誘電率と導電率を求める式を教えてください。実際にどのような測定値があればよいのでしょうか?教えてください。実験で液晶(MBBA)の誘電率と導電率を測らないといけないのですが、MBBAの誘電率と導電率はだいたいどれくらいなのかも知っていれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下の参考URLサイトは如何でしょうか?


但し、誘電率については・・・??

ご参考まで。

参考URL:http://liqcryst.chemie.uni-hamburg.de/lcwww/lc_1 …

この回答への補足

誘電率と導電率の値を求める式はご存知ないでしょうか?
せっかく紹介していただいた参考文献も図書館が休館のため、まだ見ることができておりません。大変かってなことを言って申し訳ありませんが、求める式を誰か知りませんか?

補足日時:2001/01/07 02:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。誘電率と導電率の値を示しているらしきものがありました。測定して値がでたら、比較してみたいと思います。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/01/07 02:51

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトは如何でしょうか?


1.http://www.jssst.or.jp/jstp2/zassi.html
(熱物性学会誌バックナンバー:通巻38号 Vol.12 No.1 January 1998)
図書館も本日あるいは9日には開館するのではないでしょうか(すぐにでもお知りになりたいのでしょが・・・)?
--------------------------------
1.図解工学・技術の公式/H.Netz,A.P…[他]/技術評論社/2000.10 
2.工業数学ポケットブック/金燦中[他]/技報堂出版/2000.5 
3.数理工学のすすめ/京都大学工学部情報学…/現代数学社/2000.2 
4.工業数学/野澤博/コロナ社/1999.10 
5.理工学基礎課程のよくわかる工業数学/古川昌司/東京教学社/1997.4
-----------------------------------
1.の本は中身を見ました。誘電率が載っていたかどうか覚えてませんが、コンパクトに良く纏まっていたと思います。
図書館がだめでも、近くの書店(それも専門書も置いている)を覗いてみては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/01/08 04:43

 MBBAがなんの略か、よく分からないもので、アドバイス程度で済みませんです。



 電導度は電気抵抗値の逆数です。

 液晶は仕事で作っていますが、たしか1cmのセルに入れ、液晶状態にして電気抵抗値を測定していると思いました。ということで、恒温状態で一定の距離の電気抵抗値を計測する装置が必要なはずです。
 電導率としては、混ぜものとして測定することが多いので何とも言えませんが、nS(ナノジーメンス)からpS(ピコジーメンス)オーダーの電導度計が必要かも知れません。
(品質調査部門の所属でないので、あいまいな回答です)

 誘電率については、すみませんが、測定していませんので、分かりませんです。

 では。

この回答への補足

MBBAは、N‐(4‐methoxybenzylidene)‐4‐butylanilineの略です。

補足日時:2001/01/06 04:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/06 04:58

専門ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


--------------------------
1.電気物性測定法の原理と応用の新展開/矢野紳一,喜多保夫[他]/東レリサーチセンター…/1998.5 
2.セラミストのための電気物性入門/内野研二[他]/内田老鶴圃/1990.1 
3.高分子の電気物性/和田八三久/裳華房/1987.8 
4.高分子電気物性/金丸競/共立出版/1981.10-----------------------------
ご参考まで。 

実験物理学講座/16/近角聡信∥〔等〕編/共立出版/1977.2 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく明日にでも探して見てみます。

お礼日時:2001/01/06 04:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q導電率(電気伝導率)には実部と虚部があるそうですが、それぞれどのような

導電率(電気伝導率)には実部と虚部があるそうですが、それぞれどのような物理的意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

電子工学の観点からは、
 導電率は要するに電気抵抗だから、その虚部はリアクタンス(コンデンサの電気容量やコイルのインダクタンスに関係ある量)です。

固体物理の観点で言うと、
 普通の導電率は直流電場に対するものですが、これを拡張して
交流電場に対する導電率を考えることができます。さらに
この交流振動数を高くしていって、光の振動数までいくと、
これは光吸収に関係のある量になります。
 逆に言うと、普通の導電率は振動数がゼロの極限の光に対する吸収に関係する量です。

光吸収の虚部は屈折率なので、導電率の虚部は屈折率にあたる量です。
さらに屈折率と誘電率は関係があるので、導電率の虚部は誘電率に関係のある量です。

Q導電性材料添加による誘電率増加

絶縁性材料に導電性粉末を添加すると誘電率が増加するらしいですが、
このメカニズムを教えてください。
この複合材料中に導電材料/絶縁材料/導電材料のパターン、つまりコンデンサが無数にできるので静電容量が増加する。→この複合材料をひとつの誘電体とみなすと静電容量が大きいため誘電率も大きい
という認識で正しいですか?
この場合、この複合材料は誘電体またはコンデンサのどちらになるのでしょうか?
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

導電性の粒子内には電位差がないので、実質的な
極板間距離が減るでしょうね。
厚みのある極板を間に挟むのと同じでしょう。
これは、実質的な誘電率の増加と捉えることも出来る
と思います。

Q誘電率は非誘電率?

