簿記の勉強を始めたばかりで、あまり知識はないのですが、経理では財務諸表上に現れてきたことを元にして、今後どのように企業が経営を行っていけばよいのか?と考えていくような、コンサルテイングのようなことも必要になるのでしょうか?
(うまく文章が表現できなく、申し訳ありません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

簿記の勉強を始められたばかりとのことですが、日商簿記・全経簿記・税理士試験の簿記論を学習しても、驚くほどこの財務諸表の読み取りは軽視されています。


実務上、財務諸表を作成するまでが重要であって、読み取る能力は、経営者や投資家・債権者にとってこそ重要であるといったことなのでしょうか・・・

コンサルティングという言葉が出てきましたが、おっしゃるとおり、中小企業診断士試験の財務・会計の方がよっぽどこの事に対してアプローチしてあります。
もし、a4386kさんが、経営に深く関わらず、経理という業務をこなしていく事が、目的であれば、それほど財務諸表の読み取り能力は、必要ではないかもしれません。

しかし、私見ですが、この財務諸表の読み取りこそが、会計の醍醐味であり、これを意識して学習する簿記は、楽しさが数倍にもなるでしょうし、「自分なら財務諸表にこんな情報を求める」等と想像しながら学習すれば、理解はいっそう深まるでしょう。おまけで、日経新聞が手にとるようにわかりだします。
財務諸表(簿記という学問)を知ることは、株・債権・社会、しいては資本主義を知る事で、民法や商法・証券取引法・経済学・社会一般常識・時事問題・現代社会が抱える問題など、つながりは無限です。たとえば、少子高齢化が深刻な社会問題となっていますが、これがそのまま(原因は、これだけでは無いが)、会計に影響を与えて、退職給付会計なるものが導入され試験にも影響を与えています。

どちらにしても、新しいことを学ぶときは、楽しさを感じることが近道で、コンサルタントや経営者・投資家になった気分で簿記を学習すると、そこにはとっても身近で楽しい世界がひらけているとおもいます(おおげさ)。

簿記検定用の教材だけでは、この楽しさより先に、構造的な理屈を詰め込まれがちですが、市販の読みやすいビジネス書等(まんがでもあります)で、同時にこれらを、さっと学習してみてはいかがでしょう?

がんばってください。

この回答への補足

ありがとうございました。
簡単な経済に関する本を読み株や債権に関することに興味を持ちました。
経営に関わった見方をするとどんなことから取組んでいってみたらよいのでしょうか?分かりやすい本などがありましたら是非教えてください。

補足日時:2002/04/02 00:11
    • good
    • 0

>経理では財務諸表上に現れてきたことを元にして、今後どのように企業が経営を行っていけばよいのか?と考えていくような、コンサルテイングのようなことも必要になるのでしょうか?



この、ご質問は、「経営分析」の事をさしていると思います。
経営分析は、財務諸表の数値をいろいろな角度から分析して、その企業の現状や、今後の改善点などを見つけ出す手法です。
この結果を、会社の上層部や経営者に報告、改善方法の進言などを行ないます。

経理の仕事で 、この分野まで手がけることになるかどうかは、その企業の組織によって変わってきます。
経理部門で事業計画なども作成するのであれば、当然、経営分析も行なう必要があります。
他に、その様な仕事を担当する部門があれば、経理の担当は日常の経理と決算・税務申告等だけになります。

ただ、簿記の知識を修得されたら、その先は、この経営分析の知識などを取得されると、一層、幅広い知識を身につけることになり、仕事の範囲を広げることも出来ます。

この分野の専門家が「中小企業診断士」という公的な資格になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり中小企業診断士の参考書等を書店にいってみてきたいと思います。

お礼日時:2002/04/02 22:14

a4386kさんが、どのような方か分からないので回答も難しいのですが、日商簿記検定1級には、「会計学」が試験範囲に入っています。

たとえば、公認会計士や税理士試験を受けようする学生だと、2週間ぐらいで、簿記3級をこなし、一ヶ月ぐらいで簿記2級をクリアします。簿記1級は、原価計算などが難しいので、自習だけではなかなか難しいかもしれません。日商簿記の検定は、簿記の専門学校が、問題を解くテクニックなどを教えるために、実務とかけ離れた面も見受けられます。しかし、実務を行うには、少なくとも基礎的な知識や問題解決能力が必要ですから、簿記の学習は単調なものになりがちですが、まず、基礎を身につけられるのがいいと思います。会計学(財務諸表論)については、簿記が分かっていないと理解できないところもありますから、ある程度、簿記が理解できてから、それらに取り組まれるといいと思います。
中小企業の場合だと、経理だけを担当しているという会社はまれで、総務という形で、社会保険業務をはじめ、人事関係など幅広く仕事があります。そういう役職をしていると、当然、財務諸表を読みとる力も必要でしょうし、資金繰りなども重要な仕事になります。たとえば、新製品の開発をするかしないかは、資金調達の問題もありますが、マーケティングも重要な要素を占めます。財務諸表は、結果を表示するものですから、それだけでは、会社の意思決定は出来ないとも言えます。そして、多くの事柄は、実際に仕事をしながら身につけていくものなので、必要に迫られて勉強していくようになります。まずは、基礎を押さえることが先決かもしれません。
    • good
    • 0

すいません。

私自身は、日経新聞や企業診断・税系通信・セミナーといった、雑誌等が貴重な情報源であったので、具体的なお勧め本は、ちょっと思い浮かびません。

ですが、アドバイスとしてお答えさせて頂くと、この「教えてgoo」でも「財務・会計・経理」と「株」のコーナーがぜんぜん違う場所にあるように、本屋さんでも資格コーナーから「投資・マネー」なんぞのコーナーに足を運んではいかがでしょう。日商簿記1級に合格している人でも、株価が新聞で「1××円」ということが、どうゆうことだか分らない人が意外と多いものです(試験に出ません)

あとは、どこの本か忘れましたが、よく書店の入り口近くを占領している 雑学シリーズは、学習はじめのころ分りやすかった記憶があります。

あと、強烈にお勧めするのは、中小企業診断士試験の科目です。
この資格は、合格するのはなかなか大変ですが、学習したことが次の日からでも役に立ちます。もし、簿記検定などに合格する事だけが全てではなく、実務上実力をつけたいと考えているのであれば、これらの科目の教材を、受験目的ではなく興味の対象として、一読してみると大変面白いと思います。中小企業診断士試験の科目には、「経営者の視点」に関する全ての入り口が用意されていますし、今の日本がどうしてこんな風になったのかなんて答えが盛り沢山です。私自身、いまだ学習途上の身ですが、この試験科目は、会社での私をすっかり変えてしまい、とんとん拍子で、昇進することができました。(合格してないよ)

余裕があったらぜひ、ご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく書店にいって中小企業診断士に関連するものを探しに行き見てきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 22:11

 大学などでも「意思決定会計」という科目があるように、帳簿記録は単なる過去の記録のみにとどまらず、財務諸表として表れた情報の中から奥行を見つめ、何かを発見して今後の経営活動に役立てていくというためにも重要なものといえます。


 さらに、財務諸表上に表されていない数的データや、経営者の個性など数的把握の困難なデータも含めて、分析するなりコンサルティングを受けるということは、それなりの目をもった主体がすれば意味のあることだと思います。
 昨今では、CFS(キャッシュフローステイツメント)なども企業の実態と帳簿との乖離を縮めるものとして用いられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。更に学習を進めていき視野を広げていきたいと思います。

お礼日時:2002/04/02 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連結財務諸表を作成する必要がない会社が、連結財務諸表を営業報告書に記載してもよいのか。

こんにちは。
連結財務諸表を作成する必要がない会社が、連結財務諸表を作成して営業報告書に記載しても良いのでしょうか。
記載したいと思ったのは、子会社も含めたグループの力を明らかにしたいと思ったからです。
手間がかかるというのは、一応承知しているつもりです。
監査法人さんにはまだ相談していません。まずは自分の中で構想を練る上で知りたいと思ったのです。
よろしくお願いします。

以下の法令等は、一応読んでみました。
・商法特例法
・連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則
・「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について(連結財務諸表規則ガイドライン)

Aベストアンサー

現実的にはだめだと思います。
取締役会資料等に使用することは構わないと思いますが、監査法人は監査手続きをもって、営業報告書及び付属明細書等の妥当性を確認することとなります。
その妥当性を検証するのは、必要性があるからです。

Q財務諸表などのよく使う表現で、「第○期」は英語でなんといいますか?

