。でもそんなことを言っていたら一生目をそむけるようなのでそれもよくないのでまだ悩んでいます。どうもありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/24 05:48

肝臓については特に急性肝炎について二十数年前に研究テーマとしていた時期があります。


肝炎というのは,文字通り「肝臓の炎症」を意味するものです。
A型~E型のウイルスによるウイルス性の肝炎,アルコールによる肝炎,四塩化炭素などの薬物による肝炎‥いずれにしても,何等かの原因によって肝臓に炎症が起こった状態が肝炎なんですよネ。
よく知られていることですが,B型肝炎,C型肝炎などが慢性肝炎に移行した場合,肝臓癌に発展する確率は高くなります。
けれども,カビが生産する毒(マイコトキシン)の一つであるアフラトキシンのように強烈な(史上最強の)肝癌性物質も存在しますので,ウイルス性肝炎→慢性肝炎→肝硬変→肝癌以外のルートを辿る肝癌というのもあるのですヨ。
胃癌の場合も,原因は一つではありません。
とにかく,癌というのは完全に原因解明がされていないものですからネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!それではやはり悪化してしまった状態がガンっぽいですね。BとCがガンになりやすいのですかね・・。でもいろいろ原因はあるのですね、細かいご説明助かりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 05:38

ウイルス性肝炎が進行して肝硬変→肝臓ガンになると聞いたような気がするのですが・・・


私はC型肝炎なのですが、将来は肝臓ガンになる可能性があると主治医に言われています。

ちょっと自信がないので検索してみました。

こんなサイトがHITしましたので、ご参考までに・・・

参考URL:http://www.health-net.co.jp/meii/kinosita.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 pyonkotan さんが肝臓ガンにならないことを祈ります。 どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/03/24 05:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腸上皮化生と診断されました。化生の進行は防げるのでしょうか?

腸上皮化生と診断されました。化生の進行は防げるのでしょうか?
先月、胃の内視鏡検査を行った際に気になる凸があったそうで組織を取り病理検査に出されました。
ガン細胞ではなかったのですが、腸上皮化生との結果でした。
腸上皮化生は前ガン病変ということでショックを受けています。

この化生の進行を遅らせるような手段は何かあるのでしょうか?
食生活に気をつけ、規則正しい生活を送るということしかないのでしょうか?

ちなみに37歳、男でピロリ菌は半年前の除菌(2次除菌)で(-)になりました。

詳しい方いらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

慢性的なストレスが原因です。いままで仕事を頑張ってこられたと思います。ご自分では気づいておられないかもしれませんが頑張り過ぎや無理のし過ぎが続いた結果です。例えば長時間労働、休養、睡眠不足など肉体的なストレスやなにかにつけ我慢を重ねる心の抑圧など心のストレスが続いていよいよ適応できなくなると免疫力を低下を招いてトラブルがおきることになります。ピロリ菌は胃がんや潰瘍の二次的な原因に過ぎません。

今までの生活に原因がありますので、生活を振り返り仕事内容、労働時間など仕事そのものを見直すことが必要です。すぐにどうこうできないことばかりかも知れませんが、少なくとも今よりは心や体をリラックスさせる時間を増やしNK細胞などリンパ球を活性化して免疫力を上げないことにはどうにもなりません。ストレスで体温が下がってきますので入浴してしっかり体をしっかり温めてから就寝することを心掛けてください。また一分でも多く睡眠時間を確保することも大事です。
ひたすら真面目に頑張り過ぎるタイプの人ほど思わぬトラブルを招来させますので注意が必要です。

QC型肝炎から肝臓癌

父がC型肝炎と診断され現在肝硬変になり肝臓癌です。インターフェロン治療はC型肝炎初期でないと治療できないと言われました。現在の病状は水がたまってきて、足や手、顔がむくんでいます。アルブミン剤を飲んでいます。今日病院に予約外でしたが、行ってきました。丁度、父がトイレに行った時に診察呼ばれた為、先に説明を受けましたが、だいぶ数値が悪いと言われました。
まだ大丈夫ですよね?と聞いたのですが、いつまでとかはわからない、個人差もあるし、ただ最期は吐血してそのまま亡くなる人、他に転移して亡くなる人のどちらかですと言われました。血小板も5万を切っているとの事ですが、あとどれくらい父と一緒にいれるのかと思うと涙ばかりがでてきてしまいます。ただ父は気が弱いので、先生には、ショック受けるような事は言わないように伝えたので、今日は大丈夫とだけ言ってもらえたので気分的に明るくなっていますが、私は本当の事を聞いたので父の前では、笑っていますが、涙がこぼれそうです。今の癌のステージはいくつなんだろう?末期なのか?あとどれだけ一緒にいられるのか?教えて下さい。もう自分が壊れそうです。

父がC型肝炎と診断され現在肝硬変になり肝臓癌です。インターフェロン治療はC型肝炎初期でないと治療できないと言われました。現在の病状は水がたまってきて、足や手、顔がむくんでいます。アルブミン剤を飲んでいます。今日病院に予約外でしたが、行ってきました。丁度、父がトイレに行った時に診察呼ばれた為、先に説明を受けましたが、だいぶ数値が悪いと言われました。
まだ大丈夫ですよね?と聞いたのですが、いつまでとかはわからない、個人差もあるし、ただ最期は吐血してそのまま亡くなる人、他に転移し...続きを読む

Aベストアンサー

>教えて下さい

最後のことは医師でさえ正確なことはわかりません。

ただ、いえることはお父さんが安らかにいけるように
家族仲良く、楽しく最後の思い出を作れるように、
廻りが気遣ってあげることです。

後悔のないようにね。

Q鍼治療は、交通事故の自賠責や任意保険治療の対象外なのでしょうか。

鍼治療は、交通事故の怪我の自賠責や任意保険での治療の対象外なのでしょうか。
先日横断歩道を歩行中に、車にぶつかってこられ、現在、自賠責にて頚椎捻挫とひじの挫傷の治療中です。
頚椎捻挫に伴う、腕のしびれや肘の痛みがあまりにひどいため、鍼治療を希望したのですが、保険会社より、鍼治療は対象外ですと言われました。
整形外科での治療と整骨院でのマッサージや電気治療は対象だというのですが、鍼治療は自賠責や任意保険での治療の対象にはならないのでしょうか。

Aベストアンサー

私は、針治療(中国針)を交通事故での治療に使いました。
治療費は、全額任意保険の方で支払いになりましたが、直接の針治療医院には支払いはせず、一旦立て替えて請求していました。
整形外科で、痛みに対する治療として医師が認めた場合は、治療行為の一環として保険会社も認めます。

しかしそれは、任意保険会社との話し合いであって、自賠責保険には適用にはなりません。
任意保険が認めるのは、治療費が自賠責保険の枠を超える事が前提となります。保険会社も、金を出したくないので、色々と言ってきますが、医師の認めた治療に関しては、拒否する事は出来ません。

QB型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

B型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

お尋ねします。
先日、健康診断でB型肝炎抗体+と出てました。
これは、放っておいても問題ないですか?
またパートナーにうつす可能性はありますか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

B型肝炎抗体が”HBs抗体”であれば、血中にはウイルスがいる可能性は極めて少ないので、パートナーに感染させる可能性はほぼ0と言っていいです。キャリアとはいいません。
ただ、肝臓内にはウイルスはいる可能性はありますので、将来、抗がん剤治療とか大きな手術を受けた際には再燃する可能性があります(de novo肝炎)。

なお、検診での抗体が”HBe抗体”陽性であれば、精査が必要です。キャリアの可能性があります。

Q「陽子線治療」について

身内が「肺がん」に罹り、現在「抗がん剤」治療中です。
知人から、「陽子線治療」を進められ調べております。
そこで、「陽子線治療」について3点質問させて頂きます。

1.「陽子線治療」は先進医療として認められ、優れた治療成績も上げているのに、未だ健康保険の適用になっていないのは何故でしょうか?

2.「陽子線治療」による治癒率、すなわち治療成功率はどの程度でしょうか?

3.「強度変調放射線治療(lMRT)」は、たしか健康保険適用になっておりますが、サイトで調べた限りでは、治療方法は「陽子線治療」と良く似ているように思いますが、双方の治療上の違いは何でしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。

(Q)ステージは、がん細胞の大きさのみで決めるのでしょうか?
(A)いいえ。ポイントは、転移と浸潤です。
ステージIVと判定されるには……
(1)転移がある。
(2)気管・気管支に浸潤がある
(3)縦隔、心臓、大血管、反回神経、食道、椎体に浸潤がある
という(1)~(3)のいずれか1つがあれば、ステージIVです。
なので、元の癌が小さくても、(1)~(3)のいずれか1つが起きれば
ステージIVとなります。

(Q)上記状態では「陽子線治療」も「強度変調放射線治療(lMRT)」も無理でしょうか?
(A)陽子線治療は適用外です。
IMRTについては、適用できる場合もあるので、
医師と相談してください。

抗がん剤で、腫瘍が小さくなっているのならば、
ある程度まで小さくしてから、IMRTをするという選択肢もあります。

Q予防接種(A型肝炎・B型肝炎・狂犬病、幼児のインフルエンザ)のインターバルについて

 A型肝炎、B型肝炎、狂犬病は、
1月に1回目を打ったとしたら、
2回目を2月、
3回目を7月に打つようになっているようです。

 1回だけでは免疫ができないのか、できにくいだけなのか、
また、なぜ1ヵ月後・6ヵ月後という期間の設定になっているのか、
ということについてを知りたいと思っています。

 同様に、
1歳児くらいのインフルエンザ予防接種は、
1月に1回目を打ったとしたら、
2月に2回目を打つようになっているようです。

 何かご存じの方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いずれも「不活化ワクチン」で、菌体の成分を元に製造されています。弱毒化したウイルスによる「生ワクチン」に比べ効果の持続が一般に弱いため複数回接種する必要があります。もう少し詳しく説明します。

 ワクチンを体内に入れると、その異物に対し生体が防御反応を起こし、次回進入した場合はもっと迅速に対応できるようリンパ球などがその異物を記憶します。これが免疫反応ですが、全くの新規の場合、1-3週間の時間を要します。この記憶は受験勉強と同じく一夜漬けで覚えたことはすぐ忘れてしまうので、忘れそうになったとき(ここがポイント)にまた学習すると長期記憶につながるわけです。それが4週間前後に2回目を接種する理由です。これである程度の免疫記憶ができて持続するわけです(ちなみに三種混合ワクチンは基礎免疫3回です)。そのままほっておくとまた忘れるので追加免疫をします。これが半年後の接種に当たります。以後も必要により追加接種します。

 ある調査によれば、A型肝炎の場合、2回接種のみでは30ヶ月後には抗体が消失するものが出てきますが、3回接種した場合は少なくとも5年以上高い抗体価が期待できるようです。しかし狂犬病は3回接種しても効果は1年から1年半で減少するようです。

 インフルエンザで追加免疫を行わないのはワクチンそのものの効果がもともと比較的低いのと、毎年ワクチン株が変化するためと考えます。中学生以上で単回接種なのは、過去に似たような型のインフルエンザに罹患したり、ワクチンを接種していることが多いため、1回の接種で効果が期待できるからです。

 いずれも「不活化ワクチン」で、菌体の成分を元に製造されています。弱毒化したウイルスによる「生ワクチン」に比べ効果の持続が一般に弱いため複数回接種する必要があります。もう少し詳しく説明します。

 ワクチンを体内に入れると、その異物に対し生体が防御反応を起こし、次回進入した場合はもっと迅速に対応できるようリンパ球などがその異物を記憶します。これが免疫反応ですが、全くの新規の場合、1-3週間の時間を要します。この記憶は受験勉強と同じく一夜漬けで覚えたことはすぐ忘れてしまうので...続きを読む

Q治療中の歯が痛いです。

治療中の歯が痛いです。
昔治療した銀歯の下がまた痛み出し、歯医者に一回行ったんですが次の治療が2週間後です。
治療に行く前より痛みはないのですが、痛み止めを飲まないとまだ痛いです。
一回目の治療は銀歯をとり、白い詰め物をしたんですがこの次の治療はどういう治療になるのでしょうか?
現時点で痛いということは次の治療が終わっても痛みはおさまらないということですか?

Aベストアンサー

神経の治療(根の治療)になると思います。
根の中を掃除して洗浄して、消毒の力で菌を
なくすような治療です。
治療の回数はなんともいえませんが、けっこうかかるかも
しれません。
神経が生きてて痛いのか、死んでて痛いのかで回数も
変わってきます。死んでて痛いようなら菌は中のほうまで
進んでいます。そうすると菌の除去にも時間がかかる
わけです。

痛みは徐々に引いていくと思いますが、なかなか
痛みが治まらないようでしたら、予約外でも早めに
受診されることをおすすめします。

Q胃癌の手術で胃を全摘出するのですが。

七十六歳になる父の胃癌の手術のことで、再び質問を致します。父はすでに昨年、胃の三分の二ほどを摘出しています。現在、再発し、今度は胃を全摘出することを余儀なくされそうです。とはいえ、お医者様はほんの少しでも胃は残しておこうか、と言っているそうです。胃癌の場合、切ることが最大の治療と言われたのですが、再発や転移することを考えるなら、いっそのこと全摘出でもいいように思えるのですが。お医者様はその辺りの詳しい事情を父に話さなかったそうなのですが、胃を残すことのメリット、また、デメリットが何なのか、もしご存知の方がおられれば、是非ともご教示いただきたいと思っています。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

