教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

マイケルソン干渉計の歴史的意義って何でしょうか?
教えてください!

A 回答 (3件)

まず、光波の速さは何に対して決まるかです。



次の3つです。
(1)光源に対して一定c
(2)媒体(エーテル)があるとして、媒体に対して一定c
(3)観測者(つまり、万物)に対して一定c
((3)は観測光速が常に一定cである事実から考えられた、普通には理解しがたい考え。
万物としたのは、全ての物は観測者と考えることが出来るから。)

それで、
マイケルソンの干渉計の実験は、(2)の媒体(エーテル)の考えを否定しました。

結果、(1)と(2)(アインシュタイン特殊相対論)を残したというのが歴史的意義です。
    • good
    • 1

エーテルの存在が否定されたことで「光速度不変の原理」というものを嫌でも認めざるを得なくなり、絶対空間・絶対時間という概念を打ち破る

契機になった…というところでしょうか
    • good
    • 1

wikipediaでアルバート・マイケルソンについて、調べてみると良いと思います。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング