企画営業とかって言葉を最近よく耳にするのですが、いったいどんな事をすのですか?
また、プランナーや、ディレクターといったのはどんなお仕事なんですか?違いがよくわかりませんし、どうやってなるのですか?
広告代理店で働いてみたいなというきもちが、最近とてもつよまってるのですが…。
どなたかお答えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これを把握するのは意外とやっかいですので


順を追って説明します。

まず会社の組織構造として、例えば、どこの会社でも
総務部、経理部、人事部、営業部などという部署に分かれます。
一般的な広告代理店の特徴として、他に
媒体部、マーケティング部、制作部、SP部などがあります。
もちろん会社によって呼び方が違う場合がありますし
会社の特色を活かして違う部署を設置している場合も多々あります。

企画営業というのは
本来は欧米でいうところのACCOUT PLANNERという
比較的新しい考え方を輸入したものです。
ACCOUNTは「営業」の意で、所属部署を示していますす。
PLANNERは「企画する人」の意で、その人の専門・職能を示しています。
PLANNER以外には、例えば
DIRECTORとかMANAGERというのは「指示・管理する人」。
EXECUTIVEは「実行・遂行する人」。
STAFFは「スタッフ」。
応用編として、例えば
CREATIVE DIRECTORは「制作」の「指揮・管理する人」。
原則はこんな感じです。
これ以外に「部長」とか「課長」とかといった
会社の中での役割・肩書がつく筈です。

さて、次はACCOUT PLANNERの説明ですが
簡単に言うと営業に籍を置いて
制作や媒体、マーケティング、SPといった
社内の横の繋がりをコントロールするのが役割です。
これは代理店の機能が拡大していくことで
業務や予算の進行や管理を担当するACCOUT DIRECTORでは
提案内容の管理が出来なくなったために
90年代に生まれた職種です。
昔々は営業がデザイナーに「これこれつくってよ」で
済んだ時代がありました。
例えば制作の仕事が増えるにつれデザイナーが増え
デザイナーを指揮・管理するためにART DIRECTORという
職種が生まれます。
デザインだけじゃなくコピーやら撮影やらと、もっと業務が拡大すると
これら制作全般を指揮・管理するためにCREATIV DIRECTORという
職種が生まれます。
さらに、マーケティングや媒体、SPなど各種部門の
連携能力が要求されるようになり
これら全般を指揮・管理するためにACCOUT PLANNERという
職種が生まれました。

次にどうやってなるのか?ですが
これは資格などの問題ではなく
社内で資質や才能を認められることが原則です。

最後に、企画営業は必ずしもACCOUT PLANNERを指すわけではなく
むしろ組織構想の貧弱な会社においては
しばしば「自分で仕事を考えて、自分で仕事を取ってこい」といった
要するに「新規開拓営業」であることが多いです。

何か分からないことがあったら補足して下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電通や博報堂のアートディレクターって世間的にはどんなイメージですか?

電通や博報堂のアートディレクターって世間的にはどんなイメージですか?

Aベストアンサー

>やはり、女性ではなく男性の仕事なんでしょうか。

うん、そう思うね
仕事が超ヘビーなので、女性が真剣に仕事に取り組もうとすれば、確実に婚期・出産適齢期を逃す

ちなみに代理店で新卒の正規入社だと、女性は大抵コネありだけどね(有名人の娘など)
自分が片方の会社に関わっていた時は、いつも見積作っててAD本来の仕事は全然してないような人もいたし、営業のいうことにいちいちぶれる馬鹿もいた

別に、大手代理店でなくても同レベルの仕事ができる会社はたくさんあるので、電とか博とかにこだわらなくてもいいんじゃないかと思うけど

Q最近東京都内地下鉄の看板などでよく目にするフォントは?

以前に同じ質問をさせていただいたのですが、
いただいた答えを紛失してしまったので再質問させてください。

最近、東京都内の地下鉄(いや、JRや私鉄も?)では、

新しく看板や駅名表示、案内表示のデザインがリニューアルされてますが、
そこで使われているフォント(※)がすごい気に入っています。

(※)たぶん・・・↓で使われているフォント
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stops/popup_shinjuku.html

ここで使われているフォントは、いったいなんというフォントなのでしょうか?

ご存じのかたいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「新ゴ」の「L」だそうですね。
↓無くされた回答です。
http://okwave.jp/qa3859898.html

Q映像ディレクター

海外で音楽のプロモーションビデオを制作して活躍している日本人っていますか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115647396

このサイトが役に立つのではないでしょうか。

QWEBディレクターになりたい

29歳男性(既婚)です。
前職は不動産会社で営業を5年、広告・企画を2年経験したのですが、少し前に退職しました。

次の仕事として、WEB制作会社でディレクター系の仕事を検討しています。
きっかけは、前職のときサイト制作の提案に来たディレクターさんの働きぶりを見てとてもやりがいのある(大変そうですけど)仕事だと思ったからです。また、前職での営業経験を活かせるのではないかとも思っています。

ただ、当然実務経験はなく、ホームページビルダーでのサイト制作経験(実家の商売用サイト)しかありませんので、これから勉強することになります。

現在、転職活動をするか、いったんスクールに通うか、迷っています。
「スクール通うくらいなら会社入って働いたほうが勉強になる」というようなことをよく耳にしますが、素人をディレクター候補として採用するような可能性はあるんでしょうか?
また、就職するには実務経験が必須という会社がほとんどなのですが、みなさん派遣で経験を積んでから就職しているということなのでしょうか?
実際、スクールに通ったからといって、ディレクターにはなかなかなれるものではないのでしょうか?