昨年2/3切除して、又手術でいを切ると言う事は、
「断端再発」と言うより、前回の手術で切り足りなかったのでしょう。胃を出来るだけ残したいという気持ちがそうさせたのでしょうが、他に転移がなければ、全摘も仕方ないと思われます。もしもし残すとしてもごく僅かで、メリットは無いでしょう。残すと却って再発、小胃症状等を起こしかねない。よく医師と相談するべきです。
banana7さん、専門家でもないのにいい加減な回答をしないように!
胃ガンの手術では全摘は主流ではないし、全摘した胃が
出来るわけはありません。
出来れば残すのに越した事は有りませんが、広がり具合では全摘することも有ります。
胃は全摘したら2度と再生する事は在りません。

Q整形外科(クリニック)の治療について。

主に診断がメインで治療といえば、電気治療やリハビリなどしか治療は受けられませんか??
(1)外科の治療が受けられない個人病院だとどのような治療ができるのでしょうか?
(2)やはり、治療を受けたい場合は整骨院、柔道整復、針治療などに行くべきですか?
どうぞ、よろしく願いします。

Aベストアンサー

(1)、手の簡単な手術位ならクリニックでもしてますよ。
    骨折の整復とギプス固定、
    装具調整(技師さんが外部からくることも)
    注射(膝の注射アルツ、疼痛緩和、自費のにんにく注射)
    点滴
    スポーツリハ指導?(医師の専門による)
    テーピング 
    
   ・・・など浮かびます。

(2)、スタッフ構成によりますが、
   あはき師さんなどがいる整形外科だとそこで針とかしてますよ。
   その場でレントゲン見ながら医師と治療計画ポイント立てるので効率がよいです。
   真面目な整骨院さんだと
   そこの先生が患者さんクリニックに連れてきてレントゲン撮ったりなんだりして
   医師と相談してから治療開始していますがそうじゃないとこもあるんだろうな・・(微妙にあやしいひとだけでしょうけど)

  どういう治療を受けたいかにもよると思います。
  病態によってはマッサージで悪化するもあれば改善するものもありますし・・
   

Q60歳の伯母が乳ガンに??乳ガンについて教えて下さい!

30前半のOLです。
私の伯母(60歳)の件なのですが、先月末から胸の乳頭から血の混じった液が出るということで婦人科を受信し・そこの先生の紹介で地元の大学病院で精密検査を受けました。今週その結果が出たのですが、イトコ(伯母の娘)の話によると「良性の腫瘍だった」との事。これはいわゆる「乳ガン」になるのでしょうか?医師からは「病巣を切除する手術をすれば大丈夫ですよ」と言われたそうです。ですが今、大学病院の婦人科のベッドは満員で、ベッドが空き次第の手術になるといわれたそうです。「空き次第」ということは伯母はそれほど深刻な状態ではないのだろうか?と少し安堵もするのですが、どう思われますか?
伯母は現在バス会社に勤めており(職務は事務)、その会社は定年が64歳だそうなので、定年までは勤め上げるつもりでした(現在勤続20年目)。ですが、これから手術し・また術後も度々大学病院に治療(再発防止のため?)に訪れなければならないことを考えると、続けて勤務することは難しいかもしれないと心配しているようです。胸の「病巣の切除」の術後はやはり会社勤めは難しいのでしょうか?
また伯母は最近太ってきたぐらいによく食べて健康に見えるため、まさかこんなことになるとは私たちは思ってもいませんでした。
乳ガンにお詳しい方、是非教えて下さい。よろしくお願いします。

30前半のOLです。
私の伯母(60歳)の件なのですが、先月末から胸の乳頭から血の混じった液が出るということで婦人科を受信し・そこの先生の紹介で地元の大学病院で精密検査を受けました。今週その結果が出たのですが、イトコ(伯母の娘)の話によると「良性の腫瘍だった」との事。これはいわゆる「乳ガン」になるのでしょうか?医師からは「病巣を切除する手術をすれば大丈夫ですよ」と言われたそうです。ですが今、大学病院の婦人科のベッドは満員で、ベッドが空き次第の手術になるといわれたそうです。...続きを読む

Aベストアンサー

まず、≪乳頭からの血性分泌は良性を示唆する所見であり乳腺症だと思います≫という無責任な回答には惑わされないこと。
60歳で血性の分泌物が有れば悪性を疑わせる所見です。さらに手術を勧められている言う事は悪性を疑わせます。本当に良性なら手術は不要のはずです。
例えば悪性(=癌)の中でも悪性度が低いという意味で
良性と捉えたか、又は安心させる意味で良性と思わせたか、聞き間違いか等が考えられます。
「空き次第」と言うことは、ベット待ちの順番とか、緊急性の問題とかで、大学ですと1ヶ月くらい待たされるのはざらにあります。
1ヶ月位で急激に進展することは、通常は有りません。
術後のことはあまり心配することは無いと思いますが、
主治医によく聞いてみてください。
それにしても、無責任な回答は困りものです。


人気Q&Aランキング