変な質問ですが、誘電率とは直感的なイメージで言うなれば電気力線をどれだけ密集させることが出来るかの度合いとでも言えるものだと思います。
ところで、ガウスの定理E=q/εを考えた場合、電場、直感的なイメージで言うと電気力線の密集度は電荷に比例し、誘電率に反比例します。
この式を解釈すると、誘電率が大きいと電気力線の密集度が小さくなります。即ち、電気力線を誘導しているのではなく、その逆のように思えます。
実際、誘電率は直感的イメージで考えると電気力線を誘導し密集させる割合と思うのですが、ガウスの法則の解釈のどこに間違いがあるのでしょう?
知識が断片的で繋がりません。お願いします。

Aベストアンサー

なるほど、touch me 8さんが引っかかっているのは「誘電」という表現の方だったのですね。

「誘電率」という概念よりも「誘電体」という言葉が先行しています。絶縁体(=誘電体)をこすると静電気が発生する現象から誘電体という名がついたのでしょう。電流の発見以前の当時「導体⇔絶縁体」という発想自体なかったはずですから、誘電性と絶縁性が本質的に同じ事柄の2つの表象だとわかったのはずっと後のことでしょう。

やや回りくどいかもしれませんが少し根本的なところの話をしておきますね。
巨視的な意味で我々が電荷や電流として考えているのは、金属導体中における自由電子であり、これを「真電荷」と呼びます。この真電荷によって造られる電界は、物質内の原子または分子を「分極」させ「電気双極子」を形成します。この電気双極子がさらに電界を誘起し、はじめの電界に重ね合わされます。
このような取り扱いを巨視的に整理していく中で「誘電体」が定義されたのです。
実際の誘電体内部のミクロな物性は非常に複雑で多岐に渡っていますが、「マクロな意味で物質の分極電荷の大きさを表す指数」として「誘電率」というものが導入されたのでしょう。
これによって誘電体中のガウスの法則が導出され、真空中の静電界と同様に扱うことが可能となったのです。
この際に便宜的に「真空の誘電率」なるものを導入したのでしょう。真空は分極しませんが、式の形からもこれを(0ではなく)1としたことは自然な流れでしょう。

ですから「誘電」という言葉と「誘電"率"の概念」には隔たりがあるのも無理はありませんね。

なるほど、touch me 8さんが引っかかっているのは「誘電」という表現の方だったのですね。

「誘電率」という概念よりも「誘電体」という言葉が先行しています。絶縁体(=誘電体)をこすると静電気が発生する現象から誘電体という名がついたのでしょう。電流の発見以前の当時「導体⇔絶縁体」という発想自体なかったはずですから、誘電性と絶縁性が本質的に同じ事柄の2つの表象だとわかったのはずっと後のことでしょう。

やや回りくどいかもしれませんが少し根本的なところの話をしておきますね。
巨視的な意...続きを読む

Q導電体であっても真空の誘電率分は電気力線がありますか?

通常の金属は少し抵抗をもっていますので
完全に抵抗のない導電体を仮定してここに電圧をかけたとします。
導電体は高校物理の考えからすると、電気力線は全く通さないはずです。
一方で、どんな物質であっても真空の誘電率分電荷を貯めるため、
そのため電気力線が存在するという話を聞きました。
そうすると導電体であっても真空の誘電率分は電気力線があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 抵抗のない導電体(超伝導体)に電圧をかけると、電子の質量を無視すれば一瞬で無限大の電流が流れ、電源が壊れないとして、そのエネルギーが有限なら時間0でエネルギーが尽きます。電源に内部抵抗があれば、やはり一瞬で電流は0に戻り、内部抵抗が0なら無限大の大きさの電流が流れ続けます。
 基本的に物理学はこのような状況は扱えません。無限大が出てきたり、0で割るなどがでてきたら、計算はあきらめるのが普通です(分母が無限大とか、0で扱うことがあるなど、例外はあります)。
 実際は電子には質量があります。電流とは電子を流すことですから、電圧をかけると電子を加速していって初めて電流が流れることになります。電子はどんどん加速され、電流は増えていきますが、電圧が一定として、一瞬ではなく一定の率です(注:非相対論的説明です)。質量のある物体に有限の力を加えるのですから当然ですね。すると本来は抵抗が0の伝導体でも、抵抗があるような状況になります。ですから、超伝導体でも電圧がかかっている限り、抵抗があるような状況で考えるしかありません。
 誘電率はいいQ&Aがあります。どこら辺までのレベルの勉強なのかもちょっと触れられていますね。
http://oshiete.eibi.co.jp/qa439717.html

 抵抗のない導電体(超伝導体)に電圧をかけると、電子の質量を無視すれば一瞬で無限大の電流が流れ、電源が壊れないとして、そのエネルギーが有限なら時間0でエネルギーが尽きます。電源に内部抵抗があれば、やはり一瞬で電流は0に戻り、内部抵抗が0なら無限大の大きさの電流が流れ続けます。
 基本的に物理学はこのような状況は扱えません。無限大が出てきたり、0で割るなどがでてきたら、計算はあきらめるのが普通です(分母が無限大とか、0で扱うことがあるなど、例外はあります)。
 実際は電子には質量...続きを読む

Q誘電率と導電材料

比誘電率がほぼ1の材料(構造体)の誘電率を大きくしたい場合に、カーボンなどの導電材料をその構造体に付着させると、比誘電率が大きくなるのですが、これはなぜですか?。構造体の電気抵抗を小さくすると(電気が流れやすくなると)、比誘電率が大きくなるという現象がピンときません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 具体的にどのような誘電材料なのでしょうか。多孔質体であれば、穴の中にカーボンが入り込み、電極間距離が減少して、見かけの誘電率が増加することは考えられますが・・・。
 最近話題の電気二重層コンデンサでも、そのような処理をして容量を増加させたものがあるそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報