何だか、ただの就職相談みたいになってしまい恐縮です(しかも長文・・・)が、WEB業界に友人もいないので、こちらで色々とご意見いただければ幸いです。
宜しくお願いします。

29歳男性(既婚)です。
前職は不動産会社で営業を5年、広告・企画を2年経験したのですが、少し前に退職しました。

次の仕事として、WEB制作会社でディレクター系の仕事を検討しています。
きっかけは、前職のときサイト制作の提案に来たディレクターさんの働きぶりを見てとてもやりがいのある(大変そうですけど)仕事だと思ったからです。また、前職での営業経験を活かせるのではないかとも思っています。

ただ、当然実務経験はなく、ホームページビルダーでのサイト制作経験(実家の商売用サイト)しか...続きを読む

Aベストアンサー

未経験からWebディレクターになりました。
私の場合、かなり運も良かったと思っていますが・・・

もともとは制作したくて、スクールに通っていました。運良く入社できた会社では
制作の仕事をさせる余裕がなく(利益が少ないので)、気がついたら事務になっていました。
「これでは意味がない!」と退職し、別の機会で制作に携わったものの、派遣社員のため、
すぐに契約満了。また事務に戻り、現在運良くディレクターとして派遣で働いています。

ディレクターというと、企業によって名前は様々ですが、制作者とお客様を結ぶ役、
ということが多い気がします。
私の場合、上司が営業、所属も営業なので、営業寄りのディレクターと思います。
(実際、人材紹介会社にそう言われました。)
上司の手伝いで見積もりを作ったりもします。

制作寄りのディレクターになると、数字のことは営業に任せて、簡単な修正をしたり、
という場合もあります。
もちろん私も修正作業もしますが・・・

営業経験を活かしたい、ということであれば、営業とディレクターが兼任のような
制作会社も多いので(特に小さいところ)、その経験を活かしてアピールは
できると感じます。
ただ、ディレクターは、営業でもそうですが、お客様に「こういうページに
したいんだけど、技術的に可能?」「いくらくらいかかる?」などと気楽に聞かれます。
そんな時、どういった作業をするのか、大変なのか簡単なのか、などがある程度把握できて
いないと、調べてからの回答になってしまいます。
ですので、知識はどうしても必要になりますね。

Webの業界って、意外とスクール出身者って少なく、独学とか、運良く新卒で
入ってそういう職種に就いた、なんて人もいます。
ですので必ずしもスクールに行く必要はないのですが、効率よく学ぶことができるので
私は行って良かったです。
でも、それで転職に有利になるとは思わないほうがいいです。
つまり、スクールに行けば希望の仕事に就ける、ということは非常に難しいのが
現実です。
ただ、誰もが実務未経験から入っていますので、チャンスはゼロではありません。
諦めないことと、これまでの経験とWebをどう結びつけていくかがアピールポイントに
なるのではないでしょうか。

未経験からWebディレクターになりました。
私の場合、かなり運も良かったと思っていますが・・・

もともとは制作したくて、スクールに通っていました。運良く入社できた会社では
制作の仕事をさせる余裕がなく(利益が少ないので)、気がついたら事務になっていました。
「これでは意味がない!」と退職し、別の機会で制作に携わったものの、派遣社員のため、
すぐに契約満了。また事務に戻り、現在運良くディレクターとして派遣で働いています。

ディレクターというと、企業によって名前は様々ですが、...続きを読む

Qwebデザイナーとコーダーとディレクターの違い

webデザイナーとコーダーとディレクターの違いを教えてください。

ディレクターが方針(そのページのイメージ?)を決めて、
デザイナーがwebページを作って(レイアウトでいいのですか?)
という感じでしょうか・・・

Aベストアンサー

●WEBディレクター
クライアントと打ち合わせ、サイトの運用・管理、デザイナーやプログラマーやコーダーに指示を出して制作スケジュールの管理などもやります。

●WEBデザイナー
そのまんまですが、サイトのデザインを作ります。コーディングももちろんします。

●コーダー
デザイナーの作ったデザインをHTMLに直す仕事です。
WEBデザイナーと比べると仕事の幅が狭いので単純作業とも言えます。

強いて言うならこんな感じですが、実際の現場では肩書きの境界線はとても曖昧です。
一人で制作管理・デザイン・コーディングすべてこなす場合もありますし、よほど大きなプロジェクトでもなければデザイナーとコーダーが別れていることの方が少ない気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報