財務しろうとです。

例えば、有価証券報告書で、2015年3月期が「第12期」だった場合、どう訳せばよいのでしょうか?
"12th year", "12th period", "12 term"などの訳が考えつきましたが、
どれも間違っているような気がしてなりません。

財務に詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
>「2015年(1~12月)」全体を「第37期」としている資料があるとします。
>この場合、「2015年(第37期)」の英訳は、「Fiscal 2015」または「Fiscal Year 2015」
>のみとし、「第37期」に該当する英語表現はない旨を申し送りすればいいのでしょうか?
はい、それで結構です。37期というのは個別の会社の事業年度のカウントであり、英語には必要ありません。Fiscal Year を略して FY2015という表記でもOKです。

Q簿記論、財務諸表論どちらを学校へ

こんにちは。

現在税理士試験に向けて勉強しています。

初めて2ヶ月ほどですがなんとしても来年に出来れば簿記論、財務諸表論両方、少なくとも片方は合格したいです。

現在独学で勉強していますが、中々難しく、通常カリュキュラムよりかなり時間がかかってしまっています。

そこで1月からの短期コースにどちらか通おうと思ってるのですが、片方だけ通うとしたらどちらの方がおすすめでしょうか。

金銭、スケジュール的に両方は難しそうです。

またおすすめテキスト等あれば教えて欲しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>簿記論は独学で頑張りつつ財務諸表論の予備校も通った方が良いのか

私はその通りにしてうまくいきましたが、両方とも独学というのは難しいと思います。
それは此の試験独特のノウハウが必要だからです。
私は1級をとった後で財表の授業をスクールで受けて初めてそのノウハウの一部が解りました。これは本屋で入手できる参考書にはないものがありました。
両方とも自習ではたぶんそのこつは解らなかったと思います。少なくとも簿記論か財表のどちらかはスクールに行った方が良いでしょう。
私が一年で両方受かったのは結局そのノウハウを使って過去問題を徹底的に練習すると言う繰り返しをしたからです。特に時計を和希において時間内で過去問題が解けるかを繰り返しやりました。
この時間内で解けるかが問題で、漫然とやっていてはなかなかそれができません。
私は当時毎日九時過ぎまで働いていましたが、週末と通勤電車の勉強と上記の繰り返しで2科目合格できましたから要はやり方一つです。その代わり仕事と寝る時間以外はほとんど勉強でした。
貴重な時間を少しでも節約したかったらスクールは役に立ちます。独習ではたぶん倍の時間をかけても無理だったと思います。

この件に関しては文字通り「時は金なり」です。

>>簿記論は独学で頑張りつつ財務諸表論の予備校も通った方が良いのか

私はその通りにしてうまくいきましたが、両方とも独学というのは難しいと思います。
それは此の試験独特のノウハウが必要だからです。
私は1級をとった後で財表の授業をスクールで受けて初めてそのノウハウの一部が解りました。これは本屋で入手できる参考書にはないものがありました。
両方とも自習ではたぶんそのこつは解らなかったと思います。少なくとも簿記論か財表のどちらかはスクールに行った方が良いでしょう。
私が一年で両方受か...続きを読む

Q単式簿記から財務諸表の作成方法

科目の残高を財務諸表の科目に転記すればOKですか、
不可能であればそれまでですが、
単式なので検証能力がないので作成しても意味がないと思われますが、
作成している専門家の方はどのような手順で作成されますか。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、単式簿記からの作成は、勘定科目に対応した科目を置いていればその残高ないし合計額を転記し、そうでなければ摘要欄の記入を見て対応する勘定科目に転記していくのが基本形となるようです。

なお、収支報告書は確かに単式簿記に馴染むものではありますが、これを作成するかどうかは団体の性質によるものであり、単式・複式と直接には関係ありませんネ。

Q経理財務の実務 税の知識について

上場の大手企業の話です。

新入社員として4月に入社予定なのですが、実際に仕事に従事する前に法人税・所得税・消費税を有る意程度勉強しておいた方がいいと思いますが、税の知識はどのくらい必要でしょうか?
程度がよくわからないのでどのくらい勉強したらよいか加減が分かりません。

申告書作成出来るスキルは備えておいた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

上場企業で経理のマネージャーをしていたものです。
その会社の申告は永年担当しました。

正直に言うと、新人には税法の勉強は不要です。
それよりは簿記や会計学の基礎をきちんと勉強しておいたほうが役に立ちます。
あなたが経理に入っても新人にすぐに税務をさせることはありません。
最初は現金出納とか、売掛金管理などの初歩から始めます。その仕事ぶりを見ながら適性があれば将来税務になるかもしれません。でもまず必要なものは簿記会計です。
小さな会社では税務は税理士任せで巣から、尚更不要です。
と言うことで、税務は担当が決まった部分だけはそのときに勉強すればよいと思いますが、最初からはいりません。
それより経理の基礎を勉強しましょう。それをしておけば経理のどんな部分にでも対応できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報